ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     送る際に充分気をつけて下さい。       平成21年11月3日

日付

天候   

水温

透明度

コメント

9/14 晴れ 28 25〜30 11、12日は体験ダイビングオンリー。           1本目はアゲナシクキンメの根。チェックダイブを兼ねてゆっくりフィッシュウオッチング。キンメモドキはほとんど居ないのが残念だが、根の奥までハッキリ見える。       2本目はギナ。カメを探しながら海中散歩。タイマイの食事や、アオウミガメの昼寝など、真近で見ることが出来た。 3本目は海底砂漠。適度な流れが気持ちいい。砂漠を抜けると赤茶色のオオモンカエルアンコウがいた。
9/10 晴れ 28 25〜30 1本目は、古座間味ビーチ沖の深場からドリフト。ユビエダハマサンゴの中にはクロオビアトヒキテンジクダイが群れている。水深もあり、珍しい魚が見れそうな不陰気がする。2本目はシルをドリフト。アザミサンゴの下にはオニダルマオコゼが3匹いた。浅場の藻には、タツノイトコがいた。
9/9 晴れ 28 25〜30 1本目はアムロ西をドリフトダイビング。数百メートル続くユビエダハマサンゴは、魚の絶好の隠れ家。珊瑚の隙間にはイソギンチャクも多く、クマノミも沢山住んでいる。    ダイビング後に、プチトローリング。カツオが3匹釣れた。
9/8 晴れ 28 25〜30 上智大学の合宿最終日。                   1本目はヤカビトンネル。リーフのチャンネルには、洞窟だけじゃなく、短いトンネルが沢山あり、沖にはリュウキュウキッカ珊瑚が群生している。                  2本目はギナでカメ探し。ギナのカメはダイバーを無視する位、安心しきっている。真近でウオッチング出来た。カメは2種類。アオウミガメ、タイマイが5匹見れた。      今夜は恒例の打ち上げだ。
9/7 晴れ 28 25〜30 1本目はガヒ前で潜る。2チーム共、昔、キンメモドキが付いていた根でゆっくり遊んだ。                 2本目はニシバマ北。浅場と、キンメの根に分かれた。太陽の光も入り、珊瑚が綺麗。トウアカクマノミは卵を産卵していた。
9/6 曇り 27〜28 25〜30 台風2連続で久しぶりのダイビング。上智大学のダイビング部は2日間宿に待機でやっと今日から潜り始めになった。                                1本目ブツブツサンゴ。1年生はカード取りたて、レベルを確認しながらゆっくり泳いだ。うねりがあり、浅場の珊瑚は見なかったが、今回の台風の被害は少ないだろう。    2本目はアゲナシクで潜る。15年ぶりのダイバー夫婦と学生、分けて潜る。15年ぶりのダイバーは早速フィンを履かずにエントリーしていたらしい。明日が楽しみだ。

 

過去のダイビング情報

2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ