ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温 透明度(m) コメント
9/30 晴れ 28 20〜25 台風21号の影響で北風が強い、波と風を避け1本目漁礁で潜る。エダサンゴの中に色んな色のイソギンチャクとクマノミが多い、カマスは100匹ほどに減り迫力がなくなった
漁礁の周りは見渡す限りエダサンゴでドリフトしてもずっと
エダサンゴが切れない。2本目シルで潜る。キンメの根は
最近水温が少し上がったせいなのか?キンメが増えたピークは7月頃で徐々に減っていくキンメだが、増えて嬉しい
9/29 晴れ 28 25〜30 一本目ニシバマで潜る。アザハタの傷も良くなりホットした砂地にミノカサゴ、胸鰭を足代わりにし歩いている、近くで見ても羽は広げたまま人を怖がらずゆっくり上手に歩いていた、キンメの穴の岩にオニダルマオコゼがキンメを食べるため岩に擬態していた1回目は大きな口で吸い込むように食べた、それからは見破られ遠巻きに輪を作り近づくことは無かった。2本目はナジで潜る。いつでも流れ少々あり、大きなウミウチワがカクレ根の壁からいくつも張り出している、動けないウミウチワが大きくなる場所は餌が常に流れてくる流れの速い場所、マクロの人にはピグミーやハゼ類、などでも最近はピグミーの写真をとる人はいなくなった。皆撮り過ぎていた。
9/28 晴れ 28 25 朝7時に定置網を上げ9時半からダイビングに行く、今日もスタッフは風邪で休み。1本目ニシバマのリクエストすでに4隻止まっていたのでウッタハでシュノーケリングする。止まっていた船3隻が次々ダイビングを終え帰っていく、錨を上げ向かうと足ひれもつけず流されながらシュノーケリングしている男性がいた声をかけ安全を見届けてニシバマに向かうともう4隻止まっていた、場所変更サクバル漁礁で潜る、のんびり、ゆっくりと潜れた、イソマグロは群れてなく単独で行動していた、グルクンは多かった。2本目ガヒで潜る。砂漠は流れ早く少しだけ、ヤシャハゼはとまっている場所から10匹ほど見られた、今日は潮がくるくる回っていた。
9/27 晴れ 28 25 今日のクイーンの一便でお客さんが入ってきた。朝定置を上げに行き、急いで船に乗ると自分の忘れ物が多くスーツ
、ブーツを忘れていた。スタッフ風邪でダウン、応援を頼み
体験を担当してもらう。一本目アゲナシクで潜る。マクロの
カメラなので15の根をメーンに潜る。キンメ、エビ数種類
ハダカハオコゼ、ハナヒゲウツボ、などエアーとフイルムが
足りない、浅場のイソバナガニも大きい。2本目西風になりガヒの島影で潜る、体験もここで行う。24mにいるカクレクマノミは卵を産んでいたので卵の側にいて写真が撮り易い、イソギンチャクモエビも10匹ほどいた、オニヒトデが異常発生してからサザナミフグが増えどこにでもいる、今日もオニヒトデを2匹つぶしたら4.5匹集まりつぶしているさなかに食べている、それを見たタマンが7.8匹横取りしていた、毒の強いオニヒトデがあっという間に食べられた。
9/25 曇りのち晴れ 27 25 東風で弱く、海も穏やか、昨日までのお客さんに申しわけない。1本目ハゼの写真をメーンに行く、ヒレナガネジリンボウぱっとみで見当たらないエアーの残っている内に間の根を見に行く、2.3年過ごしたような大きなキンメは付いていたが珊瑚は死んで回復していない、岩に砂がかぶっていたのが気になる。2本目は固くヤシャにする。船を止める場所のすぐ近くに10数匹、周りにガーデンイール、水深も浅くマクロのダイバーには良いが最近ダイビング船が固まってきた。今日那覇からのダイビング船が座間味の唐馬で水難事故をおこしヘリで那覇まで運ばれた。
9/24 晴れ 27 25 昨日波も高く、体験も多く日帰り予定のお客さん船に間に合わず1泊し開きなおって今日も2本潜る。今日はどうしても返さないといけないので冒険せず、計画的に潜る、1本目ニシバマで潜る、私は体験のシュノーケリング担当、以前餌付けしていた岩には魚が付いていなかった、シュノーケリングの人がいないせいだと思われる、上から砂地を覗くと真っ白な砂地にグルクンが群れニシバマの良さが見られる、ダイビングの方も他のダイバーいなかったのでのびのびと遊べて満足。体験はボツボツで潜る。2回目なので通常のダイビングとほとんど変わらない。2本目は亀を見にイジャカジャで潜る。まだ波高くシュノーケリングにはきつかったが下のダイバーを追いかけ皆亀を見てガッツポーズ、とめている船の10m先にも亀が2.3回浮いてきた
予定どうり皆クイーンに間に合った。
9/23 晴れ 27 25 今日も北風が強い。連休も最後の日で暇だと思ったらメンバーが入れ替わり体験ダイビングも多く1番忙しい1日になった、夕方、6時過ぎまでかかる。1本目ガヒで潜る、波が無く透明度の良いとこを探してガヒになる。最初少し流れていたが途中から流れなく快適、群れの魚が多く魚の中をダイビング。2本目アゲナシクで潜る、午前中より少し風も治まり波も静か、流れ少々あり少し時間待ち、日帰り予定のダイバーはそこであきらめ1泊することになった。
ハナヒゲウツボ健在でハダカハオコゼも2匹、ウコンハネガイ、キンメ、スカシ、グルクン、グルクンの子供、1ヶ所の根に凝縮している。体験もハナヒゲウツボを見た。
9/22 小雨〜晴れ 27 30〜20 北風が強く昼食は阿嘉島でとる。そのあと慶留間の運動会を見て国の重要文化財、高良家を見に行く。ダイビングは3ダイブ。1本目ケラマハナダイの根に行く。28〜30m周りにはガーデンイール、ツバメウオの子供2匹がダイバーに寄ってくる。2本目は1グループのみ、ガヒ裏で潜る、
他のグループはシュノーケリング、3本目はサクバルの隠れ根で潜る、最近はイソマグロがよく見られる、今日も10数匹の群れが行ったり来たり、別行動の3匹も行ったり来たり、グルクン、アマミスズメ、ハナゴイ、ハナゴンベも多い
9/21 晴れ 27 25 連休で村の中はダイバーが多い、海上もダイビングボートがひっきりなしに走っている。1本目ガヒで体慣らし、イソバナの方まで行く、少し流れあり、4.5mの所にグルクンが群れ日が当たりきらきら輝いていた。2本目、海底砂漠
ヤシャハゼ、をメーンに潜る、ヤシャハゼは数が多いので
大人数でも全員が見れる。3本目、ニシバマで潜る、今日は2グループ分けて潜っているので、一グループは13mの根までもう一グループはアザハタの根まで行く。4隻しか潜れないがアザハタの根は小さいので他のグループとかち合うと待たないといけない。浅いところもイソギンチャクが丸くなりセジロクマノミ、カクレクマノミ、テーブルサンゴとデバスズメなど飽きない。
9/20 晴れ 26 25 8月後半に日帰り体験で来て座間味が気に入ったらしく又体験と講習、2本潜りファンダイビングとほとんど変わらない、1本目ボツボツで潜る。浅いところのサンゴは台風にも壊されないで元気に育っている、ボツボツは相変わらず魚が多くじっとしているほうが魚が近づいてくれる、2本目アゲナシクで潜る。ガーデンイールを見てハナヒゲウツボキンメの根ではハダカハオコゼ色違いの2匹キンメも多く
浅い所ではデバスズメが多く、体験なのにデジカメでバンバン写真を撮っていた、ハナヒゲウツボに餌を与えたらすぐ食べた。
9/18 晴れ 26 25 座間味全体透明度が良くなった、今日は体験ダイビング、
泳ぐも苦手な人、午前中はシュノーケリングの練習、ガヒ島の砂浜から始める、午後アゲナシクに移動し体験ダイビング1対1でキンメの根で遊ぶ、珍しいのが見られた、水面近くでミノカサゴが小魚を狙っていた、臆病なウツボが
ミノカサゴを食べに水面近く迄フルスピードでミノカサゴを
半分くわえ急いで持ち帰った、瞬間だったがビックリ。
9/15 晴れ 26 20 昨晩の疲れが残り体が重い、今日から網設置の準備も
始まり今日のダイビングは手伝いに来ている息子と2人で出かける、1本目ヤカビで潜る、サンゴの種類が多く砂地と綺麗なサンゴの根を想定して潜る、透明度いまいち、サメはコバンザメを着けサンゴの根の間を泳いでいた、キッカサンゴのようなサンゴに小さなジュズダマイソギンチャクに小さなクマノミ見たことのない組み合わせに思わず見とれていた。2本目ニシバマで潜る、使いたくない場所だが
気になり見に行きたくなる、アザハタの根は砂で覆われ、
最初からいる大きなアザハタはナイフのようなもので右目の近くを指され2センチほどえぐられていた、傷は新しくつけたのもおそらくダイバーだと思う、座間味でのダイビングにナイフはいらない。ナイトダイビングはガヒで潜る。
ナンヨウブダイが10数匹透明な膜を張って寝ている、スズメダイが幕を破り出入りいていたが起きる気配はない。イタチ魚も2匹、カイメンカワカムリもうろうろ、他グルクン、ウメイロなど昼間と違う色をして寝ている、
9/14 晴れ 26 25 一組は午前迄、ラストダイブは2度目のタカチンシ、とても気に入ったらしいが潜っている間子供が退屈する、イソマグロの群れと地形で親は満足、フェリーで入ってきたお客さん午後から2本潜る、1本目アゲナシクで潜る、まだなれてないダイバーが多いので15mのキンメまでとする、この根はキンメ、スカシ、ハダカハオコゼ、など魚多いのに加えハナヒゲまで加わりカメラははここだけで満足する。
2本目はボツボツで中世浮力の練習、群れている魚の中での練習は少し贅沢。グルクンとウメイロは子供が多い。
9/13 晴れ 25〜26 25 北風でべたなぎ、家族のみ(夫婦と子供の面倒を見てるおばーちゃん)シュノーケリングもできるサクバル漁礁で遊ぶ
漁礁のほうは大物は見れず小型のイソマグロ。浅瀬はキビナゴが群れていた、2本目は久しぶりのピグミー、リクエストもないのにピグミーがいる所へ、ピグミーがいる所は流れも速く地形も面白く潮どまりしか楽しめない場所である、今日の場所は大きな海ウチワが多く壁からも海底からもずらっと並んでいる。
9/12 晴れ 25〜27 25 べたなぎ、南東の風、残っていた10人の学生も最後のダイビング、1本目ウガンで潜る。学生はウガン1周、私は一般ダイバーとカクレ根周辺を回る、カクレ根のイソバナの近くにもハナヒゲがいた、潮が動き出すとグルクンの群れが潮上に向かい大群が切れ間なく移動する、カスミも同じように移動する。2本目はウチャカシでダイビング&スキン、ウガンのスキンはグルクン、カスミ、キビナゴが群れ
潜るより良かったかも知れない、ウチャカシは水温が低く
寒かった、グルクンとキビナゴは群れていた。
9/11 晴れ 26 20〜25 べたなぎ、風は東から南へゆっくり移動、居残りの学生は
飲みすぎでナイトから参加、1本目ニシバマで潜る、砂地でも明るさがない、魚は相変わらず多くキンメは面白い、
午後から少し海の色が青くなってきた、イソマグロのリクエストで2本目はタカチンシで潜る、イソマグロを6匹、ロウニンアジ、大きなカスミアジの群れ、満足していた。帰りにマンタを見に行く、1匹しか見れず、リーフの浅いところを泳いでいた。ナイトはアムロ漁礁。ここにもナンヨウブダイが
寝ている、1番多いのはへらやがらが縦になって棒のように寝ている、空は満点の星で明るく、澄みきっていた。
9/10 晴れ 26 15〜20 相変わらず透明度が悪い、合宿最後の日、午前アムロ漁礁で潜る。ヨスジフエダイ、カマスの群れ、一面枝サンゴの上を遊泳し最後は漁礁でグループで遊ばせる。午後は亀のリクエストがあり亀ドリフトをする。2グループともかめを数匹見れ大満足、帰りにマンタを見に行きこれも皆近くで何匹も見れて大満足、今晩の打ち上げが怖い。、
9/09 晴れ 26 15〜20 年に1.2回透明度の悪い潮がある、今日の透明度は座間味周辺全部同じで台風のせいではない。午前、中世浮力の練習で急に深くなっているサクバルの漁礁で潜る。
台風で練習量が少なく技術的にまだ早かったかな、
午後、ガヒの砂漠を潜る。砂漠で感動、ヤシャハゼ、カクレクマノミなど午前の難しいポイントの後少し余裕を持てたダイビングができた。
9/08 晴れ 26 20 午前、ウルヌサチで潜る。エダサンゴにデバスズメ、ハナゴイなどスズメダイが群れ珍しくイソマグロが狙っている、
エダサンゴの間に亀が眠り、浅い所に小さなコブシメが3匹擬態しているがばればれ、午後はガヒ裏で潜る、今日のボツボツはウメイロモドキ、グルクン、ハナゴイ、スズメダイの仲間が群れ魚が動きを見ているだけで感動。
9/07 晴れ 25 20 学生の合宿、3日に入り古座間味で1本潜り今日は1年生にとってはじめてのボートダイビング、最近ウエットス−ツ
を着て潜ったことがないのでとても窮屈な思いをした、明日は少し水温が上がると思う、去年は21度まで下がったのを考えればあだいいほうか、午後からアゲナシクで潜る
学生のダイビングは半々で潜るので1本潜るのに3時間
はかかる、今日のアゲナシクは見るものが多くボートダイビング初めての1年生にとっては贅沢、ガーデンイールから始まりハナヒゲウツボ、ハダカハオコゼも色違い2匹、キンメもどきを捕食しにカスミアジが2匹など
9/03 晴れ 30 30 台風接近の為1日早く帰るお客さんもいて早めに切り上げる。1本目お花畑をドリフト、32mにホタテツノハゼのペアー。2本目ニシバマを潜る、私は18メートルの根に行く。
アザハタが住んでいた岩で5.6年入ったことがないけど
8割がた埋まっていた、今アザハタの根と言われている場所に以前はアザハタは住んでなく18の根からアザハタが
移動した(20年前)不思議なことにすぐ近くなのにこの場所は全部の根が以前と比べ7.8割埋まっているのには
答えが出てこない。見渡す限り全部砂地の上をハナミノカサゴが泳いでいるのは昔と変わらない、蛍光色の砂イソギンチャクも3匹のクマノミとともに元気で生きていた。
9/02 晴れ 30 25 ファミリーも一緒なのでシュノーケルもできる場所で遊ぶ。
昨日まで波の高かったガヒで遊ぶ、波もなく透明度もよく
体験もボツボツ珊瑚を潜る。水温が高いのでスーツなしの
短パンテーシャツで潜っている。台風15号は何の影響もないかのように思われたがガヒ島の砂浜がきれいな砂浜に戻っていた、1.2日で元どうりにできるのはすごい。
2本目はアゲナシクでシュノーケル、ダイビング、今日は
北風のせいで船が多かった、ガンカゼを餌に又タマンを
狙ったがそう簡単にはいかない。キンメの根ととても大きなモンダルマカレイが見れたそうだ。
9/01 晴れ 29〜30 25〜30 台風で2日間ダイビングできなかったお客さん今日帰る、台風で船が出ず那覇に2日間泊まったお客さん今日潜って明日帰る。1本目キンメから送電線までドリフト。ここの
キンメは大きく数も多い、昨日より透明度が良くなった。
今日入ったはお客さんお昼から1本目。ニシバマで潜る。
久しぶりに見るアザハタは変わっていなかったそうです、午後からのダイビングはサクバル漁礁で潜る、シュノーケリングもいたので隠れ根で水面からイソマグロを見る昼食時間に弁当のおかずをつけ釣り糸をたらしていたらなんとタマン(ハマフエフキ)がつれタマンなかった。夜は宴会。

過去のダイビング情報
2002 10 11 12
2001 10 11 12
2000 10 11 12
1999         10 11 12

TOPページへ