ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。く
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

10/31 曇り 26〜27 30 70代のダイバーが一人とシュノーケリング2人。1本目は送電線で潜り、2本目はガヒで潜る。私はダイビングなし。
今日の1本目ダイバー1人と体験1人。両方ともアゲナシクで潜る。移動は短く魚の多い場所を選ぶ。ほとんどキンメの根で遊ぶ。小さな根でキンメが少なくなっているが大きなクロハタが2匹とユカタハタが2匹ついている。餌の配分が気になる。エビは数種類とも根ノ上に出てくるので観察しやすい。2本目流れのないエダサンゴを潜る。デバスズメが多く魚の中を泳いでいる。コブシメも少し大きくなり(5匹)生き残れば来年春には体重10k手も入れると全長150cmほどに成長する。腹減ったダイバーに獲られなければ良いけど、、、
10/29 晴れ 27 30〜40 1本目真っ白な砂地の中に根が一つ。ケラマハナダイ、キンギョハナダイ、キンメ、グルクンの子供が群れ周りはガーデンイールに囲まれている。30年前から変わらないダイバーにとって癒しの場所。 2本目ニシバマで潜る。此処は根が小さいので2班に分けて潜る。キンメは少なくなり根の上で群れていたのが根の中にいる。アザハタはダイバーの目の前に来るので急いでシャッターを押すと顔だけの写真になる、ホンソメワキベラが唇を噛んだり耳の中に入ってきたりと人間にとっては迷惑な話。めったに見れないセミホウボウもいた。 3本目ガヒで潜る。ワイドとマクロに別れて潜る。今日のキンメの根は魚が少なく寂しかった、砂地の斜面は自然に出来た芸術で感動する。
今回も神戸Yは最初から最後まで船の上は天然なのか演技なのか紅一点のお嬢さん??がツアーを盛り上げてくれた。感謝。
10/28 晴れ 27 30〜40 1本目ウシジで潜る。直径2〜4mの大きなテーブルサンゴが密集していたのにほとんどがホワイトシンドロームにやられ死んでしまった。ユビエダハマサンゴはオニヒトデや病気にも強く元気に生きている。イソバナが壁から生え中にはポリプ全開の真っ赤なリュウキュウイソバナも数個ある。 2本目カクレ根で潜る。リーフからドロップになりカクレ根がある。カクレ根の上は10m底は32m、底にはヨスジフエダイが大きさで別れ3グループついている。30m付近はハナゴンベが多く住んでいる。 3本目クバ、イソバナポイントをドリフトする。クバ島は座間味で1番山が高く太陽が隠れるのが心配で潮待ちが出来ずドリフトになる、船上から見ても海の色が青く透明度が高かった。
10/27 晴れ 27 25 昨日長男の結婚式を無事に終え新婚旅行はクイーンの1便で座間味へ。友達も10数人遊びに来たので体験ダイビングをしたようだ。夜はバーべキュウと昨日の主役は小間使いに早代わりしていた。我が家も妻の両親と親族が遊びに来たので妻も休む暇もない。
1本目砂地に点在する根をゆっくりと見て回る。水深は10mから20mと砂地の斜面になっている。今日も良く出会うコバンザメを3匹つけたカメが砂地で休んでいた。リーダーの2人はカメを確認して写真を撮っていた。
2本目アゲナシクで潜る。キンメの根を中心に遊ぶ。キンメは大分少なくなってきた。 長年通ってくるダイバーは年もとり物忘れが激しく一見、1番しっかりしていそうな人がミスの連発で笑いが絶えない、これが水中だったら笑えない
10/23 晴れ 27 30 1本目ガヒで潜る。日帰りダイビングもいるので2グループに分けて潜る。ヤシャハゼポイントから海底砂漠まで行く。海底砂漠の雄大さを見て感激していた。イソギンチャクエビもペアーでいてよそと比べてかなり大きいらしい。
2本目キンメを2ヶ所回る。根の手前の砂地に居ついているアオウミガメ、その側に4、50kはあると思われる大きなヤイトハタが寝そべっていた。根にはキンメの他ハナゴイ、ケラマハナダイが群れている。
3本目漁礁を潜る。ツバメウオが少なくなっていた。漁礁の周りのエダサンゴをゆっくりと回り2つの漁礁で遊ぶ。
デバスズメがブロックに卵を産みつけていて数種類のチョウチョウウオが卵を食べていた。
10/22 晴れ 27〜28 30〜50 1本目サクバルのカクレ根を潜る。水深30mにヨスジフエダイが群れクダゴンベも10数匹見れる。船の下での安全停止場所にはクロユリハゼやハタタテハゼが多く見られる。最近居ついているコブシメ2匹と今日も同じ場所にいた。ウミキノコは食が細いのか2ヶ月近くも同じ餌を食べていた。2本目カメのリクエストでギナに行く。他にダイバーが入っていないせいなのかアカ、アオ、タイマイとカメが途切れることはなかった。 3本目送電線で潜る。水深は最大で15m平均8mと浅いので安心して遊べる。ハナゴイ、ハナダイが群れている大きな根からエダサンゴへエダサンゴには色の綺麗なイソギンチャクが多い、カメもいたが感激はなし。 テング貝(巻貝でほら貝より少し小さい)が岩にへばりついていたので卵を産んでいるのかと思ったら岩の中に入っているシャコガイを岩からはがし中身を食べていた。人間は道具を使ってでも取り出すのに苦労するのにすごい力だ。
10/21 晴れ 27〜28 30〜40 昨日座間味に入る予定がクイーンの欠航で那覇泊まり。
今日のクイーン1便で入り2本潜る。
1本目アゲナシク潜る。2つのキンメの根を中心に遊ぶ。
キンメ、ノコギリダイが群れ根の中には幼魚が多くオトヒメエビ、サラサエビ、アカスジシラヒゲエビ、ハオコゼなど小物が多い。帰りにジョウフイッシュが数匹固まっている場所がある、大人は写真に撮りやすいが子供は臆病で慣れた人でなければ教えてもわからない。コブシメの子供もいた。1人100本記念で記念写真を撮る。
2本目、ニシバマで潜る。アザハタの根では根の上にハナダイが群れ根の中にはキンメや手乗りエビやコシオリエビホワイトソックスなど密集している。ウツボにホワイトソックスがクリーニングしていた。スカシの根にミナミハコフグの幼魚がついている。
10/20 晴れ 27〜28 30〜40 波高4mでクイーンざまみ2便とも欠航。シーカヤックレースは予定どうり開催した。
1本目送電線で潜る。クマノミはどのポイントでも見れるがここはカクレクマノミが多い。ユビエダハマサンゴの近くにある大きなシャコガイ6個、ダイバーの年齢は50代から70代の若い女性4人、素手でシャコガイの中に指をいれ大きな声を出しはしゃいでいた。離れた場所から見ると10代のような錯覚をおこす。船の上でもおしゃべりがたえないが水の中までとは、、、。2本目漁礁を潜る。1面エダサンゴの中に人口のブロックで作られた漁礁が2ヶ所に分かれている。赤く縁取られたアカククリの幼魚から成魚になる途中の若魚が数匹いた、その側に肉が剥ぎ取られた大きなツバメウオがゆっくり泳いでいた。アカククリはブロックの中、ツバメウオは中層で群れていた。 3本目シルで潜る。キンメは少なくなり(90数匹)ハナミノカサゴも消えていたので今日は砂地を中心に潜る。見渡す限り砂、生物はウミエラがぼつんと砂から顔を出している、手で触れると砂に潜っていく、ヤッコエイが砂を掘りおこぼれをもらいにフエフキダイがついて回っていた。
10/19 晴れのち小雨 27〜28 40〜50 1本目ニシバマ、アザハタの根を潜る。透明度が良いのでスカシの根からアザハタの根がぼんやり見える。アザハタの根には甲殻類が多く見られる、エビに手を差し出すと乗ってきてクリーニングをしてくれる(実は手を食べている)ホンソメワキベラに唇を噛まれ慌てふためく姿を見て大笑い。レギュレーターの中で何か動きがあり口の中を何かが引っかくような感触がありパージボタンを押して中にいる虫を出すとゴキブリが入っていた、さすがのゴキブリも水深25mの水圧に耐えられなくて死んでいた。水深の浅い砂地では太陽がきらきら光っていた。
昼食は久々に慶留間島でとる。 2本目サクバルで潜る。
ここも透明度良く山あり谷ありの起伏の激しいポイント。
ポリプの開いたウミウチワが並びそれだけでも感動する。
岩場ではカスミチョウチョウウオ、テングハギモドキが群れネムリブカもウロウロ動き回っていた。珍しいのはイシガキダイが数十匹で群れて中層を動き回っている。夕方皆で山歩きをする。
10/18 曇りのち晴れ 27〜28 30 1本目キンメの根を2ヶ所回る。真っ白な砂地にキンメ、ハナダイ、グルクンの子供が群れている、近くの砂地にカメが海草を食べていた。もう一つのキンメの根はキンメが夏の半分くらいになっていた。それでもキンメの大きさ、形、被写体には良かった。 2本目アゲナシクで潜る。私は潜っていないが被写体の多い場所なので喜んでいた。写真を見るとキンメ、ハオコゼ、ハコフグの幼魚やジョウフイッシュなど写っていた。
3本目ガヒで潜る。浅い場所の元気なサンゴは減り悩みの種、オニヒトデはいなくなったがレイシガイはまだ駆除できていない、サンゴの白くなった部分には大体レイシガイが固まっている、手で取り20個ほど持ち帰る。イソバナも台風による被害が見られる。イソバナにチョウチョウウオがペアーでついているのを写そうと頑張っているがデジカメでは近づかないとストロボが届かずイソバナの赤い色が出すのが難しい。
10/17 晴れ 27〜28 40 クイーンの1便で入りすぐ潜りに行く。
1本目流れのない場所のリクエスト。大きなエダサンゴ2個、周りは砂地に小さな根やサンゴが点在するポイント。
ゆっくり小さな根を回る。カメがよく見れる場所に行くとコバンザメを3匹つけた大きなアオウミガメが真上をゆっくり通過していった。エダサンゴには最近コブシメの子供が居ついている、3匹かと思ったら6匹いたようだ。毎回増えていく。  2本目、サクバル漁礁を潜る。漁礁はツバメウオがいないと寂しい、1匹も迎えがなくカクレ根で遊ぶ。水深30mにヨスジフエダイ、ハナゴンベが多い。1ヶ月以上前から同じソフトコーラルをウミウサギが捕食している。普通はある程度食べたら移動していくが1ヶ月以上も同じ場所にいるのは珍しい。ここでもコブシメの子供が2匹いた。
10/16 曇り時々晴れ 27〜28 30 本島からの日帰り体験ダイビング。申し込む時と違い話をしてみると東京Yの学生の時(2.3年前)ダイビングをしていたがそれから潜っていないので自信がなかった、親父は38年前までにハーネスで潜っていた昔の物取りダイバー。シュノーケリングで体をほぐし一般的のファンダイビングをする。1本目流れのない場所で潜る。4.5mの浅い場所から始める。スズメダイ、グルクンなど魚が多い。
2本目エダサンゴで潜る。潜るとすぐにコブシメの子供オスメス2匹がサンゴの上で擬態していた。近づくと少し移動するもすぐ同じ場所に戻る、ダイバーを怖がっていない、中には危険なダイバーもいるのに純粋なクブシミだった。
どこ見ても魚、魚、魚に囲まれてのダイビングだった。
10/15        
10/14 晴れ 27〜28 40 1本目、移動は少なくエダサンゴをゆっくりと楽しむ。大きなエダサンゴなのでデバスズメがとても多い。他にハナゴイやグルクンの子供も群れている。エダサンゴの隙間を覗くと黄色いハコフグの幼魚やハオコゼ、此処で見たことにないニシキテグリなど面白い。
2本目アゲナシクで潜る。人気のあるポイントなのでダイバーが多い。今日は貸切状態なのでキンメの根も充分楽しめた。色違いのハオコゼ、大きさの違う黄色いハコフグの幼魚、ジョウフイッシュも子供から大人までコブシミの子供もいた。
10/13 晴れ 27〜28 40〜50 台風15号の影響で定期船が欠航しお客さんもキャンセルで毎日が船の整備をしていた。1本目ガヒで潜る。透明度が高く遠くの根が見えるので魚の動きを見ながらコースを作る。浅いサンゴの上にはキホシスズメの、ナンヨウハギが10数匹、デバスズメなど群れかけ下がりにはグルクン、アカヒメジ、テングハギモドキの群れなど見れる。
2本目ニシバマを潜る。アザハタの根ではデジカメで写真に夢中になりいつものごとく時間を忘れそうになる。ダイバーにじゃれてくるかのようによってくる、根に戻るとエビやホンソメにクリーニングをしてもらうために口やエラを大きく開け写真のチャンス。砂地にぽつんとある小さなサンゴにスズメダイがついている、癒しの海である。
10/05 晴れ 27〜28 40 1本目サクバルのカクレ根を潜る。斜面についているハナゴンベを数えてみた、カクレ根は水深10mから底は32mと深い。30m付近が多く19匹数えた。透明度が良いので漁礁がはっきり見えた。流れなくグルクンは何処かに遊びに出かけていた。 2本目ガヒで潜る。此処の特徴はヤシャハゼとガーデンイールに近づく事が出来る、海底砂漠は水深16mから30mまで落ち込みスケールがでかい。
水中は暖かいが船に上がると風が涼しく秋を感じる。今日から風があたらないように風防を取り付けた。
10/02 晴れ 27〜28 30〜25 1本目ロウニンアジを見に行く。確立の高い漁礁を潜る。約40kのロウニンアジが見れたとの報告、フエフキダイも群れていたとのこと。 2本目ウフタマで潜る。カメラを持っていないので広く大きくまわる。ガーデンイールの群れは3箇所、ヤシャハゼもいる。大きなマダラトビエイ2匹が私に近づき目の前でびっくりしたようにUターンしていった、私のほうがびっくりした。ケラマハナダイが見つかった場所で小さな根にもケラマハナダイがついている。
10/01 晴れ 27〜28 40 年に2回は潜りに来るお客さんが初めてのポイントと大きな魚のリクエスト。1本目ウナジヌサチで潜る。真直ぐに切り立ったカベに沿って潜る。沖に向かうと徐々に深くなっている。壁から大きなウミウチワやイソバナが生えている。カスミやグルクンが多い。 2本目漁礁を潜る。深いので今までにダイバーを案内したのは4.5回しかない。ロウニンアジやギンガメなどいつ来ても群れているのに今日は漁礁から逃げ出した。アンカーが漁礁に落ちて2.3回バウンドした。潜るとすぐに大きな魚が数匹漁礁から離れていった。ツバメウオは不思議な生き物で人間を初めて見てもすり寄ってくる、船に上がる途中までまとわりついてくる。人懐っこくて警戒心が薄いのに自然界でよく生きているのが不思議。ダイバーでなくサメが来たらどうなるか見てみたい。

 

過去のダイビング情報

2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ