ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
5/31   曇り  25  25〜30 今日も南風が強い。
1本目はガヒ前で潜る。ハダカハオコゼは色違いが2種類、イソギンチャクエビは常にお尻フリフリで可愛い。大きなモンハナシャコ、チンアナゴやヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼなどウオッチング。
2本目は送電線。トウアカクマノミ以外の全種類のクマノミが見れるポイントで、カクレクマノミのイソギンチャクは丸くなっていた。オニヒトデを潰すとハマフエフキが沢山集まってきた。
3本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミは卵を沢山産み、もうすぐハッチアアウト しそう。アジアコショウダイの稚魚もいた。浅場のデバスズメダイは幼魚も増えていたが、これからもっと賑やかになるでしょう。
 5/30  曇り  25  25  昨日から風が強い。1本目は、アゲナシクキンメの根。チェックダイブも兼ね、キンメの根の手前でゆっくり遊んだ。キンギョハナダイも幼魚が多く可愛い。クリーニングステーションにはアカホシカクレエビが増え、キヘリモンガラを5、6匹のエビがクリーニングしていた。
2本目はギナ。カメが多く近寄れるポイントだが、クマノミの種類も多く、トウアカクマノミ以外は見る事が出来るポイント。タイマイや大きなアオウミガメ3匹見れた。ハダカハオコゼやウコンハネガイもいた。
 5/23  晴れ  25  25〜30 グレートバリアリーフからのお客様。座間味の海を見て、潜る前から興奮している! 
1本目はブツブツサンゴ。浅場にはネムリブカやコブシメの卵、カラフルな魚や珊瑚、光が入り綺麗。メインのサンゴもハナゴイやグルクンが群れてて見ごたえがあった。すごい勢いで僕を呼ぶので行ってみたらウミヘビだった。そういえば、3か月前のオーストラリア人もウミヘビに興奮していた!
お昼は無人島で野球して遊んだ。
2本目は海底砂漠。ハダカハオコゼやオオモンカエルアンコウ、ガーデンイールやヤシャハゼも見たが、海底砂漠がお気に入りだったようだ。砂漠で色んなポーズをとって遊んでいた。
 5/15  曇り  25  20〜40 1本目はブツブツサンゴから、嘉比前に向けてドリフト。程よい流れに乗って海中移動。カラフルなウミシダも多く岩も色鮮やか、イソバナもポリプを開き綺麗。透明度も良く遠くの景色まで見える。
2本目はリクエストの防波堤。色んな魚が集まる場所で大物も見れたりする。アカヒメジの群れが増えていて綺麗だった。
 5/14  曇り  26  40〜  雨の予報ははずれ、曇り、時々晴れの天候。
1本目はヤカビトンネル。洞窟の中は太陽が差すと光が暗闇を鋭く照らしてくれる。洞窟特融の魚や、ハゼなどは興味が無い様なので、美味しそうなイセエビなどを見つけながら洞窟内で遊んだ。
2本目は大家小曽根。夏の風物詩、キンメモドキも増えて来て、だんだん賑やかになってきた。ユビエダハマサンゴをぐるっと海中散歩。
 5/13  曇り 24   25〜30  朝から、南東の風が強い。1本目はギナ。コースを決めず、潮の当たらない場所を選びながらゆっくり周った。タイマイはダイバーの指を餌と勘違いして食べようとしてくる。
お昼は阿嘉島で休憩。
2本目は阿真牛瀬。ネムリブカの背中には傷があった。流れがありイソバナはポリプを開き綺麗だが少し流れが強すぎた。浅場にはクマノミの赤ちゃんが増えている。
 5/12  晴れ  24  30〜  1本目は男岩をドリフト。流れがなく回遊魚は見れなかったが、安心してじっくり潜れる。数少ないハタ、タテスジハタがいた。岩のドロップ沿いはキンギョハナダイが群れている。ネムリブカは砂地で寝ていた。海が青く気持ちが良い。
2本目はガヒ島元キンメの根。割れた根からグルッとオオモンカエルアンコウまで周った。浅場では体験ダイビングもした。上手に潜れていた。大きなマダラハタに興奮した。
 5/11  晴れ  24  20  午後から1DIV。マリリン前で潜った。岩場は潮あたりが良く、美味しそうな魚が多い。小物が多いが、今回はワイド。浅場のサンゴは綺麗。
 5/10  曇り  24  30  大阪からの友達が新婚旅行で来ている。シュノーケリングや釣り、パドルボード、体験ダイビングなどして遊んだ。
 5/06  晴れ  24  30  2ファミリーで子供達で賑やか。
1本目はガヒ前。浅場にはハダカハオコゼやイソギンチャクエビ。ヤシャハゼはホバーリングしていたが、ヒレナガネジリンボウは巣穴の中、船の下には7、8キロのマダラハタがいた。
2本目はブツブツサンゴ。クブシミの卵の中にはイカの赤ちゃんがいるのが見える。ハッチアウトが始まっている。ネムリブカや真っ黒のカエルアンコウもいた。
 5/05  晴れ  24  30〜 水温も透明度も上がった!!
1本目はウルノサチ。小さなエビやハゼなど小物探しが面白いポイント。タイマイも2匹見れました。
シュノーケリングの子供達もカメを見れた。
2本目はブツブツサンゴ。透明度も良く、気持ちが良い。サンゴの隙間にはコブシメの卵がいっぱい。リーフの斜面沿いを泳ぎ、メインのサンゴまで・・リーフの斜面もカラフルなウミシダや珊瑚があり綺麗。ネムリブカもいる。
3本目はアゲナシクキンメの根。奥のキンメの根は、キンメの幼魚も増え、賑やか。ハナヒゲウツボや白色、ピンク色のハダカハオコゼ、黄色いヒメウツボも2匹いた。浅場のサンゴの隙間にはカエルアンコウもいた。
 5/04  曇り  23  20〜25  1本目は阿真のエダサンゴ。砂地にあるサンゴや根を周りユビエダハマサンゴで遊んだ。でも途中、海の底から砂を巻き上げながら湧きあがるようなカレントが・・変った潮は注意が必要。
2本目はシルキンメの根。アザミサンゴのキンメモドキの群れを期待したのだが、残念ながらまだ少ない。綺麗なイソギンチャクや、ウコンハネガイもあった。ワイドチームは、東牛にUターン。ヨスジフエダイの幼魚の群れも可愛い。
3本目はニシバマ北。トウアカチームとキンメの根チームに分けて潜った。キンメモドキやスカシテンジクダイはだんだん増えてきた。この時期は1日で一気に増える時もある。トウアカクマノミは産みたてのオレンジ色の卵を守っていた。浅場のサンゴは綺麗。
 5/03  晴れ  23  30  気持ちのいい天気!快晴!
1本目は古座間味冲。ユビエダハマサンゴの隙間にはクロオビアトヒキテンジクダイが群れていて、オレンジのラインが綺麗、座間味ではここのサンゴでしか見られない。砂地にはハゼも多く浅場のサンゴにはぎっしりコブシメの卵が産んであった。ヒレナガハギの幼魚も綺麗だった。
2本目はウフタマ。カエンサンゴにはデバスズメが沢山!アゴハタもペアーで、アオウミガメもゆっくり寄ってきた。浅場の根には、カシワハナダイが婚姻色で色鮮やか。ハダカハオコゼもいた。
お昼は阿嘉島で休憩。
3本目はサクバルの隠れ根。ドロップ沿いにはハナゴンベが多く住んでいる、幼魚も数匹いた。ヨスジフエダイの数が少なかったのが残念だが、イセエビやイソマグロ、コブシメも3匹見れた。
 5/02  雨  23  25  朝から土砂降りで竜巻注意報!出港時間を遅らせた。
1本目はブツブツサンゴ。昨日までに比べ透明度は回復!浅場のサンゴも1年で随分回復した様に感じた。コブシメやクダゴンベ、岩陰にはイイジマフクロウニ!エビやカニは共生していなかったが、綺麗なウニです。
2本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミは産卵場をお掃除。腹もパンパンで明日にも産卵むするでしょう。小物のエビやハギの幼魚、浅場はデバスズメが沢山。
3本目は安室漁礁。ヒフキアイゴの群れやオウゴンニジギンポの繁殖行動が見ごたえある。ヒフキアイゴは群れをばらさない様に近づくのが大事。
 5/01  晴れ  23  20〜25 太陽がちょこちょこ顔を出す天気。
1本目は阿真牛瀬。隠れ根でじっくりと、岩を一周と沖の割れた根で遊ぶ3コースに分けた。コバンザメを付けたネムリブカがうろうろ泳いでいるがナポレオンは見れず・・ 隠れ根にはイソバナやキンギョハナダイが多く、この根だけで遊べるが、今日はオオセもいた。ラッキー!
2本目は送電線。少し足を延ばしキンメの根で遊ぶチームと分けて潜った。キンメモドキは幼魚が増え賑やかになっている。小物も多いが、今日は皆さんワイドカメラ。ハナヒゲウツボの幼魚もしばらく定着してる。
3本目はアザハタの根。スナギンチャクは筒だけ・・残念。アザハタの根は賑やかで被写体が多い。ユニークな容姿のメンコガニもいた。

 

過去のダイビング情報

2012   1  2 4  5  7  10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ