ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 6/29  晴れ  27  30  今日も賑やかな船上。1本目はエダサンゴ。透明度も良く、青い海と白い砂のコントラストが綺麗。エダサンゴの上でホバーリングしているとデバスズメに包まれる。コロダイの幼魚が泳ぐ姿が可愛い。 ガヒ島で体験ダイビング。2本目はヤカビ。FANダイビングと体験ダイビングをした。トンネルの中には7`位の美味しそうなマダラハタがいた。体験チームも上手に泳いでいた。   ラストはギナで体験ダイビング。アオウミガメ2匹とタイマイ1匹見る事ができた。透明度も良くなってきて気持ちがいい。
 6/28  晴れ  27  20  1本目はガヒキンメの根。根に向かうまで、砂地のドロップが続く。水深22mの根でゆっくりフィッシュウオッチング。             2本目はブツブツサンゴ。メインの根は、ハナゴイの群れとグルクンの群れが重なり綺麗。ハナビラクマノミの卵はハッチアウト寸前。   昼食後に5名体験ダイビング。  3本目はアゲナシク。ジョーフィッシュは白色、黒色、2匹見れたが臆病だった。大きなロクセンヤッコもペアーでいた。
 6/27  晴れ  27  25  クイーン1便で入り、1本目、ゆっくりフィッシュウオッチング出来るポイント。砂地にある根を周りながら泳いだ。ユビエダハマサンゴにはデバスズメやハナゴイが沢山。                2本目はギナ。綺麗なイソギンチャクにカクレクマノミとアカホシカクレエビが住んでいる。エビは抱卵していた。カメは見つからず、初めての0匹だった。
透明度が戻ってきたので一安心。
 6/26  雨  26  10 今日も全便欠航。 午前中に台風対策を解除し、午後からダイビング。波が静かなポイントを選ぶ。1本目はニシバマ。台風の影響でアザハタの根には落ち葉など、ゴミが溜まっていた。エビや魚は変わりなく賑やかな感じ。オランウータンクラブやコロダイの幼魚も2匹いた。キンメモドキは増えていた。      2本目はエダサンゴ。透明度が良くないので、小物を探しながら潜った。コロダイの幼魚はここにもいた。ワレカラが集まっているヤギを見つけた。デバスズメの幼魚は増えて、これからが楽しみ。
 6/21  晴れ  26  15〜20  ツアー最終日の1本目は、リクエストでケラマハナダイの根。ヒメウツボの全身を見れたらしい。昨日より流れは強かったがハダカハオコゼ、アオサハギの幼魚がいた。               2本目はウルノサチ。バブルコーラルシュリンプや、アカヒゲカクレエビ、アカネダルマハゼやアカメハゼなどなど、小物をゆっくりウオッチングできるポイント。アカメハゼは幼魚が増えていた。大きなケショウフグがいた。
 6/20  晴れのち曇り  26  15〜20 1本目はケラマハナダイの根。キンメモドキは増えていた。ケラマハナダイも多く、賑やかな根。ヒメウツボやタツノイトコも見れた。         2本目はヤカビトンネル。トンネル内では、洞窟特有の魚 などを見て、モンツキカエルウオをじっくりウオッチング。モンツキの穴の中には卵がびっしり!今が旬です。              3本目はニシバマの浅場をドリフトダイビング。流れに乗りながら、根やサンゴを見て周った。
 6/19  晴れ  26  15〜20 新潟のお姉さんツアー。一便で座間味入り 。   1本目は阿真のエダサンゴ。ウミエラには、ウミエラカニダマシやオドリカクレエビが共生していた。泳ぎが可愛いアジアコショウダイの稚魚が増えていた。海の底には透明なエビの群れの層が出来ている。               2本目はシルキンメの根。キンメモドキの数は少なかったが白色のハダカハオコゼやエビ類が沢山いる。コブシメの赤ちゃんや、ゴイシウミヘビの仲間?がいた。
 6/18  晴れ 26   15〜20  水温も上がり、海の中では幼魚達が増えてきている。ただ透明度が悪いのが気になる。     1本目はアゲナシクキンメの根。キンメモドキが増えている20mの根だけで遊んだ。根の隙間にはキンメモドキが詰まっているが溢れる程ではない。ピンクのハダカハオコゼがいる。          2本目はブツブツサンゴ。台風で浅場のサンゴは大打撃を受けた。リーフの斜面には浅場から転がってきた岩や珊瑚がチラホラ。今日のハナゴイは集まっていて綺麗だった。          3本目はヤカビトンネル。オニヒトデにサンゴを食べられた食痕が目立つ。食痕の後をたどれば、オニヒトデが隠れていた。海の何かが変わった気がする。きっとケラマだけじゃないだろう。
 6/17  晴れ  26  20  クイーン1便で入り、1本目はニタの洞窟。洞窟内は浮遊物が少しあったが、夏の太陽の光は強く暗闇をキラキラ照らしていた。ハタンポが増えると、もっと面白くなる。                      2本目はギナ。イソギンチャクが綺麗なカクレクマノミをじっくり撮影。アカホシカクレエビも抱卵していた。タイマイは食事に一生懸命。
 6/11  晴れ  25〜26  15〜20  1本目は海底砂漠。砂漠の砂は変わりなく一安心。砂漠に居ると、なにか貰えると勘違いしたサザナミフグが寄ってきて可愛いかった。安全停止中は体験ダイバーもFUNダイバーも合流して水中は賑やか。      2本目はギナ。カメを探しながらゆっくり海中散歩。3チーム共にカメを3匹以上見れたので一安心。タイマイはダイバーを無視して食事に夢中!お昼前、ギナに戻りシュノーケルで宝探し。 無事に沈んでたカメラを回収した。   ラストダイブはアゲナシクキンメの根。フィン無しやバルブを閉めたままのエントリー、水中でウエイト落としたり色々ハプニングがあったが楽しませてもらった。今回も元気な明るいツアーでした。   
 6/10  晴れ  25〜26  15〜20  夏至南風が続き、梅雨も明け、いよいよ夏の始まり!座間味ツアー6回目にして、初めて快晴に恵まれた石井さんツアー!!今回も総勢18名の賑やかなメンバー!!クイーン1便で入り       1本目、ニシバマで潜った。台風2号の水中でのダメージは大きく、水中景観は大きく変わり、透明度も最悪。でも、楽しそうに潜っているメンバーを見ると嬉しくなる。船上でも太陽かんかんの青空が自然と皆を笑顔にしてくれた。              2本目はブツブツサンゴ。台風後に、浅場のサンゴが半分以上やられてしまった。それでも魚の種類は多く、ナンヨウカイワリも10匹の群れで周ってきていた。体験ダイビングもした。

 

過去のダイビング情報

2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ