ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
透明度:SC(サンセットクルージングレポート)水温は気温。

日付

天候   

水温 透明度(m) コメント
4.30 晴れ 24 25 お客さんが入れ替わり浅くて綺麗な場所のリクエスト、サンゴ種類が多くイソバナも浅い所に多い。流れはないけど
ドリフトでのんびりダイビング。2本目はカメの多い場所、大きなカメ数匹、マンタ探したがこの潮はマンタ出てない、上がってから1時間ほどマンタを探したが見つからない。
4.29 晴れ 23〜24 25 1本目ニシバマの予定だったが4隻体制なので入れなくてウガンで潜る。他にダイバーはいなくのんびり潜れた。
いつものようにイソマグロがゆっくり見られグルクン、カスミなど魚が多い。昼食はトウアカの近くで写真を撮りながら、
2本目もダイバーがいないキンメノ根キンメノ子供が増え
アザミサンゴ囲みそう。
4.28 晴れ 23 25〜30 1本目はキンメの根中心に潜る。ケラマハナダイやノコギリダイ、カクレクマノミ、ハナゴイなど色んな魚が群れている。2本目はガヒ裏をドリフト、透明度まあまあイソバナも
綺麗、そこにコブシメが4匹その後もコブシメ、産卵もしている。
4.27 晴れ 23 40〜25 ダイビング行く前に座間味小中学校の遠足地のガヒ島に
生徒をを運ぶ。午前は犠名のドリフト透明度が良すぎて
マンタはあきらめ亀を見る大小2匹大きなコバンザメなど
午後はクシバル、キンメはまだ付いていない、ハダカハオコゼはピンク、白の2色、コブシメは近ずかせてくれない、
誰かいじめたかも、
4.26 晴れ 23 25 午前中は古座間味でシュノウケリング、午後からダイビング久しぶりに潜るお客さなので安心できる場所で潜る。エダサンゴにコブシメの卵が新しいのと産まれる寸前のが混じっていた産まれる寸前のを触ると自分で出てくる、色を変え大人と同じ行動をする、黒いイザリウオは目がどこに
あるかわからない。
4.04 晴れ 22 25 サクバルの方で2本潜る。深い所での中性浮力の兼ねて潜る、久しぶりにロウニンアジ8匹群れ、イソマグロも見られた、2本目はウミウチワ&地形、いっきにレベルアップ
小学生の子供もおばーちゃんも大分上達した。
4.03 雨のち晴れ 22 30 前線通過で午前9時まで雨その後落ち着く、風が南から北風に変わり1本目はシルで潜る。キンメの根まで行く、
キンメ少なく小さなエビ類が目立つ、2本目ガヒのイソバナで潜る。ここも流れなく中世浮力の練習をしながらのんびりダイビング、クマノミも多い。
4.02 晴れ 22 25〜30 おばーちゃんが孫(13歳)を連れて潜りに来た、おばーちゃんが孫にセッテイングを教えとてもほほえましく孫と友達の初心者が楽しめる場所で潜る。1本目はガーデンイールやハダカハオコゼなど2本目は綺麗なサンゴが多く5種類のクマノミやハナゴイなでスズメダイが群れている、2匹のコブシ目がサンゴの中に卵を産み10キロほどの大きなオスがダイバーを威嚇していた。

過去のダイビング情報
2002 10 11 12
2001 10 11 12
2000 10 11 12
1999         10 11 12

TOPページへ