ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 6/30  晴れ  26  30  お昼過ぎまで石原伸晃、環境大臣を乗せ座間味村のサンゴを中心に案内した。
午後から田中Gを迎え、ガヒ島で体験ダイビングとFUNダイビング。
 6/29  晴れ  26  30  ようやく風が落ちてきた・・。
1本目はヤカビトンネル。ヤカビの洞窟は朝でも光が入るから綺麗。青い海と洞窟の光、浅場にはモンツキカエルウオが沢山いて、卵を育てている個体もあった。のんびりダイビング。
2本目は黒いクマノミがリクエスト、ブツブツサンゴで潜った。イソバナには沢山のキホシスズメの幼魚が付いている。ホシゾラワラエビやネムリブカ、ウメイロモドキの群れも出会えた。
明日はサバニレース!
 6/28  晴れ  26  25  お客さんが全員入れ替わる。
1本目はアゲナシク。沖のキンメの根に着くとすぐ団体様ご一行が・・・。早めに退散し、根や珊瑚を寄りながら泳いだ。キンメモドキは根の隙間にびっしり。浅場は光も入り魚も多く綺麗だった。
2本目はウルノサチ。ナデシコやアカヒゲ、バブルコーラルシュリンプなど小さなエビ類が多い。タイマイも2匹見たが、甲羅にサンゴが育成しているカメもいた!少し流れがあったがゆっくり周った。アカメハゼも多かった。
 6/27  晴れ  26  25  南西の風が続きポイントが限られていく。
1本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミは卵を産んで子育て中。近くの海藻にはフィコカリスシムランスが集まっている海草があった。浅場のエダサンゴやキンメの根が賑やかで面白い。
2本目は海底砂漠。浅場から砂漠をゆっくり周ってきた。山あり谷ありの砂地は、まさに砂漠。流れが強い方が迫力があり面白い。
 6/26 曇り   26  25  1本目はキンメの根でじっくり遊んだ。キンメの数が多く賑やかな根で被写体も多い。根の近くにはヤシャハゼの子供もいた。
お昼休憩の場所にはカツオがいっぱい。
2本目は阿真のエダサンゴ。ユビエダハマサンゴ中心にダイビング。タイマイもゆっくり遊ばせてもらった。デバスズメは産卵中で船のアンカーロープにまで産卵していた。
 6/25  晴れ  24〜26  25〜30 今日も南西の風が強い。
1本目はアゲナシクキンメの根。ワイドチームはキンメの根と浅場を中心に潜った。この時期、キンメの数は急激に変わったりする。ハナヒゲウツボや黄色のヒメウツボ、ピンクのハダカハオコゼはペアーで仲良く寄り添っていた。
2本目はヤカビトンネル。ワイドチームは洞窟内で光の光線や、アカマツカサなどをじっくり撮影。ちょい悪親父チームは 沖を周ってから洞窟のコース。30`のヤイトハタやサメも見れたらしい。
 6/24  晴れ  26  30 1本目はウルノサチ。岩場コースとサンゴコースに分けて潜った。 岩場チームはアカヒメジやヨスジフエダイ、ヒメフエダイ、タマンなど、美味しそうな魚が群れている。サンゴチームは浅場のサンゴからゆっくり周った。タイマイも見れた。
2本目はニシバマ。アザハタが居ない根を再確認!?やっぱり居ない・・・。スナギンチャクも出て無くて、淋しい感じかと思いきや、水深20mの砂地にはキビナゴの群れが多く、ころころ変わる形も面白かった。浅場のキンメの根にはカスミアジも捕食しに来た。スマカツオもウロウロ。
 6/23  晴れ  26  30  1本目はブツブツ。ワイドカメラのご夫婦と海遊びが大好きなご夫婦。1本目は、ブツブツで2チームに分けて潜った。ウメイロモドキは数も多く良い被写体!イソバナにはキホシスズメの幼魚など初夏らしい海。
お昼は、マンタ待ちしながらイジャカジャで、イノー遊びやお昼寝。結局マンタは現れず・・・。
2本目は送電線のキンメの根。貸切の根でじっくり交互に撮影。欲を出せば、キンメモドキが、もう少し根から飛び出ててくれたらもっと面白かった。−15の根にもキンメが付いている。
 6/22  晴れ  26  25  1本目はブツブツサンゴ。最近特に魚影が濃く賑やかなポイントで幼魚がすごく多い。珊瑚も順調に育っている。リーフの斜面をゆっくり泳いだが、ウミウシも多い。
2本目は阿真のエダサンゴ。ハゼエリアを覗くと、クサハゼは沢山いた。ツノザヤウミウシや、水深12mにはヤシャハゼもいた。ユビエダハマサンゴで自由に遊んだ。
3本目はニシバマの浅場。久しぶりに浅場の根にキンメモドキが沢山付いている。それを狙ってカスミアジが捕食をしていた。トウアカクマノミの卵はそろそろハッチアウト。コブシメの子供も2匹。
 6/21  曇り  26  15  台風後初ダイブ。今日はフェリーのだけの運航。
到着後、ギナで潜った。毎回、何かしらのトラブルが期待できるグループで、今日は水中でオクト、レギュからエアー漏れ。近場の根でゆっくり遊んだ。
 6/17  晴れ 27〜28   30  1本目ウルヌサチで潜る。タイマイの多い場所で特に浅い場所に多い。
ユビエダハマサンゴの群生にはスズメダイ、ハナゴイなど群れの魚が多く群れに入ることもできる。
タイマイもサンゴについている藻をサンゴと一緒にバリバリと食べていた。
2本目ニシバマ、トウアカポイントを潜る。
浅瀬のキンメの根にはスカシ、イシモチ、グルクンの幼魚が群れ根を覆っていた。砂地のサンゴの根ではデバスズメが群れ太陽の光線で色が変わる、水面近くではキビナゴが群れカツオやツムブリも群れをなしキビナゴを狙っていた。マダラトビエイもゆっくりと泳いでいた。
 6/16  曇り雨  26〜27  30  水温も上昇!快適に泳げるシーズンに入った。
1本目はアゲナシクキンメの根。キンメモドキの幼魚が増え、根の隙間にはキンメが詰まっている賑やかな根。フィッシュウオッチングしながらゆっくり潜った。カエルアンコウは行方不明だったが、ハナヒゲウツボは見れた。浅場も魚が多い。
2本目はブツブツサンゴでFUNダイビングと体験ダイビング。メインの根はキホシスズメダイの幼魚が増えている。ゆるい流れもありイソバナはポリプを開き綺麗。魚達も活発に動いている。ホシゾラワラエビやコブシメの卵もまだある。体験ダイバーもサメを見れた。
 6/15  晴れ  26  30  体験ダイビングやシュノーケルが多かった。今日はリフレッシュダイビングと体験ダイビング。午前中は大学生の体験ダイビング。午後からリフレッシュダイブと体験ダイビングをした。最初は緊張気味だったけど、だんだん慣れてきた。体験ダイバーもスムーズに潜れていた。
 6/5  雨  24  25  朝から雨。今日は午前2ダイブ。
1本目は海底砂漠。流れがあり砂漠は諦めて浅場中心に潜った。浅場には、ベラやブダイ、スズメダイなど幼魚が増えてきている。成長段階で色がどんどん変わる魚は面白い。アオウミガメも見れた。
2本目はブツブツ。メインのサンゴは、ここ最近じゃ一番賑やかになっていた。キホシスズメダイの幼魚はスクの様に群れている。ノコギリダイの群れやハナゴイも群れている。リーフの斜面沿いをゆっくり泳いだ。コブシメのハッチアウトやアオウミガメ、ネムリブカも見た。
 6/4  雨  25  25〜30 出港前にエンジントラブル。少し出港が遅れた。
1本目はウルノサチ。浅場にはタイマイが食事中。じっくりウオッチング。斜面のユビエダハマサンゴにはハナゴイが群れている。ハナビラクマノミのイソギンチャクは丸くなっていた。
2本目はニシバマ。浅場をゆっくり海中散歩。GWに落とした中尾さんのレンズキャップを拾った!!ラッキー!白い砂地は水中を明るくしてくれた。
 6/3  曇り  25  20〜30 水温も徐々に上がってきた!
1本目は阿真のエダサンゴ。チェックダイブを兼ねて、エダサンゴでゆっくり遊んだ。青い海に白い砂、サンゴにデバスズメと、夏らしい色になってきた。幼魚も増え、ミナミハコフグの幼魚が4、5匹いた。
2本目はアムロ漁礁。ユビエダハマサンゴを周り漁礁で遊んだ。珊瑚にはヒフキアイゴの群れやイソマグロ15匹がウロウロ。漁礁にはコブシメやイシガキダイ、アカメハゼも見れた。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ