ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 5/18  曇り  23  20  1本目はアゲナシク。−20の根のキンメモドキは岩の隙間がら外に出ていた。ハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼなども見れる。−16の根はかなり大きいドクウツボがいた。
2本目は送電線キンメの根から浅場にドリフト。キンメの根は幼魚が増え、賑やかになっている。浅場に進むと根やサンゴがあり、ホシゾラワラエビもいる。今年はキホシスズメダイの幼魚が多い。
 5/17  雨  23  20  GWの2日後には透明度が40m、水温24度に上がった!このまま上がり続けると思いきや、今日は水温23度・・・。下がってしまった・・。
1本目はニシバマトウアカ。浅場中心にチェックダイブ兼ねてのんびり潜った。珊瑚に出入りするデバスズメの動きを見ているだけでも癒される。
2本目はブツブツサンゴ。メインのサンゴは魚影が濃くなってきた。珊瑚のトップにはキホシスズメの幼魚が沢山!その他、ノコギリダイやイットウダイ、ハナゴイなどサンゴの周りに群れていた。流れも少しありイソバナはポリプを開いて綺麗だった。
3本目は海底砂漠。山あり谷ありの地形は砂漠そっくり。ヒレナガネジリンボウは見れたが、ヤシャハゼは出てこなかった。カクレクマノミも見れた。
 5/6  曇り  22  15  1本目はブツブツサンゴ。潮も良くポリプも開いている。ホシゾラワラエビや抱卵中のナデシコカクレエビもいる。メインの珊瑚にはウメイロモドキやハナゴイの群れが良かった。
2本目は久場のイソバナ。イソバナはポリプ全開。キンギョハナダイやキホシスズメの幼魚が付いている。サンゴやウミシダも綺麗で色とりどり。
3本目はケラマハナダイの根。キンメの根、2か所で遊んだ。まだ水温は低いがキンメの根は着実に幼魚が増え始め賑やかになってきた。
 5/5  晴れ  22  15  1本目は、今年初めて潜る海底砂漠。砂漠とハゼチームに分けて潜る。久しぶりに潜ったがハゼが増えてホッとした。近寄れて撮影出来ていたがもう少し流れがほしかった。ウミウシも多い。
2本目は阿真牛瀬。隠れ根にはアデヤッコがいた。後半流れが出てきてポリプが開いて、カスミチョウチョウウオが集まってきた。
3本目はサクバル隠れ根。透明度は良くないが、魚影は濃い。底からヨスジフエダイ、ハナゴンベ、ハナゴイ、アマミスズメダイと群れていてグルクンの群れも周ってくる。大きなアカウミガメも見た。ネムリブカは爆睡中だった。
 5/4  晴れのち曇り  22  15 1本目はウルノサチ。浅場にはタイマイやアオウミガメがいて皆で撮影会。ユビエダハマサンゴにいる2つのハナゴイの群れで遊んだ。アンカーの下にも可愛いカクレクマノミがいる。
2本目はアゲナシクキンメの根。メインの根にはハナヒゲウツボが2匹、ハダカハオコゼもペアーで寄り添っていた。ミカズキコモンエビもいた。浅場のバサラカクレエビが綺麗だった。
3本目はニシバマ。浅場をゆっくり周ったら、1つの根に大きなニセゴイシウツボとドクウツボがいた。透明度が回復せず困っている・・。
 5/3  晴れ 22   15  1本目はタカチンシ。トンネルの内側にはイソバナがありアカマツカサが群れている。根を2つ周ったグループは大きなガーラやウメイロモドキの群れも見た。全体的にうねりがあった。浅場にはキビナゴも居たが、ミノカサゴは浮いていなかった。
2本目は安室漁礁。ユビエダハマサンゴを周り、ブロックで遊んだ。ブロックにはアカククリやオニダルマオコゼ、大きなニセゴイシウツボも居た。イソバナガニやシロガヤにはワレカラが沢山付いている。
3本目は送電線。クマノミの種類が多く、5種類見れるポイント。−15の岩でじっくり遊んだ。ホシゾラワラエビはまだ抱卵中、キンメの根まで周ったチームもあった。
 5/2  晴れ  22  15  1本目はリクエストでキンメの根。キンメの根を2か所周るチームと1カ所でじっくり撮影チームと分けて潜った。2か所とも魅力がある根で賑やか。ワイドがメイン。
2本目はニシバマのトウアカ。ワイドとワイドマクログループに分けた。トウアカクマノミは明日にも卵を産みそうな仕草をしていた。米粒ほどのハギの赤ちゃんや、アデヤカミノウミウシ、1cmのヒメヒラタカエルアンコウっぽい赤ちゃんもいたが見失った。
3本目は名瀬沖。2、3mの大きなウミウチワが幾つもある。ワイドポイントだが−22mにはピグミーもいる。浅場の斜面には青いホヤが沢山あった。
 5/1  曇り  22  15  昨晩の前線通過で朝から気温が下がった。
1本目は送電線キンメの根。キンメの幼魚が増え根は賑やかになっていた。黄色のヤギにユカタハタが寄り添っている。
お昼に阿真のエダサンゴで体験ダイビング。
2本目はサクバルの鼻。リーフにはウミウチワや黄色いヤギが並び幻想的。好きな形の被写体を探せるポイント。
草野チームを迎えて3本目はブツブツ。メインのサンゴの手前で遊んだ。水温が低くビックリしていた。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ