ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
透明度:SC(サンセットクルージングレポート)水温は気温。

日付

天候   

水温 透明度(m) コメント
11.25 晴れ 24 25 今日も北風で強い、波の静かな場所で3本潜る。
1本目大砂漠とエダサンゴ、分かれて潜る砂漠のヒメギンチャク筒が砂の上にありお客さんなまこの上に付いていると勘違いをしていた、側にミナミホタテウミヘビ、ヤッコエイ
などエダサンゴにはスズメダイが群れ窪みにはオドリハゼなど。2本目アゲナシク。キンメの根にはハダカハオコゼの茶色、スカシの根にはクロと白のハダカハオコゼが付いている浅い所にはイソギンチャクガニなど
3本目はウフヤグァーズニ。スズメダイが群れサザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、青で触手がピンク色のイソギンチャクなど
11.24 晴れ 24 30 北風が強い、1本目ナジで潜る。ワイドとマクロ両方楽しめる,海底にはウミウチワがいっぱい、岩壁にも大きなウミウチワ、白いムチヤギに白いカラマツエビ、赤いヤギにはピグミー、2本目シルで潜る。浅い所にグルクンが群れていた、グルクマーも口を大きくあけ群れている、アザミサンゴ
にはキンメ、グルクンの子供、相変わらずミノカサゴ多い
11.23 晴れ 24 25〜30 クイーンの1便でお客さん入る。1本目魚礁で潜る。カマスの群れ相変わらず多い、それを食べに1メートル以上もあるオニカマスが1匹、カマスを追いかけ興奮していたので人をも襲いそうな勢いだった。2本目サクバルで潜る。ハナゴンベは相変わらず多い。流れなくのんびりダイビング
11.15 晴れのち曇り 24 30 ケラマハナダイの根をメーンに潜る。水深は深いがいっぱいついている、周りにはガーデンイールがいっぱい。
2本目ウミウチワが多いカクレ根を潜る。透明度も良く魚も多い、カスミチョウチョウウオ、ウメイロモドキ、など群れていた、大きなモヨウフグ、メジロザメ、小さいのではピグミーもいた.白いムチヤギも珍しいがついている白いカラマツエビも珍しい。
11.14 曇りのち晴れ 24 25 北風が強く曇っていて寒い、海の中が暖かい。1本目シルで潜る。砂地に点々と根がある、アザミサンゴにはキンメ
モドキ、それを狙ってスジアラ、ミノカサゴが10匹程、窪みを覗くと4.5種類のエビ、フタイロハナゴ、オニダルマなどが見える。2本目近くの魚礁。20数年前強風の中魚礁を
いれたのでバラバラに落されている、ダイバーが入ってもいないけど10数匹の大きなツバメ魚がずっとついてくる、
ツムブリがホンソメワキベラにクリーニングをさせている側でイソマグロの子供もウロウロし順番を待っていた。
11.13 晴れ 24 25 1本目ガヒで潜る、お客さん1本目なのでのんびりダイビング、1時間も潜っていた。おとなしいコブシメがいて触っても逃げない捕まえても逃げなかった。2本目ドロップになっている場所で潜る。グルクンが群れヤマトミジュンがキラキラ光りながら激しく動き回っていた、さわらが1匹でウロウロ、小さ目のロウニンアジ4匹、中型のクロヒラアジなど
11.11 晴れのち曇り 25 30〜25 北風で少し肌寒く(気温25度)全面風防をしている。
1本目ガヒ裏の流れのないボツボツからイソバナまでドリフトする、小魚がいたるところで群れている。透明度良か
った。2本目砂地とキンメ。キンメは半分になったが穴の
中が見えライトを照らして見ると4.5種類のエビなど夏とは違うものが見られる。
11.10 晴れ 25 25 レベルアップを目指し流れを体験する。地形の変化があり
ウミウチワが1面広がっている場所で潜る。初めての体験
で精一杯、2本目カクレ根で遊ぶ。上は10m底は32m
流れは無くゆっくり岩の窪みを覗きながら遊ぶ、21m〜32mまでにハナゴンベが数多く見られる。10〜20mは
群れの魚が多い、イソマグロも回ってくる、今日は1匹。
11.09  晴れ 25 20〜25 夫婦で奥さんが初心者。シュノーケリングが楽しくてずっと
遊んでいる。1本目アゲナシクで潜る。ハナヒゲウツボは見えない、色違いのハダカハオコゼが3匹(あまり見ない色)キンメも少ないけどついている。2本目は魚礁で潜る。
下は一面エダサンゴナので中性浮力を取るのに奥さん必死、カマスの群れはまだいる。
11.04 晴れ 25 25 北風が吹き水から上がった後寒いので風防で囲っている
ロウニンアジの群れはいなくなっている、ダイバーが入り
過ぎたかもしれない、コブシメも見れず困っていたら2ダイブメに亀がお客のすぐ側をゆっくりと2.3回まわってくれた。
11.03 晴れのち雨 25 20 風が南西に変わりいつ前線が通過するか気になる。
初心者なので無理のないダイビングをする。ガヒで潜る。
浅い魚の多い根でしばらく遊び20mの元キンメの根に行く
岩の中を覗くとアカククリやアカマツカサなど色んな魚が
いっぱい付いている。周りにはガーデンイールがいる、
2本目風が強くなり陰になるなるシルで潜る。アザミサンゴ
の周りにはミノカサゴ約10匹がキンメを狙っていた、キンメは少なくなったが中のイソギンチャクや小さなエビが見やすい、マクロもいい。

過去のダイビング情報
2001 10 11 12
2000 10 11 12
1999         10 11 12

TOPページへ