ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

8/31 晴れのち曇り 28 30〜25 今日から学生の合宿、初めてのダイビング同好会の合宿なので戸惑う事が多く講習がメーンなので他のショップにも応援を頼みガイドも6人用意し打ち合わせにも時間がかかる。古座間味で講習、ファンダイブの1本目はウガンで潜る。流れもない静かなウガンは回遊魚の期待はなく地形を見てまわる。カクレ根の下にある綺麗なリュウキュウイソバナはダイバーにダイバーに折られたのかだんだん小さくなってきた、綺麗な女性は男によって壊される??
2本目サクバルで潜る。ここのウミウツワはダイバーに壊された痕跡はなく、見事に並んでいる。流れが早く使用頻度は少ない事も関係している。
8/30 曇りのち雷雨 28 40〜25 1本目ニシバマで潜る。アザハタの根に行く。2.3m離れた場所から見ているとアザハタ2匹は砂浜に寝そべったりとトゲチョウチョウウオを追いかけたりと面白い行動をとるキンメは根の上から立てに伸びその周りにスカシやハナダイが群れていた。
2本目カメを見に行く。コバンザメをつけた大きなカメが多く10匹以上いた、他の場所から来たカメなのかダイバーを見ると逃げていく、近づけたのは小さなカメで餌を食べていた。上がるとすぐに雷雨急いで桟橋に戻る。
8/29 晴れ 28 25〜35 昨日はボートの船台直しと今週当番のオニヒトデ駆除に出かけた。
2本目サクバル漁礁で潜る。水深30mに沈めてある人口ブロックに魚がついている、砂地にあるので明るく浅く感じる、ダイバーが行くとツバメウオが迎えに来る可愛い魚ずっとついてまわる、今日はツバメウオの数も全体的に魚の数も少なく寂しかった。
1本目アゲナシクで潜る。小さな子供も一緒なので浅い場所に船を止めシュノーケリングで遊ぶ。ダイビングはキンメの根中心に遊ぶ。カスミアジが6匹キンメを捕食にきたクロハタ2匹が立ち向かうがスピードが違う、思わず私も助けたくなる。
今日ボツボツでガイドがゴマモンガラにおでこと太ももを噛まれた、聞いた時お客さんでなくて良かったと思ったが他人事ではない。ゴマモンガラを見たら遠くに逃げ様子を見ることです。
8/27 晴れ 28 25 久しぶりにメールでの始めてのお客さん。お父さんはダイビング、長男は体験ダイビング、お母さんと長女はシュノーケリング。1本目アゲナシクで潜る。ダイビングもシュノーケリングも両方楽しめるポイント。人が違えばガイドの仕方も違う、ガイドは同じ仕事はしない。8月は家族連れが多くよく利用する、カクレクマノミが多くダイビング場所に4箇所見れる、そのうちの一つ人間社会にあるいじめにあっているクマノミがいる。4匹のクマノミがいて大きい順から3番目のカクレクマノミはイソギンチャクの中に入れてもらえない、4.5年前からイソギンチャクの中に入ると追い出され近くで元気に生きている。助ける事が出来ないのが悲しい。2本目ヤカビで遊ぶ。ダイビング&体験&シュノーケリング。他にダイビング船もなので自由に楽しめる。サンゴも内海と違い洞窟もあり地形も楽しめる。洞窟の中にはアカマツカサやハタンポも多く住んでいる。
8/26 晴れ 28 25〜40 毎年同じ時期に来る神戸のライフセーバーとおばちゃんたち。あまりにも賑やかなので周りの船からジェスチャーで合図が来る。ファンダイブ、シュノーケリング、体験をする。1本目ガヒで潜る。久しぶりにコロダイを見に行く。
流れが出始めだったのですくなかった、フエフキダイも群れをなしたまたま大きなイソマグロ2匹見れた。
2本目ギナで潜る。浅い所で体験をし、沖だししてからカメを見に行く、海が青く透明度はいい、カメも3匹、シュノーケリングでも見れたと喜んでいた。船に上がると今日もイカそうめんが出来ていた。今晩はバーべキュウ。
8/25 晴れ 28 25 1本目タカチンシで潜る。流れはほとんどなくゆっくりと地形や魚を見てまわる。グルクン、ウメイロの群れは次から次へと何処から湧いてくるのか途切れない。大物は見れなくても満足。2本目クバのイソバナをドリフトする。ゆるい流れに乗り今日は楽々ダイビング。透明度よく魚も多い。
船に上がろうとすると子供たちが釣りをしているのでこれが1番怖い。魚もよく釣れイカも3匹船上でイカそうめんして食べた。
8/24 晴れ&スコール 28 25 1本目ウルヌサチからドリフトする。エダサンゴにはスズメダイ、ハナゴイなど小魚が群れクマノミも多い。砂地に点々魚の住家がいくつもあり少し向かい潮で楽楽ダイビングではなかった。2本目ウチャカシで潜る。シュノーケリングでサメを2匹も見ているので大物の期待が高まる。期待どうりイソマグロが回遊していた。グルクンの群れも多かった
カクレ根なので地形も楽しめる、水深には注意。
8/23 晴れ 28 30 今日も東風が吹きサクバル漁礁で潜る。漁礁に行くと可愛いツバメウオが迎えに来てくれる、漁礁についている大きなエダ状のサンゴにキンメ、スカシ、スズメダイがまだついていた、被写体にはいい。カクレ根にはハナゴンベが水深18〜30までたくさん住んでいるが今日はすぐ穴に入り見せづらかった。アマミスズメ、ハナゴイ、グルクンなど群れの魚が多くついている。イジャカジャの西で昼食そこそこに釣りにはしる、私達も子供に合わせないといけないので昼寝が出来ない、昨晩飲みに行っていたので眠かった
2本目アゲナシクでダイビング、体験をする。2つのキンメの根両方とも行く度大きくなっている、ハオコゼも大、小2匹タテキンの幼魚、オドリハゼ他小さなエビが数種類見れる。
8/22 晴れ 28 25〜30 最近東風が吹いている夏は南風が多いけどダイバーだけではないので海上の静かな場所を選んでダイビング&シュノーケリング。ヤカビ島はリーフ内に波が立っていたので静かな場所に戻る。1本目ガヒ島で潜る。ヤシャハゼ〜海底砂漠〜元キンメの根ぐるっと1周する。潮の流れをあわせるとドリフトと同じく流れにのって楽に遊べる。2本目ギナで潜る。子供達は釣りを始めよく釣れていた。カメも大、中、小と4匹見れた。
8/21 晴れ 28 25〜30 ダイビング&シュノーケリング。4家族、親はダイビング子供はシュノーケリング&釣りなどで遊ぶ。
1本目ガヒで潜る。全員久しぶりのダイビングンクなのでゆっくり時間をかけながら遊ぶ。2本目ニシバマで潜る。
アザハタの根まで行く。ダイビングも楽しく潜っているけど子供達の方がもっと楽しそうに遊んでいた、昼ごはんもそこそこに魚釣りをしたり、飛込みをしたり、えずけして魚を捕まえたり、素もぐりの練習をしたりで激しく遊んでいた。
夜遊びに来たときは眠そうにしていた。
8/20 晴れ 28 25 体験ダイビング&シュノーケリング。ガヒ島とアゲナシク4ヶ所のポイントで遊ぶ。体験は去年1度しているので今日は2回目なのでアゲナシクにのキンメまで行く、浅い場所で練習し上手になってからキンメの根まで行く。キンメは大きくまだ中が見えない程着いている、ハオコゼも2匹に増えていた。
8/17 晴れ 28 20 台風の何らかの影響を思われる西風が吹き安室島のウハマで体験ダイビングをする。砂浜で手をつけながら呼吸を慣らし20分ほど遊んでから少しずつ潜り始める、夫婦と子供3人とも何本も潜っているダイバーのように遊んでいた。午後からは釣りをして釣った魚を刺身にして食べた。
8/16 晴れ 28 25〜30 今日はファンダイブ、体験ダイブ、シュノーケリング、忙しかった。1本目ニシバマの東で潜る。水深6mから25mまで落ち込む砂の斜面は他の砂地とはまた違う。小さな根が数個キンメがついていたり見事なウミトサカがあったり周りを砂に囲まれここに生き物が集中している。イソギンチャクに大人のクマノミはなくカクレ数匹、ハナビラ、ミツボシ、3種類とも小さな子供+モエビがついていた。
2本目ガヒ裏で潜る。シュノーケリングも楽しめるように浅いサンゴの場所に船を止める。サンゴが多くアンカーを入れるのに時間がかかった。真っ青なナンヨウハギが10数匹船の上からでも見える、グルクン、ウメイロモドキ、キホシスズメ、ハナゴイなど群れの魚が動き映画の世界、ウミシダにはカクレエビがつき小物も探すと面白い。
8/15 晴れ 26〜28 25 1本目カメのリクエストでギナで潜る。見れたカメは3匹、1匹は寝ていて、2匹はのんびりやで写真を撮ったり顔を近づけて見たりでカメだけでも遊べた。ウミシダを食べる魚はいないと思っていたがモンガラカワハギが食べていた、大量に食べているとは考えられないので何か意味があるかもしれない、又サザナミヤッコがイボヤギを食べていたこれも大量ではない。お客さんの今日の昼食はそうめんだった。私も持ってきた弁当を食べずにそうめんにした。暑さで夏ばて気味。トウアカクマノミを見に行ってから2本目をシルで潜る。キンメの数はダイブ少なくなってきた、ミノカサゴも何処へ行ったのか10匹ほどしかついてない、砂地は綺麗で透明度良く宇宙遊泳感覚。
8/14 晴れ 26〜28 25〜30 夏に南風が吹くと台風の心配をする。今日は北風が吹き岩場ではうねりもあった。1本目クバのイソバナポイントで潜る。水温が低いのと透明度の低さに心配し慎重に潜る。最初に潜って潮流を見る、変化はなかったのでダイビングを始める。リュウキュウイソバナもは白いポリプを開き
満開、通常のダイビングを楽しめた。久しぶりに慶留間で
昼食にする。食事の後すぐ昼寝をしていたら皆元気で桟橋から飛び込みをしたり慶留間港内をシュノーケリングで楽しんでいた。港内で泳いでいけない決まりになっているけど浅くて透明度良くサンゴもあるので楽しんでいた。2本目、サクバル漁礁で潜る。最近座間味全域の透明度が落ちていたので透明度が良く安心した。漁礁の東についている大きな珊瑚にキンメとスカシがついていて被写体に最高、その上にはツバメウオ、太陽が輝いていた。
8/13 晴れ 28 20〜25 お客さん全員入れ替わる。仙台からのダイビングツアー。
1本目アゲナシクで潜る。2つのキンメの根を中心の潜る。いっぱいとは言わないがキンメは両方ともまだついていて大きくなってきた。成長がとても早い。ハオコゼやタテキン、ハコフグの幼魚、ミヤケテグリなど見れる。
昼食は自分達で材料を持ってきてサンドイッチを作って食べていた。2本目ガヒ前で潜る。ヤシャハゼ、ガーデンイール、海底砂漠、カクレクマノミの側にカメが寝ていた。皆でしばらく見ていた、そのうち皆の前をゆっくりと泳いでいった、船の上でカメの話で盛り上がりはしゃいでいたらなんと1人だけ見てない人がいた、考えられないけどこうゆう人は何処でもいる、よくある話。
8/12 晴れ 28 20〜25 1本目ヤカビで潜る。11年前におきた白化現象でリーフ内のサンゴはほとんど死んでいたが毎年新しい珊瑚が産まれ復活してきた。2本目クシバルで潜る。波が静かなので昼食もとる。子供たちがアオリイカも釣ってさばいてくれたが数人の手で粘土のようにいじくりまわしていたので食べる気がしなかった。しばらく来てなかっrたのでキンメの根にはキンメは少なくスカシがついていた。カクレクマノミもイソギンチャクが移動していたので探した。まーるくたまねぎみたいになっているイソギンチャクもあった。潜っているときにスコールがあり上がると晴れていた。
8/11 晴れ 28 25〜30 今日はファンダイブより体験ダイビングが多く又マンタも数匹浮いていたのでマンタ遊びをしていたので長時間の遊びにも関わらず子供達は最後まで元気に遊んでいた。
1本目ガヒで潜る。元キンメの根にはスズメダイ、アカヒメジが群れそれを食べにカスミアジがアタック、失敗ばかりで捕食シーンはなかった、クロヒラアジもグルクンを追いかけわれわれの目の前で食べようとするがグルクンが円くなりはぐれるのがいなかったのでこれも失敗していた。大きくて動きの早い魚でも食事にありつけるのは大変だ。
2本目マンタを見た後ギナで潜る。シュノーケリングでもコバンザメをつけた大きなカメを見ていた。寝ているカメはダイバーを無視し写真も撮り放題だが動きがまったくないため作り物と同じに感じる。
8/10 晴れ 28 15〜20 台風で2日休む。今朝台風対策の解除をし11時に出港する。4人家族で3人はダイビング小学生の子はシュノーケリングで遊ぶ。1本目、ガヒで潜る。1年ぶりのダイビングなのでゆっくりと中世浮力をとりながら遊ぶ。透明度はよくなかったけどスズメダイの群れはダイバーの目の前を横切って動き回る。いつものことだが大人は昼寝、子供に休みはなく当然スタッフにも昼休みなどないが誰が子供なのかわからないほどはしゃいでいたお陰で睡眠不足。
2本目流れに乗り1面ハマエダサンゴの上をドリフトする。
約1時間泳いでもエダサンゴがきれない、飽きる事もなく
水深も深くないので面白い。群れていたのはグルクン、スズメダイ、カスミアジ、ツバメウオなどカメもいた。
8/07 晴れ 28 30 台風が近づき今日の船で1日早く帰すことにする。
ガヒ島で子供が喜ぶ魚の多い場所で遊ぶ。両親は1本潜る。昔キンメがついていた大きな根を中心で遊ぶ。根の近くに居るヤシャハゼの写真を撮るのに夢中になっていた、
根の上にはアマミスズメ、キホシスズメ、アカヒメジなどが群れている。午後1時には宿に戻り3時に繰上げ運航のフェリーで那覇に行く。その後セスナで入ってくるお客さん、那覇まで来ているお客さんあきらめるお客さんなどなど、
対応に追われる。
8/06 曇り、雨 28 25 2家族のオプション&ダイビング。夏とか思えない寒さ、特に海から上がると風も強く震える。午前に少しガヒ島でシュノーケリング、午後からはアゲナシク島で1家族とおじいちゃんおバーちゃん孫はシュノーケリング&夫婦はダイビング、キンメの根を潜る。
         
8/05 晴れ 28 30 1本目ガヒで潜る。目的はリュウグウスジギンポの写真を撮りたいとの事で50分頑張っていた、いい写真が撮れたかどうかまだ見ていない。2本目キンメの写真を撮りに行く魚の動きは思うどうりに行かないが人それぞれ感性があるので写真の出来上がりが皆違う。水中写真もプロ並みのダイバーが多くなり同じ写真をどう撮るかではなく他にも被写体がいくらでもあるので人まねをしなければ新しい写真と感性が生まれる。それを期待したい。
8/04 晴れ 28 30 1本目久場で潜る。イソバナポイントをドリフトする。透明だがいつもより悪く、リーフではうねりがあった、洞窟の光のシャワーが撮りたいとの事で洞窟ポイントに行くとうねりが強くツバメウオの写真を撮りに行く。2本目ツバメウオのリクエストなので漁礁に行く。以前から水面に近くに40匹ほど群れている。今日はべたなぎなので波もなく雲が見えツバメウオは水中なのか空を飛んでいるのか見分けがつかない面白い写真が撮れている。
8/03 晴れ 28 25〜40 ダイバー1人、シュノーケリング4人、体験3人、夏休みになると家族ずれが多くなる。1本目アゲナシクで潜る。キンメの根にはハオコゼやミナミハコフグの幼魚がついている。2本目アザハタの根で潜る。今日のメーンはキンメ、アザハタの写真は1枚もなく全部キンメだった、いつ来ても違う形を見せてくれるのでカメラを持っているダイバーは何回でも行きたがる。途中の根にの上にはスカシやハナダイが群れ根の中にはキンメ、などついていた。
8/02 晴れ 28 25 午前中までシュノーケリングの家族も一緒に遊ぶ。1本目ウナジの崎で潜る。リーフの近くに船を止め壁伝いに潜る。以前は水深15m〜30mを越えてもウミウチワが並んでいたが突然90%のウミウチワが死んだので余り使わなくなったポイント。垂直の壁からヤギ類、ウミウチワなど生えている、それにキンギョハナダイがまとわりついている。
カスミとグルクンも群れている。
2本目アマキンメで潜る。流れが止まるまで待っている間に釣り糸をたらすと5kほどある大きなゴマモンガラが釣れた。今晩の刺身になる。肉はしまって美味しい。肝心のキンメは両方に分かれて少ない。他の穴にもキンメが着いていた。その他ネムリブカが4.5匹ウロウロしていた、カスミとロウニンアジが10匹程いた。
8/01 晴れ 28 30 朝家族ずれのシュノーケリングをする。デバスズメが水面に浮き金魚すくいのようにとれ子供から大人も意地になって遊んでいる。クイーンの1便でダイバーが入ったので時間を決めて迎えに行く。1本目シュノーケリングの予定でガヒにいくと、べたなぎで船上から海の中が鮮明に見える、水深の浅い場所でサンゴの写真を撮りに行く。私は後ろからおろおろしていた。お昼休みは釣り、子供に昼寝の時間はなく1日中何かして遊んでいる。今日も魚がたくさん釣れ民宿も大変だと思う。船のリモコンワイヤーが切れて交換に1時間以上かかる。エンジンの中はサウナ状態でダイエットに丁度いい。2本目ウルヌサチで潜る。ケラマハナダイの根に行く。少なくなっているような気がする、水深が深いので長くは入れないのでエダサンゴに移動しそこで遊ぶ、魚は多くサンゴの上で群れている、目立つのはハナゴイ、デバスズメなど。船に戻ると小さなアオリイカが3匹上がっていた。

 

過去のダイビング情報

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ