ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

9/25 曇りのち雨 28 25〜30 皆インスタントカメラを持ち今年もインスタントのカメラで写真撮影、昨日コンテストをし景品をあげる予定だったが台風接近で昨日1本で慌ただしく那覇へ帰る。
24日は3ダイブ&ナイト、久々にハードな潜り、ナイト初めての学生は緊張していた。昨日も海は静かだが雨が降ってきた、ガヒ裏で潜り午後1時の最終のフェリーで那覇へ行く、クイーン1便だけ運航し2.3便は欠航、クイーンの1便で東京Yの学校の先生1人入りフェリーで一緒に帰る、
座間味滞在3時間だった。
9/23 晴れ 28 30 東京の専門学校の先生と生徒今日のクイーン1便で入り2本潜る。1本目漁礁で潜る。20分ほど中性浮力の練習し漁礁でのんびりダイビング。昼食&昼寝&スキンはトオアカクマノミの見れる場所にとめる。2本目はウガンで潜る流れがないせいかハナヒゲが見れなかった、裏に回るとカスミ、グルクン、ムロアジが群れ小さいながらイソマグロが回っていた。
9/21 晴れ 28 40 昨日はログ付けの後お客さんとうりずんに12時半まで宴会。毎日マンタが浮いているのでダイビング終えた後に見たい人だけ乗せてシュノーケリングで見に行く、小潮に近くなり5時頃からになる、いつもの2ヶ所で見れた。
昨日は1日久場島で遊ぶ。1本目イソバナのポイントで潜る。まだ中性浮力の出来ない人もいて珊瑚イソバナ壊さないように練習、大きなコブシメは初心者に見せられなかったけど長さ40pもある大きなモンダルマカレィはお客さんが深い場所から近くに寄せてくれた。
2本目思い切ってカクレ根で潜る。透明度良く40mの海底がはっきり見える。根を回りながらスミレナガハナダイ、グルクン、カスミ、など魚が群れていた。
今日1本目ウガンで潜る。流れない時間に入り途中弱い流れが出てグルクン、ムロアジなどの群れの魚が多く魚の動きに見とれていた。ハナヒゲはいつもの場所にいた。
2本目、ヤシャハゼのリクエスト。今日も10匹以上見られ
しばらくじっとして慣らすと30pほど迄近づける、ガーデンイールも近づけた、直径2pほどのイソギンチャクに5ミリほどのクマノミ、可愛くてしばらく一人で見ていた。
9/19 晴れ 28 25 宿はいっぱい日帰りのお客さんもいて忙しい1日。
1本目初心者が多くアゲナシクで潜る。動きもスムーズに行かなくて時間をかけゆっくりダイビング、キンメの根までがやっと。昼食は4日間連続ガヒの砂浜の前でとる、地元の人が見ても自慢できる海の美しさシュノーケリングや船からの飛び込みいつもの遊びで楽しむ。2本目ガヒ裏で潜る。ダイバーが少ない場所にいたカクレクマノミがいないしばらく探したが見つからないイソギンチャクは場所移動するので不思議ではないが見つけられないぐらいの距離の移動は見たことがない、とられてないか心配。
今日のマンタは昨日と違う場所でウォッチング、増えきた。
9/18 晴れ 28 25 この連休はお客さんが多くダイビングの他に体験やシュノーケリングなど夏休みと変わらない。
1本目ヤカビで潜る。サンゴが復活し色んな種類のサンゴを見ることが出来る。砂地にサンゴの根が点在しのんびりダイビング。
2本目ここも他のダイバーが来ない場所を選ぶ、5種類のクマノミが見れる、いつもは流れないけど今日はたまたま流れが複雑だったので遠くには行かず安全ダイビングで遊ぶ。帰りにマンタが水面で餌を捕食していたのが7.8匹見られ10匹以上はいたと思う、お客さんもシュノーケリングで遊んでいた。
9/17 晴れ 27 25〜30 昨日も今日もマンタプランクトンを食べる為に水面に浮いてきた。
1本目初心者なので中性浮力の練習も兼ね流れのない静かな場所で潜る。砂地に大きな枝サンゴが2個、デバスズメ、ハナゴイ、ミスジリュウキュウスズメなどが群れ小魚が多い。ムチヤギにカラマツエビ、ピンク色のハダカハオコゼ、オドリハゼもいる。
2本目ガヒで潜る。最近グルクンの群れが多い浅い場所のサンゴは種類も多く色とりどりのカラフルなサンゴが見られる。デバスズメの子供は濃いブルーでサンゴに色をつけたように見える。台風の後船を止める浅い場所にノコギリダイの群れ5倍くらいに増えた。
9/15 晴れ 27 30 昨日は3本潜る。1本目はキンメとイザリウオ2本目は洞窟3本目はマンタが浮いてなくマンタの根で潜る、カメはいたけどマンタ見れず。今日は初心者の学生ダイビングクラブ。1本目ガヒで潜る。中性浮力を練習させる予定が弱い流れがあり練習は出来ず。2本目流れなくゆっくりと潜れた、カクレクマノミ、セジロクマノミ5種類のクマノミが見られ中性浮力の練習にもなった。帰りにマンタが2匹浮いていてシュノーケリングでマンタウォッチングして遊ぶ。
9/13 晴れ 27 30 11日も熱低の影響で大荒れの中3本潜る。漁礁にかますの群れがついている。12日やっと晴れる風も少し収まりカメの場所も静かでカメも4匹見れのんびりで眠っているカメ
は寝ぼけて岩に甲羅が引っかかり動けなかった。
今日の1本目カクレ根を潜る。風裏だがうねりが残っている、水面にキビナゴが群れ狙っているカスミアジ、ニジョウサバ、カツオの子供が群れで忙しく追いかけていた、イソマグロはグルクンを狙っていた。2本目クダゴンベを見に行く、大小2匹イソバナについていた、周りはガーデンイールに囲まれマダラトビエイも見れた。
9/10 曇り&雨 27 25〜20 先島近くにに熱帯低気圧が発生し海は大荒れ、クイーンの2便で入りナイトダイビングを楽しみに来たお客さん潜れず、朝から10m前後の風が吹き静かな場所を探す、
1本目今まで体験で来て今回はカードをとって潜りに来た
のんびりダイビング。砂地にスカシの根、すぐ近くの砂地にぽつんとカクレクマノミ、ペアーでイソギンチャクに住んでいるモエビ、メスは脱皮したのか色が違う。
2本目昼食の後昼寝をして起きたら外は雨風が強く波も出てきた、ロープを補強し潜る。海の中はうそのような静
けさキンメの根を中心に遊ぶ。キンメ、スカシ、ノコギリダイ、スズメダイが群れエビ類の種類も多くとてもにぎやかな根。船に上がると横殴りの雨と強風。
9/08 曇り 27 25 上智大学の8月30日からのダイビング合宿は台風の影響を2回も受けた。今日が最終日、今夜は打ち上げ。
午前はニシバマで潜る。台風からのうねりもなく透明度が少し悪いが海はいつもの静かな海に戻っている。13mにあるスカシの根からスカシがいなくなっている、台風のせいだと思われる、アザハタの根は周りを砂が囲みくぼみに根がポツリとある他はいつもと同じ。
午後静かな場所で潜る。大きな根にスカシがつきハダカハオコゼが2匹ハナゴイ、キンギョハナダイは群れでいる。
浅い根には色んな色のヘラヤガラ、ロクセンヤッコ、子供のサザナミヤッコ、タテキンなどダイバーが近づいても逃げないので近くでゆっくり見られる。
9/07 晴れ 27 25 8時半からロープをはずしたり今回はブームもはずしたので元どうりにするのに午前中かかる、午後1時からダイビングに行く。時間帯が悪く前半、後半どちらかが流れに引っかかる、透明度のいい場所も考えガヒ裏で潜る。
前半はうねりと流れで皆必死にフィンを動かし大分疲れた様子、後半は流れなしうねりも弱く楽なダイビング、台風の直後とは思えない透明度のよさ、水温は1度低いだけで寒く感じた。魚はいつもと変わらず多く魚もダイバーと同じくうなりで動かされていた。
9/04 晴れ 28 30 昨日は風も弱くべたなぎ、合宿のボートダイビング2日目。
アゲナシクで潜る。水深をいつも18mでとっているので深い場所にはいけない18mぎりぎりのカクレクマノミまでいく
1年生中心のダイビングなので合宿の計画にそって2.3年が面倒を見ながら3バデイずつ2回に分けガイドについていく方法なので私は午前2回午後2回の4回潜る、
昨日2本目はガヒで潜る。スズメダイやグルクンなど群れの魚が多く魚の中を泳いでウメイロも群れていた。
今日は風が強く台風が近いと思わせる海況
1本目漁礁で潜る。久しぶりに潜るとツバメウオも多くカマスも群れていた。2本目他の船は台風対策の用意をしていたが4時間ほど待ってもらい昼飯もそこそこに12時半からダイビングに出かける。ダイビングが半々の交代制なので3時間ほどかかる、波のない静かな枝サンゴで潜り急いで台風対策皆待っていてくれて迷惑をかけた。
9/02 晴れ 28 30 パソコンがなかなかゆうことを聞かずきちんと動かせない。学生の合宿それぞれ役割があり半々で潜るのでガイドの私は1日に4本潜ることになる。今日は中日で1年生は休み2.3年が潜りにいく。ウガンで潜る。流れが弱い時間に潜ったので回遊魚の群れは見れなかったがグルクン、カスミなどは群れていた、ハナヒゲは長い間見てない人為的なものなのか自然的なものなのか分からないけど
ウガンイコールハナヒゲはなくなった。

 

過去のダイビング情報

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ