ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。く
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

7/31 晴れ 28〜29 30〜40 お客さんが入れ替わり。マンツーマンで、のんびりダイビング、サンゴが綺麗なポイント。真っ白な砂地にぽつんとある、アザハタの根で潜る。突き差す太陽に砂か照らされ、水深を感じさせない明るさだった。
7/30 晴れ 28〜30 40〜50 やっと風がとれ透明度もよくなってきた。
1本目ヤカビのサンゴポイントを潜る。1ヶ月前のサンゴ調査では被度80〜100%とサンゴが密集している。砂地に大きな根が点在し根の間を縫うように泳ぐ。リュウキュウキッカサンゴなど種類が内海とは少し違う。根の上にハマクマノミだけ10数個体すんでいいたのに小さなイソギンチャクに小さなクマノミがついた、この先いじめか何かが起こりそうな気がする。 2本目ニシバマで潜る。夏休みでシュノーケリングの家族もいるのでニシバマは皆で楽しめる。デバスズメは水深5.6mにあるサンゴからあふれて水面近くまで群れている。透視度も良いので遠くまで見えガイドは要らないかも、、、アゲナシクで体験ダイビングをする。
7/29 晴れ 28〜30 25〜30 昨日の海上の風速は10m〜15m位突風は20mほど吹いていた。今日は10m前後とかなりよくはなってきた。
1本目ガヒ前で潜る。ヤシャハゼポイントにダイビング船が集まってきたので、我々は元キンメの根に行く。根の上にはアマミスズメとアカヒメジが群れていた、黄色なのになぜアカヒメジと名前をつけたのか分らない。岩の中にはイットウダイが群れていた、窪みをたくみに移動しているスミレヤッコは堂々と普通に泳いでいた。それも大小数匹が同じ行動をしていた。2本目アゲナシクで潜る。キンメの根に行く。最近よく見るタテキンの幼魚がここでも数匹いた、黄色い色のハコフグの幼魚もいた、キンメを襲うカスミアジ2匹今日のは小ぶりだったので迫力に欠ける。
7/28 晴れ 29 25 台風の影響で、風、うねり共に強く、那覇からの定期便は全便欠航。1本潜る事に港に帰る。安全に潜れる島影でポイントを探す。移動中、どうしても、良い波があれば目が行く。1本目ウチャカシで潜る。透明度が良い、一安心!カクレ根をゆっくり回る、カスミチョウチョウウオの群れ、グルクンの群れ、タイマイ 2本目ニタ洞窟、洞窟の中はうねりも無く、静かな暗闇に差し込む光、ネムリブカやハタンポの群れ、暗闇に居るシチセンベラは、なんともいえぬ怪しげな感じだ。明日からの天候回復を願います。
7/26 晴れ 28 25〜30 クイーン2.3便は欠航、フェリーは繰上げ運航した。
1本目ニシバマで潜る。浅瀬のサンゴはデバスズメがあふれるばかり群れていたそのそばで半分白くなっている珊瑚
を調べるとホワイトシンドロームだった。下手に割るとウイルスが広がっていく可能性が高く処置が難しい。アザハタの根は砂が増え窪みになっている、埋まりそうなら自然に逆らい対策を立てないといけないのかなーと考えた。
2本目、1組は帰り残りは家族連れのダイバーなのでカメを見に行く、子供達はシュノーケルでカメ探し4匹見つけた。ダイビングでは大きなアオウミガメや餌を食べているタイマイなど6匹見れた。
7/25 晴れ 29〜30 25〜30 台風が近くで発生し明日からの船の運航が読めないので明日帰る人は今日のフェリーで帰る。3家族のシュノーケリングや体験もあるので子供が遊べる場所で潜る。
1本目キンメの根&浅瀬のサンゴポイントの2グループに分ける。キンメの根は船からの移動距離は短いが水深が深い。砂地に中にあるのでクリーニングステーションが多くアカホシカクレエビなどが多く居ついている。2本目子供の体験にお父さんも一緒に潜る。砂地&エダサンゴを潜る。
砂地のクマノミは大小50匹程とミツボシの子供も50匹ほどと密集している。
7/24 晴れ 29〜30 30 1本目アゲナシクで潜る。キンメの根2ヶ所回る。キンメを食べに定期的に循環するカスミアジのせいでキンメがだんだん少なくなっているような気がする。キンメも大きくなっているので根自体は寂しくはない。ハダカハオコゼが白、赤、黒、黄緑と色彩豊か。ダイビングの申し込み書に中世浮力の出来ないダイバーは潜れませんと書いてあるので夫婦の奥さんが体験の予定だったがカードを持っている旦那が中世浮力に自信がないとのことで1緒に体験ダイブをした。浅い場所で練習してキンメの根まで行く。2本目
ヤカビで潜る。洞窟の中は水の層があるので人工的に強いスポットライトを動かしながらあてている光が不思議な感覚に感動する。ハタンポやアカマツカサが群れている。
7/23 晴れ 29〜30 30〜40 1本目アザハタの根に行く。根にはサンゴはほとんどなく復活の兆しもない。根には多くのエビ(サラサエビ、アカシマシラヒゲエビ、オトヒメエビ、バイオレットボクサー、ホワイトソックス、コシオリエビ)などが所狭しと忙しそうに動き回っている。キンメモドキは根の上でいろんな形を作りその周りをアザハタがゆっくりと浮かんでいる。もっと上はハナダイが群れている。最近はタテキンの幼魚が10匹ほど居ついている。今日も昼食&休憩はガヒビーチ前、体験も同じ場所で行う。体験ダイビングは母娘で私はお母さん担当、デジカメで写していると途中で勘違いされ自分でデジカメを持って写しまくっていた。狭い穴に体半分を入れて奥に逃げたミノカサゴの写真を撮っていた、母は強し。
2本目ボツボツで潜る。イソバナポイントにはゴマモンガラがいて急いで離れた。イソバナについているキンギョハナダイが増えた、しばらく見とれていたら、アデヤッコがダイバーを怖がることなくロクセンヤッコの子供とペアーになり仲良く遊んでいた。
7/22 晴れ 29〜30 30〜25 1本目ガヒ前で潜る。海底砂漠近くから流れに乗ってガヒキンメ経由で回ってきた。ヤシャハゼなど小物は見ず中世浮力で漂いながらのダイビングをした。休憩、昼食、体験ダイビングはいつものガヒビーチ前で過ごす。ビーチはどこまでも透き通り遠くまで見えるので覗きをしているような罪に駆られる。体験ダイビングの説明を終えた後レギュの説明でレギュを加えさせようとしたら中にゴキブリは入っていないでしょうね!と聞いてきた、答えに困った。私の1番嫌いなものはゴキブリだと言いながら、ホームページを見て選んだと言っていた。2本目サクバル漁礁を潜る。ブロックの上にはグルクンの子供が群れ中にはキンメがいた、小魚を狙ってハナミノカサゴが多い。
7/20 晴れ 29〜30 30〜40 1本目、間の根を潜る。10数匹のカスミアジがキンメを食べに群れの中に突入した捕食シーンが見れたようです、そのとき私は近くのハゼポイントの様子を見に行っていた
ヒレナガネジリンボウが多かった場所だがヤシャハゼが5ペアー見ただけで流れが速くなり戻った。
2本目エダサンゴポイントで最後のダイビングをゆっくりと楽しむ。デバスズメの大群がすごい小物はオドリハゼ、ハコフグの幼魚、ハオコゼなどタンク1本充分楽しめる。
7/19 晴れ 29〜30 25〜30 陸上で風速5.6m海上は7.8mとまだ台風の余波が残っている、透明度は良くなっている。1本目ギナで潜る。
私は船で待機。2本目ガヒ前を潜る。2コースに分ける予定が流れはなく砂漠から流れに乗ってぐるっと回るコースはやめた。ヒレナガネジリンボウはまだ居ついている。砂漠は流れはないけど自由に動き回れるのでしばらく遊んでいた。3本目アゲナシクで潜る。休憩も兼ね流れが止まるのを待っていた。風が強いせいなのかダイビング船が集まってくる、それにしてもレベルの低いダイビングサービスが多い、3隻目までは許せるが4隻めからは私なりに考えられない、最終的に10隻のダイビング船が潜っていた。
ポイントはいくらでもあるはずなのにレベルの低さに情けない。
7/18 晴れ 29〜30 25〜30 クイーン全便欠航、フェリーは通常運航した。昨日からクイーンが欠航しているので今日のフェリーはあふれるほどの人でお客さんを探すのに苦労した。ついたらすぐ潜れるように混雑しているフェリーの中で食事を済ませていたつわもの熟年夫婦2家族、午後から2ダイブする。1本目アマビーチ前で潜る。砂地の斜面にある小さなサンゴの中にスズメダイやスカシテンジクが群れている。ケラマハナダイの根ではハナダイやスカシ、ハナゴイ、ウメイロなど群れの魚も多くクマノミや手を差し出すとクリーニングをしてくれるアカスジシラヒゲエビなど見るもの被写体が多い。岩と間違えられた大きなカメが2匹、初めて見る甲羅の汚れたカメもいた。 2本目ダイビング船のいない場所を探すとニシバマが1隻の船もない。南風が強く引き潮が重なり三角波が立っていた、テインガーラには大した波ではないのでゆっくりと遊べた。たまに強風も助かる。
7/17 晴れ 29〜30 15〜20 15日にエンジン修理した。 今日は台風7号の影響で風が強くなったのでエンジンが両方使えるのはとても助かる
1本目波の静かな場所で潜る。ガヒ前なので砂浜の砂が波で洗われて白く濁っていた。お客さんが初心者なのでコースを決めずにお客さんに合わせたダイビングを楽しむ。
19日の最終便で帰る予定だが船の運航が心配なので1本だけで帰る。台風は直接の影響はなくダイビングには支障はないけど定期船の運航が分らない。
7/14 晴れ 29〜30 25〜30 1本目ヤシャハゼ&海底砂漠を潜る。海底砂漠は潮の流れが作った芸術品、毎日変化しているがいつ見ても感動する。ヤシャハゼポイントに最近ヒレナガネジリンボウが現れた。2本目アゲナシクで潜る。キンメの根では白、黄色、黒、ピンクのハオコゼが見れる。小さなエソがキンメを食べようと群れに突入したらクロハタが遠くまでしつこく追い回していた。そこまでしなくても、、、
明日からエンジンの修理に入る予定。
7/13 晴れ 29〜30 40〜50 お客さん入れ替わる。今日は久々に2本ダイビング。
1本目アザハタの根を潜る。海中が青く色づいていた。スカシの根からアザハタの根が見えるほど透明度は良い。グルクンの子供が多い。アザハタの根ではアカシマシラヒゲエビがカメラを占領するし手もかじるので困った。2本目クバで潜る。ここも流れなく海の中は透き通って青い。
体験ダイビングもここで行った。透明度の良さに感激していた。
オレンジ色のフィンの面白い共通点、今回のツアーでガヒ裏でアオウミガメにフインをかじられたダイバーがいた、海外でもアオウミガメに同じ色のレスキュウマークの入ったフィンをかじられたダイバーがきている。強くかむ事はないけど餌と間違われたようだ。
7/12 晴れ 29〜30 50 1本目ガヒ前で潜る。ツアー先発組みは2回目なのでコース分けして潜る。ワイドは元キンメの根〜砂漠までのコース。ヤシャハゼポイントにヒレナガネジリンボウがいた。砂漠は水があるのを感じさせない程透き通っていた。
2本目アザハタポイントで潜る。穴の中にいるバイオレットボクサーの写真を撮っていたら数匹のエビがカメラのクリーニング、おでこをクリーニングされると痛くて写真どころではない。3本目ツアーラストダイブ、水深の浅い夏限定の洞窟を潜る。ハタンポの子供も産まれ魚も増えて来た。
ツアー先発は今回21本潜っていた。
7/11 晴れ 29〜30 50 港から出航しようとしたらまたもや右舷エンジンのシャフトが抜けていた。本格的な修理が必要なので16日に修理を予定している。1本目ウナジで潜る。入った瞬間暖かい、透き通っている、エンジンのことを忘れさせるほど気持ちよく潜れた。垂直の壁からイソバナ、ウミウチワなど生えキンギョハナダイ、ハナゴイがついている。カスミチョウチョウウオも多くハタタテの子供が群れていた。
2本目ウガンで潜る。流れなくのんびりのウガンも良かった。イソマグロは3匹と5匹、2ヶ所で見れた。カスミも壁にへばりつくように群れていた。 阿護の裏のトウアカポイントで昼食、水深2mシュノーケリングで遊ぶ。3本目シルで潜る。キンメが増えていることを期待していたがここの根は今年キンメは少ない。片方のエンジンで座間味1周した
7/10 晴れ 27〜28 25〜30 全員和歌山海南グループ。先発は1週間前から来ていた。1本目ケラマハナダイ&キンメの根を潜る。30年前からこの場所は変わりなくファンが多い。2本目カメポイントで潜る。水深が浅くカメもダイバーを怖がらず写真も撮りやすい、食事中だと動きのある写真をいろんな角度から撮れるが寝ているのは置物のように動かない。3本目ウルヌサチで潜る。ケラマハナダイの根とエダサンゴを潜る。ケラマハナダイの根は水深10mと浅くエダサンゴも10m前後で遊べる。マクロ〜ワイドまで楽しめる。
7/09 晴れ 27〜28 20〜25 1本目アゲナシクで潜る。リクエストが多い場所、水深20mにあるキンメの根とジョウフイッシュの写真を撮りたいリクエストグループとお任せコースのグループに分けて潜る。私はお任せコース担当で2ヶ所のキンメ中心で潜る。キンメの根は魚が凝縮されてどのダイバーにも満足してもらえる。カスミアジはグルメで口をパクパクさせながら無銭飲食でキンメの根回りをしている。キンメの根ならどこでもあかしま会う。2本目浅い場所を選ぶ。浅くても見るもの被写体が多い。特にカクレクマノミが多く7固体住んでいる。周りは火炎サンゴに囲まれているので注意が必要。3本目漁礁&カクレ根を潜る。漁礁はキンメやスカシがつき大小のハナミノカサゴが多かった。カクレ根はスズメダイやハナゴイ、ウメイロモドキなど群れの魚は多いが透明度がイマイチ悪かった。水温が高くなると藻が多くなる。
7/08 晴れ 27 25〜30 1本目漁礁を潜る。プランクトンは少々あるけど透明度は良い。ユビ枝ハマサンゴが数百mも続きスズメダイやヨスジの群れなど色とりどりの綺麗なイソギンチャクも多い。ブロックの中にはタテキンやサザナミヤッコ、などチョウチョウウオの仲間がだいばーを取り囲む。2本目ウフタマを潜る。大イソバナ、砂地にあるキンメの根ガーデンイールも多い。3本目ガヒ裏で潜る。2グループに分けて潜る。イソバナからボツボツ方面とは逆のコースを潜る。ゴマモンガラの襲撃を警戒しながら移動する。ゴマモンガラは移動したらしくどこにも見当たらない。ハナビラのついている緑色のイソギンチャクが卵形に丸くなり裏に縦や丸の模様が入っていた。素晴らしい自然の被写体に感激。
7/07 晴れ過ぎ 27 25〜30 1本目ダイビング船のいない場所を探していたらクバ島にたどり着いた。1本目イソバナポイントで潜る。伊豆をホームグランドにしているダイバーが多く小物探しになる。大きなイソマグロがきても下ばっかり向いていた。ガラスハゼがムチヤギに卵を産んでいるところをビデオに納めようと写させたが中世浮力をとりながらの撮影なので難しかったかな、、卵は半分くらい産み付けられメスを守るように反対側にオスが鏡のように張り付いていた、ダイバーがムチヤギを動かしても同じ姿勢をとっていた。2本目アザハタの根を潜る。ワイド良しマクロ良しの被写体の多い場所なので減圧に注意が必要。  ガヒ前で昼食、体験ダイビング、3本目のダイビングをする。他にダイバーはいなかったのでヤシャハゼも撮り放題、後は腕次第。 マンタを見にイジャカジャに行く。船が続々集まりマンタも散らばり可愛そうになる、1回シュノーケリングで遊んだ後引き上げた
7/06 晴れ 27 25 神戸からのお騒がせ熟年ダイバーが無事帰ったのでホッ
ト一安心。ケアンズからのダイバーは午前2本潜り帰る。
1本目リクエストのポイントアゲナシクで潜る。グレートバリアにはないような場所なのか毎日でも良いといっていた。
今日はタテキンのクリーニングの写真がメーンだったようだがうまく撮れてない。それでも被写体が多く他のダイバーも夢中にシャッターを押していた。ジョウフイッシュも10数匹見れ穴から飛び出して警戒心のないやつもいた。
2本目ヤカビで潜る。洞窟近くで中型のナポレオンが1匹いた。洞窟では光のシャワーはもちろんアカマツカサやハタンポの群れが見れる。3本目アマエダサンゴで潜る。ゆっくりと東に移動すると砂地に大きなアオウミガメに大きなコバンザメが2匹ついていた。動かないので置物のようでビデオでは面白みがない。他でも同じ位のカメがいた。
帰りにマンタポイントによると3匹水面で泳いでいた。しばらくシュノーケリングで遊ぶ。
7/05 晴れ 27 25 昨日間でフイルムを入れないで写真を撮っていたベテランダイバーの頼みで30分、間の撮影を頑張った、現像はしてないのでなんともいえないがとりあえず36枚とりきった。
それから今日の1本目アゲナシクで潜る。2グループに分けて、2ヶ所のキンメの根中心に潜る。カスミアジが口をパクパクさせながら根の上をぐるぐる回りキンメを狙って数回アタックしていたがことごとく失敗。2本目ガヒで潜る。
ボツボツサンゴをぐるっと回ってきた。イソバナにはキンギョハナダイがついていた。3本目、マクロとワイドに分けて潜る。マクロはヤシャハゼなど移動距離は少なくワイドは海底砂漠から大きく円を描くように回ってきた。
常連の神戸ツアーは毎年年齢が高くなるのでボケの具合も最高潮に達してきた。足ヒレ、ウエイト、の忘れは当たり前、それ以上は書かない、書けない。今晩もワインパーテー。
7/04 晴れ 27 30〜20 1本目。間を潜る。キンメ&ケラマハナダイ、盛りだくさん。
甲殻類や稚魚もうじゃうじゃ住んでいるが根がキンメに覆われて見せずらい。 2本目クバカクレ根を潜る。透明度がイマイチ30m下がやっと見える。マンタの予感がしたのでマンタ探しをすると1匹だけ浮いていた。しばらくマンタと遊び3本目は近くのギナで潜る。カメはいたる場所で見れた。帰り片方のエンジンのクラッチが入らずもう片方のエンジンで帰ってきた。ワイヤー交換の準備をしていたらシャフトが見当たらない、潜ってみるとシャフトがあったので1安心。修理に5時間程かかった。買った当時から同じエンジンが故障を繰り返す。
7/03 晴れ 27 25 1本目アマビーチ前を潜る。砂地にエダサンゴ、スズメダイなど魚であふれていた。2本目サクバルカクレ根&漁礁を潜る。3本目クバイソバナを潜る。引きの流れが止まりそうでとまらない、お陰でイソバナはポリプ満開、ハナダイもイソバナから離れず被写体には良かった。
7/02 晴れ 27 25〜30 1本目島の裏のカクレ根を潜る。流れあり大きなウミウチワ、イソバナ、カスミやグルクンなど。 2本目洞窟を潜る。真夏の太陽は光りのシャワーが強烈に感じやけどしそう。
3本目神戸の常連さんの団体も加わる。アザハタの根を3グループに分けて潜る。
7/01 晴れ 27 30 エンジンの調子が悪く本島から専門業者をよんで直してもらった。昨日日帰りの予定だったが今日の午後までかかった。本日のダイバーはオーストラリアのケアンズから来た、10数年前から来ていてここの海がとても気に入っている。デジカメを使わずフイルムなのであっとゆう間に36枚がなくなる不思議な海だそうだ。今日も15分くらいで20枚写して焦ったと言っていた。午後から出港し1本アゲナシクで潜る。面白い事にどこにでもいるハタタテハゼが少ないとのこと。

 

過去のダイビング情報

2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ