ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 7/31  晴れ  28  25  1本目はウルノサチ。夫婦はブランクダイバーで子供達は元気にシュノーケリング。チェックダイブを兼ねて浅場を中心にダイビング。セジロクマノミやハナゴイの群れ、アカメハゼも見た。
お昼にアゲナシクで体験ダイビング。中学生の女の子。落ち着いて潜れていた。
釣りなどして遊び
2本目はニシバマ。砂地にはブドウガイの仲間がウロウロ。セミホウボウやメガネウオも見れた。トウアカクマノミの卵はハッチアウト中かな!?数は減ってきたがキンメモドキやスカシテンジクダイも群れていた。
 7/30  晴れ  28  25  昨日は毎日子供を相手にしているスタッフはダイバー相手とは違い昼休みもなく働いているので完全休暇にした。私も午前中船の整備と点検し午後から休みにした。
今日はいつもと同じ家族連れのダイバー。
1本目、アゲナシクで潜る。
キンメの根にはハナヒゲウツボの成魚&幼魚がいた。ハオコゼも2種類、この根だけでも遊ぶ時間が足らない。
2本目、釣りもできるポイント、ギナのポイント近くで潜る。カメを目的のダイビング、タイマイやアオウミガメが見られた。最近住み着いてなかったキンメの根にキンメが戻ってきた。
 7/28  晴れ  28  25 昨晩、 阿真キャンプ場でジャズのライブがあり見に行ってっ来た。帰りは海沿いから満天の星空を
眺めながら帰って来た。
ジャズに参加したメンバーも乗せてシュノーケリングで遊ぶ。
 7/27  晴れ  27  25  今日はファミリー一組で貸切。長〜い夏、今日みたいな穴場の日もあります。
1本目はアゲナシク。一つの根でハナヒゲウツボの幼魚と成魚が見れ、黄色のヒメウツボやピンクのハダカハオコゼ、キンメモドキの群れなど賑やかな根で遊んだ。ミカズキコモンエビも見た。
お昼に嘉比島で体験ダイビング。
2本目はウルノサチ。子供やお母さんはシュノーケリングでカメを見ている。。僕たちもダイビングしながらタイマイを2匹見た。ムチカラマツエビも沢山いて探すのが面白い。バブルコーラルシュリンプやナデシコカクレエビ、アカヒゲカクレエビ、アカメハゼなど小物も沢山いるが、ハナゴイの群れが綺麗だった。
 7/26  晴れ  28  25  1本目はイジャカジャ。シュノーケリングでもリュウキュウキッカサンゴがじっくり見れるポイントでウミガメも多いポイントだが、今日は1匹だけ・・。それでも触手がピンク色のイソギンチャクにカクレクマノミが住んでいたり、ヒバシヨウジやタツノハトコも見た。
お昼はガヒ島で体験ダイビング。上手に潜れていた。
2本目はブツブツサンゴ。ワイドからマクロまで、被写体を探しながらじっくり潜った。
 7/25  晴れ  28  25  夏休みに入ると家族のお客さんが多くなる。ザマミセーリングでも子供を連れたダイバーが多く子供はシュノーケリングや釣りなどして楽しんでいる。
食時間もなく遊びまわっているのでスタッフは一般ダイバーと違い休み時間がなく夕方にはヘロヘロになっている。今日も子ずれダイバー。
1本目アゲナシクキンメの根を潜る。
岩の中にキンメがびっしり詰り中から数匹のユカタハタが交互に覗きにやってくる、その周りには小さなオトヒメエビなど数種類の甲殻類やヨウジウオ、ハコフグやタテキンの幼魚など見て飽きない、
ハナヒゲは移動してないと思うが幼魚しか見れなかった。
2本目サクバルの隠れ根を潜る。
水深10mから垂直に30mまで落ち込んでいる。
中層にはスズメダイ、ハナゴイ、グルクンが群れ海底近くにはヨスジフエダイが群れている。最近増えてきた。ハナゴンベも多く写真も撮りやすい。
 7/24  晴れ  28  25  今日も子供や孫で賑わっている。子供達や孫たちを遊ばせ、その中で1ダイブ。カメを見たり、飛び込みしたり、素潜りの練習したり、無人島に上陸したり、ゴムボートに乗ったり、釣りしたりと、遊びまくり!マンタも出たが見せる事が出来なかったのが残念。お父さんやおじいちゃんは屋嘉比トンネルでダイビング。カツオの群れが船の近くをグルグル周っていた。
 7/23  晴れ  28  25  毎日最高の天気に恵まれている!
今日はシュノーケルや体験ダイビングがメインで遊んだ。午前中はシュノーケルで楽しめる青の洞窟や新田のチャンネルで遊び。お昼にアゲナシク東で体験ダイビング。午後からマンタ探しをして、
ギナで1ダイブ。カメを探しながら海中散歩。タイマイやアオウミガメ6匹見れ、ハダカハオコゼもいた。
 7/22  晴れ  27  25  今日は満員御礼。子供の日のように賑やかな船。各ファミリーのお父さんはダイバーなので子供たちの様子を見ながら2ダイブ。
1本目はブツブツサンゴ。フィッシュウオッチングしながら、のんびりダイビング。同じクマのクマノミでも黒から薄いオレンジ色まで色のバリエーションもあり面白い。
屋嘉比とイジャカジャでシュノーケルと釣りをして
2本目は嘉比前。元キンメの根で遊びヤシャハゼを見た。6キロ位のマダラハタが2匹と大きなスジアラが2匹、ハマフエフキダイが沢山と、美味しい魚ばっかり集まっていた。ガラスハゼは卵を産んでいた。
 7/21  晴れ  27  25  毎日べた凪。今日から子供たちが増え、船上は賑やか。
1本目はウルノサチ。シュノーケルでもカメを3匹見れ、ダイバーもカメを沢山見た。
2本目は新田洞窟。太陽の光の角度が良い時間帯に潜る。洞窟内は光のオーロラやスポットライトなど様々なバリエーションがあり、楽しみながら、男3人で潜った。ネムリブカが洞窟内に2匹、外に1匹泳いでいた。アオウミガメも見た。
3本目はニシバマのトウアカ。小さなエビ類や擬態上手なカニ類、アザハタの幼魚など、斜面沿いは小物が多く、擬態を見破るのが面白い。浅場には砂地にエダサンゴ、キンメの根など座間味らしい癒し系のポイント。
 7/20  晴れ  27  30  今日も良い天気。
1本目は阿真のエダサンゴ。エントリー時から逆潮が強い。普段は強弱があるが、今回は常に強かったので潮上で泳ぎ、エダサンゴは少しだけ。アオウミガメは優雅に潮に流されていた。
2本目はブツブツサンゴでFUNダイブと体験ダイブ。浅場のサンゴは太陽の光でキラキラしている。小さなエビ類やハナゴイの群れなどのんびりダイビング。
3本目は屋嘉比トンネル。中層から水面にかけてキビナゴが沢山!洞窟内は静けさがあり、光のシャワーがキラキラしていた。まったりダイビング。モンツキカエルウオは卵を守っている個体もあった。
帰りながらトローリング、小学4年生、2人でカツオを巻き上げた。今夜も新鮮なお刺身!
 7/19  晴れ  27  25〜40 1本目はウルノサチ。浅場ではタイマイが食事中、ダイバーが近づいても驚かない。のんびりダイビング。 
2本目はウフタマ。浅場の砂地はガーデンイールが沢山いる。太陽の光も入り綺麗。アオウミガメはお昼寝中で、こちらもダイバーを無視。アゴハタも見れた。浅場のキンメの根ものんびりウオッチング。
3本目は男岩。透明度も良く海が青い。流れが無い場所から潮上に近寄ると、イソマグロが群れていた。3つのグループのイソマグロの群れがグルグル回って来て、ダイバーを喜ばせてくれた。
帰りにトローリング。スマガツオが釣れた。
 7/18  晴れ  27  20  1本目はブツブツ。チェックダイブを兼ねてゆっくり周った。メインのサンゴは賑やかで魚も多い。マダラタルミの幼魚やホシゾラワラエビ、ネムリブカも見た。
2本目はアゲナシクキンメの根。ハナヒゲウツボは幼魚だけ、ピンク色や黄緑色のハダカハオコゼ、サビウツボはエビにクリーニングされていた。
3本目はトウアカ。トウアカは産みたてのオレンジの卵を守っていた。フィコカシスシムランスやタツノイトコ、アザハタの幼魚もいた。浅場の根にはキンメモドキやグルクンの幼魚を狙ってスマガツオがウロウロ周っている。
 7/17  晴れ 27   20〜30 1本目は阿真キンメ。水深30mにある根のオーバーハングにはウミウチワやイソバナがありキンメモドキが付いている。60`位のナポレオンも居た。
2本目は青の洞窟。洞窟内にはキンメモドキの数が増え、面白い被写体 。ソリハシコモンエビが凄い数いた。ミガキブドウガイが集団でいた。
3本目は阿真のエダサンゴ。クサハゼが多く生息し、オニハゼやシマオリハゼも多い。ピンクのイソギンチャクにはアカホシカクレエビもいてマクロも楽しめるポイント。エダサンゴにはデバスズメが沢山。今日は講習も最終日。ニタとアゲナシク、阿真のエダサンゴで潜った。ダイバーが一人誕生!
 7/16  晴れ  27 25〜40  透明度も回復。
1本目はケラマハナダイの根。流れが強く、キンメモドキは根の隙間に入っている。 それでもケラマハナダイやグルクンの幼魚などが多く賑やかな根。ガーデンイールも多い。
2本目は久場北をドリフト。ゆるい流れに乗ってリーフ沿いを流れた。斜面には様々な形のイソバナやカラフルナウミシダが多く色鮮やか。メインのイソバナのキンメモドキは激減。
3本目は久場の洞窟。リーフ沿いにはネムリブカが泳いでいる。洞窟の中にはハタンポが群れていた。光も入り綺麗で、イセエビもいた。
 7/15  晴れ  27  10〜15  うねりが少しづつとれてきたが透明度はの回復はもう少し。
1本目はギナ。カメを探しながらゆっくり周ったが、残念ながら会えなかった。でもタコの交接やヒバシヨウジも見れた。
2本目は送電線キンメから浅場にドリフト。キンメの根にはグルクンの幼魚も多く賑やか。今年はー15の根にもキンメモドキが付いている。ホシゾラワラエビも見れる。
お昼に体験ダイビング。
3本目はブツブツサンゴ。リーフの斜面をゆっくり周った。ハナゴイやキホシスズメダイ、ノコギリダイなどが群れ、賑やかな水中。のんびりダイビング。
 7/14 晴れ   27  10  台風明けのダイビング。今日から定期船が通常運行。でもまだ南東の風が強く、うねりが残っている。
1本目は浅場でチェックダイブと、海中の様子を伺いながらダイビング。砂地の上に、細かい砂が溜まり、上手にフィンキックしないとすぐ、砂が舞ってしまう。落ち葉なども落ちている。台風後の特徴
が出ていた。
2本目は海底砂漠。砂漠は流れがあり、砂漠の入り口で断念。ハゼエリアで遊んだ。ヒレナガネジリンボウやヤシャハゼの子供もいた。ウオッチングしていると、海藻類や木の枝が流れてきてハゼがビックリして巣穴に逃げ込んでしまう。幾つか回収したが台風後は仕方がない。
 7/10  晴れ  27  25  8、9、10日とダイビング!更新が遅れ反省・・。
 7/7  晴れ  27  30  1本目はリクエストでケラマハナダイの根。別々のキンメの根を2グループで周った。キンメモドキはアーチの形になったり面白い。ニジョウサバやスマガツオがアタック。
2本目は新田の洞窟。光のバリエーションが多く、毎日時間帯によって光のビームが違う。ネムリブカの子供がウロウロ泳いでいた。
3本目は久場のイソバナ。キンメモドキが付いているイソバナタワー周辺で、撮影するチームとリーフをゆっくり周るチームに分けた。浅場は珊瑚が綺麗でリーフの斜面には色々な形のイソバナやカラフルなウミシダが多い。程よい流れでポリプが開き綺麗だった。
 7/6  晴れ  27  30  今日もうねりが残っている。
1本目は海底砂漠。2チームに分ける。海底砂漠は明るく、気持ちが良い。程よい流れがありヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも捕食時間。
2本目はヤカビトンネル。トンネルの近くにはオビテンスモドキの幼魚が3匹。動きや形も面白い。最後にモンツキカエルウオを見た。
3本目はケラマハナダイの根。キンメの根を2か所周ったが、今年はキンメの当たり年。全体的に幼魚が多く座間味の海は賑やか。中層にはグルクンの幼魚が群れ、ニジョウサバが捕食をしに周っている。
 7/5  晴れ  27  30  草野ツアー初日。
1本目はウルノサチ。斜面のユビエダハマサンゴでチェックダイブを兼ねて遊ぶ。ハナゴイの群れが綺麗だが、なかなか固まってくれない。タイマイは寄らせてもらった。
2本目はブツブツサンゴ。2チームに分けて潜った。イソバナにはキホシスズメの幼魚が多く賑やか。ホシゾラワラエビやナデシコカクレエビも見た。
3本目はニシバマのトウアカ。ワイドチームとマクロチームに分ける。マクロチームは、トウアカクマノミやフィコカリスシムランス、アケウスや初めて見たウミウシなどじっくり遊んだ。ワイドチームは水深4mのキンメの根やエダサンゴで遊んだ。キビナゴも多く、スマガツオをよく見る。
 7/4  晴れ  26〜27  30  今日は体験ダイビング。シュノーケルでカメを見て、アゲナシクでダイビング。平均年齢69歳の賑やかなメンバー。上手に潜れていた。
 7/3  晴れ  26〜27  30  1本目は新田の洞窟。洞窟の中でネムリブカの子供がグルグル泳いでいる。目の前で泳いでいるサメを皆で撮影。光のバリエーションも多く、交互にモデルをして遊んだ。
2本目は久場のイソバナ。メインのイソバナツリーには今年もキンメモドキが沢山付いている。キホシスズメも多く、絶好の被写体だ。
 7/2  晴れ  26〜27  30  1本目はブツブツサンゴ。今日はFUNダイバー、ライセンス講習、体験ダイバーと3グループ分け。透明度も良く、水中もキラキラ明るい。浅場のサンゴ礁には小さなアオウミガメがのんびり泳いでいた。リーフの斜面にはネムリブカも泳いでいる。
お昼には体験ダイビングや講習をし、
2本目はアゲナシク。キンメの根にはハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼ。安定して見れるのが有り難い。しかも今の時期にはキンメモドキやグルクンの幼魚も群れていて面白い。
 7/1  晴れ  26  30  1本目はウルノサチ。タイマイやアオウミガメも見れた、ユビエダハマサンゴでのんびりダイビング。透明度も良く、海も青い。
高速船1便で迎え、4年ぶりに座間味に来られたご夫婦。ブランクがあるので、阿真のエダサンゴでリフレッシュダイビング。器材のセッティングは怪しかったが、潜るとブランクを感じさせない位、落ち着いて潜れてた。
2本目はヤカビトンネル。ゆっくり洞窟を周った。洞窟内にアカマツカサやハタンポが群れている。モンツキカエルウオは卵を守っている個体もいる。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ