ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

3/29 昨日は大雨今日は小雨 22 30 20年以上前から続いている神戸YMCAの子供のシュノーケリングや自然学習。昨日は強風土砂降りの中元気いっぱいにシュノーケリング、釣り、潮干狩りでのサザエ獲り、
今日はシュノーケリングでサメを釣っていた無人島で礒遊び、シャコやウツボ、カサゴなど危険な生物を獲って遊んでいた、私から危険な生物を教えるより自分達で学んでいた。
旧暦3月3日の恒例の流れ船は今日も雨に降られた。
3/23 晴れのち曇り 22 30 今日は神戸のベテランダイバー、一人、どこのポイントでも潜りにいけるが、外海はうねりがあり1本目は、ビーチ前をドリフトで潜る。アマミスズメダイの幼魚や大きなアオウミガメ、イソギンチャクエビなど、ゆるい流れに乗りながら。寄り道、寄り道しながら60分のダイビング。2本目はニシバマで潜る。根は小さいけど、被写体はい〜っぱい。一人といえど、ワイドカメラ、マクロカメラ、両方持っていったら目移りしてしまうポイント。ワイドだけ持っていく。キンメは外に出て来て面白いが、アザハタが一匹しか出てこなく、DECO真じかにしてようやく出てくる。ってことは・・・バイオレットボクサーやタテキンの幼魚など。  T.M
3/22 曇り 22 40 1本目ガヒ前で潜る。目的はハゼの写真。ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウに近寄れるポイント。今日は2.30cmまでよって写していた、透明度よく何処まで、藻続く海底砂漠も広く見えた。鯨の情報が入り1時間ほどウォッチングをした。2本目ウガンで潜る。グルクンは群れていたけどイソマグロには会えなかった、約40kのマダラハタやオニカマスがいた。
3/21 曇り 22 30〜40 1本目ウチャカシで潜る。目的の一つに鯨の声が聞こえる、ダイビングの後鯨を見に行く。声は聞こえるが鯨の姿は見えず。かくれ根を回る。ヒオドシベラの幼魚がイソバナについていた。タコの交接の邪魔をしてしまった、オスはダイバーが近づいても逃げる気配もなくダイバーが去った後すぐに行為に及んだ事でしょう。
2本目クバ島で潜る。コブシメがばらばらで数匹いた。サンゴが綺麗で魚も多くイソバナも多い。一つの被写体ではなく全部が被写体になる。
3/20 晴れのち曇り 22 25 クイーン1便で入り2本潜る。1本目キンメの根で潜る。
キンメが少なくなっていた。グルクンの子供は大きくなり時々根の周りを動き回る、めまぐるしいほど激しい動きで写真には邪魔になる。ケラマハナダイは多い。
2本目隠れ根を潜る。垂直に落ちる壁から大きなウミウチワがいくつも生え出している。水深30mの海底からも直径2.3mある大きなウミウチワが見れる。オス、メス2匹づつの大きなコブシメがいた、ピグミーも見れる。
3/19 晴れのち曇り 22 30〜25 1本目タカチンシで潜る。流れは弱く快適なダイビング。
グルクン、ハギなど群れの魚と地形が変化に富んでいる。
1度潜ると何回もリクエストがくる人気の高いポイントである。鯨の声が大きく響き周りをみまわしたりするが鯨の声は大きく10k以上離れてもはっきり聞こえる。
2本目洞窟を潜る。最初にコブシメの産卵場所に行く、卵を産みつけるサンゴが固まっている為に多くのコブシメが産卵にやってくる。洞窟にはハタンポやアカマツカサが群れている。3本目アマビーチ前で潜る。ケラマハナダイの根を中心で遊ぶ。小さな岩だけどハナダイが数種類群れ特にケラマハナダイは固まっているので被写体には良い。
綺麗なウミシダヤドリエビや大きなゴイシウツボなどがいた
3/18 晴れ 22 25 ダイバー1人、シュノーケリング1人、体験ダイブ2人、釣り人1人、ばらばらなお客さんで大変そうに見えるけどごく普通のパターンである。1本目アゲナシクで潜る。水深10から15mにジョウフイッシュが10匹ほどいる、臆病なのはパスして度胸のあるジョウフイッシュで遊ぶ。キンメの根にはキンメモドキとは思えないほど大きなのが群れている。小エビが多く忙しそうに動き回っていた、タテキンのクリーニングをしていた、ミヤケテグリなど小物好きなダイバーに人気が高い。体験はガヒのビーチからエントリー。先日ドミニカに住んでいた夫婦の体験の時カリブでこんなに綺麗な場所は見たことがないと言っていた。2本目ギナで潜る。ピンク色のイソギンチャクに30分しがみつき一生懸命にシャッターを押していた、カクレクマノミの動きが忙しく苦労していた。カメの写真もしたからあおるように写していた。船のロープにつかまりながら安全停止をしていたら魚釣りの1部始終がよく見えた。
3/15 晴れ 22 50〜30 やっと風がおさまった。今日は3本、そのうちの1本は体験追い込み漁。1本目アザハタの根を潜る。今日はキンメが根の上で宙に浮いているボールのように丸くなっていた。周りの砂が増え根が埋まりそうになってきた。
2本目は追い込み漁、昨晩から泡盛を飲みながら網の設置、魚の追い込み方などレクチャーをしいざ本番はあまりにも魚が多すぎてビックリ、20〜25センチほどのメアジが1t以上網の方に向かっていったので皆うまくいったと喜んでいたらそううまくはいかない、経験者3人と7人の素人集団がまぐれでもうまくいくはずがない、収穫はグルクン3匹メアジ4匹、スズメダイ15匹だった。スズメダイは空揚げに後は刺身にした。
3本目アマビーチ前をドリフトダイビングをする。
3/14 強風小雨 22 25 広島Yの久しぶりのダイビングは出だしから大波乱、昨日クイーンの2便で入る予定が強風の為欠航したのでボートをチャーターして入って来た、昨日の気温は27.8度、夜中前線通過気温が急激に下がった。
1本目アゲナシクキンメの根を潜る。ジョウフイッシュからキンメの根2ヶ所回る。キンメがついている窪みに大きなネムリブカがコバンザメ2匹を付け寝ていた。キンメは両方の根ともかなり大きくなっている。寒いので午後からお休み。

 

過去のダイビング情報

2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ