ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

10/27 晴れ 26 25 1本目アマのエダサンゴで潜る。2本目送電線で潜る。
今日は船の上で監視、2本とも風が弱くべたなぎ。真夏日で船の上にいるだけで汗が出る。
10/26 晴れ 26 25 1本目クダゴンベの根で潜る。イソバナに隠れながら擬態をしている。根の周りはガーデンイールに囲まれ見渡す限りのガーデンイール。
2本目漁礁で潜る。最近、大、中のかますの群れが多くなり十分楽しめる。メーンは何処までも続くユビエダハマサンゴの群生。
10/23 曇り 26 25 1本目漁礁で潜る。カマスは2種類別々に群れていた。
何処までも続くユビエダハマサンゴの群生が他では見られない。船の下でツバメウオが7.8匹ダイバーと一緒に安全停止していた。2本目送電線で潜る。近くの3ヶ所をゆっくりと回る。
今日の課題はクマノミ6種類、ここで5種類を見てビデオに収める。その後阿護の浦にトウアカクマノミを見に行く。
3本目サクバルの漁礁で潜る。漁礁の中層でツバメウオを見てカクレ根に戻る。ハナゴンベやヨスジ、イットウダイなど岩陰に隠れている魚も多い、小さなイソマグロ5匹は餌を探して根をぐるぐる回っていた。
10/22 晴れのち曇り 26 25〜30 1本目アゲナシクで潜る。水深20mのキンメの根は数種類のエビが多く飢えているのか手を差し出すとすぐに何匹も手に乗ってくる。ハオコゼの色はピンク色が1匹ついている。2本目ニシバマで潜る。アザハタの根に行く。キンメが最近潮の流れとは関係なく根の中に入ったまま表に出てこない、時期的なものなのか産卵なのかわからない。
3本目サクバルで潜る。地形が面白くウミウチワが密集している、岩場もあり岩の下にはアカククリ、アカマツカサなど見られる。
10/21 晴れ 26 25〜30 2組とも今日のクイーン1便で入る。1本目アマエダサンゴで潜る。デバスズメが産卵をしている場所にモンガラカワハギなどが卵を食べている、よろいに身を固めた何十倍もあるモンガラに向かって攻撃をしている、勇気のある行動に感激。2本目ボツボツサンゴで潜る。周辺の浅瀬のサンゴ はオニヒトデ駆除などダイバーに保全され元気で色んな種類の魚が群れている。イソバナは逆に毎年少しずつダイバーに壊され少なくなっている。
10/19 晴れ 26〜27 25〜30 1本目サクバル漁礁で潜る。漁礁につく前にツバメウオが迎えに来てくれる。(今日は20匹)餌付けなどしなくてもツバメ魚は本能でダイバーによってくる。砂地にはミノカサゴがハゼを狙ってハゼの穴の側で出てくるまでじっと待っている、今日はイソマグロも数匹いた。
2本目大砂漠&エダサンゴ。ヒメギンチャクがしぼんで筒だけ、過去に2.3回あった、エダサンゴで遊ぶ。エダサンゴの中には幼魚の種類が多くわからないのが多い。砂地に大きなエダサンゴ〜小さなサンゴまでデバスズメやリュウキュウスズメなど可愛い魚がびっしりとついている。
今からでも間に合う年賀状用の写真が撮れる。
10/18 晴れ 26〜27 25〜30 1本目まだ北風が強い、島影になるシルで潜る。
キンメは少なくアザミサンゴの中がはっきり見える、数種類のエビがはっきり見えユカタハタも数匹見える。キンメが少ないので(62匹?)ミノカサゴも数匹しかついていない。
ガーデンイールは22匹これは間違いない。真っ白な砂が綺麗で透明度も良かった。 2本目サクバルで潜る。潜る前に全員昼ね、それが裏目に回り途中から流れが速くなる。ウミウチワは見事にポリプを開き1面ウミウチワ畑。
岩場では30匹ほどのイシガキダイの群れていたこちらに向かってくると白いくちばしの後に黒い物体、異様に感じた。
10/17 晴れ 26〜27 30 台風の停滞で海がしけ連絡船も欠航が多い。
昨日は全便欠航で今日はフェリーのみ運航。お客さんはフェリーで入る。午後から2本潜る。1本目送電線で潜る。
キンメの根まで行きのんびりダイビング。ここはカクレクマノミが多く6ヶ所についている、珍しくナンヨウハギが30数匹群れていた。 2本目ニシバマはずれのキンメの根で遊ぶ。ピンク色のハオコゼがついている、小さな根の中には大きさの違うタテキンの幼魚がいた、カクレエビに手を差し出すと数匹が手に乗ってくる。
10/11 晴れ 27 25〜30 1本目大砂漠とエダサンゴに分ける。今年の大砂漠は砂が多くヒメギンチャクも筒がほとんど埋まりアップアップしている。砂漠の景観はすばらしい、ヒメギンチャクの他に小物もいるが深いので潜水時間が短い、安全停止と減圧でエダサンゴの浅い場所で遊ぶ。水深6mの砂地に小さなサンゴデバスズメがびっしりつき被写体にいい。
2本目キンメ、スカシのついている小さな根で遊ぶ。水深26.7mの砂地に根が5.6個点在し好みの場所で写真を撮っていた、カメラ持っていない人はカクレエビに手を差し出してクリーニング、4.5匹のカクレエビが魚と同じようにクリーニングしてくれる。(ほんとは手を食べている)タテキンの幼魚やピンク色したハオコゼなど見られる。
10/10 晴れ 27 25〜30 1本目送電線を潜る。今日は自称プロカメラマン7人のガイド、言ったもん勝ちとゆうことで世間の人はそう思っていない。浅い根から大分離れたキンメの根まで往復、さすが泳ぎは達者で助かる、写真を1人ずつ交代で撮るので時間がかかる。昼飯は慶留間でとる。慶留間の桟橋でスタッフがイカ釣りをしていたらなんと3kほどあるコブシメが釣れた、早速解体し今晩のつまみ。2本目クバのカクレ根で潜る。2グループに分け1組はヘルフリッチを探しにもう1組はスミレナガハナダイを見に行く、アケボノは4匹いたそうだがヘルフリッチは見れなかったとの事、時間、潮など計算しないと見れない事がある。スミレナガハナダイも30〜40mと深いがとても綺麗な色をしている(体はピンク色青色でふちどられ黄色と赤色もワンポイントになっている)
10/09 晴れ 27 30 1本目ニシバマで潜る。私は初心者を連れ潜る。トウアカを除いて5種類のクマノミ、ガーデンイール、ケラマハナダイ、真っ白な砂地に点在するサンゴにデバスズメなどのスズメダイが群れ初心者には贅沢なポイント。
2本目サクバル漁礁で潜る。ここでも初心者担当、漁礁まで行かずカクレ根中心で遊ぶ。ヨスジフエダイ、グルクン、スズメダイが群れ小さなイソマグロも回っている。
10/08 晴れ 27 40〜30 1本目タカチンシで潜る。流れは弱くグルクン、ウメイロが群れをなしていた。大きくはないがイソマグロも群れでいた。透明度よく魚も多く地形もよく最高のポイント。
2本目下曽根で潜る。根の上で待ってるとマンタが2匹時々姿を見せる。そのときカメラを持ったダイバーは大忙しに動き回る、流れもあり思うように撮れてないように見えた、今日の下曽根はマンタがいなければ苦情が出るダイビングだった、アンカーをあげようとすると目の前に2匹悠々と水面で遊んでいた。
10/07 晴れ 27 30 1本目ニシバマで潜る。キンメが根の中から出てこない、それでも多くのエビ類小魚が密集し時間を忘れる。
2本目ガヒ裏で潜る。イソバナと浅瀬のサンゴが密集している場所で潜る。両方とも群れの魚が多くイソバナにもサンゴの上でも魚、魚。
10/06 晴れ 27 25〜30 1本目はじめてのお客さんガヒキンメで潜る。
中高年4人組エアー消費は多い、昼食の後マンタの様子を見に行く。2ヶ所に分かれていた。マンタとシュノーケリングで遊びギナで潜る。カメは6匹いつものように昼寝をしていたり食事中だったり泳いでいたりダイバーは迷惑なはずなのにいつもの所にきちんといる。船に上がると船のへさきにマンタが浮いていた、またシュノーケリングで遊ぶ。
海はなぎ流れもないが周辺は5.6匹固まってマンタが遊んでいる、帰りはマンタの近くをゆっくり走らせながら船から手を振っていた。やっとマンタが帰ってきた。

 

過去のダイビング情報

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ