ダイビング情報

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく、
各宿泊場所に送るようにして下さい。

日付

天候   

水温

透明度(m)

コメント 

3/30 晴れ 22 25 28.29は10数年前から続いている神戸の子供達のシュノーケリング、潮干狩りなど海遊びのプログラムを楽しんだ。いつも思う事だが引率のリーダーの子供の扱いのうまさ、親から離れた(今回は小学2年から来ていた)子供達のスローな動きやわがままにもまったく同ぜず笑顔で接していた。最後の日は浜辺で小さな貝を拾い、山からかにくさを取ってきてリース作り、上手に出来ていた。
30日31日は16人の大家族がシュノーケリング、体験ダイビング、ファンダイビング、ホエールウォッチングなど楽しんでくれた。大勢で賑やかなので1日が短くあっとゆう間の2日間だった。くじらも4.5頭同じ場所にとどまり船の近くで遊んでくれた。
3/20 曇り雨 21 25 ダイビングのログ付けを長い間しなかったので更新のしかたに戸惑った。お客さんがいないときは漁師をしに来た婿に海を教えていた、最近長男も来たので2人に追い込み漁を教えているとつい張り切りすぎて帰ってくると体がぼろぼろ。
18日。1本目ニシバマアザハタの根で潜る。お客さん1人なのでカメラ3台持ってワイドからマクロまで自由に遊んでいた。キンメも根の上で色んなポーズを見せていた。
2本目アマエダサンゴで潜る。ここでも1人自由に遊んでいると前線通過があり大きな雨の音と大粒の雨が水面で飛び跳ねているのが見えた、海の中から見上げると幻想的な 世界に見える。
19日。1本目送電線で潜る。ハナゴイ、キンギョハナダイのついている根とエダサンゴを中心に潜る。
2本目、ボツボツサンゴで潜る。キホシスズメダイの動きが激しく大群で大きな根の周りを激しく動き回り根が動いている錯覚におそわれる。他にもハナゴイやウメイロモドキが群れカメラよりビデオの世界だったかなー。
20日お客さんのリクエストでクダゴンベとガーデンイールを見たいとの事でクダゴンベの根で潜る。イソバナにクダゴンベが定着し人気者になっている。根の回りはガーデンイールに囲まれリクエストどうりのポイント。20年前から来ている広島の引率は何を勘違いしたのか2ミリのウエットスーツで潜っていた。2本目サクバルで潜る。ポリプを開いたウミウチワずらっと並びダイバーを感動させる。地形も面白く岩の中にはアカマツカサが群れネムリブカが寝ていた。

 

過去のダイビング情報

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

 

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ