ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

9/27 晴れ 27 30 夫婦とも数年ぶりのダイビング。流れない静かな場所を選ぶ。1本目アゲナシクで潜る。ゆっくりと時間をかけてキンメの根2ヶ所を回る。連休も終わったのでダイビング船も少なくダイビングポイントも空いている。2本目アムロの漁礁で潜る。ここも他にダイビング船はなく好きなように遊べる。
9/26 晴れ 27 30 今日も北風が強いつでも静かな内海で潜る。1本目送電線で潜る。ここも2組に分け少し離れたキンメの根に行くグループと近くで遊ぶグループに分ける。カクレクマノミが多く6組もいる。2本目アゲナシクキンメの根で潜る。ここも魚の数、種類とも多くエビ類、ハオコゼ、色んなダイバーに楽しんでもらえるポイント。
9/25 曇りのち晴れ 27 40 1本目ニシバマで潜る。2組に分け1組はアザハタの根まで行く。今日はゆっくりと中をチェックする、エビの数がとても増えている。手を差し出すとすぐにアカスジシラヒゲエビが手にのってきてクリーニングと勘違いして楽しんでいるダイバーもいるがほんとは手を食べている、エビは小さくても人をも食べる。5.6mの所にあるテーブルサンゴは生き生きしている、デバスズメも多くつきオニヒトデからよくサンゴが守られている。 2本目ナジで潜る北風が強くなってきたので波が少し高い。潜ると表面の波はまったく感じない静かな海、大きなウミウチワ、根と根の間の水路にもウミウチワやイソバナは生えていて地形を楽しめる。オニヒトデが多く見られた、駆除しないといけないが駆除する場所がたくさんあるので毎日違う駆除参加人数を振り分けなければ行けない。
ナイトダイビング、ウフヤグアーズニで潜る。ブダイも10数匹、サザナミヤッコやタテキン、チョウチョウウオ類も多く寝ているハタやヒメジを数匹のエビがクリーニングし気持ちよさそうに寝ていた。
9/24 晴れ 27 30〜25 1本目サクバル漁礁で潜る。10mの棚から 垂直に30mまでの絶壁になっているので宇宙遊泳の感覚が楽しめる、漁礁に行くとツバメウオが迎えてくれる、漁礁の周りは真っ白な砂地なので明るい、砂地を何匹ものミノカサゴが泳いでいた。2本目、ガヒキンメを潜る。根の近くのガーデンイールの中にヤシャハゼが3組いる。
9/23 晴れ 27 40〜50 1本目クダゴンベの根で潜る。水深20m、7.8cmのクダゴンベが1匹、真っ赤なリュウキュウイソバナについている。根の周りは360度ガーデンイールに囲まれている。ハオコゼなど小物が多い。
2本目船の下が青く深い場所を見て見たいとのリクエストでクバのカクレ根で潜る。根は少しうねっていたので深い場所へは行かず早めに上がる。スミレナガハナダイは垂直の壁にいるので中世浮力がしっかり取れないと写真は撮れない。他キンギョハナダイ、カスミ、グルクンなど群れている。
9/22 晴れ 27 40 1本目ニシバマで潜る。アザハタの根まで行く。メンバーの中の1人がエアー大好きで途中何処へも寄らず船に帰る他のダイバーは船の近くで遊ぶ。浅く明るい砂地にサンゴの根や砂地にテーブルサンゴが点在しデバスズメなどびっしリつき写真良し見ても良し。
2本目ウルヌサチで潜る。ケラマハナダイの根とエダサンゴを潜る。ケラマハナダイが少なくなったような気がした、回りのガーデンイールは増えている。ねの上にはスカシがつき穴の中にキンメがついている。
3本目クイーンの2便で入ってきたダイバー。2本目と同じウルヌサチで潜る。エダサンゴにはカメが見られた。
9/21 晴れ 27 25 1本目アゲナシクキンメの根で潜る。2つの根を比べると断然水深20mのキンメの根が面白い。魚も多くエビ類の種類も多く時間を忘れる。2本目ボツボツサンゴで潜る。
大きく変わった事はないが、ウメイロモドキが増えた。
今日のマンタは数はクルサチ、イジャカジャとも増えたが水面に浮く時間が短くスキンで見せる事が難しい。
9/20 晴れ 27 30 17日神戸と東京Yの2グループが入る。1本目ガヒの砂漠とキンメに分かれて潜る。2本目サクバル漁礁で潜る。
ツバメウオ20数匹が迎えに来てくれるので歓迎されているような気になる。ヨスジ、アカヒメジなど群れの魚多くイソマグロも回っている。
18日2グループの潜り方が違う、神戸は昼間3本東京Yは昼2本とナイト。1本目タカチンシで潜る。タカチンシの小さな岩に釣り人一人パラソルをたて釣りをしていたのでカクレネにアンカーを入れ潜る。次々とダイビング船が来た、釣り人お構いなしで釣り人のいる岩からドリフトで潜っていく、ダイビングポイントなのか釣りポイントなのか難しいけど可愛そうだった。2本目、3本目は忘れてしまった、
ナイトはアムロの漁礁で潜る。
19日1本目クバのカクレ根を潜る。根の下は深いので中世浮力が必要、スミレナガハナダイは水深30以上なので下手すれば40まで落ちる事もよくある、久しぶりに神戸の先生がヘルフリッチを見つけていた。2本目ガヒ前で潜る。砂漠を回ってキンメの根まで行く予定が透明度悪く流れも逆なので近くでヤシャハゼなど見ながら遊ぶ。
20日1本目ニシバマを潜る。キンメは少なくなっていたけど人気が高いのはわかる。カメラもワイドからマクロまで何でもOK . 6.7kのコブシメがオスメス2匹今の時期にいたのは珍しい。2本目久しぶりに大砂漠を潜る。砂が多くヒメギンチャクが埋もれそうになっていた、砂漠の景観がすばらしく感動する。3本目の前にマンタを見に行くと久々にマンタが浮いていた。お客さんと船をいったりきたりで大サービス。3本目ギナでカメを見に行く。泳いでいるカメ寝ているカメ数匹見れた。
9/16 晴れ 27 30 15日16日もシュノーケリング、ダイビング、体験ダイビングと遊ぶ、マンタが見れずカメを見に行く、シュノーケリングでカメを見る、1回目感動していたのでまたシュノーケリングのドリフトをする、2回目も数匹見られたのに感動はなし、1回にすべきだった。
9/14 晴れ 27 30 常連の家族&その友達。ガヒ、アゲナシク、ニシバマでシュノーケリング&ダイビング。風がほとんどなく南になったり北になったり、海もべたなぎで泳がなくても船の上から海の中が透けて見える。
9/13 晴れ 27 40〜25 合宿最終日、午前ウガンで潜る。透明度良く海の中が明るい、それだけでも満足する、壁にはキンギョハナダイが群れカスミチョウチョウウオも群れ水面にはキビナゴ、大物は見れなかったが満足。午後灯台下で潜る。このポイントは壁が面白い、スミレヤッコも多くいつでも見れる、ハタンポも壁と壁の隙間にきらきら輝きキンメも大きく壁が動いているかのように動いている。ウミウチワとイソバナの違いを教えようとしたけど意外と深く大きなウミウチワは水深20m以上にあったので現物での説明は持ち越し。
9/12 晴れ 27 30〜40 午前クダゴンベの根を潜る。リュウキュウイソバナについているので光を当てるとイソバナが真っ赤で潮がかかると白いポリプが満開になる、周りは360度ガーデンイールに囲まれものすごい数のガーデンイールを見る事が出来る他ハダカハオコゼ、セジロクマノミ色々。
午後、ヤカビのトンネルを潜る。トンネルの中に台風のうねりにやられたのかイセエビが数匹死んでいた、アカマツカサ、ハタンポは群れていた、台風の後とは思えない透明度の高さ。
9/11 曇りのち晴れ 27 15〜25 昨日ダイビングに出るサービスもあったが私はダイビングを取りやめ台風対策。今朝早くから台風解除し準備する。
午後から2本ギナで潜る。カメを見る事を目的に潜る台風の影響があるのかカメが少なく前半が3匹、寝ているカメ、捕食に夢中になっているカメがいなく近づくとゆっくりと動き出すそれも前半は3匹しか見れず後半は別のコースを取ったが1匹他に大きなマダラトビエイ見れたがこの場所で2回続けてカメを見せるのは難しい。
9/09 晴れ 27 25 午前、アムロ漁礁で潜る。漁礁の周辺は一面サンゴ畑。ユビエダハマサンゴの中にはイソギンチャクが多く色んな種類のクマノミがつきサンゴの上にはスズメダイやヨスジフエダイが群れグルクン、カマスも群れていた。
午後ガヒ前から砂漠まで。砂地にはヤシャハゼ、ガーデンイールが多く見られる、砂漠は流れが弱ければ初心者でもいける、今日の1回目はたどりつけなかったが2回目は砂漠に降りてゆっくり景色を見る事が出来た。
9/08 晴れ 27 20〜25 午前送電線で潜る。カクレクマノミ、セジロクマノミやハナゴイ、キンギョハナダイなど中世浮力を取りながら群れの魚を見る。午後ボツボツで潜る。ボツボツ中心に遊ぶ。
水深10〜20mにある大きなサンゴの根、色んな種類の魚の家になっているので長時間遊べるがホンソメワキベラが耳の中に入ったり唇を噛んだりでの攻撃には参る。
9/07 晴れ 27 15〜20 上智のダイビングクラブの学生が3日に入りその日午後から古座間味で1本潜り3日台風で休み4日目にしてやっとボートダイブ。台風が大きかったせいかうねりがまだ残って透明度が悪い。潜り方は半々に分けて潜るので私は2回潜ることになる。1本目アゲナシクで潜る。3日間閉じ込められていたので少々透明度が悪くても笑顔がでている。1年生中心の合宿なので無理をせず最初のキンメの根まで行く。根にはキンメを始め群れの魚が多く根を覆いつくしていた。2本目はアマエダサンゴで潜る。砂地には海草がところどころにかたまり珍しい魚がついていそうだがそのレベルではないので定番を見せる。時期ではないのにコブシメも2匹ついていた、触っても少し移動はするが同じ場所に戻ってくる。獲って食べたりはしていない。
9/02 晴れ 28〜27 30〜25 台風13号の影響で昨日まで3日間クイーン、フェリー全便欠航していた。今日やっと通常運行した。お客さんは昨日の夕方セスナで入ってきた、今日2本潜り5時発のクイーンで慌ただしく帰った。1人は器材が間に合わなくレンタル器材で潜る、(もちろん無料)もう1人は器材を置いて行った。ティンガーラのバースは台風13号の台風対策のため
揚げられない船のロープが張り巡らされ大型の14号が向かってきたのではずすどころかロープの補強をしている。
陸揚げしていたボート(磯)を下ろしダイビングに行く。
1本目ウチャカシで潜る。透明度悪くないので台風の影響はない、イソバナがダイバーなのか台風のせいなのか壊れているのが目立つ、潮どうしのいい場所なのでカスミチョウチョウウオが多く大きなウミウチワなどがある。
2本目アマウシジで潜る。潮どまりにしか潜れないほど流れが速い。水中にカクレ根がありイソバナにキンギョハナダイがいっぱい群れている。ネムリブカも大小2匹いた、バラフエダイが群れグルクンも多い、最近ノコギリダイが増えてきた。クマノミも5種類見れる。

 

過去のダイビング情報

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ