ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

9/30 晴れ 27〜28 25 常連さんと2歳4歳と父はシュノーケリング母はダイビングを楽しむ。1本目アゲナシクで潜る。停泊場所が浅く魚が多いのでシュノーケリングにもってこいの場所なので安心してダイビングが楽しめる。ジョウフイッシュからキンメの根を2箇所回る。近くのキンメの根が魚が見やすく種類も多い、ペアーのハオコゼもいついている。コショウダイの幼魚を見ていると同じ場所で体を激しく振り回し休むことはない。人間として考えてしまうので理解できない。2本目同じ様にシュノーケリングも楽しめる場所。ガヒで潜る。座間味内海の特徴でもある砂地が面白い、ハゼ、ガーデンイールに近寄れる。海底砂漠は流れ弱くのんびりと出来た。いつ見ても景色が違い言葉で表現できない。元キンメの根周辺にアカヒメジが集団で流れに逆らわないように潮上に向いて砂地にとまっていた。お客さんにも魚を見れば流れがわかると教えてきたけど2匹が逆向きだった、変魚がいた。
9/26 晴れ 27〜28 40 1本目砂地でハゼ、ガーデンイールなどの小物の写真を撮りに行く。上手に近づけばガーデンイールまで2.30cm、肉眼で背びれが見える。私は海底砂漠からキンメの根を回ってきた。キンメの根でもヤシャハゼ、ガーデンイールは見られるがハゼポイントほど近寄れない。
2本目ポイントを探し2時間ほどかかり近くの漁礁で潜る。
ツバメウオは20数匹、ダイバーにもすり寄ってくるのでばらばら状態。大型のカマスも数十匹いた。
9/25 晴れ 28 30〜40 1日クバ島で遊ぶ。1本目カクレ根で潜る。座間味ではスミレナガハナダイは此処でしか見られない、水深は30m以上と深い。40m以上降りるとアケボノが見える。
2本目イソバナポイントで潜る。イソバナをメーンに写真に夢中になる。カメラもたないダイバーと私は動き回る、グルクン、カスミ、アカモンガラ、テングハギ、スズメダイなど群れ魚も多くいつ来ても透明度が良い。
9/24 晴れ 28 30 1本目砂地に小さなサンゴが点在している。サンゴにスズメダイ、ヨスジなど数種類が住んでいる、テンジクダイが群れでついていたエダサンゴには台風のせいだと思うがいなくなっていた、ケラマハナダイの根にはキンギョハナダイ、ハナゴイ、スカシなど魚が多く住んでいる。
2本目マクロをやめて大きなウミウチワが並んでいる場所で潜る。岩から横に張り出している大きなウミウチワが10個、海底から生えているのが4.5個のウミウチワポイント。自由に好きなウミウチワを被写体にしながら根を回る、根の潮上にはカスミが群れていた。3本目今日の2便のクイーンで入って来たダイバー。近くのポイントで潜る。
9/23 晴れ 28 25 連休はダイバーが多く同じポイントに多くのダイビング船が集まっていた。1本目アゲナシクで潜る。弱い流れがあるが他に船はなくゆっくりと潜れた。カメラ派ダイバーなのでキンメの根を中心に写真に夢中になる。潜る時間はいつも70分被写体を探して粘る。2本目ニシバマ、3本潜るダイバー2人、残りは食事&シュノーケリング。3本目ギナで潜る。今回のダイバーは小物好きでとまると被写体を探しはじめなかなか動こうとしない、流れもありいつもより小さく回る、カメは数匹見たけど全員ではない。
9/22 晴れ 28 30〜25 お客さん、クイーンの1便で入って来た、1人キャンセル待ちでも乗れずフェリーで入る。1本目2ヶ所のキンメの根を潜る。砂地にあるキンメの根は周りをガーデンイールに囲まれケラマハナダイが群れグルクンの子供も群れ魚が多く住み着いている。窪みを覗くと幼魚や甲殻類も多く時間を忘れさせる。もう一つのキンメの根は小さくそれなりに凝縮されている。2本目ニシバマの北で潜る。台風の後ニシバマの根は葉っぱなどゴミが溜まりいつも被害を受けている。今日も点在する小さな根にゴミが溜まりお客さんを案内するには早かった。反省。
9/21 晴れ 27〜28 25 今日の3時のフェリーで那覇に帰るのでそれまでに2本潜る。1本目アゲナシクで潜る。大きな円を描くようにぐるっと回る。初めて見る魚が多かったらしく珍しいのを見たといっていた。ハオコゼやコブシメ、ハコフグの幼魚、ジョウフィイッシュ他かな?
2本目連続で潜るので浅いギナで潜る。一つの大きな根(1時間はかかる)をゆっくり回る、大きなアオウミガメに近づくと眠そうな目を開けるがすぐ閉じてしまう。あくびこそしなかったが最後まで熟睡していた。次は食事中のカメ、何を食べているの顔を近づけて見ると手で頭をたたかれるので(わざとじゃない)手を避けながら昼食をじっくり見てると藻を食べていると思っていたが死んだサンゴをかじっていた。
9/20 晴れ時々雨 27〜28 30 1本目アゲナシクで潜る。いつもと違うコースから逆コースで回る。火炎サンゴと岩が点在している、メスのコブシメが2匹擬態していた。キンメの根を回りジョウフイッシュの住み家を探すと6匹いた、ダイバーを怖がらず近くから写真も撮れる。2本目送電線を潜る。少し待ち時間があったので火炎サンゴに住んでいる魚を見ていたらソメワケヤッコが目に付く、数えて見ると5分間で5匹帰りにも何匹か見たのでかなり多いと思われる。今日はカメも同じ場所で餌を食べていた。3本目ギナでカメを見に行く。カメも良いが綺麗なイソギンチャクがある。何回見ても癒される。カメとの記念写真を交代ずつ写してもカメは食事に夢中でポーズをとってくれなかった。
9/19 晴れ 27 30 台風12号が先島に向かっているので座間味も影響は受けると考えていたが17日はフェリーは出ると思っていたのに全便欠航、18日も全便欠航、19日はフェリーだけ運航した、今度は東京行きの飛行機が満席で乗れない那覇で宿泊するホテルを探した。那覇で2泊して待っていたお客さんは今日のフェリーで入って来た。今日の午後1本で帰る予定していたが明日もう1泊することになった。
南東の風が10m前後吹いている、島の後のニタに行く。
波はなくとても静かな海。シュノーケリングを楽しんだ後ダイビングをする。流れなく洞窟の中に入る、ハタンポの群れががいくつかに別れ丸く玉をつくっていた。
9/16 晴れ、曇り、雨 26〜27 25 ツアー最終日、2ダイブ&ナイト。11号が去ったことで安心していたら近くで台風12号が発生し、先島に向けて向かってきた。1本目ナイトを予定しているアムロ漁礁で潜る。潮の関係でツバメウオの群れが遠くにいたので見せる事は出来なかった。いつもより魚が少なく感じた。周りのユビエダハマサンゴは元気でサンゴ畑が数百m続いている。2本目カクレ根を潜る。根の上は10m底は32mの大きなカクレ根、ハナゴンベは多く大勢のダイバーでも見せやすい。スズメダイ、ハナゴイ、グルクンなど群れている。ウミウサギ(貝)が小さなソフトコーラルにかぶりついていた。真っ白なタカラガイなのに真っ黒な外套幕で全身を包みとても貝には見えない。手にとって説明し元に戻すとすぐに外套幕で全身を覆ってソフトコーラルを食べ出した。
9/15 晴れ 27〜28 25〜30 豆台風は怖い。昨日の夜には非常に強い台風になっていた、風速50m、久米島では60m以上吹いていたと報告があった、座間味も同じかそれ以上の強風が吹いていた。台風の数時間後潜りに行く。1本目波は穏やかになりアゲナシクで潜る。透明度もよくいつものようにキンメの根中心で遊ぶ。キンメも健在でハオコゼなど小物のエビなどいつもと変わらなく不思議な気がする。 2本目ニシバマアザハタの根で潜る。ここも同じく穏やかで休み時間に飛び込みやシュノーケリングなど皆元気がある。夕方の5時前だったので途中から太陽が山にかくれ少し暗かった。
ここは他の場所より早く太陽が沈むので夕方は潜らないほうが良い。反省。
9/14 晴れ&雨 27〜28 30 昨日突然発生した台風で定期船の運航が心配されたが今日のクイーン1便とフェリーが入れ出しだったので何とか助かった、1人残念なことに東京から朝1晩の飛行機でフェリーに乗れる予定で来た人は予定より1時間早く出港したので乗れずそのまま東京に帰った。
1本目エダサンゴ中心に潜る。3グループに分けて潜る。
私はアダルトチーム、砂地に点在する小さな根を観察しながら移動するとコバンザメ2匹つけたアオウミがメが砂地に生えている海草を食べていた。鹿の角のようなエダサンゴには同色のイシモチがつきエダサンゴが動いているように見える。他にヨスジの子供やハタタテもついていた。黄色い蛍光色のイソギンチャクにクマノミが隠れカメラがないのが残念。
2本目台風が接近してくるので食事もそこそこにガヒで潜る。イソバナからボツボツを回ってくる。グルクンは浅場〜深場までどこでも見られた、波は穏やかだが台風は確実に接近してくるので潜っていながら気が気ではない、海の中に入れば風の音も雨も波も無く静かな魚の世界が待っている、これが怖い時もある。11時に出港して2本潜り午後3時に港着、すぐ台風対策、終えたのが6時、疲れる。
9/13 晴れたり曇ったり 28 30 合宿最終日。熱帯低気圧が台風11号になって沖縄に向かってきた。今日の海上は外海はうねりがあるが内海はべたなぎ。
前半、ギナで潜る。うねり少々流れなく快適なダイビング。
私は前半担当なのでカメを後半のメンバーにも見れるように潜る。最初にアオウミガメが寝ていた8人のエアーの音で起こしてはいけないので遠目から見ながら次のカメに向かう次々とカメが出てきたので餌を食べているカメを近づいて観察する。餌を食べている時はダイバーを無視する。
後半はエダサンゴで自分達で(ガイドつき)潜らせる。中世浮力をきちんととって潜れていた。
今回は天気にも恵まれ予定本数16本+3本の19本潜れた。お疲れさんでした。
9/12 晴れ 28 25 北西の風が吹いている。午前ウフタマで潜る。沖の根にはイソバナが多くウミウチワもある。大きな根中心で遊ぶ。根をぐるっと回るとアナサンゴモドキ(火炎サンゴ)の白化が見られた、他のサンゴは何とかこらえている、水温も日をおうごとに少しずつ低くなるので何とかなるか。
昼食は阿護の浦でとる。シュノーケリングでトウアカクマノミウォッチングをする。
午後エダサンゴを潜る。1日中流れ弱く2回潜りをしても安心なポイント。エダサンゴの群生が大きく1本まるまる遊べる。エダサンゴの中には幼魚が多く住み船に上がってから聞かれても答えられない事が多い。エダサンゴの上に群れているのはスズメダイの仲間が多くアカヒメジ、グルクンも群れていた。スミレナガハナダイが見えなかった。
9/11 晴れたり雨たり 28 25〜30 熱帯低気圧が沖縄を覆っている。北風が吹いているが強風ではない。1本目ウルヌサチで潜る。水深8m〜20mまでエダサンゴがある。エダサンゴにはスズメダイ、ハナゴイなど群れエダサンゴの中には幼魚も多く住んでいて小物探しも面白い。黄色いハコフグの幼魚もいた。カメもいた。
2本目アムロのキンメで潜る。3箇所についていたはずが今日は1箇所のみついていた。キンメのいなくなったキンメの根では手を差し出すと掃除しに来るアカホシカクレエビやハオコゼなどついていた、グルクンの子供は2ヶ所の根で群れている。餌が多いのでオニダルマオコゼもいた。砂地にはセミホウボウもいた。
9/10 雨のち曇り 28 25 合宿の中休み、希望者のみナイトダイビングをする。
歯医者に行ったら職業病だと言われ消毒と薬をもらってナイトダイビングに行く。今日は痛みはないし体調は良い。今日のダイビングは私は船長のみの予定をいていたらナイト希望者8人と予定より増えたので急遽私も潜る事にした。アムロ漁礁で潜る。ナイト初めての学生が多く説明を終えてから潜る。入る前は怖がっていたのに潜り始めるとバデーどころの騒ぎではない私まで追い越していく怖いもの知らずで困ったもんだ、ナンヨウブダイブダイの幕を張って寝ている姿を見せようとしても私の後ろに人はなし。
ダイバーの職業病とは潜水病だけではなくレギュをかんでいる歯に負担がかかる、また本数と年齢とが重なり歯茎が弱り歯槽膿漏になる、このように言われた。納得。
9/09 28〜29 30 1週間ほど前から疲れなのか不摂生かレギュを噛む場所の歯茎が動き今日はついに痛み出した。
1本目サクバルのカクレ根を潜る。ハナビラのついているイソギンチャクが2つとも丸くなり1つ目にはハナビラの卵が産みつけられていたのでダイバーが近づくと急いでクマノミがイソギンチャクをつっつき元に戻るように必至だった。1本目の潜水計画では水深18m以内なのでハナゴンベを見るのに水深オーバーしないように計画していたら水深16mで2匹引っ込む事も無く見れた。水の中は青く明るかったけど船に上がると土砂降りの雨、寒くて午後からはウォーニングを設置した。海の中は寒くなかったけど船の上が寒かったので7月後半依頼久しぶりにウエットを着た。今日からOBも3人加わり2本目は寒さでリタイヤ組も出てファンダイビングをする事になった。ナジ沖で潜る。
カメラを持っていないので今日はカクレ根2つを回る。最初に水深25mにある大きな穴に入る。アカマツカサなど穴に住む定番の魚がほとんどで大物は見れなかった、よくロウニンアジが入っている。入り口にはイソバナが上からぶら下がっていてポリプが全開だった。もう一つのカクレ根は大きなウミウチワが並んでいる。ここでも大きなイソバナが壊れ残念多分台風4号のせいだと思われる。クバ島のイソバナも壊された、ウミウチワはなんともない。
9/08 晴れ 28〜29 30〜25 1本目アマビーチ前〜周辺を回る。潜るとすぐに100匹以上のカツオがフルスピードで走っていく餌のキビナゴが多いのでカツオも近くに滞在している。移動すると砂地に小さなサンゴがポツリポツリと点在しついている魚の種類も数も違い癒し系の場所。カメラを持っていいかなかったので紹介できないが黄緑色の綺麗なイソギンチャクがある。クマノミが中に隠れているがいつまでこの色なのかまたどのような色に変化するのかもわからない。イソギンチャクは白化に強いので心配はしていない。
2本目、1回のダイビングに2交代で潜るので3時間はかかり、水深も18m以内となると風、潮の流れを考えると2班とも安心して潜れる場所は座間味でも限られてくる。
午後のダイビング、ウフヤグアーズニで潜る。流れは弱い潮が流れたり止ったりと安定していないがダイビングに支障はない。岩とサンゴの根2ヶ所で遊ぶ。サンゴの根は直径20mほどで円く山のようになっている。スズメダイやチョウチョウウオ、ハナゴイが住んでいる。他に大きな根はないので魚は近づいても逃げる事はないのでウォッチングにもってこい。大きな石が集まっている根にはアマミスズメが群れカスミチョウチョウウオも数匹混じっている。タテキンやサザナミヤッコがつき岩の中に入るとじっとして動かず近ずいて見れる。タコが新しい家を造りツガイでいたのが気になる。
9/07 晴れ 29 30 1本目ガヒ海底砂漠を潜る。流れが弱かったのでのんびりと潜れた、流れがあれば砂嵐の迫力がある、どちらが良いのか人それぞれ。ガーデンイールとヤシャハゼがダイバー慣れ?しているのでかなり近寄れる、老眼の目でもガーデンイールの透明な背びれが見える。
2本目アムロ漁礁で潜る。ツバメウオが約40匹全員中層で横になっていた、よく見かける行動で私もやってみた、無重力だから何でもできるけど違和感がある。今度来た時横を向いてダイビングしましょう。漁礁の周辺は500mにも及ぶユビエダハマサンゴが群生していてエダサンゴなのでオニヒトデも食べないし白化現象にも強くいつでも元気なサンゴを見せてくれる。ハマサンゴではニシキテグリもよく見れる。
9/06 晴れのち曇り 29 40 合宿は中休み、潜りたい人は潜っても良い決まりになっている。午後からニシバマで潜る。私は船上なので周りを見ていた。ニシバマビーチはまだ海水浴客が多く9月からライフセーバーもいないので気になっていた、遊泳場所を示すブイを超えて好き好きにシュノーケリングを楽しんでいた
流れのない時間帯は良いけど流れの強い時間帯はダイバーもニシバマを利用しないので見張りがいない危険な状態になる。今日は自分の客のダイバーの泡を見るよりビーチから泳いできたシュノーケリング客に見張りをしていた。
9/05 晴れ 29〜30 30 1本目アゲナシクで潜る。合宿は2班に分けて潜るので午前2回午後2回とガイドは2人必要となる。人数は全員で8人、前半5人と後半3人に分けて潜る。斜面を下りかけると子供1匹親が2匹のジョウフイッシュが見えた、皆色は違い子供の色は明るい色をしている、親2匹は30cmほどまで近寄れる。キンメの根で魚や甲殻類のウォッチングをする、種類が同じものでも数が多く忙しそうに動き回っている、グルクンの子供も少しずつ大きくなり群れらしくなってきた。 2本目クバで潜る。砂浜の前で昼食をしているといつものようにカツオの群れが水面を飛びはねキビナゴに似た疑似餌を投げるとすぐに釣れさばいて昼食のおかずに変身。潜るとアカマツかさ、アカヒメジなどがついている穴を覗くと魚はいつもと同じ群れていた、側から大きなイソバナが見事に咲いていたのに壊れていた、台風4号は座間味内海よりクバ島周辺が強くあたっていた。
9/04 晴れ 29〜30 30 水温が高いのが気になる。昨日上智大学のダイビングクラブの合宿が入った。初日はいつものように古座間味で自分達でダイビングをする。最近ダイビングクラブが全体的に減り毎年ダイビングクラブ員が少なくなっているのが寂しい。今日の1本目送電線で潜る。合宿はダイブテーブルに従ってのダイビングなので水深には気をつけて潜る。
最初の根ではキンギョハナダイやハナゴイが群れエダサンゴの場所では6個の大きなヒレジャコがあり腹を空かしたサザナミフグがヒレジャコを食べたくて死角から攻めていたけど動きが遅いので口を閉められ何回アタックしても失敗していた、動けないヒレジャコも口を何回も占め抵抗していたので面白いのを見せてもらった。
2本目はボツボツサンゴを潜る。グルクンが水面で大きな音をたてながら飛び跳ねていた、早く行きたいけどダイビングする前の手順がいくつもありすぐにはいけないもどかしさがある。ボツボツは中世浮力の練習には最高の場所かもしれない、魚の群れが多く群れの中で練習が出来る。
9/01 晴れ 29 30 親族を乗せてヤカビ島でシュノーケリングをして遊ぶ。88歳の親父は昔の何とかでミイカガン(モンパの木で作ったゴウグル)をつけサザエなど探してどこまでも泳ぐので孫が付っきりで見ていた。若い時は追い込み網を設置しに素もぐりで水深40m程潜ったことは認めるが体力は確実に落ちている。最近キビナゴが多くそれに伴ないカツオの群れがいたる場所で見られる。ヤカビにも船の側で飛び跳ね疑似餌をつけて投げ込むとすぐに釣れた、何回投げてもすぐ釣れる、初めての人にも釣れた。

 

過去のダイビング情報

2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ