ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 2/16  曇り  21  30〜  今日は午前中に2DIV。
1本目はウルノサチ、ユビエダハマサンゴにはハナゴイの群れが綺麗。小物のエビ類も多く、ナデシコカクレエビやバブルコーラルシュリンプ、色違いのムチカラマツエビを見た。サンゴの隙間には、アカククリの若魚やミナミハコフグの幼魚、セジロクマノミもいた。
2本目はニシバマ。浅場にはチンアナゴやコブシメがいる。コブシメの卵の数は増えていなかった。アザハタの根はマクロからワイドまで楽しめる。クジラの声も聞こえていた。
 2/15  曇りのち雨  21  25〜30 1本目はヤカビトンネル。洞窟の近くはゴロタ石で幼魚の隠れ家、ベラ類の幼魚が目立っている。トンネル内は暗闇が好きな魚達がいて、イセエビもいた。大きなマダラハタもこの洞窟を住家にしている。浅場でモンツキカエルウオを探した。
2本目はアゲナシク。奥のキンメの根にはハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼも見れる。穴の中には大きなヒトズラハリセンボンもいた。
3本目は海底砂漠。浅場にはハダカハオコゼやイソギンチャクエビが住み着いている。斜面を下ると大きなオオモンカエルアンコウがいたが、なんとも言えない地味な色だった。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ、ガーデンイールもいるが、潮が止まり、警戒心が強かった。
 2/14  晴れ  21  20  学生のツアー。クイーン1便で入り3本DIV!
今日は暖かく、海パン一丁にTシャツ!でOK!
1本目はニシバマのトウアカで潜った。浅場のサンゴが台風で壊され半減したが、それでもデバスズメは多く見ごたえがある。大きな砂地にはアマミウシノシタやヒメオニオコゼもいた。トウアカクマノミのイソギンチャクにはアカホシカクレエビがいて、トウアカをクリーニングをしている。
2本目はギナ。カメをメインに海中散歩。お昼寝をしていた大きなアオウミガメ、久しぶりに立派なオスを見た。小さなアオウミガメも見れた。
3本目はブツブツサンゴ。浅場をぐるっと周った。カクレクマノミや岩の下にはネムリブカが2匹。メインのサンゴは魚が多く、グルクンの群れも見れた。
 2/11  曇りのち晴れ  21 25〜30  1本目はニシバマ。アザハタの根の浅場にはコブシメが6匹。近くのサンゴを見ると 卵を少しだけ産卵していた。水深25mの根は賑やかで皆で楽しめる。ウミエラにはウミエラカニダマシがいた。
お昼はグルクンを釣って夜のつまみ。
2本目はウルノサチ。ユビエダハマサンゴの群生を2か所ゆっくり周った。タイマイは珊瑚の隙間でお昼寝していた。
 2/10  晴れ  22  25〜30  広島からのツアー!1本目は阿真のエダサンゴで潜った。砂地に根やサンゴがポツポツあるポイントで、メインのユビエダハマサンゴの群生にはデバスズメがいっぱい!アオウミガメも見れ、のんびり潜った。
2本目はブツブツサンゴ。ハナゴイも綺麗だが、深場から押し寄せてきたグルクンの群れが見とれてしまう。7`位のコブシメや、アオウミガメ、ネムリブカもいた。程よい流れがあり、イソバナはポリプを開いて綺麗でした。
 2/1  晴れ  22  30  オーストラリアからTV撮影が来ている。通訳と打ち合わせをして1本目はアザハタの根。キンメモドキやアザハタは良い被写体になる。コブシメも見れたが、近寄れず。ウミヘビに1番興味を持っていた。
2本目はウルノサチで亀とツーショット。タイマイは5・6匹、アオウミガメは1匹見れ、きっと良い映像が残せたはず。撮影クルーも皆若く、遅くまで打ち上げが続いた・・!

 

過去のダイビング情報

2012   1  2 4  5  7  10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ