ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント

8/31 晴れ 28〜29 25〜30 1本目ガヒ前に行く。コースを2つに分けて潜る。ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウは2.30cmまで近寄れる。
海底砂漠経由で元のキンメの根で一休みし真っ白な砂の斜面から潮の流れで船に戻ってくる1周コース。
2本目エアー消費で分けたシルキンメをエダサンゴコースに分かれてのダイビング。私はユビエダハマサンゴの群生を潜る。白化にも強くオニヒトデも食べられないレイシガイもつきにくいハマサンゴなのにここのハマサンゴは病死なのか進行が早い、このままだと1年か2年では全滅しそうな勢いである。場所的にウシジのスリバチミドリイシ(テーブルサンゴ)のホワイトシンドロームと関係しているのではないかと考えた。早めに権威者と連絡し調査に入りたい。
3本目アゲナシクで潜る。今年は黄色いハコフグの幼魚とタテキンの幼魚、その他の幼魚が多い、ハオコゼも一つの根に4.5匹と多い、ジョウフイッシュも定着し同じエリアに10数匹が住んでいる。
8/30 晴れのち曇り 29 25〜40 クイーンの1便を迎えてから出港する。1本目サクバルカクレ根を潜る。根の下水深30mにはヨスジが群れ壁にはハナゴンベが10匹ほどいた。中層の棚にもハナゴンベは数匹いる。岩の割れ目にネムリブカもいたようだ。
2本目ニシバマで潜る。キンメが岩の中に入り表面に出てこなかった。少し残念だが小物が密集しているのでカメラ派ダイバーは夢中になる。夕方からサンセットセーリングをした。その後10時半から父の90歳の誕生会に参加した。私は早めに帰ってきたが遅くまで宴会は続いたようだが今でも若者と同じように酒も話もよく合う。
8/29 晴れ 29 30 お客さんもクイーンの1便で入るので同じ船で帰ってきた。
1本目、1本目ボツボツで潜る。 2本目ウルヌサチからエダサンゴまでドリフトする。3本目はクイーンの2便で入ったお客さんを迎え漁礁で潜る。
8/28 晴れ 29 30〜40 今日は1本潜って那覇泊リ。オーストラリアのライフセーバーは昨晩のバーべキュウで飲みすぎたらしくお休み、おばちゃんたちは朝からテンションが上がり絶好調。シュノーケリングはアマビーチ前、ガヒ前、ボツボツサンゴとニシバマに行く。アザハタの根を潜る。真っ白な砂と遠くまで見える透明度が感動するらしい。帰りは一緒に那覇で食事&飲み会をした。
8/27 晴れ 29 25〜40 神戸ライフセーバーとオーストラリアライフセーバーと仲間のおばちゃん達。毎年8月の終わりは座間味が賑やかになる、昨晩は雷の鳴り響く中サンセットクルージングをした、途中小雨が少し降ったが最後は星空になり宴会も盛り上がった。ダイビング、シュノーケリング、体験ダイビングをして遊ぶ。1本目ガヒでシュノーケル、サクバルでダイビングをした。漁礁ではキンメが姿をけしまた寂しい景色が待っていた、カクレ根は賑やかで魚が群れイソマグロもいた。上がりかけにアオリイカがキビナゴを追いかけ船の周りにいたので疑似餌で4匹ゲット。
8/26 晴れ 29〜30 25〜30 ダイビングの予約があるのを忘れ休みにしようかと話をしていた、知り合いからの日帰りが断りきれなくて船を出す事にしたから思い出した。最近は3人ともボケが入り心配だ。渡嘉敷からも2人のガイドが仕事休みだからと潜りに来た。なんだかんだと人数は増え忙しくなった。日帰りは夏休みの子ずれ3家族でクイーンから下りる時は船酔いでまた船に乗るのを嫌がっていたがシュノーケリングや魚釣りをして元気を取り戻していた。1本目アゲナシクで潜る。ジョウフイッシュからキンメの根を2ヶ所回る。ハオコゼの緑、白、ピンク、黒の7匹もいた。黄色いハコフグの幼魚とタテキンの幼魚はどの根でも見れる。
ガヒ島で昼食、上陸し遊ぶ。2本目ニシバマで潜る。ニシバマを頻繁に使うのは避けたいけど海が静かでシュノーケリングや体験ダイビングなど遊べるので家族連れがいるときはしょうがないか、サンゴがホワイトシンドロームなどの病気で死んでいくのが目立つようになってきた、早い処置が必要だが病気になったサンゴは根こそぎハンマーで割って持ち帰るのがいいと考えている。
8/25 晴れ 29〜30 50〜40 南西から西の風が7.8m吹いている。1本目クバで潜る。
透明度よく水温も高い、水温計が3人とも違い私のが低く出ると思う。他29度と31度とまちまち、スーツ無しで1時間潜ってもぬるく感じた。斜面から生えているイソバナを見ながら潜っているとアカモンガラの卵を守っている周辺に来ると威嚇してくる。ゴマモンガラのように噛み付きはしないので心配ない。ハナヒゲの幼魚とイザリウオがいた。 2本目静かで流れのない場所を探すとニシバマだった。アザハタの根を潜る。私は昨日の体験ダイバーを連れて潜ったのでアザハタの根には行かず中世浮力の練習をする。2回目なので2人とも上手に潜っていた。2.3百匹の大きなスマガツオが中層をゆっくり泳ぐ姿を見たのは初めてだった。
8/23 晴れ 28 25〜30 今日も家族連れが多い。ダイビング、シュノーケリング、体験ダイビングと忙しかった。今晩はターミナルで青年会主催の夏祭りが行われる。
1本目アゲナシクで潜る。座間味初めてのダイバーもいたので近くのキンメの根周辺で遊ぶ。シュノーケリングもデバスズメやナンヨウハギ、チョウチョウウオの種類も多く見られるので声を上げながら楽しんでいた。
2本目ギナで潜る。シュノーケリングも楽しめるように浅瀬に船をとめ潜る。ツバメウオが迎えに来た一緒にカメを見に行く。アオウミガメはダイバーが集まってきたのでうるさいのか頭を動かし逃げの体制に入ったがまた寝てしまった、タイマイはダイバーが近づいても餌を食べ続け無視された。帰って来た船の周りはキビナゴの大群の動きに見とれていた。
8/22 晴れ 28 25〜30 南の風2.5m船酔いさせないように島影に行く。1本目アザハタの根で潜る。夫婦はダイビング、子供達はシュノーケリングをして遊ぶ。アザハタの根ではアカシマシラヒゲエビもダイバーに慣れ写真を撮ろうと穴に顔を近づけるとカメラからこまでクリーニングに来る、その写真を撮ると面白いかもしれない。定番以外ではタテキンの幼魚が数匹黄色いハコフグの幼魚もいる。今晩のつまみに魚釣り&食事、午後のダイビングはビーチ前で潜る。甲羅の後ろ4分の1ほどサメに食べられらと思われる大きな海がめがいた。初めて見たので最近来たと思われる。シュノーケリングの子供達も浅瀬で海がめを見たと喜んでいた。
8/21 晴れ 28 25 今日も場所によってはうねりがある。今日は船に弱い人がいるので静かな場所を選ぶ。1本目アゲナシクで潜る。
奥さんは15年ぶりのダイビングとのことで近くで遊ぶ予定が中世浮力も上手でキンメ2阿所とジョウフイッシュを回るフルコースをゆっくりと回れた。昼食は桟橋で済ませ2本目砂浜に上がりたいとのリクエストでガヒ前に行く。ここでも海底砂漠からキンメの根を回るフルコースを楽しむ。
帰りに釣りをしたいとのリクエストで静かな場所に船を止め初めての子供達に竿を持たすと入れ食いで大物には3回も切られ釣った魚はその場で刺身で食べた。
8/20 晴れ 28 25〜20 遠く離れた台風12号の影響で場所によってはうねりや透明度が悪くなっていた。アゲナシクから透明度を求めてついた場所は儀名、流れがなかったので潜る。初心者がいたのでカメを見ながらゆっくりと潜る。
2本目、ガヒ前で潜る。ヤシャハゼから海底砂漠砂漠までの往復コース。ここにはヒレナガネジリンボウは1匹だったのにいつの間にペアーを含め3箇所に増えた。
8/19 晴れ 28 30 子供連れのダイバーが2組と他シュノーケリング組、
ダイビング、体験、シュノーケリング、釣り、飛び込みなど海遊びは何でもありの夏休みは子供サービスが多い。
親が子供を見るとゆうよりスタッフにまかせっきりが多い。
1本目海遊びができるクバ島のイソバナポイントで潜る。
砂浜近くに船をとめダイビングをする。岩の割れ目に黄色やオレンジなどのヤギが生えアカヒメジ、アカマツカサ、キンギョハナダイが群れていた。2本目ニタ洞窟を潜る。
ガイドから外れると迷子になるくらい洞窟の中は複雑になっている。中にハタンポが3箇所に別れて住んでいる。
8/18 晴れ 28 40 1本目ヤカビのサンゴポイントで潜る。ゆったりと時間が流れていくような砂地のサンゴの間を泳ぐ。目的の大きな根につくとマダラトビエイが根の周りをスピードを上げたりゆっくり泳いだりぐるぐるまわっつていた、お客さんはカメラを持っているけどシャッターを押さず見とれていた。安全停止をしているとアオリイカが船の近くでキビナゴを狙って群れていた、早く上がりたいけど上がれない、家族できている釣りをしたことのない子に竿を持たせ疑似餌を動かすとすぐにヒット船に上げると私とお母さんが墨を吹きかけられ一瞬で真っ黒、すぐに海に飛び込んで墨を流した。
2本目フェリーで2組入ったので迎えに行く。一組は沖縄ぜんざいの富士屋の社員、クーラーボックスに凍らせたぜんざいを持ってきた、食事のあと氷ぜんざいを食べた、以前から船でぜんざいを食べたいと考えていたが暑さですぐに氷が溶けると考えた、機転の利かない頭に活を入れた。活を入れた後のダイビングはニシバマで潜る。潮の時間を正確に読み他の船はなし、のんびりとアザハタの根を楽しむ、クリーニングするエビが増えダイバーにも寄ってくる。バイオレットボクサーシュリンプと同じ場所にホワイトソックスの小さな子供が小さなウツボにクリーニングしていた、根の中はエビの館になっている。
8/17 晴れ 28 25〜30 家族づれのお客さんに入れ替わる。親はダイビング、子供はシュノーケリング&体験ダイビングをする。
1本目ガヒのポイント近くに船を止め釣りやシュノーケリング、ダイビングを楽しむ。ダイビングは2ヶ所のイソバナで1本潜る。弱い流れがあってイソバナの正面にキンギョハナダイが群れていた。今日はマンタは見れずカメポイントでダイビングやシュノーケリング、体験ダイビングをする。
体験もファンダイブと同じようにカメウォッチングを楽しむ。シュノーケリングも水面からダイバーを追いかけ同じカメを見ていた。藻の生えたサンゴをバリバリ食べていた。
8/16 晴れ 28 25〜30 仙台のダイビングツアーは最終日、午前に2本潜る。
1本目ガヒ裏で潜る。イソバナにキンギョハナダイが群れていた。2本目は島裏の洞窟を潜る。3本目アゲナシクキンメを潜る。キンメは毎年の事ながら8月に入ると少なくなってくる、それでも根には多くの種類の甲殻類や幼魚が多く住み着いているので飽きない。最後はジョウフイッシュで遊ぶ。マンタを探しに行くと水面には顔を出さず影が見えるだけなので探しずらかった、1匹しか見えなかった。
8/15 晴れ 28〜29 25〜30 日帰りの初心者ダイバーもいて3グループになり人数は多くないけど忙しい日だった。1回目、がひの元キンメを潜り、2回目エダサンゴを潜り、3回目ニシバマで潜る。
ニシバマは遊泳用のブイが打たれブイの外は遊泳禁止になっている。ブイから外に出ると監視員がハンドマイクでブイから外に出ると大声で中に戻ってくださいと叫んでいた、ブイの沖に止めている船からのシュノーケリングのお客さんにも勘違いしてブイの外に出ないで下さいと叫んでいた、監視員を困らせて申し訳ないと思っているが同じことを繰り返ししている。
8/14 晴れ 28〜29 30 1本目ガヒ前で潜る。2グループに分け同じコースを潜る。
ヤシャハゼは10数匹、ヒレナガネジリンボウは1ヶ月の間に大きくなっていた。他赤色のハオコゼなど。
2本目ヤカビのサンゴポイントを潜る。色んな種類のサンゴが多い、流れもないのでシュノーケリングも安心して楽しめる。 昨日とは違い海はなぎ、真夏日に戻った。
8/13 28〜29 30〜40 1本目エダサンゴを潜る。4.5年ぶりのダイビングになるので中世浮力の練習を兼ねながらのダイビング。
2本目アゲナシクで潜る。ジョウフイッシュやキンメの根など楽しく遊ぶ。透明度が良かった。低気圧が停滞し気温が30度をきると寒い。
8/12 雨のち曇り 28 30 アジア青年の家のシュノーケリング講習。 渡嘉敷青年の家に泊まり阿波連港に迎えに行き座間味でシュノーケリングをし阿波連に連れて帰った。アジア各国から45人のメンバーが来た、古座間味で講習をしニシバマでシュノーケリングをした。言葉も通じていたかあやしいけど表情は喜んでいた。
8/09 晴れ 28 25〜30 1週間潜って今日がラストダイブ、リクエストの場所を潜る。2本ともキンメの根を潜る。キンメの根で交互に写真を撮るので近くのハゼポイントを久しぶりに覗いて見た、ヤシャハゼは10数匹、ヒレナガネジリンボウは3ヶ所にいた。ハナブサイソギンチャクに共生しているカクレエビの写真を写すのに近づきすぎて触手に触れてしまった、イソギンチャクは引っ込み人差し指に毒のついた触手がついていたのを気がつかず首を触ってしまった、首にびりびりと激しい痛みが襲った、最初クラゲかと思ったが指を見ると触手がついていた、指についた触手を取り除いた。手のひらは毒を通さないので指についていても気がつかないことが多い、皆さんも気をつけて下さい。
8/08 晴れ 28〜30 25〜30 1本目アゲナシクで潜る。キンメの根を2ヶ所回る。近くのキンメの根にはグルクンの子供が多くなりキンメは少なくなってきた。今日も昼食前に体験をする。2本目島裏の洞窟ポイントで潜る。洞窟の中にはハタンポがいる。太陽のシャワーだけでは物足らない、人魚がほしい。
8/07 晴れ 28〜29 40〜25 ダイバーは常連夫婦2人、宿泊も常連宿に2人、今の時期、船も宿も貸切とは恵まれている。
1本目アザハタの根を潜る。交互に写真を撮るので1人は中層で待機し時間がきたら交代する。ワイドレンズだと芸達者なキンメとアザハタが主人公でいろんなポーズをしてくれる。出来上がりも良かった。中層で待っている間に目の前にマダラトビエイが寄ってきた。 昼食後に体験ダイビングをする。2本目魚種を潜る。ツバメウオがいなくなって2年ほどなる、寂しいので最近はほとんど使わない、最近は小魚がつきミノカサゴが多くなったのでミノカサゴの撮影に行った、ブロックについたサンゴの上に3匹のミノカサゴ絵になる。シュノーケリングではカメポイントで3匹のカメを見た。
8/06 晴れスコール1回 29 50〜40 港から出航してまもなくカツオの群れに遭遇、さおを出すとスマガツオが釣れ幸先いいスタートになった。
昨日のスコールは座間味島にはまったく降らず、今日のスコールは座間味島に降った。海上にいると喜んではいられない、10〜15mの強風と共に100m先は見えないほどの激しい雨が降る。風は冷たく寒さに震える、15分〜20分くらいで何事も無かったかのように真夏日に戻る。
1本目ウガンで潜る。海は青く透きとおり船の上から海底のサンゴがはっきり見える。入る時は流れ無し、カスミチョウチョウウオは多いけどなかなか団子状態にならない、途中から潮が流れはじめるとどこからともなくグルクンが群れで集まり始めた。2本目アチネーダで潜る。潮と止りの時間がほとんど無い場所なのでポイントとして使いづらい。イソバナの密度として座間味では1.2番多い、また綺麗なイソバナが多いのも特徴。3本目ウフタマで潜る。リュウキュウイソバナは、ポリープが開いてなく残念。
8/05 晴れ時々激しいスコール 28 20〜25 流れを含め潮回りが悪い。透明度も青さが無く白っぽい。
1本目クバカクレ根を潜る。流れが少しありグルクンが群れていた、回遊魚は見当たらず、キンギョハナダイは斜面に群れていた。
2本目は洞窟を潜る。夏の太陽は洞窟を一層幻想的にしてくれる。
3本目サクバルを潜る。目的はワイド写真なのでウミウチワの群生を中心に遊ぶ。ツムブリが群れていた。群れをつくるテングハギモドキが流れの変わることを教えてくれる、流れが止まりかけるともうすぐ変わる潮上に向かっていく、30分後の流れを魚が教えてくれる。
8/04 晴れ 28 30 1本目ダイビングスタイルの違う夫婦なので同じ場所に船を止めてもポイントを変える。1組は小さなキンメの根、キンメの上にはグルクンの子供で根が見えなくなるほどついていた。もう1組はワイド派なので移動距離はあるが根は大きくキンメなど全体的に多い、近くのハゼポイントを少し覗いて見た、ヤシャハゼは多い、1cmほどの小さなヒレナガネジリンボウがいたので親はいるはずなのに時間が無く探せなかった。砂地は明るく太陽がきらきら海底にいても日焼けしそう。
2本目、砂地&エダサンゴを潜る。スナイソギンチャクに50匹ほどのクマノミが住んでいる今のとこ座間味ではクマノミ密度ナンバー1. デバスズメが多く水深5.6mのユビエダハマサンゴの上は被写体としていいかんじ。
8/03 晴れ 28〜29 30 2日は本島に用があり休みにしていた。那覇からクイーンざまみに乗るのにいつもは予約なしだったが今回は珍しくクイーンの往復予約をしていたら日にちが1日ずれていた。早めに港に行ったら大勢の人がならんでいた。
1本目ボツボツで潜る。カメラ派の夫婦は座間味に来るときは冬でもワイドで勝負。絵になるイソバナを与えているとそこで1本遊んでいた。私は他のお客さんを連れイソバナポイントからボツボツ経由で遊ぶ。
2本目カクレ根を潜る。7年前オニヒトデにサンゴはほとんど食べられ全滅していた、今回久しぶりに見るとサンゴは少しずつ生え出してきた、ところがウミウチワに擬態している貝がいくつも住んでいたウミウチワが枯れていた、なぜなのか、海の生き物が危ない。幸いにも大きなウミウチワは元気に残っていた、ここでは見たことは無いピグミーが2匹向かいあわせるように動いていた。海はベタなぎで海中から空の様子がはっきり分る。
8/1 晴れ 28〜29 30〜40 一本目、元キンメの根で潜る、ホシカイワリがアマミスズメダイやアカヒメジを狙って、アタック!でも失敗。。ダイバーに遠慮して退散、ごめんよ。2本目は大潮の干潮に合わせ昼過ぎにエントリー、リーフが出ていて、ガラスのような水面からのスポットライトや光りのカーテンがとても綺麗でした。

 

過去のダイビング情報

2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ