ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。く
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

11/24 晴れ 24〜25 25 気温25度、昨日と1度位しか上がってないけどかなり暖かく感じる、お客さんも夏と変わらぬテーシャツと短パン姿で過ごしていた。
1本目、ケラマハナダイの根や砂地にぽつんとある小さなサンゴをゆっくりと回る。黄色いイソギンチャクにクマノミが付きクマノミにエビがクリーニングしていた、ここで狙えば良い写真が撮れるかも。
2本目、今日のクイーンの2便目から欠航が決まり明日のクイーンは全便欠航しそうなのでフェリーで帰るお客さんは午前中に2本潜る。2本目ボツボツをドリフトで潜る。
3本目ギナで潜る。ゆっくりとカメを探しながら潜る。寝ているカメが1匹泳いでいるカメが3匹、流れもなくのんびりと遊べた。
11/23 晴れのち曇り 24〜25 25 1本目サクバルで潜る。ウミウチワが多く起伏があるポイント。機関砲からウミウチワの密集を抜けて岩場で遊び戻る頃から流れ始め船に上がると川のように流れていた。大潮に潜るには難しいポイント。昼食の為慶留間島に行き昼寝や桟橋での魚釣りをする。イカが集まっていたが1匹しか釣れなかった。2本目サクバル漁礁とカクレ根に別れる。カクレ根の下には大小のヨスジフエダイが群れている。ハナゴンベも多く底に行けば10匹ほど同じ所にいるので写真が撮り易い。
11/22 晴れ 24〜25 30 仙台から那覇着が2時45分、飛行機が遅れたので2時55分に那覇空港に着く、急いで3時出港のクイーンザマミに駆けつけた。どう考えても間に合う時間ではないのにのんきな仲良し夫婦、渡嘉敷行きの高速艇は4時発なので渡嘉敷行きの高速艇に乗るよう電話する。渡嘉敷港から阿波連までタクシーで来た、私は船で阿波連港まで迎えに行く、出港しようとしたらタクシーに忘れ物、渡嘉敷の知り合いに連絡しタクシーを呼び戻し荷物が戻る、阿波連往復に2時間かかる。
1本目、安全を考えエダサンゴを潜る。私は船に残る。カメがいたとの事。
2本目ニシバマで潜る。アザハタの根には久しぶりにキンメが根の上に集まっていた。ここの根はやはりキンメも主人公でないと絵にならない。ホンソメがダイバーの唇や耳など噛むので嫌がっていたがホンソメもこの根になくてはならない役目をしているので我慢するしかない。離れてダイバーを見ているとアザハタがダイバーによってくるので必至になってシャッターを押している、反射的だと思うけど出来上がった写真を見ると皆同じような写真になっている。
11/20 雨から曇り 24〜25 30 1本目ウシジで潜る。流れはじめたのでアーチのあるカクレ根や岩の近くの流れのない場所を選んで遊ぶ。岩から垂直に落ちる壁にはイソバナが多くキンギョハナダイが群れ、水面にはグルクンが群れていた。
2本目アムロキンメで潜る。キンメは少ないが楽しく遊べる。ユカタハタ、クロハタは根から離れず大きなサザナミヤッコがダイバーを怖がらず主のように振舞っていた。タテキンの幼魚やモンハナジャコも巣を作っていた。
11/19 曇り 24〜25 30 北風が強く寒い。1本目波のない静かな場所を選ぶ。
斜面で10m〜30mまで落ちている。ケラマハナダイの根にはキンギョハナダイやハナゴイ、スカシなど群れ根の上にはクマノミやハマクマノミが住んでいる。近くにはカメが居ついているがダイバーが近寄ると逃げていく、カメポイントとは違う。今日はアオウミガメが2匹いた。エダサンゴではデバスズメとハナゴイが群れサンゴの間ではイロブダイやハコフグの幼魚が見られる。
2本目漁礁で潜る。ユビエダハマサンゴが数百m広がっている。行けども行けども同じように刈り取られたような同じ背丈のサンゴ、サンゴ、グルクンやスズメダイが群れている。漁礁の中にはチョウチョウウオやヤッコ類アカククリ、が住み、中層ではツバメウオが群れている。
11/18 25 30 朝から雨が降り寒い。気温が24度なので水中が暖かく感じる。1本目ニシバマで潜る。初心者と常連が1人ずつなので分ける、私は常連を連れて18の根に行く。根に行く途中の蛍光色のイソギンチャクに以前はクマノミがついていたけど今は色あせたトウアカクマノミが夫婦と子供3匹ついていた。18の根は以前アザハタがつき今の根といったり来たりしていたが砂で半分以上埋まり以前の面影はない。周辺はほとんど変わりなく砂地に多くの根が点在していた。 2本目アゲナシクで潜る。ジョウフイッシュのポイントから沖の方の根で遊ぶ。魚の集まる根が4.5個ある。カクレクマノミのついているイソギンチャクが2個ありイソギンチャクが2個とも丸くなり外幕が綺麗な色をしていた。黄色いハコフグの赤ちゃんは動き回って写真は撮れず。
11/12 晴れたり曇ったり 25〜26 30 昨日渡嘉敷島の阿波連で会長会を開いた。座間味から阿波連まで約30分、4時に出港しトローリングしながら向かう、ニジョウサバが釣れた、この魚は臭いので港で釣りの餌にしていた。今日はシュノーケリングのお客さんがいるので阿波連港から朝8時過ぎに出港しまたトローリングをした。すぐにカツオが2匹釣れた、もっと釣れそうだけど仕事に間に合わなくなるので帰る。
今日は風が強くアゲナシク、ガヒ、アマビーチ前など静かな場所を選んでシュノーケリングで遊ぶ。
11/10 晴れのち曇り 26〜27 30 琉球朝日放送で美が島募金(座間味のサンゴ保全活動)を応援してくれているので多くの協力者に感謝を込めて毎年11月に座間味サンゴ観察ツアーを開催している。1週間前から我が家は電話の問い合わせなども含め大忙しだった。村からも60人のクイーンざまみの無料チケットをいただきガラスボート2隻観光バス2台に協力してもらい日帰りツアーを喜んでもらった。その中で娘が友達を連れてダイビングに来た。
グラスボートの下からのテレビ用の撮影も兼ねガヒのボツボツサンゴで潜る。ダイバーも初心者なのでボツボツ中心で遊ぶ。今日はグルクンも大人から子供まで群れ動きを見ているだけで楽しめる。スズメダイやハナゴイなどいつきの魚が多く初心者には水族館の中に潜っているような感じがするらしい。
2本目 アゲナシクで潜る。エアー消費が早くキンメの根でほとんど遊ぶ。キンメの数は少なくなったけど甲殻類は多くノコギリダイの子供も群れでついている。ダイバーが少なくなってきたのでどのポイントも自由に使えて助かる。
11/09 晴れ 26〜27 25 11月5日から持ち回りで活動しているサンゴ保全活動の当番なので今日までレイシガイ駆除に出かける。参加人数は決まってなく普通2.3人〜5.6人が来る。今日は8人と多かった。長さ30cmのピンセットでサンゴの隙間にいる数ミリから2.3cmの小さな巻貝を獲るのは容易ではなく獲るのを失敗すると自分から奥に転げ落ち取れなくなる。直径50cmほどのサンゴに数百から千匹いることもあり根気強く集中してやらないと獲れない暗い作業である。レイシガイを獲らなければ確実にサンゴは死んでしまう、休めない戦いである。

 

過去のダイビング情報

2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ