ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 4/30  晴れ  22  15〜20  1本目は久場のイソバナ。リーフの斜面には色んな形のイソバナやカラフルな珊瑚やウミシダが多く、被写体探しや好みのイソバナを探しても面白い。
お昼はゲルマ島で休憩。座間味と少し違う雰囲気!散歩をした。
2本目はブツブツサンゴ。イソバナの周辺で遊んだ。コブシメの卵の中にはハッチアウト寸前の赤ちゃんが動いていた。イソバナのホシゾラワラエビやナデシコカクレエビも抱卵している。ネムリブカも見た。
 4/29  晴れ  22  15  1本目は送電線で潜った。カクレクマノミやセジロクマノミなど5種類見れる。大きなオニダルマオコゼにはハタが群がっている。ホシゾラワラエビが抱卵していた。
アゲナシクで体験ダイビングとリフレッシュダイビング。ブランクも徐々に慣れて来たようだ!午後から阿真エダサンゴで3名体験ダイビング。
2本目はアパート前。アオウミガメやタイマイが沢山見れた。
 4/28  晴れ  22  20  今日も透明度が良くない。何年か前のGWもこの潮だった。
1本目はニシバマの浅場で遊んだ。浅場は光が入りまだ少しは明るい。トウアカクマノミとデバスズメダイのサンゴでフィッシュウオッチング。
お昼に体験ダイビング。
2本目はウルノサチ。潮が随分引いている。ユビエダハマサンゴにはタイマイが2匹。ハナゴイの群れや、コマチコシオリエビなどを見た。
 4/27  晴れ  22  20  1本目はシルキンメと東牛。2チームに分けて潜った。アザミサンゴにはキンメモドキが居なく少しがっかり、でも綺麗なイソギンチャクや手をクリーニングしてくれるアカシマシラヒゲエビはいた。浅場の砂地にはウミテングのペアーがいた。東牛のエダサンゴにはヨスジフエダイの群れが数か所ある。
2本目はウフタマ。カエンサンゴにはデバスズメが沢山。タイマイ1匹、アオウミガメ4匹、コブシメまで見れた。浅場の根にはカシワハナダイが婚姻色で綺麗。ハダカハオコゼも2匹いた。
 4/26  晴れ  22  25 午前中、ミス沖縄の女の子を体験ダイビング。上手に潜れていた。カメにも会えた。 
 4/24  晴れ  22〜23  25  1本目は久場の隠れ根。ドロップにはカスミチョウチョウウオが群れている。スミレナガハナダイが集まっている場所でウオッチング。婚姻色は綺麗。
海から上がり移動中にクジラを発見!しばらくホエールウオッチング。目の前でブリーチまで見せてくれた。
2本目は久場北をドリフト。コブシメは産卵中。オスはかなり大きい。イソバナはポリプを開き綺麗。カラフルなウミシダやサンゴがメインだが、アカウミガメやハナゴンベも見れた。
 4/23  晴れ  22  25〜 1便で入り、1本目はブツブツサンゴ。
コモンシコロサンゴにはノコギリダイの幼魚が増えた、ハナゴイやウメイロモドキも群れ賑やか。ホシゾラワラエビやナデシコカクレエビもいる。
2本目はアゲナシクキンメの根。今日は珍しく黄色のヒメウツボが穴から出て遊んでいる。ハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼ、イイジマフクロウニを見た。浅場はスズメダイが多く、光も入り綺麗。
 4/20  曇り  23  25〜  今日は海開き。
1本目はリクエストで昨日に引き続き、久場の隠れ根。スミレナガハナダイだけを狙いに潜った。でも婚姻色のオスは動きが激しく落ち着きがないが、綺麗な魚だ。グルクンの群れは見ごたえがある。
2本目は浅場でまったりダイビング。白い砂地に点在しているエダサンゴにはデバスズメダイが群れ、癒しのポイント。
 4/19  曇り  23  25〜  今日は1日久場島で過ごす。
1本目は久場のイソバナをドリフト。リーフのドロップは色々な形のイソバナが多く被写体を探すのも面白い。大きなイソマグロやアカウミガメ、コブシメも3匹いた。ハナゴンベやウミウサギ貝の卵もあった。
2本目は久場の隠れ根。エントリーすると、グルクンの群れやカスミチョウチョウウオの群れに囲まれる。イソバグロもウロウロ。深場に生息しているコガネスズメダイもいるが、スミレナガハナダイの婚姻色が綺麗だった。穴の中にはイセエビやハナゴンベの幼魚が多い。
 4/18  雨  23  20〜30 1本目は久場北。リーフには珊瑚やイソバナ、ウミシダ が多く育成していて、色とりどり!斜面にはハナゴンベやネムリブカがいる。大きなアカウミガメも見れた。船の下にはコブシメが5匹、産卵していた。
2本目は阿真牛瀬。隠れ根は、弱い流れがありキンギョハナダイやカスミチョウチョウウオが固まって群れている。2匹のネムリブカもウロウロ。−16mの割れた岩までゆっくり周った。
 4/17  雨  23  25〜  今日は1ダイブ。アゲナシクキンメの根で潜った。キンメの根にはピンク色のハダカハオコゼがペアーで見れた。穴の隙間にはキンメモドキやエビ類が多く、賑わっている。ハナヒゲウツボやミナミハコフグの幼魚もいた。ホシカイワリはクリーニング中でじっくりウオッチング。
 4/16  雨  23  25  1本目はニシバマのトウアカ。浅場のサンゴを寄りながらトウアカクマノミを見に行った。浅場は明るくデバスズメも多く綺麗。カクレクマノミもいる。トウアカは産みたて卵を守っていた。
お昼は阿嘉島で休憩。
2本目はサクバルの隠れ根。根の潮上はアマミスズメダイやグルクン、ヨスジフエダイが群れ、ツムブリも20匹程の群れで周ってきた。斜面にはハナゴンベも沢山いる。
 4/15  晴れ  23  25  1本目はブツブツサンゴ。メインのサンゴにはノコギリダイの幼魚が多くなってきた。ハナゴイの群れも目立ち綺麗。キスジカンテンウミウシや、ホシゾラワラエビや、ナデシコカクレエビ、ネムリブカも見た。マダラタルミの幼魚は少しずつ成長している。
お昼は体験ダイビング。サーファーだけに上手だった。
2本目はニタ洞窟。光が斜めに入り綺麗。アドベンチャー気分で洞窟内を探索。イセエビやハタンポの群れも見れた。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ