ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     送る際に充分気をつけて下さい。       平成21年11月3日

日付

天候   

水温

透明度

コメント

7/31 晴れ 29 25 今日も晴れてほっとした。                   1本目はアゲナシクで体験ダイビングとFUNダイビング。キンメの根を2ヶ所周るが、キンメモドキの減り方が例年よりも早い。ユカタハタのお腹はいつもパンパン、食べすぎじゃないか〜!?ミナミハコフグの幼魚やハダカハオコゼも3色見れた。                           2本目はブツブツサンゴ。浅場の珊瑚は元気に育っているが、台風が来ないので白化が心配になってくる。イソバナから斜面沿いをゆっくり周るとハダカハオコゼのペアーと、ハナヒゲウツボの幼魚がいた。
7/30 晴れ 28〜29 25〜30 朝までの雨が嘘の様に天気が回復!            1本目はカメポイント。カメは4匹見れたが全カメ、移動中〜!ゆっくり観察はできなかった。綺麗なイソギンチャクの根にはタコも住んでいた。                     2本目はマチャンNO2で潜る。数が少なくなったハナヒゲウツボ、この根には4匹いた。1匹のサイズが大きいノコギリダイやアカヒメジの群れはこのポイントが1番。      3本目は海底砂漠。徘徊御夫婦のラストDIV。ちょうど流れが弱く、ハゼのご飯時間が終わったらしく警戒心が強い、ペアーでなかなかホバーリングしてくれなかった。オニハゼと混じり、ホタテツノハゼの仲間もいた。ここでハプニング。水中ビデオが無い〜!のサイン。写真をまだまだ撮りたい旦那さんを呼び、急いで船に上がり、船を走らせて探すこと3分。孫のムービーを撮り溜めた大事なビデオが見つかりました。よかった、よかった。
7/29 28 25 朝から激しい雨。                        1本目はアザハタの根。アザハタもキンメもバイオレットボクサーも根の外に出てきていてウオッチングしやすい。ナカモトイロワケハゼが生活していた貝は、誰がなんの為に移動したのか貝ごと無くなっていた。でも、新しく赤ちゃんのナカモトイロワケハゼを見つけた。              2本目はウフタマ。潮の流れが良く、イソバナはポリプを全開。キンメの根にはカスミアジがアタックしていた。     3本目はシルキンメ。アザミサンゴの隙間にはキンメモドキに混じり、ヒバシヨウジやオイランヨウジ、ハダカハオコゼなどなどフィッシュウオッチングが楽しい。浅場にはツマジロオコゼの幼魚がいた。
7/28 曇りのち雨 28 25 ここ10日以上同じ様な風が吹き、ポイントも限られてくる。今日も南風が強い。                      1本目はアゲナシクキンメがいない根。一時、ジョーフィッシュが見れなかったが、今日探してみたら、2匹確認出来、一安心。キンメモドキはどんどん少なくなっている。ハダカハオコゼも計算しながら食べないと後悔するかもね。2本目はアマビーチ前。少しコースを変えて潜ると10cm位の黄色いカエルアンコウがいた。スカシテンジクはあっちこっちで群れている。                    3本目はトウアカクマノミ。卵のハッチアウトはまだ先、攻撃的な性格は変わりなし。ただ、カエルアンコウの赤ちゃんが居なくなっていたのが残念。
7/27 曇りのち雨 28 25 1本目は儀名で潜る。多少流れがあったが、船の周辺でカメが6,7匹見れた。タイマイは食事に夢中で、ダイバーを無視!相当お腹が空いていたのか、お客さんの手まで咬んでいた。                            2本目は嘉比前。元キンメの根にはアマミスズメダイを狙って大きなカスミアジがアタックしていた。スミレヤッコやパンダツノウミウシがいました。                 3本目はニタの洞窟。洞窟特有の魚が見る事が出来る。シャイなネムリブカは光を当てると穴の奥のほうに逃げていった。昨日に続き、ゴマモンガラに追い駆けられた。
7/26 曇りのち雨 28 25〜30 本当に涼しい座間味、夏はいつ来るのか!?       1本目は阿真のエダサンゴで潜る。スカシテンジクダイを狙ってカスミアジがアタックをしている。紫色のイソギンチャクやウミエラにはアカホシカクレエビがついていた。    2本目は屋嘉比トンネル。洞窟の外にはベラの幼魚の宝庫。洞窟の中は暗い不陰気だった。そろそろ夏の日差しが欲しい。                            3本目はニシバマで潜った。大きなゴマモンガラに追われて慌てて逃げた。後からそっと近づくと、卵を産卵する準備中に思えた。体験ダイビングチームも襲われたらしい。ナカモトイロワケハゼの貝殻は砂に埋もれてきた。
7/25 晴れのち雨 28 25〜30 1本目はガヒ前で潜る。つい1ヶ月前まで幼魚だったヤシャハゼも、今では若魚に成長している。潮の流れも丁度良く、ヒレナガネジリンボウもペアーでホバーリング。アオノメハタの口の中には大きなクマノミが入っていた。      2本目はブツブツサンゴでFUNダイビングと体験ダイビング。中学生の体験ダイバーは上手に泳いでいた。ハナヒゲウツボの幼魚は浅場にもいた。              マンタを探しに行くが、残念ながら出ず。          3本目はアゲナシクキンメの根。根を2ヶ所周るが、キンメモドキの数が減っていた。白とピンクのハダカハオコゼは中良さそうに、根の上で向かい合っていた。後半、小学生の体験ダイバーと合流。こちらも落ち着いて潜っていた。
7/24 曇りのち雨 28 30 晴れの予定だった天気予報ははずれ、海から上がると肌寒く避暑地になっている座間味島。              昨日の晩、カード取りたての女の子に、体が白で頭に黄色の稲妻模様が入った魚の名前は何ですか?と聞かれ、答えがでず、1本目、海底砂漠で潜る。潜ってすぐ解りました!フタスジタマガシラでした。確かに頭に黄色の稲妻模様が入ってました。魚の見方も様々で面白いです。海底砂漠も弱い流れで綺麗でした。                 2本目はカメのリクエストでウルノサチ。タテスジハタの幼魚の成長は早く、だんだん色が薄くなってきた。タイマイの食事をゆっくり観察できた。                  ダイバーは入れ替わり、3本目はニシバマ北で潜った。深場の根は小物が面白い。
7/23 雨のち曇り 28 30 カードを取って初めてのフャンダイブ。1本目はブツブツサンゴで潜る。中性浮力の練習を兼ねてゆっくり泳ぐ。色とりどりの珊瑚や魚が多く海の中は賑やか。ハナヒゲウツボの幼魚や、ネムリブカがいた。                2本目は阿真のエダサンゴ。砂を巻き上げない様に泳ぐ。珊瑚の上でホバーリングすると、360°デバスズメに包まれる。                               3本目はニシバマのトウアカクマノミ。クマノミは卵を産んで、さらに強い母ちゃんになっていた。カエルアンコウは1cm位に成長していた。
7/22 雨のち曇り 28〜29 30 夏休みに入ってからファミリー&ダイビングと毎年恒例のパターン。学生時代はダイビング部で部長をし結婚後は乳母車に赤ちゃんを乗せ夫婦でダイビングを楽しんでいたが現在は下は1歳の3人の子持ち、交互でダイビングを楽しんでいる。
1本目ヤカビのサンゴポイントでのんびりと感覚を取り戻すリフレッシュダイビング。砂地に点在するサンゴノ根の間を中性浮力で楽しむ。
2本目はカメポイントでシュノーケリングメンバーは水面から奥さんはダイビングでカメウオッチングで遊ぶ。カメも多く7,8匹は見れた。
3本目はアゲナシクキンメノ根を潜る。キンメが増えたのでハオコゼも白、ピンク、ミドリと3色のがついていた。
グルクンの子供が両方の根で群れているので捕食する回遊魚が見れる。
7/19 27 30 沖縄近海に熱帯低気圧のがあり、嵐の様な天気。クイーン座間味の2便目は欠航。                  波が静かで透明度が良いポイントを選ぶが、それでもベタ凪ではない。ファミリーで、シュノーケルや体験ダイビングを楽しみにされていたお客さんは、残念ながら海で遊べなかった。                             ダイビングは、海中は静かで、人懐っこいタイマイと遊んだり、のんびり海中散歩。            
7/18 晴れのち雨 27 25〜40 1本目はアムロ漁礁。数百mも続くユビエダハマサンゴの群生、珊瑚の隙間にはイソギンチャクが多く、クマノミ達が暮らしている。ヨスジフエダイの群れには、ロクセンフエダイも数匹混じり、間違い探しが出来る。           2本目はサクバルの隠れ根。海が青く、気持ちがいい。隠れ根は魚影が濃く、水深32mのボトムからトップまで数種類の魚が群れているが、水深によって群れている魚の種類が違う。スミレナガハナダイやハナゴンベもいる。
7/17 晴れ 26〜27 30〜 お昼過ぎまでは、体験ダイビング。 3時からファンDIV。 ブツブツサンゴには、ハナゴイの群れや、スズメダイの幼魚が多い。ハナヒゲウツボの幼魚も大きく口を開け、小魚が寄って来るのを待っている姿が可愛い。
7/16 晴れ 26〜27 25〜30 1本目は送電線で潜る。割れた根にはスカシテンジクが群れていた。キンメモドキや、グルクンの幼魚もいる。    2本目は阿真キンメ。キンメモドキの数が多く、これから、サイズが大きくなるともっと面白くなる。だが、カスミアジがアタックしたり、ロウニンアジもいたらしい。         3本目はニシバマ浅場をドリフト。デバスズメの珊瑚に、スカシテンジクやグルクンの幼魚も混じって面白い珊瑚があった。フタイロサンゴハゼも仲良く暮らしている。
7/15 晴れ 26〜27 25〜30 1本目はニシバマ北で潜った。トウアカクマノミチームと深場チームに分けて潜った。キンメモドキは少なめ、小物探しが面白いポイントだが、マクロカメラが動かず、浅場のデバスズメで遊んだ。                       2本目はサクバルの隠れ根。隠れ根でゆっくり遊び、安全停止場所にはスクの群れが来ていた。金色に輝き綺麗。ハタやベラに襲われながらも必死に泳いでた。お昼はゲルマ島で休憩。                           3本目はブツブツサンゴ。クダヤギにはアシボソベニサンゴガニがいる。ムチカラマツエビも8匹の大家族で住んでいた。アイゴの群れも、苔を食べるのに一生懸命。
7/14 晴れ 25〜27 25〜30 1本目はアゲナシクキンメの根で潜った。キンメモドキも大きくなり、ボリュームが出てきた、又、グルクンの幼魚がいっぱい付いている。ホシカイワリも必死にアタックをしていた。ピンクのハオコゼや、幸せの黄色いウツボもいた。  2本目は屋嘉比トンネル。夏の太陽は洞窟の隙間からキラキラ明かりを照らしてくれる。アカマツカサも、光に照らされて目立っていた。ノドグロベラの幼魚ヒレは綺麗。    3本目は海底砂漠で潜った。流れが良く、ハゼは捕食に必死になっている。ヒレナガネジリンボウもペアーでホバーリング。ヤシャハゼもかなり近づいていた。2cm程のヒバシヨウジの幼魚もいた。砂漠は水温25度だった。
7/13 晴れ 27 30 1本目はギナで潜った。綺麗なイソギンチャクとカメを探しながら泳ぐ。アオウミガメ、タイマイなど7、8匹は見ることが出来た。                            2本目は阿真のエダサンゴで潜った。大砂漠とエダサンゴチームに分かれて潜った。スナギンチャクも良かったそうだ。ウミエラにはアカホシカクレエビがついていた。    少しだけマンタシュノーケル。今日はプランクトンが少なく、マンタも浮いたり沈んだり、落ち着きが無かった。     3本目はニシバマ。アザハタの根にはグルクンの幼魚が増えていた。ナカモトイロワケハゼは上手に近寄って写真を撮っていた。アザハタの根で遊んでいると、常連のベテランダイバーがニヤニヤ顔で、残圧Oのゲージを見せてきた、オクトパスを与え船に戻る途中、コロダイの幼魚を見つけたが、横目で見るだけ。2本目の後、タンクを交換したと、思い込んでたらしい。潜る前の再確認は基本です。
7/12 晴れ 27 30〜40 今日は、カメラダイバーなので、被写体になるポイントで潜る。                                1本目は阿真キンメ。今年初めて潜るかな!?キンメモドキは、なかなかいい感じに付いていた。水深が深いキンメモドキの群れも味がある。ピグミーもいたらしい。ナポレオンもいた。                             2本目はウルノサチ。タテスジハタの幼魚はちゃんと居た。いつ居なくなるかは、分からないので、今の内に写真に納めて置きたい魚。                        3本目は久場のイソバナ。流れもあり、イソバナはポリプを開いている。カラフルなトサカやウミシダも多い。カワハギ達は、産卵真っ只中で、2年振りにゴマモンガラに追いかけられた。初めて見たが、イソギンチャクがアオヒトデを食べていた。    
7/11 晴れ 26〜27 30〜40 1本目はヤカビトンネルで潜る。透明度が良く、海が青い!洞窟の中も、太陽の光がキラキラ照らしてくれる。洞窟を抜けると、青い海が待っていて、ついつい背伸びをしたくなる。体験ダイバーも上手に泳いでいた。       2本目は海底砂漠。流れも弱く、静か〜な砂漠で思い思いに遊んだ。その後にシュノーケルでマンタウオッチング!久しぶりのマンタに喜んでいた!               3本目はギナで潜った。カメも1ヶ所に5・6匹集まっていたり、アオウミガメ、タイマイが沢山見れた。体験ダイバーもカメを見ていた。
7/10 曇り 26〜27 25〜30 1本目はサクバルの隠れ根。隠れ根にはイソマグロも周ってきた。2本目は阿真のエダサンゴ。青い海と、白い砂のコントラストが、のんびり潜らしてくれる。3本目はニシバマの浅場で、FUNダイビングと体験ダイビングをした。カエルアンコウの幼魚もいる。浅場のエダサンゴはデバスズメの幼魚も増えて、大きさ事に、グループが分かれている。
7/9 曇り 26〜27   1本目はウルノサチで潜る。3チームに分けて、のんびり潜る。タテスジハタの幼魚は2匹いる。2本目はブツブツサンゴ。まだ幼い珊瑚が目立つ、2,3年後が楽しみだ。3本目はギナで潜った。多少流れがあったが、船の近くで4,5匹見れた。
7/8 曇り 27 25〜30 1本目はヤカビトンネルで潜る。アンカーを入れる場所を間違えた、反省。 海は青く透明度がいい。洞窟の中は強い光の光線こそ無いが、静かな明るさがあった。モンツキカエルウオも多い。                       2本目は、阿真牛瀬。普段より潮の変わり目が2時間程早い、岩の奥にはネムリブカが寝ていた。イソバナにキンギョハナダイが群れているが、流れの影で遊んだ。     3本目はニシバマの浅場。トウアカクマノミは卵を沢山産んでいる。砂の斜面はマクロ探しが面白い。今回は5o程のカエルアンコウの幼魚が見つかった。コノハガニも擬態が上手。               お客さんが入れ替わり  4本目はキンメの根。チェックダイブも兼ねてのんびりキンメの根でフィッシュウオッチング。
7/7 曇りのち雨 27 25 風ビュービューの雨バーバー。この風には、まいったもんだ。                                1本目は、嘉比前。流れが弱くヤシャハゼも落ち着かない。珍しくガーデンイールは、半分以下しか出ていない。静かな海底砂漠だった。1便で入られたお客さんを迎えに帰港、が宿に郵パックで送った器材とカメラが届いていない!レンタル器材を取り出港。                2本目はカメポイントで潜ったが、泰平チームはカメが見れなかった、アダルトチームはしっかり見てきたらしい。  3本目はアザハタの根。前回見つけたナカモトイロワケハゼは少し場所を移動していた。12mにある根はスカシテンジクダイが増えていた。大きなニセゴイシウツボもいた。
7/6 晴れ 26〜27 25 なかなか南西の風が治まらない。              1本目は安室漁礁で潜る。チェックダイブも兼ねて漁礁周辺をゆっくり泳いだ。ヨスジフエダイの群れや、イソマグロが回遊していた。                        2本目はアゲナシクキンメの根。キンメの数は変動が激しい。根ノ上に帽子の様な形を創っていたらしい。      3本目は送電線で潜った。中性浮力の練習を兼ねて、小物は探さずゆっくり泳いだ。   お客さんが入れ替わり 4本目、アゲナシクで潜る。キンメの根は混んでいる為、軽く様子見。浅場でゆっくり遊んでいた。                 
7/5 晴れ 27 30 朝1便で神戸Yのツアーが帰り今日は体験ダイビングとダイバ一1人。1本目アゲナシクのキンメの根2ヶ所回る、1ヶ所目ではユカタハタがキンメを襲い驚いたキンメは根ノ上に集合し、帽子をかぶっているようで面白い形をしていた。2ヶ所目は全部の窪みに隠れ対照的だった。ピンク色のハオコゼもついていた。
2本目はボツボツで潜る。流れが少し残っていたのでイソバナはポリプが全開し正面にキンギョハナダイが群れていた。ボツボツはスズメダイ、ハナゴイ、グルクンが群れているのに今日はどこから出てきたのかニジエビスが半分ほどボツボツサンゴを覆っていた。お腹の大きいのが半分くらいいたので産卵期行動と思われる。ハナヒゲの子供もいる。
7/4 晴れ 27 25〜30 神戸ツアー最終日。 サバニレースのスタートを見てからのダイビング。                          1本目はアザハタの根で潜った。キンメモドキも根から出てきて、動きが面白い。ナカモトイロワケハゼのサプライズがあった。                お昼ご飯を食べてから2本目、海底砂漠。ヤシャハゼの幼魚が増えて、巣穴もコロコロ変えたりして、着低にはより一層気を使う。ただ流れが弱く、ハゼは警戒心が強かった。             ラストDIVはウルノサチ。のんびりエダサンゴで潜った。僕が見たかった魚の1つ、タテスジハタの幼魚がいた。思っていたとうり、とても綺麗な色をしていた。          よく飲んで、食べて、潜って、水没!?して楽しいツアーでした。
7/3 晴れ 26〜27 30〜50 今日から天気がよくなり、一安心。              1本目は送電線で潜る。平均水深も浅く、ワイド、マクロ両方楽しめるポイント。エダサンゴにはタイマイもいた。   2本目は男岩。透明度が良く、海が青い!ドロップ沿いはキンギョハナダイの幼魚がいっぱい!ブルーとオレンジのコントラストが綺麗だった。100`級のナポレオンは2人だけしか見れなかったのが残念。              3本目はマチャンNO2で潜る。ハナヒゲは3匹、同じ場所にいて観察しやすいが、1匹はとても臆病。ノコギリダイやアカヒメジの群れは、1匹のサイズが大きく、良い被写体になる。
7/2 雨のち曇り 26〜27 25〜35 梅雨に戻ったような天気。                   1本目はカメポイントで潜る。海の中は青く、水中の方が暖かくて気持ちがいい。綺麗なイソギンチャクがある。    2本目はニシバマの浅場で潜る。5ミリ程のツマジロオコゼの幼魚や、コノハガニ、綺麗なカニの赤ちゃんなど、小物探しも楽しめる。 マダラトビエイも見た。          3本目はブツブツサンゴで潜る。浅場はうねりがあり、リーフの斜面沿いで遊んだ。流れが弱くポリプを開いているイソバナは少なかったが、色んな形があり面白い。ハナヒゲの幼魚は2匹いたらしい。
7/1 曇りのち雨 26 25 今日から天気が悪くなり残念。神戸のボスのツアー。   クイーン2便で入り阿真のエダサンゴで潜る。大砂漠チームとエダサンゴチームに分かれる。エダサンゴではカスミアジがデバスズメを狙ってアタックしているが、デバスズメも危険を承知で産卵を繰り返す、その卵を40匹位のアケボノチョウチョウウオの軍団が食べに来ている。その光景を見ているだけで時間はあっという間に過ぎた。解説があれば水中ドキュメンタリー映画そのもの。DEEPチームも珍しいシャッターチャンスに出会っていた。

 

過去のダイビング情報

2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ