ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 9/30  晴れ  26〜27  25  真夏の様に日差しが強い。1本目はアザハタの根。メインの小さな根は、相変わらず賑ぎわっている。カスミアジがキンメモドキを狙ってアタックしていた。
2本目は阿真のエダサンゴ。白い砂地にある根やサンゴを寄りながらエダサンゴで遊んだ。砂地には小物やハゼ類も多く、エダサンゴにはスズメダイが沢山。
ここで体験ダイビングもした。
イジャカジャ経由でポイントに向かう。
連日マンタの捕食が見れている、シュノーケリングでマンタウオッチングをした。同じ範囲をぐるぐる回っているのでダイバーの周りをぐるぐる回っていた
3本目サクバル漁礁で潜る。
少しうねりがありベストとはいえないが、砂地が多かったので変化があってよかった。引き潮から上げ潮に変わる時間帯だったのでグルクンやハギの大群が潮上に向かってい移動していた、魚は潮の動きを早めに知らせてくれる、まだ上げ潮に入らない前に餌が流れてくる方向を教えてくれる海の先生だ。
 9/29  晴れ 27   25  1本目ウルヌサチの西を潜る。
水深10mにスカシテンジクの根がある。ケラマハナダイやハナゴイ、など群れの魚も多く根の上に数種類のクマノミがついている。斜面には数千匹のミスジリュウキュウスズメが群れている。
お昼に体験ダイビング。
2本目はガヒ前。ハダカハオコゼのペアーや、大きなイソギンチャクエビ。カエルアンコウも浅場で見る事が出来る。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも良く出てきてじっくり狙えた。
 9/28  晴れ 27   20〜25  1本目ニシバマで潜る。
昨日よりうねりが大きくなったのか場所によって濁りが出ていた、少しでも透明度の良い方を探しながら移動した、トウアカクマノミから斜面沿いに行くと甲殻類の小物が多い、好きなダイバーなら良いけど年齢も若くないしデバスズメの根で遊ぶ。
2本目ウチャカシで潜る。
うねりは少々あるがダイビングに問題なし、カクレネを1周する。。いつもなら透明度は良いのにうねりのせいですかっとしない、イソバナやウミウチワが壁から生え中層にはカスミチョウチョウウオやグルクンが群れている。イソマグロが2匹目の前を通過して行った。
 9/27 晴れ  27   25  1本目、ウルヌサチで潜る。
普段潜らない釣りポイント〜エダサンゴまで行く。
釣りポイントでは大きなアカヒメジの群れがカスミアジ数匹に追われ逃げ回っていた、他ヒメフエダイの群れが見られる。群れの魚を狙ってスジアラが数匹で囲んでいた。
2本目、アゲナシクで潜る。
キンメの根でピンクのハオコゼの写真をと思いカメラを持っていったら見あたらない、被写体を嫌がって奥の方にでも隠れたようだ、ハナヒゲウツボは無警戒で近くの小魚を狙っていた。
 9/26  晴れ  27  25  1本目は海底砂漠。ハダカハオコゼはペアーでいるが、カエルアンコウは見つからなかった。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウはペアーでホバーリング。近づけた。きっと、良い写真が撮れたと思う。
2本目はヤカビ北。うねりがあり、洞窟には入らず、沖をグルッと周った。落ち葉やごみに擬態しているテンスの幼魚が多かった。
3本目キンメの根を2か所周り、浅場までドリフトダイビング。カメンタマガシラもペアーで健在。アオウミガメはサンゴの下で眠そうにしていた。
 9/25  晴れ  27  20〜30  天気予報は外れ、今日は晴れ。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地に、根や珊瑚が点在し、ユビエダハマサンゴの群生もある。サンゴの間には、オドリハゼやミノカサゴの幼魚など、可愛い魚も沢山住んでいた。バブルコーラルシュリンプは抱卵中だった。
2本目はブツブツサンゴ。浅場から、リーフの斜面を泳ぎ、メインの珊瑚でゆっくり遊んだ。ハナゴイの群れが綺麗で、イロブダイの幼魚が可愛かった。
3本目はニシバマのトウアカ。砂地のサボテングサには、擬態上手なエビやカニが住んでいて、擬態を見破る楽しさがある。トウアカクマノミは産卵していた。浅場のデバスズメの数が減っていたのが気になる。
 9/24  雨  27  25〜30  今日は雨で肌寒い。1本目はサクバルの隠れ根。隠れ根は魚影が濃く、ドロップ沿いにはハナゴンベが多く住んでいる。浅場にはハタタテハゼやクロユリハゼもいっぱい。
2本目はギナ。カメと綺麗なイソギンチャクをメインに遊んだ。食事中のタイマイや、眠っているアオウミガメなど、カメは沢山見れた。
3本目はアムロ漁礁。漁礁は数百メートル続くユビエダハマサンゴに囲まれている。サンゴの隙間はカラフルなイソギンチャクが多く、ナデシコカクレエビもいた。
 9/23  晴れ  27  20  今日から2グループに分けて潜る。1本目はウルノサチ。ミスジリュウキュウスズメダイの数は1番多い。デバスズメの様に群れている。アオウミガメ2匹とタイマイ1匹。ナデシコが有名になったが、ナデシコカクレエビの人気はこれから!?このポイントには結構います。
2本目は海底砂漠。浅場にはイソバナに付いているハダカハオコゼや大きいイソギンチャクエビ、イロカエルアンコウ?がいた。潮が合わなくハゼは敏感になっていて、うまく寄れなかった。
3本目はケラマハナダイの根。2つの根でゆっくり遊んだ。ケラマハナダイの数は1番多い。ウミシダにはウバウオやコシオリエビもいる。ロクセンヤッコは逃げなく、かなり近づけた!
 9/22  晴れ  27  15〜20  台風の影響で透明度が悪い。
1本目はアゲナシク。定着している。ピンクのハダカハオコゼやハナヒゲウツボ、アカククリの若魚など、キンメが少なくても楽しめる根。沖の根でゆっくり遊んだ。
2本目は東牛。ユビエダハマサンゴには、ヨスジフエダイが増えていた。大きさ事に群れが分かれてて、成魚の群れは美味そうで、幼魚の群れは可愛い。
 9/15〜
18
 晴れ  28  20  台風で6日間、那覇〜座間味の定期便は全便欠航。でも内海は静か、船は台風対策したので、陸からのエントリー。合計6ダイブした。
 9/14  晴れ  27〜28  20〜30 今日もシュノーケリングや体験ダイビング。
水面から水深2mにいるトウアカクマノミ やカクレクマノミをウオッチング。阿真のエダサンゴで体験ダイビングをした。シュノーケル中も、水面でおしゃべりは止まらなく、唯一静かな時間はダイビング中だった。
 9/13  晴れ  27〜28  25〜30  クイーンザマミは全便欠航。1本目、安室漁礁で潜った。漁礁の周りはユビエダハマサンゴで囲まれて、サンゴの隙間にはクマノミが多く住んでいる。ヨスジフエダイやアカカマスが群れていた。
フェリーでお客さんが入れ替わり、神戸から山根先生のツアーが来島。元気なおばちゃん達は体験ダイビングやシュノーケリングを楽しんだ。
夜は恒例のバーベキュー。
 9/12  晴れのち雨  27〜28  25〜30  怪しい熱帯低気圧が近づき、高速船の2便目が欠航。だいぶ風が出てきた。
1本目はウルノサチ。小物のエビ類が多く、紹介したが、小さいのは好き好きだ。あまり興味が無さそうだった、がイロブダイの幼魚やオドリハゼ、ウルトラマンホヤなど可愛い小物が多い。アカククリの若魚もいる。
2本目はブツブツサンゴ。浅場からリーフの斜面をゆっくり周った。海の中は静かで気持ちがいい。
3本目はアゲナシク。ゆっくり大回り、ハナヒゲウツボやアカククリの若魚、ジョーフィッシュなど見て周った。
 9/11  晴れ  27〜28    ツアー最終日はシュノーケリング。トウアカクマノミを見にいったり、全員で輪っかになり写真を撮ったりして遊んだ。
 9/10  晴れのち曇り 27〜28   20〜25 1本目はウルノサチ。3チームに分けてカメ狙い。3チーム共にカメは2匹見れた。最後のカメは16人全員で見た。それでも食事に夢中のタイマイはダイバーを無視。 
2本目は久場の洞窟。洞窟の奥は巨大なホールの様に太い光が差しこんでいる。洞窟内には暗闇が好きな魚が集まっている。ネムリブカやアオウミガメも見れた。
3本目は久場のイソバナ。ドロップ沿いには色とりどりのウミシダやイソバナがあり、座間味一立派なイソバナもある。流れが無く、ポリプは開いてなかったが泳ぎやすかった。この2日間でカード取り立てで来たダイバーも上達した。
 9/09  晴れ  27  20〜25 天気が良く、べた凪!クイーン1便で入った石井さんツアー。今回も賑やかなツアーになりそう。  
1本目は阿真のエダサンゴ。カード取り立てから常連組までレベルは様々。2チームに分けて 潜った。初心者チームはエダサンゴでゆっくり遊んだ。他のメンバーはカメを探しに泳いだ。アオウミガメが見れた。
昼過ぎに体験ダイビング。
2本目はアゲナシク。レベルやエアー消費で3チームに分けて潜った。船の下にはジョーフィッシュ、、アカククリの若魚やハナヒゲウツボを見たチームもあった。
これからワイワイ夜の部に突入!
 9/08  雨のち晴れ 27〜28  30 朝は少し冷たい雨 。1本目はカメのリクエストでウルノサチ。小物のエビ類が多くマクロからワイドのカメまで見る事が出来るポイント。エダサンゴでじっくり遊ぶチームとゆっくり泳ぐチームに分けて潜った。アオウミガメ2匹とタイマイが見れた。
2本目はアゲナシク。水深16mの根はキンメが付かなくなり、奥の根中心に遊んだ。ピンクのハダカハオコゼや、ハナヒゲウツボが2匹いた。今日で合宿最終日。少しは上達しました。
 9/07  晴れのち雨  27〜28  25〜30  1本目は海底砂漠。イソバナにはハダカハオコゼのペアー。もう半年近く住んでいる。小さなサンゴには可愛いナンヨウハギの幼魚が沢山、60過ぎのおじさんでも写真を撮りたくなる。砂漠を周り、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウを見た。
2本目はアザハタの根。相変わらず小さな根に生物が沢山!この根だけで食物連鎖が成り立ってそうな勢いがある。水深12mの根にはハナミノカサゴがいっぱい。
 9/06  晴れ  27〜28  25〜30  1本目は阿真のエダサンゴ。砂地は生物が少ないけれど、よーく探したら擬態が上手な生き物達を見つける事が出来る。今日は大きなアマミウシノシタがいた。エダサンゴはデバスズメが沢山。気が付いたら魚に囲まれている。             
2本目はサクバルの隠れ根。隠れ根は魚影が濃く、水深によって群れている魚の種類が違う。根をぐるぐる周った。
 9/05  晴れ  27  25〜30  今日から毎年恒例の上智大学ダイビングクラブの合宿!1本目はニシバマのトウアカポイントでチェックダイブ。カード取り立てでFANダイブ初めてが多く、この4日間で上達させたい。トウアカクマノミは卵を産んでいた。2本目は安室漁礁。海底が週百メートルも続くユビエダハマサンゴなので、どうしても中世浮力をとらなきゃいけない。中世浮力でゆっくり泳ぎ漁礁で遊んだ。
 9/03  晴れ 28   25  今日も北風が強く静かな場所を選ぶ。
1本目、古座間味送電線を潜る。
5.6mから急に30mの深くえぐられた場所が2か所続いている。砂地にエダサンゴの群生がありデバスズメ、スカシテンジク、イシモチ、など群れているサンゴの上にはグルクンの子供が群れそれを大きなアジが狙っていた。
2本目、アガイウシで潜る。エダサンゴから大きく1周する。ハナビラクマノミの住処のイソギンチャクの色は淡い紫色の不思議な色に見とれてしまっった。
 9/02  晴れ  28  30  午前に2本潜り那覇に行くダイバーと泊まりのダイバーでダイビングの時間差が出来た。
1本目、アゲナシクで潜る。
キンメの根で遊ぶ。ジョウフイッシュはいつでも見れる。
2本目、ガヒ、ぼつぼつサンゴを潜る。
大イソバナではキンギョハナダイがついている。
北西の風が強くポイント選びに苦労する。
3本目、沖防波堤を潜る。
夏は釣り人が多いので切れた釣り糸や重りなどが目立つ。通常のダイビングポイントと違い普段食べる魚、フエフキダイ、グルクンなど魚は多い。
 9/01  晴れ  28  25  1本目はニシバマ北。サボテングサには、擬態が上手な生物が色々いるが、オオウミウマ!?がいた。浅場のデバスズメは綺麗で、ロクセンスズメダイは卵を産んでいた。     
2本目はサクバルの隠れ根。水深32mからそびえ立つ根は魚が多く、ハナゴンベも沢山いる。ホワイトチップやコバンザメを4匹付けたマダラトビエイも見れた。 
3本目はウルノサチ。ナデシコカクレエビなどエビ類も豊富でワイドからマクロまで楽しめるポイント。タイマイも2匹みれた。

 

過去のダイビング情報

2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ