ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温 透明度(m) コメント
7/30 晴れ 29 30 那覇から日帰りで2家族スキンダイビング。西風で弱いが場所によって少しうねりあり、ガヒ、ギナ、マンタを見てアゲナシクで終わる。ガヒ島では3ヶ所砂浜の近くからボツボツまでギナはマンタ待ち、ライフジャケットをつけてマンタウォッチングをした。3回触れるほどの距離から見る。
7/28 晴れ 29 40 1本目ガヒで潜る。浅いサンゴの綺麗な場所からボツボツを通りイソバナの場所で自由に遊ぶ。私は35mのトゲトサカの群生している場所に小物探し、そう簡単には見つからない。2本目タカチンシで潜る。流れ少々あり、25mの穴の近くで5kサイズの同じ大きさのカスミアジが数百匹目の前を早いスピードで通り過ぎて行った、思わず定置が浮かんだ。大きなハタが今日も見られたがグレートバリアで見られるサイズだけどビックリしていた。
7/27 曇りのち晴れ 29 40 1本目シルで潜る。砂地の浅瀬にいたヨスジフエダイは30匹ほどに減っていた、ヨスジは大きくなると深場に移動する習性がある、キンメの根は水温が高いせいなのかキビナゴも多くアザミサンゴは魚で埋まっている。
2本目ナジで潜る。ワイドのレンズに切り替え壁から突き出ている大きな海ウチワが並んでいる、人間が削りとったような壁にカスミチョウチョウウオ、グルクンなどが群れサメもうろうろ、久しぶりにピグミーも見る。
7/26 晴れ 28〜29 40〜50 なぜか場所によってうねりがある。1本目西風、サクバルの漁礁で潜る。風下なのにウネリがある。透明度良く漁礁にはキビナゴが多く遠くから見ると何か別の生き物が動いているようで怖い、漁礁の中にはキンメモドキが大きくなり数も多い、ミノカサゴが数匹狙っていた。昼は阿嘉島を参歩する、2本目は久場島で潜る。透明度良くのんびりとイソバナの上をダイビング、いつものように群れの魚も多くカメラの被写体も多い。帰りに久しぶりに見る黒い雲が見え
お客さんも雨のことを気にしてくれていた、ついたら雨がパラつく。
7/25 晴れ 29 50 1本目はガヒ前のヤシャハゼ、見たことないらしくフイルム1本写していた、透明度が良いせいかたくさんヤシャハゼが見えた、砂漠も青い砂漠でいつもと違う海底砂漠、
2本目ウガンをドリフトする、船を走らせていても海底が見え魚も見える。ワイドのレンズをつけたのでハナヒゲウツボの写真が撮れず悩んでいた。
7/24 晴れ 28〜29 35〜20 オーストラリアのケアンズから座間味にダイビング来た、2回目になるが今日はマクロで小物の撮影、こだわりがある
のか中性浮力をとったまま写真を撮っていた。
1本目ニシバマで潜る。透明度良く水温も高く他のダイバーもいない。砂地にオアシスがあるようなキンメもどきの
描くもようとアザハタの動きに見とれてしまう、岩の中のエビ類小さなウツボカエルウオなど時間と減圧の世界を忘れる。2本目アゲナシクで潜る。20mにあるキンメの根より15mの根にキンメが多くスカシテンジクに混ざりグルクンの子供がいっぱいついている。両方の根に色違いのハダカハオコゼがつき見たことのない魚にフイルムを大分使っていた。
7/22 晴れ 28〜31  30 水温が毎日違い戸惑う、今日は体験ダイビングとスノーケリングアゲナシクの南側に大きなうねりがあり透明度を心配していたがいつもより透明度が良い、うねりを避け島の裏の静かな場所に移動すると水温が30度を超えスーツなしで遊ぶ。
7/21 晴れ 25〜30 25 5.6年前来たとき私の末娘とそこの娘が友達になりお互いの家に遊びに行くほど仲良くなっている家族だがなんと両親の親(オジーオバーが2組)孫馬鹿でついて来ている
とても明るく朝から宴会しそう。アゲナシク、ニシバマ、ニタ、イジャカジャ、ガヒと魚のつかみどりで遊ぶ。
7/20 晴れ 27 30 2グループともラストダイブ。連休で大勢のダイバーが潜りにきているのでダイバーがほとんど来ない久場島で2本潜る。1本目は砂浜の前で潜る。2グループに分ける、イソバナポイントまで行って戻るコース。イソバナが少なくなっている(ダイバーが壊したと思われる)中性浮力が下手なダイバーが少しはましになっていた。砂浜に生んでいた亀の卵はほとんどふ化していた。2本目隠れ根で潜る。
潮の流れも弱くゆっくりと潜れた。マクロをもって50mのアケボノを写しに行く人も、後は根をゆっくりと回る、キンギョハナダイ、カスミチョウチョウウオ、グルクン、アカマツカサなど穴に隠れているアカモンガラを必死で穴から引っ張りだし餌を与えているおかしなダイバーを見て大笑い。
7/19 晴れ 27 20〜25 岐阜、神戸2グループで20人+子供3人なのでダイビング船がいない場所で潜る。1本目シルで潜る、3グループに分けて潜る、私は初心者を連れ中性浮力の練習、ヨスジフエダイは100匹から30匹に減っていた、ダイバーが来すぎたかも知れない。2本目はヤカビで潜る。最初に神戸グループを連れ洞窟に入る、奥の方で小さなサメがうろうろ回っている、ダイバーを嫌がっているいるように見えるが逃げては行かない。2回目は初心者の中性浮力の練習
の続き、ウエイトを減らしたので上手になり明日から皆と一緒に潜れる。
7/18 晴れ 27 25 シュノーケリング、体験ダイビング、ファンダイビング、夏はこのようなお客さんになることもある。今日は5本潜る。
1本目アゲナシクで潜る。キンメの根よりスカシの根にキンメが多くついていた、どちらにもハダカハオコゼついている
ガーデンイールを見ると爪楊枝ぐらいの小さな子供のガーデンイールが1匹、初めて見るが普通どこに住んでいるのか不思議だ。2本目シルで潜る。アザハタの根は相変わらずキンメ、スカシ、グルクンの子供、キビナゴまでいるので小魚だらけ、それを狙っている魚もスジアラも20匹ほどミノカサゴも20匹ほど、インドカイワリやアジなど少し見ていると離れて見るとこの場所の主であるユカタハタとアカハタは自分のえさを守るため他の魚に威嚇や攻撃で忙しい。
7/17 晴れ 27 25 アゲナシクでスキンをし1本目ガヒで潜る。座間味初めてのお客さんボツボツからイソバナまでゆっくり潜る。座間味名物になってきたサザナミフグが2.3匹タマンが数匹オニヒトデほしさにダイバーについてくる、今日はオニヒトデ1匹も見つからない。2本目ヤカビで潜る。リーフの割れ目に行くとサメが1匹、中に入ると1mほどの小さなサメがダイバーを怖がらずすぐそばでぐるぐる回っていた。船の下に戻るとバデイ同士でのダイビング。
7/16 晴れ 26〜27 25 今日は風も治まり海も静か。今日はシュノーケリング中心に遊ぶ。アゲナシク〜ガヒ周辺始午後はマンタも探しに行くが今日から浮いてこなかった、代わりにシュノーケリングで亀を見せる、ダイビングはガヒで潜る。
7/15 晴れ 26 50〜20 南西の風が強く場所によっては波が高い。
1本目ウガンで潜る。いつも止める場所は波が高く反対側に船を止める。ハナヒゲウツボを見て戻るいつもと逆のコース、流れほとんどないのに7匹のイソマグロ一緒に行動していた、キビナゴが多くカツオ、ツムブリなど群れでキビナゴを追っていた、透明度が高い。
2本目ハワイのナイトマンタを見に行ってもマンタが出てこないマンタと縁のないダイバーが偶然にも座間味に遊びに来た座間味のマンタは期待を裏ぎらなかった、満足して帰っていった。2本目亀のいる場所でマンタが捕食していたので潜ってみる。下から見ると船のエンジン音と共に人が飛び込みその前にマンタが泳いでいる、下から見るとこっけいに見える、亀は4匹、大きな1匹はコバンザメ2匹を背中に乗せ昼寝中、ダイバーがすぐそばでビデオをまわしても目を少し明けダイバーを見て又すぐに寝てしまう、多くのダイバーを見ているから反応しない。
7/14 晴れ 27 30〜50 水温が毎日変わり上着を着けるかティーシャツで潜るか迷ってしまう。1本目ガヒ浦で潜る。家族連れもいてのんびりダイビング。イソバナの先っちょをチョウチョウウオがかじりイソバナについているハゼがチョウチョウウオを攻撃し自分のイソバナを守っている。その後マンタを見に行くが1回見ただけで沈んでしまった。1時間後に再びマンタを見に行くと数匹浮いていて今度は触れるほどマンタが寄ってきた。2本目船酔いもしていたので波のないニシバマで潜る。透明度良く海中の水が青く見える。アザハタの根を2.3m離れて見ているとアザハタがよってくるし、キンメの中に入りキンメの輪が出来次はハート型に変わる、ケラマハナダイも20数匹目の前で繁殖行動をしている。
7/13 晴れ 25〜28 30〜25 和歌山からの賑やかなツアーが帰り今日はお客さん2人
久しぶりに潜るのでガヒ前でスキンをしダイビング。ほら貝がなまこを半分ぐらい食べていた、ヤシャハゼも何匹か見ていると少しずつ色が違う。2本目までの時間にマンタを見に行くマンタの数は多い、1ヶ所でも4匹が触れるほど近づきぐるぐる回っている、20匹以上はいると思う。
2本目マンタの根で潜る。以前は潜ってマンタを見ていたが最近はマンタの根でホバーリングしているのは少なく
水面に浮いて餌を食べている。久しぶりに潜っても地形が変わることはないけどサンゴはオニヒトデにかなりやられていた、魚は多くカスミチョウチョウウオ、グルクンなど多く地形も面白くダイビングは充分に楽しめる。
7/12 晴れ 25〜28 30 1本目ギナで亀を見に行く。入ってすぐに亀が中層でホバーリング、その後3匹の亀を見る、1匹はほとんど動かず
2本目ヤカビで潜る。大潮の干潮時なので洞窟のしたから大きな割れ目を見ると水面が鏡になり下のサンゴが水面に写り海面の上にサンゴがあるような錯覚をおこす。小さな割れ目からは太陽の光がきらきら光線のように入ってくる。魚はアカマツカサやハタンポ、小さなサメも逃げ場がなくうろうろしていた。3本目ガヒ前でヤシャハゼ&海底砂漠
今日のヤシャハゼは人、カメラを怖がらない。
午後7時からサンセットクルージングに行く、そのために女性はゆかたを持ってきて着付けをしてサンセットを楽しんでいた。
7/11 晴れ 25〜28 50〜30 1本目ウガンで潜る。流れがありドリフトする、船の上から見ているとキビナゴを追いかけカツオが飛び跳ねている。
透明度良く船からダイバーが良く見える。
2本目シルで潜る。その前にトウアカクマノミを見に行く。
トウアカは小さながれきにつきイソギンチャクが見当たらない、移動した可能性もあるので周りを探したが見つからない、今までどんな大きな台風にも耐えてきていたのに今のところ何も分かっていない、シルのキンメは多くアザミサンゴを覆っている、つき具合は最高、グルクンの子供、キビナゴも群れている。ここは10mを超えると急に3度ほど水温が低くなる。
3本目ニシバマで潜る。今日のアザハタの根は小魚が多く群れキンメは目立たない。ここもキビナゴが群れていた。
7/10 晴れ 29 30 1本目ガヒ裏イソバナで潜る。波穏やか流れなしのんびりダイビング。サンゴも綺麗、被写体も多いので皆1時間以上潜っていた。2本目今日の3便で那覇に泊まる新潟のグループは昼食前に2本潜る。送電線で潜る。サザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイ、ミノカサゴも数匹クマノミも多くハナゴイ、キンギョハナダイなどスズメダイも多く1時間以上潜っていた。新潟のメンバーを下ろし混成チームで同じ場所で又1時間潜る。クイーンの2便で入ったお客さんアマのエダサンゴで潜る。大きなセミホウボウが羽を広げ久しぶりに見た砂地の根にキンメがつき数匹のミノカサゴがキンメを狙っていた。スカシテンジクも広い範囲についている。今日は4時間潜っていた。
7/09 晴れ 29 40 1本目ヤカビの洞窟の周辺で潜る。希望者のみ洞窟に入る予定だったが時間をずらしほとんどのダイバーが洞窟に入る、波もなく天気がいいのできらきらと隙間から太陽の光が入り幻想的な世界、魚もゆったりとしあまり動かず中と外は別世界。
2本目ニシバマで潜る。砂地に点在する根が小さいので3グループに分け時間差をつけて潜る。アザハタの根は人気がありこちらのグループが潜っていても他のグループが入ってくる、時間を少しずらせば楽しく潜れるのに潜り方を検討する必要あり。
今日も2便で入ったお客さんが潜りに行く、アゲナシクで潜る。キンメの根までは行かずスカシがついている16mの根で遊ぶ。キンメが少しついていた、主はユカタハタとクロハタ、ハダカハオコゼは白と黄色の2匹、タテジマキンチャクダイも人が近づいても根から離れない絶好の被写体。
7/08 晴れ 25〜30 50 波も穏やか夏のポイントで潜る。
うなじの崎で潜ろうとしたが引き潮がまだ残っていたので
場所変更、ウチャカシで潜る。流れなく波もなくカクレ根をゆっくり回る。カスミチョウチョウウオ、グルクンなど群れの魚は多く見られ、海ウチワも2.3mのも見られる、残念な事に大きなリュウキュウイソバナはダイバーに壊されたのか面影もない、ここの場所は沖縄本島からも潜りに来るので誰が壊したのか調べることが出来ない残念。
2本目ウガンで潜る。ハナヒゲが場所を変え1匹しか見られなかった、キビナゴが多くそれを狙った魚が激しいバトルをしていた、カツオ、カイワリ、アジなど、すぐ近くにイソマグロが20数匹円を描いてぐるぐる回っていた。
クイーンの2便で入ったお客さんが1本潜る。アマの枝サンゴで体慣らし。東の少し離れた砂地の根にキンメがつき
その上にイシモチその上にスカシテンジク、それを狙っているミノカサゴ、ニジョウサバなどが激しく動いていた。
7/07 晴れ 27 40〜30 お客さん入れかわりダイバーが少ない久場島で潜る。
1本目イソバナの北で潜る。のんびりと船の近くでダイビング透明度もよく水温も27.8度と暖かい、イソマグロも5匹目の前を通過する、又船の周りにアオリイカがつき13匹釣り上げ刺身で食べる。2本目はカクレ根で潜る。大物は回ってこなかったが水面から50mまで落ち込んでいるので緊張感を持ったダイビング、群れの魚はグルクン、カスミチョウチョウウオ、キンギョハナダイ、スミレナガハナダイ、アカマツカサなど地形だけではなく魚も多い。
7/06 晴れ 26〜27 30 神戸グループ最後の日なのでサンセットクルージングもする。1本目送電線で潜る。2グループに分け遠くはキンメの根まで行く。小さな根はキンメであふれ根が動いているように見える。15mの根にはハナゴイ、ハナダイがつき大きな根なので長時間遊べる、浅い岩はイソバナも付き岩のえぐれている場所にはサザナミヤッコ大小、タテジマキンチャクダイ大小、ミノカサゴ、岩の周りはスズメダイの子供が群れている。子供のアジの群れが中層で円く固まっていたよく見たが魚の名前は確定できない。
夕方からのサンセットクルージングは常吉さんの三味線の生演奏で船は宴会船になりカチャーシーで盛り上がる。
7/05 晴れ 25〜27 30 久場島で潜る。1本目イソバナポイントで潜る。イソバナがダイバーに壊され毎回少なくなっている、休憩時間に砂浜に渡り亀の産卵場所の砂を掘ってみると卵があり亀がふ化して海に行く途中の障害物の掃除を皆でやっているのを見て感心した。さすが自然を愛するダイバー。
2本目予定していた場所の波が高くカクレ根で潜る。
カクレネ根を1周、キンギョハナダイが群れ少し深く潜るとスミレナガハナダイ、次はグルクンの群れ穴の中にはアカマツカサがビッシリ、
7/04 晴れ 27 30〜20 南の風。1本目ニシバマで潜る。アザハタの根のキンメは
今日も色んな形を作り見ている人を感動させる。
昼食はガヒ前でとる、休憩時間にガヒ島に渡り山の上から海の色が何色にも変わりガヒ、アゲナシク、座間味を展望でき景観を楽しむ、記念写真をとる場所に最初に登った人がうんこをし数分後に10数名が到着、鼻をつまみながら記念撮影(高所恐怖症の為に出てしまったらしい)
2本目シルで潜る。キンメの根にはグルクンの幼魚、キビナゴ、スカシテンジクなど小魚が多く群れ定着しているミノカサゴはもちろんスジアラも10匹ほどが狙いユカタハタが根の周りで威嚇していた。
7/03 晴れ 27 20 クイーンの2便で神戸からの団体さんが入ってきた。
今回の平均年齢は私より高い、流れのない楽しめる場所で体慣らしのダイビング。サンゴも綺麗でイソバナも多く船の周りはデバスズメが群れていた。
7/02 晴れ 25〜26 25 今日もシュノーケリングと体験ダイビング。シュノーケリングでは亀を見に行き3匹の亀が見られた。
7/01 晴れ 26 25 昨日から奈良からのシュノーケリングのお客さん今日は体験ダイビング、おばちゃんグループなので船上はとても賑やか。今日はアゲナシク、ガヒ、ヤカビ、帰りにクルサチでマンタとシュノーケリングし感激。

過去のダイビング情報
2003 10 11 12
2002 10 11 12
2001 10 11 12
2000 10 11 12
1999         10 11 12

TOPページへ