ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 3/24  雨  22〜23  25  今日は雷ゴロゴロ。1本目はウルノサチ。水中でもイナビカリの光はストロボの様に光っている。擬態しているエビ類などを見て、エダサンゴで遊んだ。ハナゴイの群れが綺麗だった。タイマイも見れた。
2本目はアゲナシクキンメの根。キンメの根にはハナヒゲウツボが2匹とピンク色のハダカハオコゼもいる。フィッシュウオッチングしながらゆっくり潜った。
 3/23  晴れ  22〜23  30  雨の天気予報は外れ、心地よい晴れ!
1本目はブツブツサンゴ。横浜micツアーと石井先生グループ、2グループに分けてエントリー。緩やかな流れでイソバナもポリプを開き綺麗。メインの珊瑚で遊び、リーフ沿いを周った。光も入り水中は明るい。
2本目に向かう途中、寄り道をしてホエールウオッチング。大きなカップルが優雅に泳いでいる。
同じ様にグループ分けし、2本目は久場のイソバナ。リーフは珊瑚やイソバナ、ウミシダなどが多く、賑やか。グルクンの群れもアチラこちらで見れる。イソマグロやコブシメ、ハナゴンベも見れた。シロボンボンウミウシも久しぶりに見た。
 3/22  曇り  22  25  今日から賑やかな石井先生ツアー。1便で座間味に入り、1本目はウチャカシ。水路にはイソバナやウミウチワが育成している。カスミチョウチョウウオの群れや小さなピグミーは2匹見れた。
2本目は送電線。キンメの根まで周るよくばりコースと分けてエントリー。浅場はクマノミ類の宝庫。大きなオニダルマオコゼもいた。
 3/21  曇り  22  30  昨日と引き続き、かなちゃん1人。午前中はダイビング。午後からサーフィンに連れて行った。初めてにしては乗れていた。
 3/20  雨  22  25  今日から、8月にお手伝いで来ていた、かなちゃんが来た。前線通過前に2ダイブ。マンツーマンで潜った。
 3/19  晴れ  22  30  昨日の天気が嘘のような穏やかな天候。
1本目は送電線キンメの根から浅場にドリフト。今の時期にしてはキンメモドキが多く、根は賑わっている。浅場には面白いニジハタやオオコノハウミウシもいた。
2本目は元アザハタの根。今年初めて!潜った。砂に埋もれてきて変わり果てた姿にショック。大きなミノカサゴが住んでいた。ソウトコーラルにはウミタケハゼも多く付いていた。浅場は光も入り綺麗。
3本目はウルノサチ。岩場で遊んだ。ヨスジフエダイやアカヒメジ、ヒメフエダイが群れている。砂地にはクサハゼやオニハゼも居るが、フタホシタカノハハゼを見なくなった。時期的にまだ少ないアカメハゼは
見れた。
 3/18  雨  22  20  朝から土砂降り!久しぶりの大雨!
今日は2ダイブに変更。
1本目はニシバマ北のキンメの根。キンメの根は少し砂が増え、根が小さく感じた。元気がない感じ。それでも何か珍しい物が居そうな雰囲気はある。
2本目はガヒ前。ハゼエリアにはシャープスノウトスネークイールが2匹。大きい個体は珍しく近寄れた。浅場にはユキンコボウシガニもいた。
 3/17  晴れ  22  20〜30 1本目はギナ。去年の大型台風後、サンゴがなぎ倒され、あまり潜らなかったポイントで様子を伺いながら潜った。カクレクマノミが住んでいる綺麗なイソギンチャクまで泳いだ。
2本目は新田の洞窟。洞窟内には光が降り注ぎ神秘的。光を撮影しながらまったりダイビング。洞窟の外には大きなコブシメがペアーで産卵している。
3本目はウチャカシ。水路にはナポレオンがいて、近づいたら穴に入って近くで見る事が出来た。台風後、姿を消していたピグミーも戻ってきた!
 3/16  晴れ  22  25〜30 1本目はケラマハナダイの根。1つの根でじっくり遊んだ。グルクンの幼魚やケラマハナダイが群れているが、キンメモドキの数は激減。でも今が1年で一番少ない時期なのでしょうがないか!?
2本目に向かう途中にクジラの親子に遭遇。エンジンを切ると、船に寄ってきた!ウオッチング後、久場のイソバナで潜った。透明度も良く、リーフには珊瑚やカラフルなウミシダやイソバナが多く育成していて被写体も多い。コブシメの産卵が見れた。ハナゴンベもいる。
3本目はニシバマの浅場をのんびりドリフト。砂地のエダサンゴにはデバスズメが沢山!トウアカクマノミの卵は、ハッチアウト間近だった。
 3/15  晴れ  22  20〜25  1本目はアゲナシクキンメの根。−20の根でじっくり遊んだ。ハダカハオコゼはピンク、白、茶色の3色見れ、ハナヒゲウツボは2匹、黄色のヒメウツボもペアー!?かな全身を出して遊んでいた。カンムリヨウジ?真っ白な小さなヨウジウオもいた。浅場のコブシメの卵はハッチアウトが見れた。
2本目はブツブツ北。イソバナをメインに遊んだ。ポリプを開いたイソバナにはキンギョハナダイが沢山!キスジカンテンウミウシやホシゾラワラエビも見れた。
3本目は海底砂漠。ハゼエリア中心に遊んだ。アオウミガメはお昼寝中・・。ハゼの場所を案内するかのようにゆっくり泳いで行った。ヤシャハゼの他、ダンダラダテハゼの幼魚みたいなハゼも見れた。今日は?マークの魚が多かった。
 3/14  曇り  22  20〜25  フェリーで入り今日は1ダイブ。
アパート前で潜った。水深10mの根で70分ダイブ。マクロの被写体でじっくり遊んだ。アオウミガメは根の周りで泳いでは寝て、泳いでは寝ての繰り返し・・・。
 3/11  曇り  22  10〜20  昨日からOWDの講習をしています。講習生は母と娘の2人。順調に今日まで来て、今日は学科のテストも見事合格!明日中には、NEWダイバーが誕生しそうです。
 3/7  晴れ  22  20〜25  クイーン1便で入り、1本目はブツブツサンゴ。
チェックダイブを兼ねて、ゆっくりリーフの上や斜面を周った。斜面には、サンゴやイソバナ、ウミシダなどカラフルで、魚も多い。ハナゴイの群れや、マダラタルミの幼魚もいる。
2本目はヤカビのトンネル。洞窟の中は、暗闇が好きな魚やベラの幼魚も多い。小さなイセエビも見れた。天気も良く差し込む光が綺麗だった。
3本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミは卵を育てていた。浅場のエダサンゴには、デバスズメダイの群れと白い砂地で癒し系。タコや、カクレクマノミも見れた。ポカポカ陽気が続いている。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ