ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 8/31  晴れ  28  25〜30  外海はうねりがある。
1本目は阿真のエダサンゴ。台風の影響で砂地には落ち葉が溜まっていた。でも濁りは無く、太陽の光が入り綺麗。アナモリチュウコシオリエビも沢山いる。珊瑚の上でホバーリングすると魚に包まれる。
2本目はガヒ前。ハゼチームと、キンメの根チームに分けて潜る。ハゼエリアは貸切で、のんびり撮影。潮も良くペアーのヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも接近できた。
3本目はニシバマ。アザハタの幼魚も健在、これからの成長が楽しみ。浅場も魚が多く、大きなネズミフグもいた。
 8/30  晴れ  28  25〜30  今日も外海はうねりが残っている。
1本目はウルノサチ。浅場のサンゴが綺麗で、デバスズメやミスジリュウキュウスズメダイなど綺麗なスズメダイも多い。アカメハゼも沢山いる。ナデシコカクレエビやバブルコーラルシュリンプなどなど、エビも豊富。タイマイも2匹見れた。
2本目はブツブツサンゴ。メインのサンゴで遊び、リーフ沿いを周った。オオモンカエルアンコウもいる。
3本目はアゲナシクキンメの根。ハナヒゲウツボは2匹。ピンクのハダカハオコゼやサイコロの様なミナミハコフグの幼魚など可愛い小物が沢山見れる
 8/29 晴れ   28  25  台風の後で水温が下がってないか心配だったけど28度〜29度で安心した。
船が全便欠航なので11時半にヘリコプターで入り午後からダイビング&体験ダイビングをした。
アゲナシクで潜る。
久しぶりのダイビングなので着底してしばらく動かず呼吸をととのえてから一つ一つの小さな根で魚の観察、キンメの根にはハナヒゲウツボが住み着いている。キンメは穴の中にびっしり詰まりノコギリダイの幼魚が根を覆っていた。
 8/22  晴れ  28  25 台風の影響で急遽フェリーで那覇に帰る。
 1本目は儀名。タイマイは食事に夢中でダイバーを無視。ゆっくりウオッチング。ピンクのカエルアンコウやウコンハネガイを見た。
2本目は阿真のエダサンゴ。砂地のサンゴや根を周り、ユビエダハマサンゴで遊んだ。コブシメの子供やアナモリチュウコシオリエビ、ハダカハオコゼ、ナデシコカクレエビなど小物も沢山いる中、イロブダイの幼魚が目立っていた。デバスズメは産卵中だった。
 8/21  晴れ  28  25  1本目はアゲナシク。キンメの根にはピンクのハダカハオコゼや白のハダカハオコゼもいる。ハナヒゲウツボもいて、じっくり遊べる根。
2本目は新田洞窟。洞窟内にはネムリブカが2匹ウロウロ泳いでいて、ハタンポが群れている。たまに出る太陽が洞窟内をキラキラ照らしてくれた。
3本目は海底砂漠。砂漠の入り口にはオオモンカエルアンコウがいる。ガーデンイールやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウが近くでウオッチングできた。
 8/20  晴れ  28  25  1本目はウルノサチ。浅場の綺麗なサンゴを覗いてから根や珊瑚を周った。イシモチやスカシテンジクダイが群れている根にはアカネハナゴイが数匹住んでいる。ハダカハオコゼやナデシコカクレエビも見た。浅場のカクレクマノミは可愛い。
2本目はブツブツサンゴ。リーフ上にはイソバナやサンゴがあり魚も多い。クダゴンベやヒオドシベラの幼魚も見れた。オオモンカエルンコウの側にはネムリブカの赤ちゃんが寝ていた。今年はグルクンの幼魚が多い。
 8/18  晴れ  28  25  1本目はヤカビトンネル。クリアーな洞窟内には夏の太陽の光がキラキラ降り注いでいる。アカマツカサや、洞窟特融の、魚や幼魚が見れる。リーフの上にはモンツキカエルウオも多い。
2本目は海底砂漠。砂漠は流れが強く、砂嵐や竜巻が見れた。流れている砂漠も見ごたえと、迫力がある。オオモンカエルアンコウやハダカハオコゼも見れた。
3本目はブツブツサンゴ。クダゴンベとメインのサンゴで遊んだ。ハナゴイの群れや、グルクンの幼魚の群れが綺麗だった。オオモンカエルアンコウも見れた。
 8/17  晴れ  28  25  1本目はギナ。2チームに分けて潜った。カメを中心に探しながら海中散歩。タイマイ3匹、アオウミガメ4匹見れた。ピンクのカエルアンコウもいる。
2本目は新田の洞窟。雲が多く、光の光線は弱かったが、ネムリブカの子供がウロウロしていたり、キンメモドキやハタンポが群れていたりと楽しめる。
昼過ぎに楽しい体験ダイビング。
3本目はアゲナシクキンメの根。沖の根でじっくり遊んだ。ピンクのハダカハオコゼやハナヒゲウツボも2匹。幼魚や小魚、エビ類も多く賑やかな根。
 8/16  晴れ  28〜29  30  今日も2DIVにしてもらった。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根やサンゴを周りながら遊んだ。小物やホヤ、ロボコンなど、可愛い生物とあえる。浅場のサンゴは綺麗でのんびりフィッシュウオッチング。ナデシコも綺麗なホストに住んでいる。
お昼に体験ダイビング。
2本目はアザハタの根。アザハタの幼魚が新しいアイドルになろうとしている。相変わらずエビ類は豊富で、ホワイトソックスも普通に見れる。でも、浅場はゴマモンガラが産卵しようとしていて、危険。
 8/15  晴れ  28〜29  30  今日1本目はアパート前。今日も2チームに分けて潜った。水深10mの根にはスカシテンジクダイやイシモチが群れている。明るい根でゆっくりフィッシュウオッチングが出来る根。ミスジリュウキュウスズメダイの群れもこの場所が一番多い。ハダカハオコゼやナデシコカクレエビも見た。
ガヒ前で体験ダイビング。
2本目は久場のイソバナ。透明度も良く水温も高く気持ちが良い。リーフの上はサンゴが多く綺麗、ドロップ沿いにはイソバナやカラフルなウミシダが多い。ハナゴンベも見れた。イソバナの塔のキンメモドキは成長し一段と存在感がある。
 8/14  晴れのちスコール  28  25〜30 今日は北風で涼しい。
1本目はブツブツサンゴ。台風後、初DIV。行方を心配してたオオモンカエルアンコウは健在でした。メインのサンゴのハナゴイは綺麗。グルクンの幼魚の群れがすごかった!今年一番多い群れを見た。
2本目はウチャカシ。水路にはイソバナやウミウチワがあり、程よい流れでポリプを開いている。その奥にはピグミーが沢山付いてるヤギがあり交互に撮影。隠れ根を周るとカスミチョウチョウウオが群れている。
3本目はサクバルの隠れ根。隠れ根の斜面にはハナゴンベ、底にはヨスジフエダイが群れている。隠れ根をグルグルのんびりダイビング。浅場はハタタテハゼがいっぱい。
 8/13  晴れ  28〜29  20〜30 今日は風もなく朝から暑い。
1本目は海底砂漠。砂漠チームと小物、ハゼチームに分けて潜った。ハダカハオコゼやオオモンカエルアンコウも見れる。ただ流れが弱く、ハゼは臆病になって、なかなか近寄れなかった。浅場も光が入りキラキラしている。
2本目はタカチンシ。回遊魚や地形が楽しめるポイントで、イソマグロやナポレオンも見れたが、ナポレオンは少し遠かった。水面にはキビナゴが沢山いて綺麗だった。
3本目はケラマハナダイの根。グルクンの幼魚やケラマハナダイ、キンメモドキが多い根でじっくり遊んだ。ウミシダにはウバウオやカニダマシが付いている。フルソデエビやカエルアンコウも見れた。 
 8/12  晴れ  28〜29  25  今日も良い天気。
1本目はウルノサチ。よく数が変動するナデシコカクレエビ、今日は数も場所も多くいた。アカヒゲカクレエビやバブルコーラルシュリンプ、ムチカラマツエビも多い。アカメハゼも可愛いかった。エダサンゴにはハナゴイが群れていて綺麗。
2本目は新田の洞窟。雲もなく綺麗な光の光線が洞窟内を照らしていた。1m程のネムリブカの子供が2匹、洞窟内をグルグル泳いでいた。
3本目はアゲナシクキンメの根。沖の根にはキンメモドキとノコギリダイの幼魚が群れている。ピンク色のハダカハオコゼは2匹見れるが、ハナヒゲウツボは数人しか見れなかった。反省。
 8/11  晴れ  28  20〜30  昨日は体験ダイビングとシュノーケル。
今日の1本目はニシバマのアザハタ。アザハタが居なくなってから久しぶりに潜った。嬉しいことに、アザハタの幼魚が根に住み着いていた。生態系の大きな変化はなさそうだが、キンメモドキの数は減っている。逆に浅場の根がグルクンの幼魚が沢山付き賑やか。アザハタygのこれからの成長が楽しみになってきた。
浅場で体験ダイビングもした。
2本目はギナ。クマノミ類も豊富なポイント。亀はタイマイしか見れなかったが、ユキンコボウシガニや可愛いイロカエルアンコウもいた。
 8/4  晴れ  28  25  また台風・・・。台風にビクビクしながら仕事をしている。昨日来られたファミリーも急遽今日帰ることに。申し訳ない・・・。
1本目はアムロ漁礁。ユビエダハマサンゴを周り、漁礁で遊んだ。アカククリの若魚やツバメウオ、ヨスジフエダイはエダサンゴで群れている。サンゴの隙間には多彩の色のイソギンチャクがありクマノミが住んでいる。
2本目は海底砂漠。砂漠は時折強い流れがあり砂嵐の様に砂が舞っている。ヤシャハゼも警戒心が強かった。浅場はナンヨウハギの幼魚やロクセンスズメダイなども多い。夕方から台風対策。
 8/3  曇り  27  20  4日ぶりに定期船が動き、1本目は阿真のエダサンゴ。台風の影響で変わった所が無いか根を周りながらゆっくり泳いだ。デバスズメも多く、のんびりダイビング。
2本目はアゲナシクキンメの根。ハナヒゲウツボは2匹。黄色いヒメウツボやハダカハオコゼ、キンメが多いのでミノカサゴも沢山いた。

 

過去のダイビング情報

2012   1  2 4  5 6   7  10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ