ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
透明度:SC(サンセットクルージングレポート)水温は気温。

日付

天候   

水温 透明度(m) コメント
8.31 晴れ 30 25〜30 1週間いた2組のお客さん夏休みは今日までで終り、大切な常連さん今日のクイーンの1便で入って来たがすっかり
忘れていた、疲れなのか歳なのか?1本目潜ってから迎えに行った、ガヒで潜る。イソバナ&サンゴポイントサンゴは色々な色で綺麗、イソバナは全滅では無いけど場所に
よっては8割ほど死んでしまった、残念。ハダカハオコゼ、
コブシメ、イソバナについているミノカサゴなど魚は多い。
2本目はナジで潜る。ここのウミウチワは浮遊物はあまり
付いていない、ついている所は皆でおとす、よく見るとピグミーもついていた。大きなウミウチワは健在。
8.30 晴れ 29〜30 25 今日は1日クバ島で過ごす。同じメンバーでダイビング5人シュノーケリング9人、1人は5歳の子、子供は慣れるのが早く3点セットをすぐマスターし今日はなにもつけず飛びこみをしていた、1本目は洞窟を潜る。洞窟付近は流れが無いので石ころにこけが生えそれが舞って最悪、中にいる
ハタンポは最高、とても絵になる。小さなタコが小さなウツボを食べていた、捕まえて見ると半分以上食べていた。
2本目回遊魚の確率が高い所、流れのない時間に入ったので大物は出ずのんびりゆっくりのダイビング。
8.29 晴れ 30 25 東風なので島の裏に回る、少しうねりがあったが船酔者は
出ず、午後はクバ島で貝拾い&ダイビング、トローリングしながら行ったらツムブリが釣れ今夜のおつまみ。
1本目ウチャカシ。流れほとんど無くのんびりダイビング、
名物のオオイソバナ、ほとんど壊され無残な姿になっていた。2本目クバ島。ここの岬は魚がよく釣れる、砂浜に亀が3匹卵を産みに上がっていた。のんびりイソバナ周辺を
ダイビング。子供のネムリブカが浅いところの窪みに頭を
突っ込んで寝ていた。見ていると色変えをするホウセキキントキが群れている。
8.28 晴れ 30 40〜30 ダイバーよりシュノーケリングが多い、夏休みはこのようなパターンがよくある、がヒ島からウナジのサチ、ニタ、ヤカビ島、アゲナシクで遊ぶ。ダイビングはウナジのサチ、ヤカビで潜る。1本目島裏の崖の下の浅瀬に船を止める、
海はサンゴの鮮やかな色で明るい、コースは同じくとってもサンゴ、イソギンチャクの色を表現できない鮮やかさ。
2本目も同じ、カクレクマノミのついているイソギンチャクの
色は特に綺麗、洞窟のアカマツカサいっぱいついていた、
エビも大、小ついている。アゲナシクのデバスズメの数は
ものすごい。
8.27 晴れ 30 40〜20 家族連れが又増えた、2家族&その友達。アゲナシク、ガヒ、ヤカビ、アカ、、ゲルマ、を回りシュノーケリング&ダイビング、ゲルマ観光、ダイビングはサクバルとアゲナシク、
アゲナシクは透明度が悪くサクバルは最高。
8.26 晴れ 29 25 1家族のお客さん夫婦はダイビング、オバーちゃんと子供はシュノーケリングで遊ぶ。アゲナシク島の周辺船の上から見ても青色が目立つ、1本目はウナジで潜る、船は島に近づけサンゴの色があまりにも綺麗なのでお花畑みたいと言われた、ダイビングポイントはいつもと変わらないらしい。2本目はタバコ岩、テーブル、エダサンゴ共に多くイソバナも多い場所、シュノーケリングは流れが心配なので岩の側で遊ぶ、とこぶしの住家みたいだがいない、クモガイに入ったヤドカリがやたら多い、キビナゴが多く集団で色んな形を作ってくれるので見ていて飽きない。
8.25 晴れ 29 35〜25 1グループのチャーター。船はオバチャンパワーでとても賑やか、ダイビングと体験、シュノーケリング、貝拾い、
午前中は貝拾いとダイビングを兼ねて久場島で遊ぶ。
午後からガヒ周辺でダイビング&魚の餌付け体験ダイビング、などで遊ぶ。
8.23 晴れ 28 35 今日も家族連れ3組、若夫婦、ダイビングする人は6人、
とても賑やか、子供が海に慣れるのがとても早い、顔も
付けなかったのに深い所でもスキンガイビングをしている
1本目阿嘉の魚礁、船の下(5.6m)サンゴがハデな色になり明るく見える、ツバメウオがいなくなったのが不思議。
子供たちが遊べる場所に移動中イルカが見えた、数10匹
のイルカが移動せず遊んでいる、30分ほどイルカと遊ぶ
2本目は静かな場所で潜る。砂地&エダサンゴ。
8.22 晴れ 28 25 夏休みなので家族連れが多い。座間味の診療所の先生だった家族や常連の家族、0才児から11歳まで子供が8人オプション3人ダイバー夫婦6人親はダイビング子供はスキンダイビングで両方が楽しめる場所に行く。1、2本ともガヒで潜る。最大級のハリセンボンやピンク色のハダカハオコゼ、毎日色が違うサンゴ&イソギンチャク、特に綺麗なのはカクレクマノミと黄色いイソギンチャク、アオリイカが船の周りにいて子供たが釣っていた、それを大人が酒のつまみにする。
8.21 晴れ 28〜29 25 台風来なかったのにお客さんを帰して申し訳ありません。
台風の激しいうねりがほしかったけど、綺麗になっている
イソバナが見られた。水温も下がり白化に歯止めがかかれば良いけど、イソギンチャクは黄色や白が目立つ。
1本目ガヒ島のボツボツで潜る。浅い所のサンゴ畑は青、黄色、紫、白,など何種類もの色で綺麗に見える、カクレクマノミのついているイソギンチャクは薄い黄色で赤白のクマノミが浮き出ている。2本目砂地のエダサンゴ、ここのサンゴの色は色の変わり目が多いせいか表現できない、毎日色が変わるので私も毎日違うものを見ているみたい。
8.17 晴れ 31 25 台風接近の為お客さん4時のフェリーで帰すつもりで2時までに港に帰るつもりで遊びに行く。ダイビング、家族連れのオプション、体験ダイビング、ダイビングの講習、さまざまのお客さんがいたが短い時間で無事終える。
1本目ガヒイソバナ。サンゴが綺麗な場所でイソバナが台風が来るのを待っている、体験ダイビングもイソバナ&サンゴの綺麗な場所、2本目はアゲナシクで遊ぶ、、餌をまくとデバスズメが船のステップの上まで来た、子供はそれを取ってバケツに入れ喜んでいた、ダイビングはキンメまで行く、
キンメとても大きくなって食べたら美味しそう、ハナヒゲウツボも遊ぶとどんどん出てくる、餌付けできそう。
8.16 晴れ 31 30〜20 お盆休みで来ていた大勢のおきゃくさん全員帰る、昨晩の
バーベキュウは夜の12時までとてもにぎやかだった。
今日のお客さんは常連さん4人&家族連れ1人講習、1人
カード取れたて2人体験。1本目ガヒ前で潜る。砂地で明るく10年ぶりの人もカード取り立ての人もなんとか潜れた
2本目は魚礁で潜る。イソギンチャクの綺麗なこと、喜んで
良い事なのか悲しむべきか、やはり悲しむべきだ。カマスは相変わらず大きく300匹ほど群れている。
8.15 晴れ 31 30 1本目ウチャカシで潜る。10日前浅い所のイソギンチャクが半分白くなっていたのでお客さんが写真を撮っていた、今日見ると真っ白になっていた、白化現象の進行は早い、
久しぶりにウミシダにフウライウオがついていた、
2本目洞窟に入る。大きさ、さまざまだが同じ大きさのハタンポが洞窟のなかで4ヶ所で群れ思わず見とれてしまう、
キンメと間違えるかもしれない、今がおすすめ。
8.14 晴れ 31 30 1本目アマウシジで潜る。近くて綺麗なポイントだが潮止まリが良い、ミニドロップな地形でイソバナ多く魚多い、各スズメダイ、グルクン、テングハギモドキ、何百匹かで群れている、初めて60キロ以上のロウニンアジを見た。
2本目阿嘉の魚礁、10m以内のサンゴは皆鮮やかな色が(赤、青、紫、黄色、緑、など何十種類)付きとてもカラフル
毎日色が変わり台風が来なければ白くなった順から死んでいく。魚礁にはロウニンアジ6匹が人が中層に浮き人が近付いてもグルグル回っている、カクレ根にはグルクンが
群れハナゴンベも多い。
8.13 晴れ 31 25 先月スーツが破れたので3ミリの新しいスーツを作って来て喜んでいたお客さん水中でスーツを脱ぎ始め周りの人はウンコをするもんだと離れて見ていたら暑くてたまらなかったそうです。私も水中ノートにウンコか?と書いてしまった。1本目は魚礁で潜る。カマスの群れやフエフキダイ、他魚はいつもの様子だがイソギンチャクの色が全部変わっている、白に変わるもの、黄色、ピンク、特に黄色は陸上では見られないほど綺麗な色をしている。
2本目はウシジ、立派なテーブルサンゴの群生は我慢している、やはりイソギンチャクは色が変っていた、オヤビッチャは卵を産んでいて人が来るとオヤビッチャが逃げるのでチョウチョウウオが卵を食べにやってくる、浅く景観も良く
イソバナ多く、魚も多い。
8.12 晴れ 31 25 お客さん入れ替わる、合間時間にトウアカクマノミを見に行く。1本目アゲナシクキンメの根、ハナヒゲウツボが見当たらない、2本目もキンメの根、砂地のアザミサンゴにキンメがついている、ハダカハオコゼ、ミノカサゴ、オニダルマオコゼ、ユカタハタなどがキンメモドキを餌にしている。
8.11 晴れ 31 30 昨日と同じ家族づれが多い。無人島探検をしにクバ島に
上陸をし遊ぶ。亀の上がった足跡もあり、ヤドカリも多い、
お昼はゲルマ島の桟橋で食べ、高良家や桟橋でシュノーケリング、飛び込み等で遊ぶ。1本目はイソバナポイントを
ドリフトする。ここは島と島の間が離れているせいなのか
イソバナに大きな被害はない、ただ水深20mでも水温が
31℃あったそうです、危ない。2本目はお花畑から浅瀬の
餌付けポイントまでドリフトする、餌付け場所は砂地なので
明るくロクセンスズメダイなどの魚がいっぱい寄ってきて
子供たちは大喜び、親は親ばかで大喜び。
8.10 晴れ 31 25 今日はオプション、体験ダイビングがあり魚の多い流れの
ない場所で遊ぶ。アゲナシクで遊んだあと1本目はクシバルで潜る。とうとうここのキンメはいなくなった、みんなカスミアジ、ミノカサゴ、ユカタハタなどに食べられてしまったでも子孫はしっかり残しているので来年は又いっぱいつくことでしょう。ガヒ島で体験ダイビング&昼食、シュノーケリング、昼寝、2本目はコロダイを見に行く。久しぶりだが同じ
所に固まっていた、減圧を兼ねてイソバナの様子を見る、
浮遊物が付き半分死んでいるイソバナも多く100%のイソバナが被害にあっていた。台風が来てくれるのを待つしか
ない。
8.09 晴れ 31 40〜50 下曽根で前回大物が見れなかったのでリベンジ、流れは良かったが回遊魚は少なかった。ウメイロモドキが多く期待していたがカスミアジ、イソマグロも3匹、水温が高いせいなのかイソマグロを見る回数が少ない、下曽根の下(46m)クバのカクレ根(54m)両方とも30℃あった。
2本目はカクレ根、私は深場でハゼ探しアケボノは普通ペアーでいるが1匹づつしかでていない、お客さんはカメ、サ
メなど見て楽しんでいた。20mのイソギンチャクはとても濃ゆいピンク色をしていた。
8.08 晴れ 31 30 お客さんのリクエストの場所を潜る。1本目アマキンメ、いきなり30m以上なのでアンカーロープから潜りアンカーロープから上がる、岩ノ下を覗くとサメがウロウロ、キンメは
ウミウチワのところについている。イシガキダイの穴には
5匹入っていた。2本目大砂漠、ドリフト気味に砂漠から
入りエダサンゴで上がる。減圧が出ないギリギリまで砂漠で遊ぶ、ヒメギンチャクにはオドリエビのほかにシロブチハタの子供がついていた、あとは浅いエダサンゴに移動ゆっくりのんびりと遊ぶ。
8.07 晴れ 31 25 オプションの家族連れもいるので子供でも楽しめる場所に行く。1本目は岩場の割れ目に付いているキンメをメーンに潜る。イソバナも多く、地形も楽しめる。昼食はアムロ島
で取りその後シュノーケリングで遊ぶ。2本目はタマンの群れを見に行く。何千匹なのか分からないけど今日は動きが速く写真撮れなかったそうです。子供たちはマンタを見に行く為に深い所でスキンダイビングの練習をしている。
マンタを見に行く、今日も1匹だけ、高水温の時はマンタ浮いてこない、プランクトンのせいかマンタが暑いのをいやがっているのか、3年前もマンタ浮いて来なかった。
8.06 晴れ 30 50〜30 オプションもなく神戸の常連さんだけ。うねりは少しあるけど海はベタナギ。タンクは何本潜っても良いようにたくさん
積んで行く。1本目は下曽根に行く、流れ弱く大物が回ってこない、餌になる魚(グルクン)はいっぱいいるのに、昼食もここで取り、大物待ち、その間シュノーケリングをしたり昼ねをしたり(良く寝ていた)透明度は50m、皆が昼寝をしている時私はハゼ探しに底まで行って見た水深46m
2本目なので早めに上がる、次はトムモーヤ、海底遺跡といわれている階段の周りを潜る。ここは流れ強く1周できず潮下を潜る、大きなイソマグロは見るが独特の地形を
見せる事出きなかった。
8.05 晴れ 30 25〜30 少し透明度が落ちてきた、高水温は相変わらず、マンタは
出ないもんだと思っていたが1匹だけ現れた。1本目ウチャカシ、浅場でシュノーケリングをさせながらダイビングはカクレ根を回る、イソバナ、ウミウチワ、カスミ、グルクンなど、ガヒで昼食、マンタ探しに行く、珍しく1匹だけ浮かんで
いた、お客さんマンタと一緒に遊ぶ。2本目アマウシリ、潮止まりから入り上潮で上がる、最後はテングハギモドキが
群れそこでしばらく遊ぶ、サメ穴にはネムリブカ、グルクン
スズメダイなど群れている。ナイトは魚礁ヘ行く。ここはブロックの中にヘラヤガラが集団で縦になって寝ている。ナンヨウブダイも膜を張り寝ている。
8.04 晴れ 30〜31 40〜25 潜る時間帯によって透明度が変る。大潮なのに透明度が
良い、そのせいなのか水温が高いせいなのかマンタが浮いてこない。海底砂漠は透明度が良いので最高。クシバルはキンメが少なくなり最高とまではいかない、アゲナシクは上潮には透明度があまり良くない。カクレクマノミのついているイソギンチャクには相変わらず踊りエビが20匹ほど付いている。ハナヒゲウツボいつもの場所にいなかった
8.03 不安定 30〜31 40 午前中は古座間味でオプション、午後1ダイブ、魚礁で潜る。透明度が良く遠くまで見える、この場所では珍しい。
どこから来たのかツバメウオが20数匹付いている。カマスも300匹ぐらいいる。
8.02 晴れ〜スコール 31 40 今日で4日目東京からきた小、中学生のシュノーケリング
水温が高く泳がすには助かっているが、海の中は白化現象が出てきた、3年前より早い、3年前の白化現象の時、
海面の水温が高いせいなのかマンタが浮いてこなかった
今年はどうなるかわからない、明日から大潮マンタの様子
を見に行く予定、今日のアゲナシクはとても透明度がよかった。

過去のダイビング情報
2001 10 11 12
2000 10 11 12
1999         10 11 12

TOPページへ