ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 8/31  曇り  28  15  まだ風が強く、海も時化ている。
1本目は阿真のエダサンゴ。2チームに分けダイビング。カミソリウオも健在でクサハゼの数が増えている。エダサンゴでのんびり遊んだ。
那覇で待ちぼうけしていたメンバーを乗せ
2本目はニシバマのトウアカ。砂地のガヤにはタツノハトコが沢山いた。トウアカクマノミは産卵の準備をしているようだ、浅場のエダサンゴを寄りながら泳いだ。
3本目はギナ。岩の穴にはネムリブカが寝ている。カメを探しながらゆっくり海中散歩。後半に2匹見えた。タイマイは食事に夢中でダイバーを無視。
 8/30  曇り  28  15  石井先生グループの先発隊だけ、昨日、奇跡的に島に入れた。今日は全便欠航。午前中は古座間味ビーチで1ダイブ。午後からサーフィン体験。
ユビエダハマサンゴの隙間にはクロオビアトヒキテンジクダイやキンメモドキが群れていた。チョウチョウコショウダイの幼魚がいた。午後のサーフィンは珍プレーばっかりで面白かった。
 8/28  晴れ  28  25  台風が接近している。
1本目はアゲナシクキンメの根。根の隙間にはキンメモドキが群れていて、穴にはエビ類も多くミナミハコフグの幼魚もいた。ハダカハオコゼはピンクと黄緑色、ハナヒゲウツボの幼魚もいた。
お昼前に体験ダイビング。緊張しながらも上手に潜っていた。
2本目はウルノサチ〜ドリフト。ゆるーい逆ドリフトになってしまったが、根や珊瑚を寄りながら泳いだ。キンメモドキの数が少なくなったが、カミソリウオを見た。
 8/27  晴れ  28  25  1本目はニシバマ。アザハタが居ない根をウオッチング。ハナダイ類は健在だが、淋しい感じの根になってしまった。浅場でじっくり遊んだ。バブルコーラルシュリンプやアケウスの仲間、コノハガニを見た。
2本目はウチャカシ。ピグミーを見に行こうとしたら、キビナゴが多く、ニジョウサバやスマガツオ、インドカイワリの群れがアタックしていて面白い。イソマグロも群れで周って来て、回遊魚をじっくり見た。タテスジハタの若魚は青のラインが綺麗だった。
 8/26  晴れ  28  25  1本目はギナ。キンメの根の側にはジョーフィッシュがいた。ピグミーは見つからず、カメも見れず・・・。でもイロブダイの幼魚が可愛かった。ログ付でビデオを見ると、穴の中にサメが2匹映っていた。
2本目はケラマハナダイの根。1つの根でじっくりウオッチング。とても賑やかな根は、キンメモドキ、グルクンの幼魚、ケラマハナダイ、スカシテンジクダイが群れ、目移りする。
3本目はウフタマ。ファイヤーコーラルにはデバスズメが中層まで群れている。ガーデンイールも多く、流れてくるプランクトンを捕食している。アゴハタも見れた。
 8/25  晴れ 28   25  1本目は久場のイソバナ。浅場はサンゴが綺麗でリーフの斜面はカラフルなウミシダや色々な形のイソバナが多く、色鮮やか。ハナゴンベも見ながらゆっくり周った。
2本目はヤカビトンネル。洞窟に入る前に雨が降り、光の光線こそ無かったものの、イセエビやアカマツカサの群れ、オビテンスモドキの幼魚もいた。洞窟の外には大きなイトヒキアジのペアーや大きなイソマグロが近寄ってくれた。ネムリブカやモンツキカエルウオも見れた。
 8/24  晴れ  28  25  1本目トウアカ。トウアカクマノミの側にはミミックオクトパスがいた。砂から出すと、トウアカに近寄り、足を咬まれてしまった。まさか、イソギンチャクの中に逃げ込むと思わなかったが、悪いことをしてしまった・・・。
2本目ブツブツサンゴ。明るいリーフの上や斜面沿いを、のんびりダイビング。ネムリブカは穴の奥で頭隠して尻隠さず。
 8/23  曇り  27  20  阿真のエダサンゴ。台風後初ダイブ。砂地の根やサンゴを寄りながらのんびりダイビング。水温が下がり少し肌寒い。
 8/17  曇り、時々雨  29  25  1本目ぼつぼつサンゴ
2本目アゲナシクキンメの根。
 8/16  曇り時々大雨  29  30〜40 1本目 ニシバマトウアカポイントを潜る
トウアカクマノミから少し下りると小さな根が点在しガーデンイールが数か所で見られる。ここにもアザハタの根があったが住家を25mの場所に移したので根が砂で埋まりキンメも、ホワイトソックスもアザハタと共に移動した事を思い出す。
2本目クバイソバナを潜る。
潜る前は晴れ、潜り始めて10分程すると雨の音が聞こえ水面を見るとと大粒の雨が見える。水中は明るくイソバナにハナゴイ、カスミチョウチョウウオ、スズメダイが群れている。
8/15   晴れ 29   30 1本目 阿真エダサンゴを潜る。
流れ弱く大きなユビエダハマサンゴにデバスズメが多くのんびりと潜れ、被写体も多く自由に遊べるポイント。
2本目ウルヌサ千、キンメの根を潜る。
今年からキンメが付き出し水深10mにある根を覆っている。斜面を行くとミスジリュウキュウスズメの群れタイマイなどが見られる。
 8/14  晴れ  29  30  1本目ニシバマアザハタの根を潜る。
1年以上潜っていなかった。久々に潜ると悲惨な状態になっていた、アザハタの根はほとんど砂に埋まっていた。アザハタが毎日横になり砂をかきだし根の周りは深くえぐれていたのは自分の住家が砂に埋もれる事を知っていたからの行動だった。キンメも逃げ出しポイントとしては使えない。
2本目阿真ウシジを潜る。
サメの根では2匹がウロウロしダイバーが去ると穴に戻って行った、ウシジの周りにはここでしか見たことがないイソスズメダイが群れているが近寄らせてくれない、キビナゴガ多くダイバーに突き刺さる様なスピードで向かってくる。
 8/13  晴れ 29   50〜30 1本目屋嘉比トンネルを潜る。
どこまでも青く、距離感がつかめずコース取りも考えた。
2本目ウルヌサチを潜る。 
 8/12  晴れ 29   30  1本目ニシバマ北を潜る。
水深27mにキンメの根がある。キンメは少ない、ニシキフウライウオがいる。
2本目ブツブツサンゴを潜る。
クダゴンベは何時の間に2匹になっていた。
 8/11  晴れ  29  25  
この時期は家族ずれのダイバーが多くシュノーケリングの出来る場所を選んでいる、又体験ダイビングのリクエストも多く忙しくログを書くのをサボってしまう。
1本目アゲナシクのキンメを潜る。
岩の中にはキンメが多く住んでいる、岩主はユカタハタ数匹ととクロハタ2匹、小エビが数えきれないほどいる。ハナヒゲの親子は子供だけが顔を出していた。
2本目サクバル漁礁を潜る。
漁礁に行く途中に30s程の大きなヤイトハタがいた、ツバメウオ、アカククリなど住んでいる。
隠れ根では底にヨスジフエダイの群れが3グループに分かれている、くっつけようとゆっくりと追い込んでも仲が良くないのかくっつかない。
ハナゴンベは多く見られる、中層にはハナゴイ、アマミスズメなどが群れている。
 8/10  晴れ  28  25〜30 今日は風もなく水面はグラッシー。
 1本目はニシバマ北。デバスズメやロクセンスズメダイは水面近くまでホバーリング、水面が鏡の様になり魚が反射して写っている。教えてもらったニシキフウライウオは2匹。サンゴの下にはネムリブカの子供やタコなども見た。
2本目は海底砂漠。流れがあり砂漠が気持ち良い。ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウも近寄れた。
嘉比やイジャカジャにマンタがいる。イジャカジャでウオッチング。
3本目はウルノサチ。2チームに分けてエントリー。タイマイやサンゴ、擬態上手なエビやハゼなどを見た。ハナゴイの群れは綺麗。
 8/9  晴れ  29  25  1本目はギナ。キンメの根に寄ったりしながらアオウミガメに出会った。オニダルマオコゼも久しぶりに見た。カツオの捕食にも出会った。
2本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根を寄りながらエダサンゴで遊んだ。のんびりダイビング。
3本目はブツブツサンゴ。キビナゴの群れが凄かった。スマガツオやニジョウサバがアタックしている脇で、ベラやハタまで興奮しているようだった。ブダイはまったく無関心・・・。
 8/8  晴れ  29  30  データ待ちですが、忘れちゃっているかも・・・。
 8/7  晴れ  29  30  データ待ちですが、忘れちゃっているかも・・・。
 8/6  晴れ  29  30〜40 1本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根やハゼエリアを寄ってエダサンゴで遊んだ。ピンクのイソギンチャクにはアカホシカクレエビが付き、クサハゼはホバーリングしていた。 
2本目は屋嘉比トンネル。透明度も良く気持ちが良い。カクレクマノミは卵を育てている。モンツキカエルウオも卵を産んでいる個体が多く、じっくりウオッチング出来る。洞窟内は光も降り注いでいた。
 8/5  晴れ  29  30  今日も賑やかな船上。
1本目はブツブツサンゴ。昨年から小さなサンゴが増え始め、今ではサンゴの割合が多くなってきている。ノコギリダイやハナゴイが群れ、被写体も多く水中も賑やか。ソメワケヤッコの幼魚が定着している。
2本目はトウアカ。青い海と白い砂とサンゴとスズメダイ。光も入り綺麗だった。アザハタの幼魚や大きなタツノハトコ、トウアカクマノミは産卵場を掃除していた。明日には卵を産むだろう。
8/4   晴れ 30   40〜50 水温が大台を超え白化現象が心配になってきた。 1本目ウルヌサチで潜る。
1.2mの浅い場所でカメが見れてダイビングでも見れる場所、最近キンメが付いているので被写体に良い。
2本目クバで潜る。
イソバナが群生し、魚の群れの奥にケラマブルー、透明度高く最高のコンデションのなか突然別のグループの足ひれにゴマモンガラが噛みついた、
吸い寄せられるように一人向かっていく、引き止めてUターンして難を逃れた。
 8/3  晴れ 29  40  1本目ぼつぼつサンゴを潜る。
大イソバナにスズメダイの幼魚が群れている。
浅瀬では昨年台風に壊された場所から小さなサンゴが生えだした。今年は大型台風の直撃はないけど心配だ。
2本目ギナで潜る。
カメポイントなのでダイバーの上をシュノーケリングのメンバーが見える。いつも寝ている根の上にアオウミガメが2匹、タイマイが1匹見れた。
流れなくのんびりと潜れた。
 8/2  晴れ 29   30〜40  夏休みは家族連れのダイバーが続く。
台風の余波もなく海水温が少しづつ上がってきた
今日は29.5度と30度に近づいた。
ダイバーは船の上の喧騒から逃げるように水中へ潜っていく。1時間は自分の楽しみが出来る、3人ともスーツなしで潜る。
1本目ウルヌサチで潜る。最近カメが人気でダイバーもシュノーケリングのメンバーもカメの見れるウルヌサちで潜る。
水深10メートルにある小さな根、スカシやキンギョハナダイなどが群れている高さ2m程のの根をキンメが覆っていた。今年はキンメが多い。
2本目ニシバマで潜る。
トウアカクマノミはいつ行っても卵がある、毎月数百匹産まれてもこの種類は増えない。座間味で2か所しか見られない貴重な生き物である。
水深5.6mにある砂地のエダサンゴではデバスズメが群れ透明度の高い今日などは海が青くどこまでも透き通って見える。
 8/1  晴れ  28  25〜40  1本目はブツブツサンゴ。ライセンスを取得したてのお父さんと中学生の息子。体力が有り余っている中学生はすいすい泳いで行く。スピードを押えながらゆっくり周った。カツオの群れがキビナゴの群れにアタックしていた。
お昼は青の洞窟でシュノーケリング。キンメモドキは多い。
2本目は屋嘉比トンネル。透明度も良く海が青い。沖にはネムリブカの子供が泳いでいる。洞窟は光が入り明るい、探検気分でダイビング。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ