ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

8/29 晴れ 27〜28 25 まだ浮遊物が多く透明度いまいち、27、28日とチャーターでダイビング、体験ダイビング、シュノーケリングなど楽しむ、平均年齢が高いのに1日中遊びっぱなし、何処にそんなエネルギーがあるのか不思議に思った、夜も座間味祭りでフィバーし来年の予約もしていった、おかげで2日間待っていた2組の家族連れのお客さんは昨日(29日)やっと乗れて今日(30日)台風接近のため船が全便欠航したのでセスナで帰った。
8/26 晴れ時々スコール 27〜28 25 浮遊物が多くイソバナなどにつき捕食しているか心配になる。1本目ニシバマで潜る。アザハタの根もいいが以前キンメの根といわれているサンゴの根はロクセンスズメ、デバスズメなどが群れ被写体としてはおすすめ。
2本目ギナで潜る。カメポイントとして定着してきた。今日も目的はカメ、7.8匹見られ捕食中に近づいて写真を撮ってもダイバーをまったく気にしてないカメもいた。またキビナゴを追いかけカツオの群れがいたるところで、船からも良く見られる。
8/25 晴れ 27〜28 25〜30 2本ともクバで潜る。1本目イソバナポイントを潜る。かけ下がりのイソバナ、ウミウチワを見ながらゆっくりと回る、イソバナにからむハナゴイやスズメダイ、カスミ、グルクン、アカモンガラなどが群れている。2本目北の先で潜る。
グルクンがきれることなく群れで流れてくる、カスミチョウチョウウオの群れも半端じゃない。岩場の水面近くにはキビナゴが群れそれを餌にしている回遊魚が狙っていた。
入ってすぐネムリブカが2匹でうろうろしていたが潜ると穴の中に入っていった、穴の中でうろうろしたりとまって口だけパクパクしていた。
8/24 晴れ時々小雨 27〜28 25 1本目クダゴンベのポイントで潜る。リュウキュウイソバナについているので最高の被写体になっている、水深も20mと浅く回りはガーデンイールに囲まれている。座間味で1番ガーデンイールが集まっている。他にもハオコゼやウメイロモドキなど被写体には事欠かない。2本目は今日の3便で那覇へ帰る2.3日前に来た仙台のショップ、カメを見たいようでかめポイントで潜る。他のメンバーは食事の時間。通常の2本目台風のせいなのか北西の風が吹きサクバル漁礁で潜る。最初に感じるのは魚は多い。ツバメ魚も20数匹迎えに来てくれた、ヨスジも多くイソマグロも回っていた。
8/23 晴れ 27〜28 25 夏休みは子供と一緒に遊びながらダイビングも楽しむ家族が増えてきた。1本目アゲナシクのキンメの根で潜る。
ハナヒゲウツボの幼魚が場所移動していた。キンメの根にはピンクと白色のハオコゼがついていた、光る貝のウコンハネガイは一時見えなくなっていたが世代交代したようで新しいウコンハネガイが誕生していた。
2本目はサンゴが綺麗でカクレクマノミが見れナンヨウハギも多く映画で取り上げられた魚がみんな見られるのでファミリーにはとても喜ばれている。初心者から常連客まで奥深いコースがいくらでも作れるポイント。
8/17 晴れ 28 25 仙台ダイブショップ最後の早朝ダイブ、ガヒ前、ヤシャハゼを中心に潜る。私の早朝なので8時出港、お客さんはもっと早くてもいいと言っていた、やしゃはぜは固まった場所に10ヶ所程住み着いているので全員に見せる事が出来る。
10時過ぎから夫婦、両親、犬のシュノーケリング&ダイビング、両親、犬が中心なので静かで魚の多いガヒとアゲナシクで潜り&スキン&遊び。
8/16 晴れ 28 30〜40 1本目ギナで潜る。シュノーケリングのお客さんもいたのでダイバーが準備をしているドリフトしてカメを見せる。3匹見れたとの事。ダイビングでは10匹ほどのんきなカメが多く目をつぶったりあけたりしながら知らんぷりしているカメも何匹かいた。ここのカクレのイソギンチャクの触手の色がピンク色で綺麗。
2本目久しぶりにニシバマで潜る。ダイビングの前に体験ダイビング、シュノーケリングでニシバマに上陸したりで長い時間場所を占領していた、アザハタの根は時間を忘れてしまうほど夢中になるキンメの動きが面白いしアザハタの動きも面白い、タテキンの幼魚も数匹他穴をのぞけば甲殻類の種類が多い。
ナイトダイビング、アマのエダサンゴで潜る。私は船上でスキンのお客さんを見ていた。同じメンバーの人が船の上でビールを持参し飲んでいて船を桟橋につけると私も参加し小宴会。
8/15 晴れ 28 25 家族ずれのシュノーケリングのお客さんも一緒。
1本目ガヒのボツボツで潜る。数日前商工会の理事会でゴマモンガラに襲われた話を聞き恐る恐る怖いもの見たさに逃げの用意をしながら行って見た、ゴマモンガラはいなくて安心した。そのときの話し、その人の名誉にかかわる事なので名前は伏せさせてもらう、慶留間のダイビングサービスのオーナーの話、 潜ってすぐボツボツサンゴのてまえに来るとゴマモンガラが一直線に向かってきたので本人は耳を噛まれると思い両耳を手で押さえるとおでこに強烈なパンチをくらい急いで退散したどうやら体で体当たりしたらしい、同じ時期お客さんがおでこを3針縫った話も聞いた、夏時期のゴマモンガラは怖い。
2本目アゲナシクで潜る。まだまだキンメは多い、中世浮力をとれれば初心者からベテランまで楽しめる奥深いポイント。浅いところにハナヒゲの幼魚はまだついている。
8/14 晴れ 28 40〜25  風が少しおさまったので1本目2グループ分けクバで潜る。仙台のツアーが初日なので移動を少なめにゆっくりと透明度のいい青い海の中ダイビングを楽しむ、昼食は自分達でサンドイッチを作り食べていた。2本目漁礁でで潜る。漁礁の周りは一面ユビエダハマサンゴの群生、その上をゆっくりと泳ぐ移動中にエダサンゴの中から大きめのニシキテグリがちょろちょろ遊んでいた近くに中型が1匹いた。座間味のニシキテグリは普通で7.8cmはあるので皆びっくりする。
8/13 晴れ 28 20〜30 なじみのダイバー2人と友達ファミリーのスキン&体験。
1本目アゲナシクへ行くと影響のなさそうな台風10号でもうねりがあり透明度良くない。私は友達ファミリー7人の面倒を見ていたのでシュノーケルの練習から体験ダイブまで
ヤカビで少し遊び、最後はギナのカメポイントでダイブ&体験をする。急に1人ダイビングの手伝いが帰ったので3人体制で久しぶりに私はフル回転し疲れた。
8/09 晴れ 28 25 ダイビング同好会の学生が53人、ほとんどが初心者でフルレンタルが9割以上。他のサービスにも振り分け無事終了。アゲナシクとガヒで潜る。学生4.5人にガイド1人付け見せる物より中世浮力が中心。2本目はガヒの綺麗なサンゴの上を潜れるほど進歩した、ボツボツサンゴを潜る、海中の生き物をガイドするより学生の顔を見ているのがほとんどだった。
8/08 晴れ 28 25 台風でスケジュウルが狂い今日から海に出る。家族ずれのダイビング&体験ダイビング。今日からうねりもなく穏やかな海で親も子も遊びすぎ。
今日体験ダイビングしたお父さんの職場の隣の席の人は
偶然にも私の所でダイビングした人だったそうです。世間は狭い。
8/02 晴れ 28 25 台風が近づき明日3日早く帰る予定なので急きょ3本潜る。1本目お客さんにとって も久しぶりの海底砂漠を潜る。私も年に2.3回しか潜ってない幻想的な世界。
2本目ガヒのサンゴの綺麗な場所、夏の写真を撮るならお勧めうねりが少々とプランクトンも少しあり最高の条件ではないけどしょうがない。3本目ドリフトで潜る。送電線のキンメをメーンに潜る予定が私は船もちをしていたのでガイドから別の近くのキンメに行ったとの報告があり帰った後ですが申し訳ないです。でも皆分かりながら楽しく遊んでくれたのでありがたかったです。
8/01 晴れ 28 30 1本目アマエダサンゴをドリフトで潜る。エントリーの場所にカメが2匹、船の錨を入れたためにいなくなるがしばらくすると同じ場所に2匹戻っていた。今日の船で入ったダイバーの1本目タカチンシで潜る。2つの根を回るつもりでいたが1ヶ所は上下の流れも加わりとてもその中に入る勇気はなかった、回遊魚は見れなかったが地形でも楽しめる1級ポイント。2本目は全員一緒にウガンで潜る。流れが弱かったので久々にウガン1週する。ウガンの東側で今回もゴマモンガラに攻撃されたまだ卵を産んでいる。壁にはハナダイがびっしりついている、キビナゴを狙ってカスミアジとカイワリが数匹イソマグロの群れはいなかった。ここも地形でも楽しめるポイント。

 

過去のダイビング情報

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ