ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 11/24  晴れ  24  20〜25  今日は朝から寒くなった。北風ビュービュー。
1本目はブツブツサンゴ。イソバナからメインの根までじっくり泳いだ。マダラタルミの幼魚が可愛らしく泳いでいる。メインの珊瑚にはグルクンの群れやハナゴイが群れていた。ウミウシが増えている。
2本目はウルノサチ。岩場と珊瑚、2チームに分けて潜った。サンゴチームは、まったりフィシュウオッチング。両チームともカメが見れた。
3本目は送電線。浅場の△コース。トウアカクマノミ以外は全種類のクマノミを見る事が出来るポイントだが、特にカクレクマノミが多い。アンカーの横には大きなドクウツボがいた。ハナゴイの幼魚も多い。
 11/23  雨  24  25〜30  1本目はアパート前。イソギンチャクにはアカホシカクレエビや大きなイソギンチャクエビが住んでいる。台風で変わってしまった砂地の地形は戻っていない。ケラマハナダイの根は小物の被写体が多い。
2本目はガヒ牛瀬。割れた大きな根にはイシガキダイやクロコショウダイなど美味しそうな魚がいる。アデヤッコやネムリブカも泳いでいた。
3本目はニシバマのトウアカ。白い砂地にサンゴ、デバスズメの群れやナンヨウハギ、座間味らしいポイント。トウアカクマノミやタツノハトコも見た。
 11/22  雨  24  25〜40 今日も朝から撮影。ゼマミセーリングにしては珍しく8時30分出港。計4本潜った。タカチンシでは、見たいと言っていた大きなハタも見れたが、撮影するには距離があった。ガイド件、モデルとして潜っていたので写真の出来栄えが楽しみ!今日はウエットスーツを脱がされなかったので一安心。
 11/21  晴れ  24  25〜30 今日からドイツのダイビング雑誌の撮影 。撮りたい被写体や、お勧めの被写体にピンポイントで何カ所か周った。言葉は通じなくても、サインで分かり合えるのでモデルも務めたが、こだわりが多い。最後2か所の浅場は、海パン一丁で泳がされ、体はって夏の座間味を演出した。
 11/17  雨  24  20  今日は前線通過がある。
1本目はアゲナシクキンメの根。沖のキンメ根には、キンメモドキ、ノコギリダイ、グルクンの幼魚が多いが、じっくり探すと、ピンク色や茶色のハダカハオコゼやハナヒゲウツボ、ミナミハコフグの幼魚やコガラシエビが3匹いた。
2本目はブツブツサンゴ。浅場からクダゴンベのヤギに直行。それから、リーフ沿いを泳いだ。グルクンの大きな群れに遭遇。マダラタルミの幼魚もいました。
3本目は阿真のエダサンゴ。コブシメの幼魚や、ピンクのイソギンチャクにはアカホシカクレエビ。ハナガササンゴにはナデシコカクレエビがいる。透明なハナミノカサゴの幼魚も居た。トラフウミヤッコ!?らしき魚も僕だけ見た。
 11/16  晴れ  24  25  今日良い天気。
1本目はシルキンメの根。アザミサンゴの下には綺麗なハナギンチャクやフタイロハナゴイがいる。砂の斜面にはヤッコエイが餌を探しウロウロ。10cm位の大きなウミテングがいた。
2本目はギナをドリフトダイビング。カメを探しながら海中散歩。食事中のタイマイ1匹、昼寝中や、ぼけーっとしているアオウミガメ3匹見れた。その他、キンチャクガニやウコンハネガイ、カクレクマノミを見た。
 11/13  晴れ  25  25〜30  PADI、OWDのライセンス講習。昨日は古座間味ビーチで一日講習。今日はボートダイブでオープンウオーターの講習。講習生は3名。学科もばっちりで一安心。潜るたびに上達が見られ嬉しい。無事に3名とも合格した!
 11/12  晴れのち曇り  25 25   土曜日の島んちゅ芸能ショウでは相撲ダンサーズで本場の減圧ソングを披露し島では一躍有名になったマナティーズのツアーも最終日。
1本目、サクバルの隠れ根を潜る。
隠れ根のトップの水深は10m底は32mの山のような壁にハナゴンベが多くいつでも見れる、ダイバー慣れしているのか写真も撮りやすいポイント、
他にアマミスズメやハナゴイが群れ、グルクンの群れが寄ってくるとイソマグロも見られる。
2本目、阿真のエダサンゴを潜る。
メーンのエダサンゴは健在だが周辺は台風被害が大きくまだ回復していない場所も見られる。
エダサンゴにはデバスズメが群れ癒しのポイント。
他ミナミハコフグの幼魚やハオコゼなども住んでいる。
3本目、安室漁礁を潜る。
直撃した大型台風の後初めて潜る、海底のサンゴは問題なく一面に生えているユビエダハマサンゴの群生は他で聞いたことがなく座間味でも数百メートルも続いている群生はここだけ。見る価値あり。ヒフキアイゴが群れでいた。
 11/11  雨のち曇り  25 30〜   朝方は豪雨。
1本目はウルノサチ。ユビエダハマサンゴにはハナゴイの群れが目立っている。サンゴの隙間にはイロブダイの幼魚やゼジロクマノミなど可愛い魚が住んでいる。小物のエビ類や、浅場にはタイマイが3匹いた。
2本目はケラマハナダイの根。一つの根でじっくり遊んだ。グルクンやケラマハナダイ、キンメモドキが群れ、とても賑やかな根。黄色のヒメウツボやコマチコシオリエビ、ウミシダウバウオなど色々見れる。
3本目はニシバマのトウアカ。船の下にはカエルアンコウが2匹。コブシメやタコも良く見た。浅場はサンゴとデバスズメで癒し系のポイント。
 11/10  曇り  25  20〜30  今日は朝から南風が強い。
1本目はブツブツサンゴ。クダゴンベを見てからリーフの斜面沿いを泳いだ。グルクンの群れの下には4`ほどのスジアラが食べるチャンスを狙っている。ハナゴイは婚姻色なのか尾びれが黄色の個体もいる。
2本目はヤカビトンネル。洞窟内は光が入り綺麗。アカマツカサやイセエビ、暗闇が好きな特有の魚が見れる。浅場はモンツキカエルウオが多く、卵を産んでいるモンツキもいた。
3本目はアゲナシクキンメの根。ハナヒゲウツボとハダカハオコゼを2匹みた。ミカヅキコモンエビなど小物も豊富な根はじっくり遊べる。船長チームはジョーフィッシュを見に行った。
 11/9  晴れ  25  30  昨日は修学旅行生のボートシュノーケリング。
1本目はアゲナシク。ライセンスを取得しての初FUNダイブ。様子を見ながら潜ったが、問題無さそうだ、ハナヒゲウツボやピンクのハダカハオコゼも見れた。
2本目はニシバマのトウアカ。砂地には変わったタコのミミックオクトパスがいた。浅場のデバスズメダイは相変わらず綺麗。トウアカクマノミやカクレクマノミも見た。
 11/3  晴れ  25  25  1本目はアゲナシクキンメの根。キンメの根にはハナヒゲウツボ2匹とピンクのハダカハオコゼ。何度見ても綺麗。ノコギリダイの幼魚が多い。
お昼前にアゲナシクで体験ダイビング3名。昨日も潜っているので落ち着いて上手に潜れていた。
昼食後、体験ダイビング2名。水中で2人とも真逆の動き、性格が出るのか面白い。
2本目はウルノサチ。ユビエダハマサンゴの群生で遊んだ。小物も多いがサンゴや魚をまったりフィッシュウオッチングするのも気持ちが良い。クロエリナマコの幼体も見た。
夜は島人芸能ショーで大盛り上がり!
 11/2  曇りのち晴れ  25〜26  25 石井先生グループと7ちゃんグループが1便で入り 船は賑やか。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地にエダサンゴの群生がありデバスズメダイやハナゴイなどが綺麗なポイントだが、砂が舞いひっちゃかめっちゃか。中性浮力より好奇心が勝っている。ハダカハオコゼも居た。
お昼に3名が体験ダイビング。うまく潜れていた。
2本目はブツブツサンゴで2チームに分けて潜った。今日もグルクンが大量。大、中、小と群れによって大きさが分かれている。ウメイロモドキやハナゴイも綺麗だった。ネムリブカもいた。
 11/1  曇り  25〜26  30  今日も2DIV。
1本目はケラマハナダイの根。オアシスのような根には魚が沢山!キンメやグルクン、ケラマハナダイが群れ賑やか。ヒメウツボは珍しく体を出している。ウミシダウバウオやコマチコシオリエビ、コガラシエビなど小物も豊富で黒色のガーデンイールもいた。
2本目はサクバル漁礁。漁礁は上からチェックだけ、隠れ根メインに遊んだ。ここも魚影が濃くハナゴンベも沢山いて、ヨスジフエダイの群れには2,3種類似ている魚も混じっている。浅場でツバメタナバタウオも見た。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ