ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 10/31  雨  25〜26  30〜  今日は朝から冷えている。
1本目は又吉家の台所。お目当てのロウニンアジは見られなかったが、グルクンやウメイロモドキ、ナンヨウツバメウオが群れている。ムロアジも周っていた。
2本目はマリリン前。岩場にはヨスジフエダイ、アカヒメジ、ヒメフエダイやタマンが群れ、ヨスジに混ざりキュウセンフエダイもいた。美味しそうな魚ばっかり。サンゴにはナデシコやアカヒゲバブルコーラルなど小さなエビも豊富。ヒバシヨウジやタイマイも見た。
 10/30  雨  25〜26  30  1本目はシルキンメの根。深場からゆっくり浅場を周った。アザミサンゴの下にはキンメモドキが住んでいる。砂地の急斜面も変わらず綺麗。
2本目はウフタマ。カエンサンゴは台風で少し倒されていたが、デバスズメダイは相変わらず多く賑やか、アゴハタやアオウミガメも2匹いた。2m級のツカエイがいた。
3本目は安室漁礁北からドリフト。数百メートル続くユビエダハマサンゴの上を潮に乗ってドリフトダイビング。サンゴの隙間にはイソギンチャクやクマノミの種類も多く見られる。
 10/29  晴れ  26  30  1本目は阿真アパート前。斜面沿いをゆっくり泳いだ。ミスジリュウキュウスズメダイが広範囲に群れている。ハナゴイやケラマハナダイの群れも綺麗。大きなニセゴイシウツボもいた。
2本目は海底砂漠。コブシメが4匹、オオモンカエルアンコウ、ハダカハオコゼなど擬態上手な魚も見た。海底砂漠では潮の流れで砂の竜巻が現れた。
3本目はニシバマのトウアカ。砂地の根やサンゴを寄りながら浅場中心に潜った。光も入り水中は明るい。台風で壊れたサンゴもあるが、魚やサンゴは多く、癒し系のポイント!ベニカエルアンコウやコブシメも見た。
 10/28  晴れ  26  30  1便で迎えてからダイビング。1本目はブツブツサンゴ。ゆるい流れで、イソバナは満開。キンギョハナダイやチョウチョウウオがイソバナに絡み綺麗。メインのサンゴはグルクンの群れが綺麗だった。
2本目はサクバル漁礁。漁礁にはアカククリやイトヒキフエダイがいた。漁礁から移動中、40s位のイソマグロが周ってきた。隠れ根は魚影が濃く
下から水面を見上げるとシルエットの魚だらけで面白い。
 10/27  晴れ  26  30  足立区の同級生ファミリーが遊びに来た。体験ダイビングやシュノーケルで遊んだ。子供達は元気で、一日中シュノーケリングして遊んでいた!
 10/26  晴れ  26  25  今日は体験ダイバーとシュノーケル。シュノーケルではカメも3匹見れた。4か所ぐらい周ってじっくり遊んだ。体験ダイビングも上手だった。
 10/23  雨  26  25  1本目はケラマハナダイの根。砂地にはガーデンイールが沢山いるが、黒色のガーデンイールも居たようだ。根にはケラマハナダイやキンメモドキ、グルクンの幼魚が群れ賑やか。ヒメウツボやアカククリの幼魚も見た。
2本目はサクバルの隠れ根。根の底にはアカヒメジやヨスジフエダイが群れ壁沿いにはハナゴンベも多く住んでいる。天候悪化のため本日は2DIVで切り上げた。
 10/22  晴れ  26  25  1本目は送電線キンメの根から浅場にドリフト。
キンメの根はキンメモドキが増えていた!きっと隣の根から流れて来たんだろう。キンメモドキは毎日量が変わる。ノコギリダイの幼魚は相変わらず多く賑やか。カクレクマノミやセジロクマノミもいる。
2本目はニタの洞窟。浅い洞窟は光が入り綺麗。ただ夏の太陽と違い光の角度が斜めに入る。洞窟内はハタンポの群れやイセエビ、アオギハゼもいる。
3本目はニシバマの浅場。コブシメ10匹、タコ3匹。電灯潜りだったら大漁だが、今回はFUNダイブ。ベニカエルアンコウが2匹、ゴシキエビの赤ちゃんやデバスズメの群れ。浅場でも十分楽しめる。
 10/21  晴れ  26  20  今年は台風後の初ダイブ。新潟のお姉さんがクーン1便で入り、
1本目はアゲナシク。チェックダイブを兼ねて近場でゆっくり遊んだ。根にはミカズキコモンエビなどマクロの被写体もいた。ジョーフィッシュは相変わらず2匹だけ・・。
2本目はブツブツサンゴ。イソバナにはキンギョハナダイが付き綺麗。近寄れるオドリハゼやハタタテシノビハゼもいた。浅場にはネムリブカが寝ている。台風21号による海中の被害は少なく、一安心。
 10/13  曇り  26  20  風が止まないまま台風に突入するのかな!?
今日から全便欠航。
1本目はアパート前。砂地のサンゴや根にはスズメダイが多く、枯葉に混じってカミソリウオも見た。ミナミホタテウミヘビは頭を撫でると気持ちよさそう。ただ流れが強くケラマハナダイの根でフィッシュウオッチング。
2本目はガヒ前。ヤシャハゼは少しずつ戻ってきた。ヒレナガネジリンボウも生きていた!が臆病になっている。ガーデンイールは数が激減。
3本目はアゲナシク。ジョーフィッシュなど浅場チームとキンメの根チームに分けて潜った。浅場には大きなオニダルマオコゼやドクウツボがいた。
 10/12  晴れ  26  20  風が止まない、南から台風うねりも入ってきた。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地はすっかり地形が変わり、見たことがない岩まで現れている状態。目当てのハゼは見つからず・・。エダサンゴにはデバスズメなども多いが、珊瑚を覗くと体が黄色のアカテンコバンハゼもいた。アカホシカクレエビやナデシコ、キリンミノの幼魚も可愛かった。大きなドクウツボやケショウフグも見た。
2本目はブツブツサンゴ。リーフの斜面沿いのイソバナで遊んでメインのサンゴを周った。グルクンの幼魚の群れが綺麗。イロブダイの幼魚やネムリブカも見た。
3本目は送電線。−15の根にはナルシストなニジハタ。ハナゴイの幼魚も可愛く、カクレクマノミも多い。浅場のサンゴは元気に残っていた。
 10/11  曇り  25  15〜25 今日は朝から風が強い、クイーンは欠航。
1本目は昨日と同じく文江の妹夫婦とお友達。 アパート前で潜った。
お昼、お客さんは入れ替わり1本目はアゲナシクキンメの根。強風のため、どうしても潜れるポイントが混雑してしまう。−20の根で遊んだ。コガラシエビとヒメサンゴカサゴがいた。
2本目はウルノサチ。透明度が良くないので小物中心にガイド。抱卵しているエビも多い。ウメイロモドキは一段と綺麗に見えた。
 10/10  晴れ  26  30  今日は講習と体験ダイビングとFUNダイビング。アゲナシク島やウルノサチで潜った。
 10/9  晴れ  26  30 1本目はブツブツサンゴ。台風後、ヤマブキスズメダイの幼魚は見当たらない。ハナゴイのオスは婚姻色なのか尾びれが黄色い個体もいる。イロブダイの幼魚も可愛い。
2本目は阿真のエダサンゴ。砂地にエダサンゴ、デバスズメダイが群れていて癒しのポイント。ハダカハオコゼやエソがスズメダイを狙っている。
3本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミは卵を産んで益々凶暴になっていた。アカフチリュウグウウミウシなど可愛い小物もいたが、穴の中にはオオテンジクザメが寝ていた。
 10/8  晴れ  26  30  1本目、アゲナシクキンメの根。ー20の根でゆっくり遊んだ。キンメモドキや、今年多いノコギリダイの幼魚が群れている。ハダカハオコゼやハナヒゲウツボ、コガラシエビなども安定して見れる。
2本目は安室漁礁。漁礁の手前で遊んだ。ユビエダハマサンゴにはヨスジフエダイやハナゴイが群れている。群れをバラさぬ様に囲むがなかなか難しい。
3本目は安室牛瀬。水路は流れが速い。台風で折れたイソバナやウミウチワもあるが、地形も面白くまだまだ、楽しめるポイント。
 10/7  晴れ  25  25〜30  1本目はケラマハナダイの根。水深17mあるが、根の上が割れていた。魚は相変わらず濃くマクロからワイドまで楽しめる。1年ぶり!?位レア魚な、アカククリの幼魚がいた!カエルアンコウやヒメウツボ、コガラシエビもいた。
2本目はニシバマ。ほとんどアザハタの根の周りで遊んでいた。砂地にはタイマイの死骸が・・。台風の影響だろうか?浅場も台風の大きな影響は見られなかった、一安心。
3本目はウルノサチ。ナデシコやバブルコーラル、アシビロサンゴヤドリガニなど小物も多いが、珊瑚と、スズメダイも見どころの一つ。タイマイもいた。
 10/6  晴れ  25  20〜25  透明度は日に日に復活。
今日から神戸、草野さんツアー。
1本目は送電線。今日から連休は2チームで潜る。キンメの根にはノコギリダイの幼魚が多い。黄色のウミウチワにはキンメモドキやユカタハタなど被写体になる。コガラシエビやイロブダイの幼魚も見た。
2本目はギナ。根の表面のサンゴは台風のうねりでほぼ全滅。フリソデエビも住家ごと無くなっていてショック。グルクンの幼魚は多かった。
3本目はサクバルの隠れ根。南向きのポイントは大きな被害が無く一安心。隠れ根は魚影が濃く、根の斜面にはヨスジフエダイ、ハナゴンベ、アマミスズメダイ、グルクンが群れている。スミレナガハナダイも数匹いるが綺麗じゃない。
 10/4  晴れ  26  10〜15  1本目はアゲナシクキンメの根。台風明けから、潮の流れがおかしい。無理せず、ジョウフィッシュやキンギョハナダイなどゆっくりウオッチング。浅場の根が割れていた。
2本目は海底砂漠。砂漠の凹凸がなだらかになっていた。当然砂も動き、ガーデンイールや、ヤシャハゼも少ない。ダテハゼは妙に目立つ、生命力が強いのかな!?ゴイシウミヘビの仲間や、シャープスノウトスネークイールもいた。浅場の根はめちゃくちゃ。
3本目はアパート前からエダサンゴまでドリフト。砂の変わりようにビックリ、そこに、あったはずの根やサンゴが無くなり、無いはずの場所に岩が転がっていたり・・・。うねりのパワーが凄かったんだろう。
 10/3  曇り  26  10  台風明けの初ダイビング。
1本目はブツブツサンゴ。台風の被害も確認しながら潜った。浅場の珊瑚は大きな被害は無さそう。ブツブツサンゴはハナゴイが集まっていて綺麗だった。リーフの斜面をゆっくり周った。ネムリブカは健在。
2本目はウルノサチ。航路側の珊瑚はやられているが、ユビエダの浅場のサンゴはまだ大丈夫。カメを見ながらクマノミ類や擬態上手なエビなどウオッチング。

 

過去のダイビング情報

2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ