ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温 透明度(m) コメント
12/31 雨のち曇り 23 30〜20 朝水揚げに行ってからダイビングに行く。
1本目ニシバマで潜る。雨が降っているのに透明度良く
他のダイバーいなくアザハタの根でのんびりと潜る、ワイドカメラの3人が1人づつ交代で写真を撮っていた。
2本目シルで潜る。アザミサンゴのキンメの根についていたグルクンが中型になり根から離れたり根に固まったりと忙しく動きまわっている、根の中のキンメは大きい、ミノカサゴ相変わらず10数匹根付いている。帰りに減圧も兼ねヨスジの根で遊ぶ。
12/30 23〜24 25 海はべたなぎ今日はのんびりと久場島で1日遊ぶ。
1本目イソバナポイントでのんびりダイビング。昼寝たっぷりの後2本目カクレ根で潜る。カメラの人は自分の好きな被写体のとこで写真を撮る為ばらばら行動。鯨の声は全員に聞こえたらしく帰りに鯨を探したが遠くに尾びれが見えただけで探せなかった。
12/29 23 25 1本目ウガンで潜る。冬の太陽は斜めからウガンにあたり
岩の北側近くは影になり暗く感じた、流れなくグルクン、ムロアジなどは落ち着きなく動き回っていた、島の裏に回っても流れなく磯マグロ見れず、ワイドレンズのお客さんはハナヒゲを遠めに見て無視していた。
2本目ナジ沖で潜る。壁から大きなウミウチワが張り出し穴に大きな群れではないがキンメが着いている。海底遺跡を思わせる垂直に切り立った岩にカスミやグルクンが群れていた。
12/28 23 30 昨日まではクイーンも欠航するほどしけていたが今日は穏やかな天気。今日のクイーンの2便で入る予定のお客さんが那覇で潜れなくて1便で入ってきた、今日はゆっくり定置を潜って仕事をしていたが急いで帰る。
午後から潜る。上智のダイビングクラブ出、とつれ1年ぶりのダイビング、ガヒのビーチ近くでシュノーケリングする久しぶりに行ってビックリ砂が東に多くなりいつものブイを取ると砂浜に乗りあがるほど砂が動いていた久しぶりのダイビングは穏やかなやさしくイソバナの多いガヒ浦で潜る。イソバナは浮遊物も着いてなく綺麗な色をしていた。
12/22 23 25〜30 暖かくなり3本潜る。1本目サクバル漁礁で潜る。漁礁では10匹の若いツバメウオが迎えに来てくれた、ブロックの中についていたキンメは消えていた、ハナミノカサゴは10匹ほどカクレ根の下にヨスジフエダイの群れがいるが深い
この一帯はオニヒトデの異常発生あとが見られ白いサンゴがいたる所で見られた、阿嘉のダイビングサービスのオーナー達が駆除をしていた。2本目サクバルで潜る。山あり谷あり大きくぐるっと回るウミウチワが群生している、群れはカスミチョウチョウウオ、岩の下にネムリブカ、近づいても起きない良く寝ていた。3本目タコが見たいとのリクエスト。タコの家が多い場所を選ぶ。留守にしている家4ヵ所ついている家3ヶ所他にカメ1匹サザナミヤッコやタテキンなども見られる水深が浅い割りにエアー消費が多かった。
12/21 曇り 23 25〜30 3本潜る予定だったが寒くて2本にする。1本目ウルヌサチで潜る。水深30mのケラマハナダイの根から浅い枝サンゴを回る。2つの根ほとんどがケラマハナダイ、スカシテンジクも根の上に着き岩の中にはキンメ、イシモチ、ユカタハタ、甲殻類がつき周りの砂地にはガーデンイール。枝サンゴには目当てのコブシメは見られず定番のデバスズメ他スズメダイの仲間が群れハナゴイ、クマノミも多い、他と比べ特に多いのがネッタイスズメダイ。
2本目岩場のナジ沖で潜る。大きなウミウチワが多く地形も面白い、久しぶりに中年3人でピグミーを見る、指をさすとうなずいていたがほんとに見えていたかどうか、エアーもちがいいのでもう1つのカクレ根の水深25mにある穴を覗く、キンメが入り口に円く小さな固まりで着いていた、大きな穴なので中から見ると絵になる。以前はビッシリ着いていたのでこれから期待できる。
12/20 曇り 23 20 昨日今日と季節風が強く寒い、昨日は連続2本潜っても寒くなかったけど今日は午後から1本でも寒い。
船が全便欠航、お客さん2人で9人乗りのセスナをチャーターし入ってきた。アゲナシクで潜る。風が強いので安全な場所を選ぶ水温が1度下がっただけなのにとても寒く感じた、水温は低いのにキンメは大きくなり夏より見ごたえがある、根についていた子供のグルクンは大人になりまだ群れて遊んでいる。小さなエビ類はダイバーが来ないせいか穴から外に出てクリーニングしている。
12/13 曇り時々晴 24 30 1本目ニシバマで潜る。アザハタの根に行く、流れがなくキンメが中に入ったまま表に出てこない、アザハタは相変わらずダイバーによってくる。昼食時間にトウアカクマノミを見に行く、2本目シルで潜る。アザミサンゴの中にいるキンメはかなり大きい、キンメを食べる魚はミノカサゴ10数匹ユカタハタ5.6匹クロハタ1匹は一緒に同居しているのに数はあまり減っていない、グルクンが定期的に根に回ってくる。3本潜る予定にしていたが寒いので2本にする。
12/12 曇り 24 30 毎日潜っているので忘年会で留守にし1週間ぶりに潜ると初心者に戻った気がする。今朝は定置の中で潜り網の点検するが水深27mの場所の手直しは1人では少ししか出来なかった。
クイーンが今日までドック入り、お客さんはフェリーで入る
サクバルで潜る。ハナゴンベの写真が撮りたいとの事でカクレ根を潜る。ヨスジフエダイが増えていた。カクレの上は10m下は32m、窪みには夜行性の魚やスミレヤッコ、ライトを持って潜ると面白い。

過去のダイビング情報
2003 10 11 12
2002 10 11 12
2001 10 11 12
2000 10 11 12
          10 11 12

TOPページへ