ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。く
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

6/29 晴れ 27 30〜20 1本目間のキンメを潜る。南のキンメに黄色い可愛いウツボがついていた。間ではキンメを襲うギャング(カスミアジ7匹)がタイミングを計りながら旋回していた、襲う体制に入るとクロハタが迎え撃ちに根の上に出てくる、約10分間7匹もいながら攻撃は最初の1回だけで諦めて帰っていった。キンメが1番多い。2本目1組ダイビングする。アザハタの根を潜る。定番のアザハタ、キンメ、ホワイトソックス、バイオレットシュリンプ他甲殻類が密集している。
3本目送電線で潜る。この場所もカメがよく見れる。今日のカメには参った。最近はサンゴが環境やオニヒトデなどに痛めつけられているのにここのユビ枝ハマサンゴは生き生きとしている、そのハマサンゴの根の方についている藻を食べるために口でサンゴを折りながらえぐっていた。
6/28 晴れ 27 25 1本目アゲナシクで潜る。常連さんは何度か潜っているのでコース変えも兼ね2人と3人の2グループに分ける。ジョウフイッシュで遊びエダサンゴを回りキンメの根に行く。キンメの根ではタテキンがアカスジシラヒゲエビに気持ちよさそうにクリーニングをしてもらっていた。キンメが多くどかさないと見ることは出来ない。 2本目座間味始めてのダイバーのリクエストでカメポイントで潜る。大きなアオウミガメはコバンザメが2匹つきダイバーが近づくとカメは反応せずコバンザメが動き回っていた。餌を食べているカメのそばではおこぼれをもらう為タテキン、サザナミヤッコ、他チョウチョウ類が1緒に藻を食べていた。 3本目海底砂漠を潜る。海底砂漠の始まりから潮に乗りぐるっと回りヤシャハゼを見て上がる。
6/26 晴れのち雷雨 27 25 ニシバマの西にあるポイント。砂の斜面を下りていくと小さな根が数個見える。キンメが着いている根やカクレエビがついている根やタテキンの幼魚など一つ一つ観察すると面白い。東側は明るいけど西側は真っ黒な雲に覆われて海の中も暗くなってきた。雷雨が来たので港に帰り今日の2本目は中止にした。
6/25 晴れのち曇り雨 27 30〜25 シュノーケリングで5歳の子供にカメを見せたい親ばかなリクエスト。私も爺馬鹿で1本目ギナで潜る。カメは少なくダイビングでも2匹しか見れなかった、シュノーケリングは1匹見たとのこと。2本目は今日入って来たダイバー。
ボツボツで潜る。他昼食、シュノーケリングや釣りで遊ぶ。
午後はガヒ前で潜る。流れの複雑なポイントでヤシャハゼを見ながら潮待ちし海底砂漠まで行く。落差が大きく迫力がある、写真で表現するのも難しく潜って見るしかない。
6/24 晴れ 27 25 10数年前は青学ダイビングクラブで座間味で合宿し、社会人になり妻と子供2人の家族ができこ毎年遊びに来る、孫が遊びに来ているようで私も遊ばせてもらっている。
東京時代高校の同級生が小学生の子供を遊びに連れてきていた。今度は友達を連れて遊びにきた。昨日までの大忙しはなく今日はのんびりと近くのアゲナシク、ガヒでダイビング、シュノーケリング、釣りなどして遊ぶ。
6/23 晴れ 27 30 マナティーツアー最終日。1本目アゲナシクで潜る。
毎日多くのダイバーが押し寄せてくるキンメの根なのに根が隠れるほどキンメであふれていた。ハオコゼもキンメに隠れて見えないキンメをどかしながら写真を撮っていた。
最後の1本なのでリクエストを聞いたら洞窟、ハゼと浅く明るくサンゴの綺麗な場所とばらばらできかなきゃよかった。リクエストの希望の2ヶ所潜ることにした。洞窟&ハゼはヤカビで潜り、浅くサンゴの綺麗な場所はドリフトをした。最後のポイントは大満足で無事楽しんでもらった。おまけとして水深5mの砂地でマンタが見れた。
6/22 曇り 27 20〜30 1本目シルで潜る。キンメチームとエダサンゴチームに分けて潜る。30年前から住んでいたスミレナガハナダイはオス、メス共にいなくなった。その場所にはヨスジが群れていた。イソギンチャクも丸くなり被写体は多い。 2本目ウフタマで潜る。3チーム分けて潜る。潮どまり以外は流れがある、キンメのついている根は2ヶ所、イソバナもポリプを開き全開。
3本目ボツボツで潜る。イソバナの近くに毎年ゴマモンガラが卵を産む、今年もゴマモンガラの襲撃に注意警報が出た。小さなアオウミガメが居ついている。
6/21 晴れ 27 30 1本目ギナで潜る。カメが見れなかったらダイビング料金は無料にするとの約束でプレッシャーがガイドにかかる。ガヒ前で潜る。カメは3匹と少なくそのうちの1匹は餌を食べていたのでダイバーが近づいても気にしないので写真は撮り放題。2本目、ヤシャハゼ&砂漠チームと元キンメの根チームに分けて潜る。どちらでもガーデンイールやヤシャハゼは見れる。、3本目ニタで潜る洞窟の中では太陽シャワーががキラキラゆれながらいろんな角度から差し込む、洗面道具がほしくなる。
6/20 晴れ 27 30 新潟からの常連のダイビングツアー。クイーンザマミの1便で入ってから3ダイブ。 1本目砂地&エダサンゴポイントで潜る。1グループは遠征チームとはエダサンゴオンリーののんびりチームに分けて潜る。 2本目アザハタ&キンメポイントで潜る。小さなキンメの根なので3チームに分ける。
ホワイトソックスと同じようにバイオレットボクサーシュリンブもいつでも見れるようになった。
3本目送電線で潜る。11時出港で3本潜り、夜は飲みにケーションで元気いっぱい泡盛で腹いっぱい。
6/19 晴れ 27 30 1本目アマキンメで潜る。両側の穴の中にキンメが多くいた。船に上がってから潜ったーと感じたと第一声、潜ったことのあるダイバーだったらわかるかな’’’。2本目太陽光線きらきらの洞窟を潜る。洞窟の中に魚は少ないけど光のシャワーが角度でまぶしく輝いている、夏季には1回はお勧め。写真の出来上がりも良かった。
6/18 晴れ 27 30〜40 ダイビングの目的は写真、1本目ウフタマのイソバナの写真を撮りに行く、今度はポリプが満開で後は本人の腕次第。昼食後ガヒの山に登り夏の座間味の海の写真を撮りに行く、ワイドカメラを持っていったので失敗、山からだと普通か望遠がよかった。午後アザハタ&キンメの根。何回行っても飽きないらしい、確かに毎回同じではないけど同じような写真は多いだろうなあ。
6/17 晴れ 27 30 1本目がひ前で潜る。流れの強い中砂漠までいっていた。
ごごはアゲナシクで潜った。私は午後から渡嘉敷で会議に出席した。夕方酒の誘いも断り帰って来た。船のダイナモの交換を頼んでいたので気になっていた、交換してエンジンはかかったが今度はとまらない、夜の9時半までかかった。まだ完全ではない。
沖縄は梅雨明けした。気温は31度南風は涼しく日差しは刺すようにいたい。
6/16 晴れ 27 25〜30 1本目ガヒで潜る。いつもと違うコースを潜る。水深は20数メートル以前キンメがついていた根には小魚が多いのでキンメはいなくてもユカタハタが2匹住んでいる。サンゴでできた岩の2ヶ所が大きく割れていた、観察するとアンカーではなくゴマモンガラの可能性が高い。これから卵を産む季節なので襲われないように気をつけよう。イソバナがポリプを開き綺麗だった。
2本目今日のクイーンで入って来たダイバー。同じガヒでイソバナの写真を撮りにいった。時間が少しずれtだけでポリプの開きが違いそれでも粘っていた。
3本目、間をドリフトで潜る。キンメの多さにはびっくりするが写真を撮るのは少し難しいかも。
6/15 曇り 27 30 昨日ラフウオーターに参加した選手がダイビング&シュノーケリング。 午前ヤカビでのんびり遊ぶ。砂地に大きなサンゴの根が点在しリュウキュウキッカサンゴも多い。浅瀬は10年前に白化でいじめられたサンゴが復活している
午後も両方楽しめる場所で潜る。昼食もそこそこにスキンが始まる。若くもないのに元気いっぱい。2本目は2グループに分けて潜る。1番遠いキンメの根でファーストからの大きなエアー漏れがおき回転で少しは治まったがいったん船まで届けてから近くのキンメの根で遊ぶ。同じ色のハオコゼが3匹に増えていた。どこから来たのか不思議な魚だ
6/14 曇り 27 30 化粧直しで5日間陸揚げし昨日船を下ろした。 1人もんが2人になり子供が出来たら家族で遊びにくる、よくあるパターンだが最近からおじいちゃん、おばーちゃんが孫を連れて遊びに来る、私も年をとったもんだ。
1本目島の裏の洞窟遊び。キンメやハタンポの群れを期待したがハタンポ少々。
昼食は無人島に上陸して孫と砂遊びや持ってきたゴムボートで遊んでいた。 2本目は水面まで魚の集まるポイントで潜る。シーズンでキンメが多く根を覆っている。
6/07 26 20〜25 明け方熱帯低気圧が近くを通過した。海がしけクイーンは全便欠航した。内海はダイビングに支障はなく今日も元気に3本潜る。 1本目アゲナシクで潜る。船止めた場所の近くはジョウフイッシュが10匹以上いた。1匹は自分の穴のすぐそばに新しい巣作りの穴を掘っていた。2ヶ所のキンメの根に行く。キンメは増えている。根の奥ではハタやタテキンが気持ちよさそうにシラヒゲエビにクリーンングをしてもらっていた。 2本目ギナで潜る。今日のは小型のカメ
だった。 3本目ガヒで潜る。浅い場所はうねりがあったのでドリフトで潜る。明日も潜る予定の夫婦は日本航空のストの影響を受け1便で帰る事になった。今回は粘るメンバーでダイビング時間は1時間以上と長く次回は小さなタンクを用意しようかと考えている。体がふやけてくる。
6/06 26 25 1本目 ケラマハナダイとキンメの根を潜る。キンメが根を覆うほどが多くなっていた。カメが寝る場所に大きなマダラエイが2匹入っていた。 2本目ウルヌサチからエダサンゴまでドリフトする。ダイバーを入れてから大雨に見舞われた。 3本目ヤカビで潜る。洞窟の中は潮が引いていたので水面が鏡のようになり水上にサンゴがあるように見える。今回は皆写真とビデオを持っているので大きな移動はなく洞窟周辺で好き好きで遊ぶ。
6/05 晴れのち曇り 26 20〜30 お客さんは入れ替わりクイーンの1便で入り3本潜る。
1本目海底砂漠&ヤシャハゼポイントで潜る。大潮で干満が大きく流れがころころ変わる。ヤシャハゼも流れによって出てきたり引っ込んだりと穴の前で待っているダイバーは根気比べ。 2本目流れのない場所で潜る。透明度が20mほどしかなく隠れ根は暗く感じた。回遊魚は見れなかったが群れの魚は多い。 3本目アザハタの根に行く。
この根は小魚と小エビが凝縮してとても喜ばれる。最近砂が根を囲むように増えてきた、砂に埋もれたら座間味の大きな財産を失う事になる、しばらく様子を見るしかない。
6/04 雨のち曇り 26 25 神戸の最高年ツアー?の最終日。3日間で9本のダイビング。ダイビングする用意は若者より早い、慣れてきたので忘れ物のないようにチェックするとフィンを忘れるやマスクはどこに置いたか色々楽しませてもらった。
1本目シルで潜る。アザミサンゴについているキンメは大きくなっていた。キンメのつく根にはウツボやオニダルマオコゼが住み着いているので穴に手を入れたり砂地でも手を着く時は注意が必要。カスミアジの捕食シーンが見れた
2本目ウフタマで潜る。ここのキンメの根は水深が10mと浅く砂地の真ん中にある。キンメは多かった。今日のメーンのイソバナは根の上にあって壊されてなく綺麗な形をしている。砂地はガーデンイールがいっぱい。
3本目アゲナシクで潜る。ここもキンメがメーン。水温が上がったのでキンメが根を覆いつくしている。根の奥ではクロハタ、ユカタハタにエビがクリーニングしていた。大きなウツボが餌を求めて穴に入る様子もなく長い時間出歩いていた。ダイバーに向かってきたので怖くて腰が抜けたのではなくタンクを下にひっくり返っていた。
6/03 26 25〜30 朝から雨も珍しい。急いで雨風よけの風防を取り付ける。今日から3日間は干満の差が大きく流れも早いので流れの弱い場所を選ぶ。
1本目ガヒキンメを潜る。大きな岩なので中にはアカマツカサやイットウダイの仲間など暗い場所を好む魚と岩の上にはスズメダイやアカヒメジが群れグルクンもきていた。キンメがついていないので不思議に思ったお客さんがキンメはどうしたの? 20年前まではキンメがいっぱいついていたがつかなくなってからもポイント名は変えていないだけ。
2本目、カクレ根を潜る。アマミスズメやハナゴイ、ウメイロモドキ、グルクンが群れ根の周りを目が回るほど動きまわっていた。流れなく魚の大群が見れる場所。
3本目ギナで潜る。タイマイ、アカウミガメ、アオウミガメ次々登場するカメポイント。メーンは巨大なアオウミガメ、コバンザメを2匹従えゆっくりと泳いでいた。近づいてもペースを変えず堂々としていた。
6/02 曇り時々晴れ 26 30 座間味セーリングで最高年グループ。平均年齢70以上毎年年齢が高くなっている(あたりまえ)。潜らせて良いものかも迷うけど元気はつらつで第二の人生を楽しんでいる。
1人は3年ぶりのダイビングとゆうので特別にまんつうまんで対応する。ダイバー5人に3人のガイドで潜る。
1本目ガヒで潜る。私はエアーの早い2人を連れて潜る。ダイビング時間が楽そうに見えるけど結構アクシデントがあり笑える場面とありえない場面を見てびっくりさせられる事もあった。 2本目エダサンゴを潜る。砂地にある大きなエダサンゴはデバスズメの住みかだった。デバスズメの中を泳いでいる、エダサンゴの中に色とりどりのイソギンチャク、エダサンゴの中を散歩しているハコフグの幼魚やニシキテグリもいた。
昼食はガヒの砂浜前、昼食後は釣りや昼寝で過ごす。
3本目アザハタの根で潜る。キンメは根の上で群れアザハタはダイバーの目の前をゆっくり回っていた。ホワイトソックスなど小エビが多くバイオレットボクサーシュリングはペアーでキンギョハナダイをクリーニングしていた。

 

過去のダイビング情報

2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ