ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

7/31 晴れ 28 25 1本目アゲナシクで潜る。2つのキンメの根中心に潜る。潜る時間を少しずらしたので自由に行きたい場所で遊べた。黄緑色のハオコゼがついていた。2年前ウコンハネガイが心なきダイバーに採られたかと思っていたがその後小さいのがつき現在は大人になっている成長は早い。今までのが死んで次の子供が成長した可能性が強い。コガネアジのペアー?がキンメを食べに来ていた近くで黄色の固体は派手だった。 2本目家族でシュノーケリングに来ているお父さんは釣り好きでダイバーも大物を見たい、合致したので大物のいる場所でダイビング&釣り。ロウニンアジが10数匹群れクロコショウダイも数匹、穴を覗くとイセエビが20匹以上その他グルクンの群れなど上級者しか潜らせない。
7/30 晴れ 28 40 今日もタカチンシのリクエスト。大物は見たいけどハードなダイビングはしたくないとの事で流れのない場所で待つ事にした。風と同じで風下は風が来ない潮の流れもほとんどなく魚の動きを見ていた岩の端は流れが激しくグルクンが流され又戻るこれの繰り返しをしていたカスミアジもグルクンを食べるどころかグルクンと同じく流されて戻るのに精一杯の様子。 2本目クバのカクレ根で潜る。浅い所の(水深42m)アケボノハゼを見に行く。一気に近づきすぎで引っ込んでしまった。又同じ行動をしそうなのでスミレナガハナダイを見に行く、ここも深いので注意が必要。駆け上がりにキンギョハナダイが群れ激しい動きに目がまわりそう。27日ニシバマで見たハゼはホムラハゼだった。普通30分もすれば思い出すけどボケが進んだのか3日かかった。
7/29 晴れ 27 40 1本目タカチンシで潜る。大物を求めて2つの根を回る、流れがありハードダイビングの割にはイソマグロも数匹と少なくもう1回チャレンジしたいとの事で明日も行くかもしれない。2本目ウルヌサチからアマエダサンゴまでドリフトする。砂地にある小さな根を一つ一つ丁寧に見ていくと1時間ほどかかった。スカシの付いている根、小さなサンゴに数種類のスズメダイがびっしり付いていたり、ケラマハナダイなどハナダイが多い岩など水深も10m前後で楽しめる。
7/28 晴れ 27 40〜25 1本目久場島で潜る。いつきても透明度良く周りに船もなくのんびりと遊べる。相変われず子供達はすぐ飛込みが始まる。ダイビングは両方の親、イソバナポイントをゆっくりと回ってきた、ここのハナゴイが綺麗に見えるのが不思議に思えたが私なりの結論は透明度の高さだと考えた。いつも
同じ穴で寝ているネムリブカは今日もいた。
2本目ガヒで潜る。昼食は船が来ると魚が集まってくるガヒ前でとり、2本目は裏で潜る。台風で壊されたサンゴを見るのは忍びないが早めの回復状況も見たい。まだまだ新芽は出ていない。潜っている間に子供達は小さなアオリイカ4匹を釣って全部食べたと言っていた、見ると残骸が少し残っていた、親に残さないとはとんでもない子供達だ。
高い波に突っ込むのが好きでマンタを探しに行くと波がいいと騒ぐ、べたなぎでしょうがないのでフェリーの引き波に突っ込む、流されないようにロープをしっかりつかみ波の中に突入する。流されてないか心配するわけでもなく親は大笑い。
7/27 晴れ 27 30 やっと風波がおさまり真夏日になった。2家族の子供たちは飛込みが好きで船を止めると飛込みが始まる、ダイビングを終え船に上がろうとすると船上からダイバーの泡も確認せず子供達が降ってくる。1本目ヤカビサンゴポイントで潜る。サンゴが綺麗で種類が多くサメもサンゴの間をダイバーのように泳いでいる。今日はイソマグロも4匹回遊していた。穴を覗くと美味しそうなイセエビが数匹、子供も数多く住んでいた。 2本目ニシバマで潜る。カメラ派ダイバーにとって毎回行きたい場所だと思うけど今日は珍しいのが見れた、タツウミヤッコと図鑑調べたけど探せない綺麗なハゼが住んでいた。キンメとアザハタはいつもと同じマダラトビエイが2匹見れた。
7/26 晴れ 27 25 昨日、今日とクイーンざまみは全便欠航。お客さんはフェリーで出入りしているので遊ぶ時間がかなり短縮される。
1本目夫婦はダイビング子供はシュノーケリング&釣りをして遊ぶ。シュノーケリングより飛び込みと波の高い場所で船を走らせ自分達はハンモックにつかまりスリルを楽しんでいる。明日も波の高い場所に行くようお願いされた。
1本目波のない静かな場所で潜る。のんびりと約1時間ほど遊ぶ。船上では子供たちがアオリイカ4匹釣っていたので昼食にご馳走になる。2本目ガヒで潜る。海底砂漠からガヒキンメを回ってくるコースを行く。ヤシャハゼもガーデンイールもかなり近づいて写真を撮っていた。キンメの根にはスズメダイやアカヒメジが群れグルクンも来ていた、そのせいか周りにハタが多くカスミアジも来ていた。
7/24 晴れ 27〜28 25 今日の定期船はクイーンの1便運航2.3便欠航、フェリーはほぼ通常運航。お客さんはクイーンの1便とフェリーで帰り家族でシュノーケリングを楽しみに来た1家族を連れて静かな場所でシュノーケリング&釣りをして遊ぶ。島の裏に行くと波は静か透明度もいい。疑似餌でアオリイカが釣れ子供は釣りに夢中になる。帰りにマンタを探したが出ていなかった。
7/23 晴れ 28 25 沖の岩場にうねりが少し出てきた。内海は波も静かで風も昨日より弱い。1本目ヤシャハゼポイントで潜る。ヤシャハゼがダイバー慣れしなかなか引っ込まない、すぐに穴に入ってもらっても困るけど誰でも近づける引っ込まないヤシャハゼも微妙に困る。今日はガーデンイールも引っ込まなくてお客さんは写真をとるの忘れて見入っていた。
2本目シルキンメで潜る。夏独特の浮遊物があった、深くなるにつれ透明度が良くなる。キンメは少なくなっていた。
オドリハゼは愛嬌良くモデルになっていた。砂地は面白くゆっくり見るとはぜ類、カレイ、海えらなどなど遊ぶものが多い。残りエアーでトウアカクマノミの写真を撮りにいく。
7/22 晴れ 28 25 家族連れのダイバーもきた、明日から台風の影響を受けそうなので明日のクイーンで返すことにした。1本目ガヒで潜る。浅いところのエダサンゴは前回の台風でなぎ倒されて痛々しい、魚は多くお客さんは気がつかないと思われる
2本目送電線で潜る。ケアンズから来たダイバーはずっとワイドだったのでマクロも使いたそうにしていたのでマクロカメラで潜る。なかなか我慢強く魚が寄ってくるまでじっと待っている、それでもうつぼを見ると喜ぶその神経が分からない。
7/21 晴れ 28 40 1本目アザハタの根に潜る。根の周りに溜まっていた海草はなくなり元の綺麗なキンメの根になっていた。魚達の演技をたっぷり見させてもらった。2本目クバのイソバナで潜る。ここも透明度良く海が青く色づいている、グルクンの群れが来るとイソマグロも2匹ついてくる数回にわたり同じ光景が繰り返されていた。
7/20 晴れ 28 30 ヤカビで1日遊ぶ。1本目タカチンシで潜る。予定より流れが早く来たので船の下で遊ぶ。船の下でイソマグロが回遊しグルクンも群れていた。アカマツカサの穴周辺は流れは弱く流れに弱いチョウチョウ魚などが集まり捕食シーンなど観察していると面白い。2本目洞窟のリクエスト。光が射し込み幻想的な世界の写真を撮るのに夢中、アカマツカサやハタンポが群れている。ネムリブカも何匹かウロウロしていた。
7/19 晴れ 27 30 オーストラリアのケアンズから潜りに来た、3年ぶりではあるけどグレートバリアリーフより座間味の海が最高といわれると嬉しい。1本目アゲナシクのキンメで潜る。久々に透明度良く安心できる。2.3kのカスミアジが10匹ほどでキンメを食べに来ていてキンメがおびえていた、普通2.3匹程度なら良く見るけど10匹とは珍しい、キンメも岩にべったりつき岩がキンメの塊に見えた。2本目シュノーケリングも楽しめるポイントで潜る。砂地の斜面を下りていくと小さな根が点在しキンメのついている根もある。浅いところにも砂地にぽつんとサンゴが生えスズメダイが群れている根が点在している。
7/16 晴れ 26 15〜20 風はとれ波も静かになってきたがまだ透明度は戻らない。
シュノーケリングも楽しめる場所にいく。1本目ギナで潜る
のんびりと根の上を回遊しカメを探す。のんびりしているカメが2匹写真が撮りやすい。2本目ニシバマで潜る。根の周りに溜まっていた海草は4号のせいでほとんどなくなっていた、後は透明度のみ。今日はカスミアジ2匹がキンメを捕食にきていたのでキンメがおびえていた、アザハタも対抗しようと構えているがカスミの動きについていけなかった。3本目シュノーケリングで綺麗なサンゴを見せようとガヒで潜る。台風3.4号と連続で来ていたのでエダサンゴがなぎ倒され目を疑った、オニヒトデからサンゴを守る最重要区域に指定し一生懸命守ってきたのに全滅ではないがかなりやられた残念。
7/15 曇りのち晴れ 26 15〜20 台風3.4号の影響で1番忙しい10日間で1本しか潜れなかった。定期船も欠航しお客さんも那覇まで着たのに座間味に渡れないダイバーもいて心が痛い。毎日がセスナとの交渉や宿泊所に荷物が届いていてお客も来てないのに他の民宿に荷物の移動、ダイビング器材を送り返すなどつらい仕事が多かった。久しぶりにダイビングに出る。
1本目透明度は悪いけど波のないアゲナシクで潜る。
7/11 晴れ 26 15〜25 クイーン2.3便は欠航でセスナをチャーターして入ってきた。午後からニシバマで潜る。リーフは白く濁っているが沖に行くにしたがって透明度は良くなる。アザハタの根の周辺は透明度良くなっていた、根の周りを海草が取り囲み景観は良くない、キンメは多いので海草さえ取り除けば元に戻る。それでも根の中を覗くとエビ類の種類が多くダイバーにとっては最高のポイント。
7/05 晴れ 27 25 1本目送電線で潜る。2組に分け時間を少しずらして潜る。3角コースをゆっくりと潜る。ユビエダハマサンゴについているウメイロモドキが集まってくると色鮮やかになりクマノミも5種類近くで見れる。2本目ニシバマで潜る。アザハタ希望なので3組に分け時間を少しずらしながら潜る。
キンメが多いので動きがいくつにも別れたり固まったり輪になったりと動きが1秒も止まることはない、タテキンの幼魚も数匹エビの種類は10種類ほど小物も多い、人気物のアザハタは2匹健在。 3本目ガヒで潜る。ヤシャハゼとキンメの2組に分ける。ヤシャハゼ組は最初から最後までヤシャハゼの写真に没頭しキンメの根では岩の中にアカマツカサ、エビスダイ、根の上にはアマミスズメ、アカヒメジなど群れている、ガーデンイールの中にヤシャハゼも見れる。 台風が近づいてきたので全員明日返す。1組は朝1番のセスナで帰り2組はクイーンの1便で帰った。2、3便から欠航した。
7/04 晴れ 27 30 1本目ウナジで潜る。垂直な壁に沿ってイソバナ、ウミウチワなど生え徐々に深くなっていく、3本潜る予定なので浅い場所でカスミチョウチョウウオを追い込みの要領で取り囲むはずだったがにわか漁師で20%の出来。2本目ウガンデ潜る。ウガンの上を見上げるとがけ崩れが見られ船も止めるしダイバーも潜る真下に数トンの岩が何個か落ちている、今日は流れがあり遠くまではいかなかった、壁1面にキンギョハナダイが群れカスミ、グルクンも群れていた。1組は古座間味に遊びに行く。3本目サクバルで潜る。私は船もちでドリフトする。1面びっしりのウミウチワがポリプを開き満開だったとさ。
7/03 晴れ 27 30 1本目クバで潜る。カメの上がる砂浜前で潜る。イソバナとは逆の場所でのんびりとダイビングを楽しむ、アカモンガラも産卵し中には攻撃的になっているのもいた、カワハギでも普段とは違う婚姻色?をしているのもいた。
2本目カメのリクエストもありギナで潜る。捕食中のカメはダイバーを邪魔者とも思わないのか大勢のダイバーが囲んで写真を撮ってもまったく気にしてない。
7時からサンセットクルージングに出航。
7/02 晴れ 27 25 台風を心配してクイーンの1便で入って3本潜る。3本潜る予定にしているのに新潟のおばちゃん達のおしゃべりはとまらない、合図をして初めてダイビングの行動に移る。
1本目、アゲナシクで2班に分けて潜る。20mにあるキンメまで行くチームと近くのキンメまでのコースに分ける。少し離れた場所からキンメを見るとキンメの群れが動くたびに手をたたく、魚もダイバーを怖がらずタテキン、サザナミ、など色んな魚が近くまで寄ってくる。2本目クイーンの2便で入ったお客さんも合流しガヒで潜る。私はおばちゃんグループ担当。ボツボツには行かず送電線の根中心に潜る、グルクンやウメイロが群れベラが石をひっくり返すとチョウチョウ類が集まり近くでじっとしていると餌を探すのに夢中で観察しやすい。 3本目ニシキテグリを見たいために潜る。5時でもまだ日は明るく皆一生懸命に探す、探せば出てくるもんで写真も撮れ全員見ることが出来た、水面で群れているツバメウオが絵になる。
7/01 晴れ 27 25 定置を潜る。シュノーケリングも網の中で遊ぶ。160cmほどのロウニンアジ、1m以上ある2匹のヒラアジ、ムロアジ他エイも多く入っていた、網がだんだん狭まれて大物が見え出すと初定置網に感動していた。アゲナシク島の魚の多い場所でシュノーケリング&昼食。2本目ガヒでダイビング&体験&シュノーケリング。サンゴの綺麗さに感激していた、疲れも知らずダイビングの後もシュノーケリングで遊んでいた。

 

過去のダイビング情報

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ