ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 7/31  晴れ  28  25〜30  クイーン1便で日帰りのお客さんを迎えてから出航。   1本目はブツブツサンゴ。まだダイブ本数が少ないお客さん。ゆっくりサンゴや根などを見て周った。ブツブツサンゴにはアオウミガメもいました。浅場の珊瑚の下にはネムリブカ。       お昼に体験ダイビング。      2本目はウルノサチでフィッシュウオッチング。ユビエダハマサンゴには魚が沢山。タイマイも見れた。          夜はこれからバーベキュー。
 7/30  晴れ  28  30〜  今日は雲も少なくいい天気。   1本目はウルノサチ。岩場には、ヨスジフエダイ、ヒメフエダイ、アカヒメジが群れている。移動し、ユビエダハマサンゴの近くには、アカメハゼが沢山いる。アカククリの若魚やタイマイもいた。        2本目は光のカーテンを見に、新田の洞窟。色々な光のバリエーションがある洞窟は、暗闇を明るく照らしてくれる。綺麗でした。               3本目はニシバマ。変わらず賑やかなワクワクする根には、甲殻類から魚類まで密集している。浅場にはゴマモンガラが卵を産もうとしててピリピリしていたので距離をとって泳いでいたのだが、アタックしてきた。要注意です。
 7/29  晴れのち曇り  28  25〜40  1本目は久場の隠れ根。穴の中にはハナゴンベの幼魚が数匹住んでいる。奥には大きなネズミフグもいた。ドロップ沿いにはスミレナガハナダイの幼魚が集まっている場所もあった。         2本目はケラマハナダイの根。白い砂地に青い海、透明度も良く気持ちがいい。根にはキンメとスカシテンジク、グルクンの幼魚が沢山!賑やかな根でゆっくりフィッシュウオッチング。
 7/28 晴れのち曇り   28  30  1本目は海底砂漠。2チームに分かれてダイビング。潮の流れが丁度良く、ヒレナガやヤシャハゼは食事時間。警戒心が弱く近づけた。イソバナにはハダカハオコゼがペアーで付いている。      お昼にアゲナシクで体験ダイビング。       2本目はキンメの根。奥の根のピンクのハダカハオコゼは綺麗。キンメモドキよりグルクンの幼魚が多い気がする。
 7/27  晴れ  28  20〜30  1本目は新田の洞窟。洞窟の中のイメージは太陽次第でガラッと変わる。今日は太陽が見え隠れしていた。    2本目はエダサンゴ。小さなイソギンチャクにはクマノミの幼魚が19匹。今が見どころかな!?船の下にはコブシメの子供が4匹、海藻に擬態していた。            3本目はギナ。タイマイは食事に夢中で、いくら近づいてもダイバーを怖がらない。触手が綺麗なイソギンチャクにカクレクマノミ住んでいる。
 7/26  曇りのち晴れ  28  30〜  1本目は阿真のエダサンゴ。砂地にある小さな根や大きなユビエダハマサンゴを見て周った。ピンク色のイソギンチャクにはアカホシカクレエビが共生していて被写体になるが砂の巻き上げに注意。タコは空き缶を蓋にして隠れていた。       昼前にカメをみにシュノーケリング。          2本目はアザハタの根。皆普通通り。期待を裏切らない根。最近バイオレットボクサーシュリンプも出てきている。
 7/25 雨のち雷  28  30〜   朝からだんだん天気が悪くなり昼前には雷ゴロゴロ。   1本目はガヒ前。イソバナにはハダカハオコゼが2匹。海底砂漠を周り、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウを見に行った。隣同士の巣穴に住んでいるヤシャハゼは喧嘩ばっかりしていた。船の下には小さなイソギンチャクにクマノミの子供が14匹。        お昼前に体験ダイビング。   2本目はトウアカ。トウアカクマミの近くには、エビ類やカニ類、タツノイトコやハトコなど海藻に擬態した小物がいる。1cm程のヒメオニオコゼの幼魚は綺麗でビックリ!白い砂地は水中を明るくしてくれる。
 7/24  晴れ  28  30〜40  1本目はウルノサチ。水面はグラッシーで鏡の様だ。ヨスジフエダイやヒメフエダイが群れている岩場から、ユビエダハマサンゴまでゆっくり回った。小物からワイドまで楽しめるポイントだ。      2本目は久場北。透明度が良く、海に入るだけで気持ちがいい。2チームに分けて潜ったが、英夫チームはゴマモンガラに襲われたらしい。今の時期は要注意です。ネムリブカも見れたが、クダゴンベが居なくなった!ただのお出かけならいいんだけど・・・       3本目は佐久原の隠れ根。ドロップ沿いにはハナゴンベが多く見られる、ホヤの中にはミゾレウミウシが入っていた。ミラーリュウグウウミウシはホヤを食べていた。ヨスジフエダイの群れは姿を消して、淋しい。
 7/23  晴れ  28  20〜25 今日は子供達が多くて賑やか。1本目はアゲナシクキンメの根。奥のキンメの根にはピンク色のハダカハオコゼやユカタハタの幼魚がいた。キンメよりグルクンの幼魚が多い。            2本目はアザハタ。コロダイの幼魚は珍しく、長い間居ついている 。バイオレットボクサーはウツボをクリーニングしていた。キンメを狙って3.4`のカスミアジがアタックしに来ていた。オランウータンクラブやタテスジハタの幼魚もいる。              3本目は阿真のエダサンゴ。砂地にある根やサンゴなどを寄りながらゆっくり泳いだ。ウミエラにはオドリカクレエビがいた。小さなコブシメの子供も海藻に擬態していた。
 7/22  雨のち晴れ 28  30  朝は雷、1本目 はニシバマ北のキンメの根。深場のキンメの根にはコガラシエビがいる。じっくり小物探しが面白いポイントだが、深さがあるので、毎回少しずつ調査。                    2本目はギナ。カメを探しに海中散歩。タイマイが6匹、アオウミガメは遠くに1匹だった。        3本目はヤカビトンネル。暗い場所が好きな洞窟特融の魚や、チャンネルの隙間から降り注ぐ光も綺麗だが、洞窟の外のモンツキカエルウオやクマノミも可愛い。モンツキはまだ産卵していた。オランウータンクラブもいる。
 7/21  晴れ  28  25〜40  1本目はニシバマ北。砂地の斜面を小物を探しながらトウアカクマミを見て、浅場のデバスズメで遊んだ。透明度も良く、太陽の光が降り注ぎ綺麗。ユキンコボウシガニもいた。               お昼には体験ダイビング。        2本目はシルキンメの根。アザミサンゴの隙間にはキンメモドキやスカシテンジクダイが付いている。
 7/20  晴れ  28  20〜25  1本目はニシバマ。アザハタの根は賑やか。キンメモドキは、2チームに分かれて球状に群れていた。根の隙間にはエビ類やカニ類がいっぱい。カスミアジがアタックしに来ていた。コロダイの幼魚やハダカハオコゼもいた。         2本目はガヒ前でヤシャハゼやヒレナガネジリンボウをじっくり撮影。     3本目、阿真のエダサンゴ。2チームに分けて潜った。ウミエラにはカニダマシやオドリカクレエビが付いていた。デバスズメが一斉産卵していた。
 7/19  晴れ  28  20〜25 13日〜からのログをサボってしまった。 反省。  台風明けの1本目はブツブツサンゴ。浅場からリーフの斜面をゆっくり泳いだ。コモンシコロサンゴの近くにタイマイがいた。         2本目はウルノサチ。ユビエダハマサンゴでフィッシュウオッチング。アカメハゼも大きくなりいい被写体になる。アカククリの若魚やタイマイも見れた。
 7/12  晴れ  28  30  1本目ヤカビで潜る。
リュウキュウキッカサンゴを上から眺めながらゆっくりと泳ぎ洞窟に入る。洞窟の中にはハタンポやアカマツカサが群れている、浅い場所には人気のモンツキカエルウオが数匹住んでいる。
2本目ニシバマのトウアカポイントを潜る。砂地の斜面の海藻には小物が多く2.3匹カニだかエビだか分からない生物がいる、私の目では何なのか分からなかった。デバスズメの根は台風で5割ほど破壊されているが魚は多くついているので被写体にはなる。
 7/11  晴れ 27   30  快晴、座間味らしい真夏日となった。
午前中ヤカビでシュノーケリングを楽しむ。
午後クイーンの2便で入り3時からアゲナシクで1本潜る。散歩するようなゆっくりと中世浮力を保ちながらキンメの根を2か所周ってきた。近くのキンメの根にはいまだにキンメの姿はなく今年はつかないと思われる。
 7/10  晴れ  27  30〜  1本目は阿真のエダサンゴでFUNダイビングと体験ダイビングをした。内海も透明度が回復してきて海が青い。砂地をグルッと周りエダサンゴでゆっくり遊んだ。体験ダイビングのファミリーも上手に潜れてた。     2本目は男岩。一周チームとのんびりチームに分かれて潜った。流れは弱くのんびり潜れた。カツオサイズのイソマグロや大きなナポレオンがいた。
 7/9  晴れのち雨 27   20〜25  今日の高速船はまさかの全便欠航。那覇からのダイビング船や釣り船は普通に沢山来ている。  1本目はギナ。綺麗なカクレクマノミのイソギンチャクまでゆっくり泳いだ。タイマイも4、5匹見れた。 2本目はニタの洞窟。タイミング良く快晴。洞窟の中は光のカーテンやスポットライトの様な光が降り注ぎ綺麗だった。ハタンポの幼魚も多い。     3本目はユヒナ。島影で海も静か、リュウキュウキッカサンゴや色々な種類の珊瑚が多くゆっくり海中散歩。
 7/8  晴れのち雨  27  20 今日も風が強い。 1本目はギナ。流れがあり、遠くまで探せなかったがタイマイ1匹、アオウミガメ2匹見れた。タイマイは食事に夢中でダイバーを無視。シュノーケル隊はカメを5匹見れたらしい。潜ってる間、船の周りにはマンタがいたらしい、船長しか見て無いけど・・・           2本目はヤカビトンネル。体験ダイビングとファンダイビングに分かれて潜った。   3本目はウチャカシ。イソバナやウミウチワが綺麗だが、透明度がイマイチ。明日からに期待したいが、明日も風が強そう・・
 7/7  晴のち雨  27  20〜25 今日は風が強い。 1本目、久場島に向かう途中で波が高く断念、屋嘉比で潜った。モンツキカエルウオは卵を守っていた。綺麗なチクビイソギンチャクにはクマノミの子供がいっぱい。オランウータンクラブも見れた。               2本目は阿真のエダサンゴ。台風の後から、浅場にあった藻が深場まで落ちている。スカシテンジクダイを狙ってカスミアジがアタックしていた。オニダルマオコゼやタコもいた。
 7/6  晴れ  27  25  昨日はシュノーケル。1本目は送電線キンメの根からドリフトダイビング。キンメの根には小魚やエビ類が集まり、マクロからワイドまで楽しめる根。カメンタマガシラがいた。                2本目は海底砂漠からキンメの根を周る。イソバナにはハダカハオコゼがペアで住んでいる。砂漠を周り、元キンメの根にはスミレヤッコやマンタ!!がいた。ナンヨウハギの幼魚も沢山。
 7/4  晴れ  27  25  草野さんツアー最終日。1本目はマチャンNO.2 。ドロップにはイソバナが育成して、ノコギリダイが群れている。今回はイソバナにキンメモドキも付いていた。今が旬のポイントです。ハナヒゲウツボは2匹隣同士で奥に1匹いた。               2本目はウフタマ。このポイントでしか見れないアゴハタは仲良さそうにペアーで泳いでいた。アオウミガメも2匹寝ていた。台風の影響かイソバナが無くなっていたのがショック。
 7/3  晴れ  27  25  1本目はケラマハナダイの根。キンメモドキが多くケラマハナダイが目立たなかった。ヒメウツボは顔を出していたがすぐに凹んでしまった。とても賑やかな根。          2本目は阿真のエダサンゴ。水玉サンゴにイソギンチャクエビが乗っていた。カゲロウカクレエビやコロダイの幼魚などをみた。      3本目はニシバマ。地形の変化のせいかスナギンチャクは見れなかった。水深12mの根はキンメモドキが増えてキンメの動きが面白い。オランウータンクラブやコロダイの幼魚がいた。
 7/2  曇り  27〜28  25〜40 1本目は海底砂漠。ヤシャハゼは子供のペアが増えていてヒレナガネジリンボウも1ペア増えていた。砂漠の砂紋も綺麗。ハダカハオコゼが2匹見れた。          2本目はヤカビトンネル。卵を育ててるモンツキカエルウオもいた。洞窟の外にはオビテンスモドキの幼魚やオランウータンクラブもいた。                       3本目は久場のイソバナ。流れが良く、メインのイソバナはポリプ全開で綺麗。キホシスズメの幼魚が付いている。1年以上前からいるクダゴンベ、行動範囲が広くなかなか落ち着かない。 海が青く気持ちがいい。
 7/1  晴れ  27〜28  25〜30  1本目はブツブツサンゴ。グルクンは魚の道がある様に一列に並んで目の前を通過していった。メインの根のハナゴイはサイズも大きく綺麗。キスジカンテンウミウシは産卵の最中だっつた。         2本目はヤカビトンネル。洞窟の中にはアカマツカサとハタンポが群れている。サンゴが綺麗なポイントなだけにオニヒトデの食痕が目立っている。   
クイーンの2便で入られた草野さんツアー。3時半からダイビング。2チームに分けて潜った。コノハガニやタツノイトコがちょこちょこ見れた。トウアカクマノミの卵はハッチアウト寸前。コロダイの幼魚も見れた。キンメも増えているが砂を巻き上げないように注意しなきゃいけない。

 

過去のダイビング情報

2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ