ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 3/26  曇り  21  25  今日も寒い、2本目のウエットスーツをつける時には皆、気合を入れ声を張り上げている。
1本目サクバルカクレ根で潜る。水深10メートルの棚から垂直に水深30m迄のドロップになっているその先にカクレ根がありアマミスズメ、ハナゴイ、グルクンなど群れの魚が多い。
阿嘉大橋をこえると親子クジラに遭遇、すでに3隻のウオッチング船がいた、しばらく親子クジラの遊びを観察した。子供は座間味内海で生まれ3カ月ほどたっていると思われる、あと1カ月もすればアラスカに向けて出発するだろう。
2本目、阿真ビーチ前で潜る。カメを見たがっていたので儀名に行きたかったが北風が強く波が荒いのでカメの見れる確率の高い場所を選ぶ。ケラマハナダイの根からユビエダハマサンゴの間を探す、途中大きいタイマイと枝サンゴでは小さなタイマイが見れた。赤ちゃんカクレクマノミはまだ以前の場所で頑張って生きていた。枝サンゴはハナゴイが多かった。
 3/25  曇り 21   30  春が来たと思ったら冬に逆戻り、最高気温17度体感気温は15度、風よけのついている船の中でも寒い。
1本目トウアカ&デバスズメポイントポイントで潜る。初心者が2人中世浮力を心配したが誰が初心者なのか分からいくらい中世浮力がとれていた。水温は低いのにトウアカは赤い生みたての卵を守っていた。デバスズメの根も流れがほとんどなくゆっくりと観察できた。 寒いので阿嘉島の漁港に入り食事をした。午後はサクバルで潜る。山あり谷あり、ずらっと並ぶ海うちわはポリプが満開で陸上では感じ取れない幻想的な世界だった。ダイバーじゃなければ見られない表現も難しい。カスミチョウチョウウオ、キホシスズメなどが群れていた。岩の中にはアカマツカサ&アカくくりがいた。途中クジラの声が聞こえた。
 3/22  あめ  22  30  風が徐々に強まる予報なのでクイーンが全便欠航、フェリーは入れだし運航になったので午前の1本だけ潜って帰る。先月は全便欠航でヘリで帰った。今回はフェリーで帰る、少し似ているかな、、
それにしても船の運航は読めない。
キンメの根を潜る。春から夏にかけて増えるキンメモドキは少なく年越しをしているので大きい。ケラマハナダイが群れグルクンも時々根に入って来る、自然の魚の行動を見ているだけで楽しいく不思議な世界に感動する。被写体は動かなくてもいくらでもあるのでカメラマンには大好評。
 3/21  曇りのち晴れ  22 25から30 透明度が少しずつよくなってきている。 2本目阿真ビーチ沖を潜る。今年は真っ白な砂地に一面緑の藻が生え緑色になっていたが、だいぶ少なくなってきた。水深10mのあるケラマハナダイの根にペアーと思われるアカネハナゴイがいた、常に動き回っていたので被写体には難しかった。藻のせいなのか黄色のクマドリはいつもの場所にはいいなかった。1本目はガヒ前のヤシャハゼ&海底砂漠で遊ぶ。ヤシャハゼは近づくのが難しく粘らないといけない。ヒレナガも2箇所にいた。
午後は2時からいイジャカジャで磯遊び(潮干狩り)を楽しむ。
 3/20  曇り  22  25  昨日より少し透明度はよくなった。仲のいい友人夫婦なので朝いちのクイーンの迎えをしてから出航した。1本目うちゃかしで潜る。隠れ根を回るコースを潜る。イソバナ、大きな海うちわ、カスミチョウチョウウオが数か所で群れている。
2本目、アザハタの根を潜る。モデルのアザハタ2匹は色んなポーズを見せる、小さな根には甲殻類がひしめき合っている、種類も多一種類ずつく写真を撮らないと何種類いるか分からない。もしかしたら新種もいるかもしれない。
3/19  晴れのち曇り  22  20 クジラの季節なのでクジラの遭遇率の高い場所に向かう、今日はヤカビ島の近くにいたので 潜る前にウオッチングをした、導かれるようにヤカビ島のポイントについた。1本目、洞窟と周辺を回る。洞窟は潮が引いていたので天井の割れ目から水面に鏡のようにサンゴが写っていた。洞窟を出て30分前にクジラが泳いでいた場所を我々もぐるっと回って来た。2本目クバのイソバナポイントをドリフトで潜る。ここも透明度が悪い。地震のせいかなとお客さんに言われたが否定はできない。イソマグロの大きいのが群れで通り過ぎた。マクロ好きなダイバーだが今日に限ってワイドをつけている、ムチヤギについているガラスハゼの写真をデジカメで撮っていたらワイドで写していた。

 

過去のダイビング情報

2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ