ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。く
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

5/30 曇りのち雨 26 30 1本目ヤシャハゼ見たいととのことでヤシャハゼポイントで潜る。3.40cmまで近寄れるので誰でもうまく写せる??
近くのガーデンイールも背びが見えるほど近寄れる。
2本目カメを見に行く、餌を食べていてダイバーが近づいても逃げないカメを見て感激していた、
阿嘉港で昼食をとりデザートに食堂で冷やしぜんざいを食べてきた。ダイビングより初めての沖縄ぜんざいに満足し感激していた。アダンの実が落ち大小数十匹のヤドカリが集まっていた。 3本目はサクバルカクレ根で潜る。ヨスジ、アマミスズメ、ハナゴイ、グルクンなど群れの魚が多い。ハナゴンベも10匹以上いる。回遊魚はイソマグロ。
5/29 晴れのち曇り 26 30 南西の風が強く梅雨はこなかったけど梅雨明けかな?
今日は船長に徹する。1本目 アザハタの根を潜る。湿気が多く風は強くても蒸し暑い。クーラーのきいた室内でビデオとデジカメをセッティングそのせいもあって両方ともレンズが曇っていた。2本目は船でセッティングしたので曇りなし。クーラーガンガンの部屋でカメラをセッティングするのはやめましょう。ガヒ島近くで昼食、休憩をしていたら7.8人の外人がいた、シュノーケリングツアーをやっている座間味のショップがパラソルとカヤックを置きっぱなしにしていたのでパラソルを広げカヤックで遊んでいた、外人独特のおおらかさとゆうか日本人とは少し違うと思いながら私は外人ウォッチングをしていた、決してビキニの女の子を見ていたわけではない。2本目はアムロ漁礁で潜る。
5/26 晴れのち雨 26 30 風が弱く海はベタなぎ。1本目漁礁を潜る。ユビ枝浜サンゴが数百mも続きその真ん中あたりの水深15mの所に漁礁が沈められている。曇りだとニシキテグリの確立が高い。水面近くにはツバメウオが群れていた、近づこうとして1人水面まで上がっていた。 2本目エダサンゴで潜る。
砂地で大きなエダサンゴの山が2つ、砂地を泳いでいくと小さな珊瑚が点在し魚もそこに集中している。カメもよく寝ている場所で今日も見れた。
5/25 晴れ 26 30 賑やかなおばちゃんたちは古座間味でシュノーケリング、2便で帰る、静かになった今日のダイビングは昨日に続き夫婦2人ダイビング3歳と6歳の子はシュノーケリングで遊ぶ。 1本目アゲナシクキンメで潜る。水温が高くなってきたのでキンメも増えている。海の中は恋愛の季節で色んな魚がダイバーを無視していちゃいちゃし目のやり場に困る。キンメの根ではいつもは岩のように動かないハオコゼがメスを追いかけ泳ぎまわっているしハナダイやスズメダイなどはオスがメスに激しくアタックしていた。人間だったら大変ダー。 ジョウフイッシュは10数匹と増えている。
2本目ガヒで潜る。2週間前にコブシメが卵を産んでいたので確認すると直径2mほどのサンゴの隙間は卵でびっしり埋まっていた。その近くに最近アオウミガメが居ついている。
5/24 晴れ 26 30 修理から戻ったパソコンはまた故障し昨日修理から戻ってきた。今日は富山の賑やかなおばちゃんっちの体験ダイビングと家族連れでのファンダイビング。
晴れているが湿度が高く梅雨を感じる。
体験ダイビングはガヒの砂浜から潜る。チョウチョウウオやスズメダイ、ホンソメワキベラのクリーニングやミナミハコフグの幼魚も見れた。
ファンダイブダイビング1本目ガヒキンメで潜る。ガーデンイールやヤシャハゼ、穴の中にはイットウダイが詰まっていた。2本目ギナで潜る。カメは多かったが流れもあった。船から長いロープを流しおばちゃんたちはロープをつかまえて上からカメを見ていた。久々におばちゃんパワーを見た。
5/08 晴れ 25〜26   4月12日にパソコンを修理に出し2.3日前に復旧した。4月後半は水温が上がらず23度と低く5月3日が24度4日から25度と毎日1度ずつ上がっていた。

 

過去のダイビング情報

2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ