ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 10/31  曇り  25  20〜25  東京からマナティーズのメンバーが来島。
1本目はキンメの根。根にはミナミハコフグの幼魚が3匹。ハダカハオコゼはいたが、ハナヒゲウツボが居なかった。ジョーフィッシュも見た。
2本目は阿真のエダサンゴ。砂地をゆっくり周りエダサンゴで遊んだ。ウミエラにはアカホシカクレエビとウミエラカニダマシが付いていて、ウミウシカクレエビやカゲロウカクレエビなども見れた。
3本目は海底砂漠。砂漠に向かう途中、ハダカハオコゼやオオモンカエルアンコウを2匹見た。流れが弱くハゼは臆病だった。
 10/29  晴れ  25  20  1本目はアゲナシクキンメの根。少し流れがあったが、沖の根で遊んだ。キンメモドキは少なく、ハナヒゲウツボやピンクのハオコゼなど小物が多く、じっくり探したら面白い根。
お昼は釣りをした。
2本目はエダサンゴで潜った。砂地にある根やサンゴには、魚やエビが色々付いていて面白い。大きなドクウツボもいた。エダサンゴのデバスズメは年中多い。ミズタマサンゴにはバブルコーラルシュリンプ。
 10/28  晴れ  25  20  天気は良いが透明度が今一つ。
1本目はウルノサチ。2チームに分けた。小物のエビやハゼを見ながら周った。黄色いフタホシタカノハハゼも近寄れて写していた。エダサンゴには幼魚やスズメダイが集まり、ムチカラマツエビが大家族になっていた。
2本目はブツブツサンゴ。浅場にはウルトラマンホヤやアカテンコバンハゼが、見やすい場所にある。お目当てのクダゴンベを見に行った。リーフの斜面はグルクンの群れが綺麗だった。
3本目は海底砂漠。最近ハダカハオコゼが多くこのポイントもペアーで定着してきた。流れも良くヤシャハゼも近寄れたようだ。
 10/27 晴れ   26  25〜  修学旅行のボートシュノーケルが入っているため、間にダイビング。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根や珊瑚を周ってユビエダハマサンゴで遊んだ。良い感じの流れがあり、クサハゼはペアーでホバーリング。近寄れていた。オドリハゼやハチマキダテハゼも見れたが、浅場のデバスズメの量はすごい。
2本目は送電線キンメの根をドリフトダイビング。ハナヒゲウツボの幼魚やハダカハオコゼの幼魚も見れた。最後はエダサンゴで安全停止。
 10/26  曇り  26  25〜  今日は肌寒い。
1本目はサクバルの隠れ根。隠れ根の斜面には、ハナゴンベが多く住んでいて、幼魚も2匹いた。ミズタマサンゴには小さなオランウータンクラブがいた。隠れ根は魚影が濃く、1匹1匹が大きい。
2本目はニシバマ。賑やかな根にはニシキフウライウオもいる。ホワイトソックスなどエビ類も多く、マクロからワイドカメラまで楽しめる。スナギンチャクも綺麗だった。
 10/25  晴れ  26  20 天気は良いが、風がだんだん強くなってきた。
1本目はウフタマ。カエンサンゴにはデバスズメが群れている。このポイントでしかお目にかかれないアゴハタは2ペアーづつ、4匹いた。子孫を残してほしい。キンメの根にはスカシの幼魚が増えていて綺麗。ハダカハオコゼやアオウミガメもいた。イソバナに付いているゴミ?藻?が気になる。
2本目はシルキンメの根。砂の急斜面にはヤッコエイが餌を探している。ミナミホタテウミヘビは指で撫でると気持ちよさそうにしていた。アザミサンゴの下にはオイランヨウジウオもいる。明日は天気が崩れそうだ。
 10/24  晴れ  26  25  今日は風も弱く快晴。
1本目は海底砂漠。ハダカハオコゼのペアーやオオモンカエルアンコウ、ハゼエリアには小さなタツノイトコがいた。砂漠は静かで光が差しこんでいた。
2本目はギナ。2チームに分けたが両方共、タイマイやアオウミガメをゆっくり見る事が出来た。フリソデエビが3匹集まっていた。
 10/23  晴れ  26  25〜30  1本目はサクバル漁礁。深場の漁礁はアカククリは多いが、ツバメウオはなかなか戻ってこない。隠れ根にはハナゴンベが多く、幼魚もいた。幼魚はヒレが長く可愛い。
お昼はゲルマ島で休憩。
2本目はアゲナシクキンメの根。奥のキンメの根で遊びジョーフィッシュも見た。ハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼもいた。
 10/22  晴れ  26  25  1便で入り、ダイビング。1本目はチェックダイブを兼ねてユビエダハマサンゴでゆっくり潜った。アオウミガメやタイマイも見れ、アカメハゼやナデシコカクレエビなどなどの小物も多く、フィッシュウオッチング。ハナゴイが集まり綺麗だった。
2本目はアザハタの根。賑やかな根にはニシキフウライウオも付いている。2チームに分けて潜った。
 10/21  晴れ 26  25〜30  風弱く真夏日、1本目ウルヌサチ東を潜る。
岩場、水深10〜20m斜面にヒメフエダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジなどが群れそれをスジアラ、フエフキダイが狙っている。砂地には黄色いギンガハゼが2か所で見られた。
2本目、アゲナシクで潜る。
ジョウフイッシュを上から見ながらカエンサンゴの群生場所、最後はキンメの根で遊ぶ。カクレクマノミが4か所で見られハナヒゲウツボとピンクのハオコゼが定位置に落ち着きガイドにとって探しやすくて助かる。岩の中には黄色いハコフグの幼魚が2匹見られる。
 10/20  晴れ  26  20  1本目は安室漁礁をドリフトダイビング。数百メートル続くユビエダハマサンゴをゆっくり潮に乗って流れた。アオウミガメが6匹見れた。
2本目はサクバルの隠れ根。隠れ根はグルクンの群れに囲まれていた。ドロップの斜面には、軽く100`オーバーのナポレオンも泳いでいた。ハナゴンベも沢山いる。
 10/19  晴れ  26  25  1本目はウルノサチ。ユビエダハマサンゴにはエビ類やスズメダイの種類も多く、ハナゴイも群れていて、癒しのポイント。オドリハゼもいる。
お昼に体験ダイビング。
2本目は阿真のエダサンゴで体験とファンダイビング。体験ダイビングは、メインの珊瑚でゆっくりフィッシュウオッチング。小物が好きなのか、色々自分で見つけて遊んでいた。ファンダイブのチームは砂地にある根やサンゴを寄りながらゆっくり周った。
 10/18  晴れ 26  30  1本目はアゲナシク。奥のキンメの根で遊んだ。ハナヒゲウツボやピンクのハダカハオコゼは可愛い。ミナミハコフグYgや、色々な魚の幼魚が多く、小物探しが面白い。
2本目は海底砂漠。ハダカハオコゼペアーとタコのペアー。オオモンカエルアンコウは1匹見れた。ガーデンイールも近寄れるポイントで背びれも見る事が出来る。でも20代〜30代までかな〜!ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも良く出ていた。
 10/17  曇り  26  25〜30  ニシバマで潜り、阿嘉島でランチを食べた。ダイビングは妹と妹の友達2人。久しぶりにニシキフウライウオを見る事が出来た。
 10/16  曇り  26  25  午後から修学旅行生のボートシュノーケリング。ブツブツとウルノサチ、2か所周った。
 10/15  雨  26  30  昼からどしゃぶりの雨。ギナで潜った。外は暗いが、海の中は青く明るい静かな世界。ゆっくり海中散歩。子供たちは釣りをしていた。
 10/12  晴れ  26  25〜30  東京から友達ファミリーが来ている。
1本目はウルノサチ。体が大きいアメリカ人御夫婦。スキルを見ながらゆっくり泳いだが、水中で落ち着きがない。案の定エアー消費が早く潜水時間 25分。カメは2匹見れた。友達のファミリーは体験ダイビングとFANダイビングをした。体験ダイバーもタイマイとゆっくり泳げた。
お昼過ぎにマンタウオッチング。
2本目はブツブツサンゴ。リーフの斜面からサンゴが綺麗な浅場をゆっくり周った。メインのコモンシコロサンゴは、ハナゴイとウメイロモドキが綺麗だった。船の下にはタイマイがいた。
 10/11  晴れ  26  40  昼前から晴れた!草野さんツアー最終日。
1本目はサクバルの鼻。丘の様な根に黄色のウミウチワが並んでいる。ウミウチワにはハゼやエビなども付いている。透明度が上がり気持ちが良い。2本目はアパート前。アオウミガメやタイマイも見れた。ミスジリュウキュウスズメダイが見どころ!ケラマハナダイの群れにアカネハナゴイも混じっている。浅場のサンゴは綺麗。で水面はグラッシー。
午後からマンタウオッチング。岩沿いをウロウロしていた。
3本目は阿真牛瀬。隠れ根を中心に遊んだ。根のトップは浅く、キンギョハナダイの色が綺麗に出ている。ドロップ沿いは色々の形のイソバナが育成。
ラストナイトはBBQ!!
 10/10  雨  26  25  今日は雨。
1本目はガヒ前。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウに1番近づけるポイント。6センチ程の真っ黒のカエルアンコウや20cm位のオオモンカエルアンコウも見る事が出来き、砂漠は流れがあり竜巻も見れました。
2本目はヤカビトンネル。浅場はうねりがありモンツキカエルウオは少なかったが、卵を守っている個体もあり。ツバメタナバタウオのヒレは綺麗な青が出ていた。
3本目はアゲナシク。ハナヒゲウツボやピンクのカエルアンコウは被写体になる。ホムラハゼを見つけたが、お客さんにお見せする事が出来ず、くやしい〜。
 10/09  曇り  26  25  雨の予報だったが曇りに格上げ。
1本目はブツブツサンゴ。3チームに分かれて、それぞれの被写体を探した。ウコンハネガイは外套膜を光らせている。イソバナも色々な形がある。
2本目は阿真のエダサンゴ。エントリーしてすぐ、友達が教えてくれたのはアカククリの幼魚!真っ黒にオレンジの淵、ヒラムシのようにヒラヒラ泳いでる姿は可愛い。クサハゼや、黄色のハゼもいた。3本目はケラマハナダイの根。根の奥にあるハゼ畑は、ダイバー慣れしていないので、ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウは警戒心が強く寄りずらい。黄色いヒメウツボもいた。
 10/08  曇り  27  25  今日から、神戸の草野さんツアー。
1本目はウルノサチ。2チームに分けて潜った。岩場には美味しそうな魚が群れているが、その中に混じってアカククリの若魚や、タテスジハタの幼魚がいた。アカメハゼも多く、黄色のギンガハゼも見つけた。
2本目はアザハタの根。3チームに分ける。よその船が入らない、潮が走っている時間にエントリー。アザハタの根は相変わらず賑やかで奥のスナギンチャクも綺麗に開いていた。
3本目はギナ。触手がピンクの綺麗なイソギンチャクにはカクレクマノミとアカホシカクレエビが付いている。ウミエラにはカニダマシ。タイマイが数匹、食事に夢中でダイバーを無視。
 10/07  晴れ  27  25 マクロが好きなダイバー。
1本目はアパート前。2つの根にはアオウミガメが2匹。ロボコンやアカネハナゴイは増えていた。カクレクマノミのイソギンチャクにはアカホシカクレエビが沢山住んでいて、バブルコーラルシュリンプやウミシダカクレエビなどなども見れた。
2本目はブツブツサンゴ。浅場でアカテンコバンハゼやセダカギンポの幼魚を撮影。メインのサンゴまで辿り着けず、60分。
3本目はアゲナシク。ハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼをじっくり撮影した。
 10/06  晴れ  27  20〜30〜  久しぶりの太陽!1便で迎えてから出港、
1本目は嘉比前。ヤシャハゼは食事に夢中であっちこっちでペアーでホバーリング。ヒレナガネジリンボウは1匹増えて3か所にいた。イソバナにはハダカハオコゼ、バイカナマコにはウミウシカクレエビもいた。
2本目は送電線キンメの根から浅場にドリフト。こじんまりとしたキンメの根はじっくり小物を探すのには面白い。ハナヒゲウツボの幼魚もいた。カメンタマガシラも健在で、最後はエダサンゴで遊んだ。
 10/05  曇りのち雨  27  60〜30  1本目、アザハタの根を潜る。
空はどんより、海中へ入ると明るくどこまでも見える、久々の透明度60m以上の海、ガイド泣かせでもある。斜面の境にあるスカシテンジクの根からアザハタの根が見える、周りを見渡すと遠くの根も見えガイドとしては違う場所に見える。アザハタの根ではホワイトソックスが10匹ほど姿を現しバイオレットボクサーが忙しそうに動き回っている、中をのぞくとアカスジシラヒゲエビが顔に乗ってくる。
帰りもスカシの根が見える。
2本目、ギナで潜る。
平均水深が浅くカメが見れるポイント。着いたら土砂降り、海中は明るく青い。アオウミガメ、タイマイが10匹以上見れた、フレンドリーなカメからダイバーを見ると寝たふりするアオウミガメさまざまな姿を見せてくれる。
3本目アゲナシクで潜る。
キンメの根近くにハナヒゲウツボが住み着いた、キンメの根では中層にいるグルクンの子供の群れを狙ってカスミアジ2匹がもうアタック、暴れまわるグルクン、ダイバーが助けるわけにもいかず見てるだけ。岩の中では黄色く四角い箱ふぐの幼魚が2匹遊んでいた。ハオコゼもピンク色で被写体になる。オヤビッチヤは紫色を卵を岩に産み付け近ずくと威嚇してくる。
 10/04  雨  27  30〜40 夕べから大雨。
1本目はキンメの根。透明度が良く、海が青い。ジョーフィッシュを見てから、キンメの根を周った。小物が色々見れて面白いキンメの根。
2本目は送電線。クマノミの種類が多い、浅場のサンゴはハナゴイの色が綺麗に出ている。
3本目も透明度が良く、エントリーした瞬間から気持ちが良い。浅場を通り、リーフの斜面をゆっくり泳ぎながら周った。 
 10//02  雨のち曇り  26  25 今日も天気が悪く、波が高い。
 1本目はアゲナシク。
沖の根でゆっくり遊んだ。ハナヒゲウツボやハダカハオコゼ、ミナミハコフグの幼魚など、小物を探しながら遊べた。
2本目はブツブツサンゴ。グルクンが1t近い群れで向かってきた。プランクトンが多く小魚は食事に一生懸命。
3本目はガヒ前。イソバナには緑のハダカハオコゼ。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも、食事に夢中。浅場にはサビウツボとマダラハタが仲良く寄り添っていた。
 10/01  雨のち曇り  26  25  今日は朝から雨。
1本目は送電線。浅場でトウアカクマノミ以外の5種類のクマノミを見る事が出来るポイント。アザミサンゴのニジハタはダイバーが近づくと喜んで迎えてくる。浅場のサンゴも綺麗で、大きなヒレシャコが沢山ある。
2本目はウルノサチ。岩場には、美味しそうな魚が群れていて、タテスジハタの幼魚もいた。エビ類も多く、タイマイも見れた。
3本目は沖防波堤。テトラの隙間から、大きな魚が見え隠れしている。グルクンやアカヒメジが群れていて、コブシメも3匹いた。

 

過去のダイビング情報

2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ