ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 3/29  晴れ  21  25  今日も朝から気持ちよく晴れている。
1本目はケラマハナダイの根。グルクン、ケラマハナダイ、キンメモドキの数は年中多く、賑やかな根。黄色のヒメウツボや、ハダカハオコゼもいた。
2本目はニシバマのトウアカ。サボテングサや海草にはトガリモエビの仲間!?や、クサイロモウミウシ、小さな擬態上手のやつらが住んでいるが海草に藻が付着していて、探しづらかった。トウアカクマノミはそろそろ卵を産む準備をしているようだ!イソギンチャクが丸くなっていた。
 3/28  晴れ  21  25  朝9時に出港し、水中可視光線のデモンストレーションを見学。光で言葉を交わすことが出来る、最先端の技術。意外と鮮明に声が聞こえるし、面白かったですよ。
新潟のお姉さん達は1便で入りダイビング、    1本目はガヒ前。ウミウシや小物探し、ハゼエリアまで辿り着けず、じっくりマクロモードで潜った。ウミウシの他にオオモンカエルアンコウやハダカハオコゼなどなど
2本目はガヒ裏。ここでも、ブツブツサンゴまで辿り着けず、ウミウシエリアで時間切れ。ウミウシの他にクロエリナマコの幼体や、クダゴンベなどなど、
ウミウシが多いですよ。
 3/24  曇り  21  25〜 旧の3月3日。
前線通過で定期便は全便欠航。北風が強く、コンディションは良くないが、石井ツアーでは想定内!1本目はブツブツサンゴ。クダゴンベを見てから、リーフの斜面沿いを泳いだ。グルクンの群れやウメイロモドキ、ハナゴイの群れがきれいだった。
2本目はウルノサチ。ラストDIVは皆でユビエダハマサンゴ で遊んだ。サンゴの隙間にはクマノミ類も多くアオウミガメやタイマイなど3匹見れた。アカククリの若魚やヒフキアイゴの群れも見れた。
夕方から皆で流れ船に参加!
夜はバーベキュー!!
 3/23  晴れ  21  25  今日から賑やかな石井先生ツアー。クイーン1便で入り、1本目はヤカビトンネル。潜るとすぐクジラの声が聞こえる。夏の光までは強くないが、この時期にしては洞窟内には光が綺麗に降り注いでいた。モンツキカエルウオは数が少なく小さい。オランウータンクラブもいる。
2本目はアザハタの根。2チームに分けてエントリー。浅場も小物やクマノミも多く、被写体は沢山あり遊べる。アザハタの目の上には傷があった。潜っている間、クジラは僕たちダイバーの100m沖を飛びながら通っていったらしい。おしかったね〜!!

 

過去のダイビング情報

2012   1  2 4  5  7  10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ