ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 9/29  時々雨 28   30  1本目はウチャカシ。隠れ根を周り、浅場にはキビナゴが沢山。ツムブリの群れやニジョウサバ、カツオの群れがキビナゴを捕食している。のんびりウオッチング。
2本目は新田の洞窟。光の光線は柔らかくなってきたがまだまだ綺麗。迷路のような洞窟を周ってきた。
3本目は久場のイソバナ。リーフには珊瑚が沢山!カラフルなウミシダや、色んな形のイソバナも多く魚も多い、おすすめポイント。ネムリブカやイソマグロも見た。
 9/28  雨  28  30  今日も風が強い。
1本目は名瀬沖。大きなウミウチワが幾つも健在でのんびりダイビング。ピグミーは4匹いた。潮上にはウメイロやカスミチョウチョウウオが群れ、ネムリブカも泳いでいた。
2本目はサクバル漁礁。漁礁手前のクリーニングポイントでは、イソマグロが交代ずつ縦にホバーリングしてクリーニングされている。隠れ根はキンセンフエダイやロクセンフエダイ、ヨスジフエダイが一緒に群れている。
 9/27  雨  28  30〜40 今日から落ち着き、お一人で貸切。1本目はドリフトダイビング。 キンメの根を2か所周り、エダサンゴで遊んだ。キンメを掻き分けて穴の中を覗くと、5`位のアカジンがいた。2センチ程のカエルアンコウやホシゾラワラエビも見た。
2本目はアゲナシク漁礁。漁礁にはトゲトサカが多く、イソバナにエビが沢山付いている。大きなネムリブカも見れ、アカククリも群れている。、
 9/26  曇り 28   15〜20 今日は海洋実習。風が強く、静かな場所を選んでダイビング。無事に全員合格。夜は皆でBBQ。 
 9/25  晴れ  27  20  スタッフ雄大のご両親の会社のメンバーで貸切。7名OWD講習と3名ファンダイブ。1日古座間味ビーチ沿いに船を泊め講習。スタント会社だけあって、皆さん運動神経も良く、安心した。心配なのは学科。
 9/24  晴れ  27  25  船を貸切で、日帰りの撮影隊。水中や海の風景などを撮影。太陽が出てホッとした。
 9/23  晴れ  27  25  1本目はニシバマ。2チームに分けてエントリー。深場の根はもう淋しい感じになっていた。浅場で泳いだチームはチェックダイブを兼ねてゆっくり周った。
2本目はブツブツサンゴ。クダゴンベやオオモンカエルアンコウなども見れた。スマガツオも回遊してきた。
3本目は阿真のエダサンゴ。岩場を周り、エダサンゴで遊んだ。ウミウシカクレエビやコマチコシオリエビ、オドリハゼなど小物も多いが、デバスズメダイも多く、のんびり遊べるポイント。
 9/22  晴れ  27  25  連日の定期船欠航で、ヘリで来られたり、セスナで来られたり、感謝です。
1本目はケラマハナダイの根。ハナダイやキンメモドキ、グルクンの幼魚が多く、賑やかな根で遊んだ。
2本目はウルノサチの岩場。ヨスジフエダイやヒメフエダイ、アカヒメジが群れている。砂地にはクサハゼも多く、アカメハゼも沢山いる。
 9/21  晴れ  27  15〜30  本日も全便欠航。
1本目は阿真牛瀬。隠れ根周辺で遊んだ。隠れ根のトップや裏にはキンギョハナダイやカスミチョウチョウウオが群れている。壁沿いにはイソバナも多く、ホシゾラワラエビやイセエビの赤ちゃん、アカククリなども見た。キビナゴを狙ってスマガツオがウロウロしている。
2本目は、阿真アパート前。船の下にはサザナミフグが3匹。砂地の斜面をゆっくり泳いだ。カクレクマノミにのイソギンチャクにはアカホシカクレエビも暮らしている。骨まで透けているスカシテンジクダイも沢山。
夕方はサーファーがいっぱい。
 9/20  曇り  27  25  定期船は全便欠航。うねりも入っている。
1本目はガヒキンメの根。砂地の斜面を下りると。割れた根があり魚も多い。隙間からスミレヤッコがちょこちょこ姿を見せてくれる。イソギンチャクにはイソギンチャクモエビが沢山いて、常にお尻をフリフリしている。アカホシカクレエビも多い。
2本目は海底砂漠。砂地にはガーデンイールやヤシャハゼが見れる。ハゼは近寄れて撮影出来た。
 9/19  晴れ  27  30  台風の影響が出てきた。
1本目はブツブツサンゴ。浅場はうねりがある。リーフの斜面を泳いだ。クダゴンベやウメイロモドキの群れなど、可愛い魚も多い。
2本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根やサンゴを寄りながらユビエダハマサンゴで遊んだ。
 9/18  晴れ  27  30  1本目はウルノサチ。2チームに分け潜った。カクレクマノミやセジロクマノミ、小物のエビ類なども見れ、アカメハゼも多い。スマガツオの群れが目の前を通過した。
2本目はアゲナシクキンメの根。キンメの根でフィッシュウオッチング。ハナヒゲウツボの幼魚と成魚を同時に見れる根にはハダカハオコゼなど被写体も多い。
 9/17  晴れ  27  30  午前中シュノーケリング。
 9/16  晴れ  27  25  1本目はサクバル漁礁
 9/15  晴れ  28 25   台風の影響を受け北風が強い。
1本目はウルノサチ。ユビエダハマサンゴには行かず、岩場で遊んだ。アカヒメジやヨスジフエダイ、ヒメフエダイが群れ、ハマフエフキも多い。美味しそうな魚ばっかり集まっている。小物のエビ類などもいて、クサハゼやアカメハゼも沢山いる。
2本目はブツブツイサンゴ。のんびりメインの珊瑚でフィッシュウオッチングしてリーフの斜面を泳いだ。スマガツオの群れがキビナゴを捕食していた。
3本目はニシバマ北。タツノハトコは数が多く、大きさも様々。フィコカリスシムランスも見やすい大きさ。
 9/14  晴れ  28  20〜40 1本目は屋嘉比トンネル 。海が青く透明度抜群。水温も温かく、沖をゆっくり海中散歩してから洞窟で遊んだ。洞窟には暗闇が好きな特有の魚やベラの幼魚なども多いが、小さな黒色のハダカハオコゼもいた。初日の1本目で新品のビデオを水没。
2本目は送電線キンメの根からドリフト。キンメモドキの数も多いがサイズも大きい。オドリハゼもいた。浅場に進むとタマンやスジアラなど美味しそうな魚が多い。ヒレボシミノカサゴのペアーを久しぶりに見た。ホシゾラワラエビもペアーでいる。
3本目はギナでドリフト。のんびり海中散歩。カクレクマノミのイソギンチャクが綺麗。浅場のリーフにはゴシキエビが白い髭を出していた。
 9/13  晴れ  28  25〜30 1本目はニシバマのトウアカ。真っ白な砂地に光が入り明るい。トウアカクマノミの卵はハッチアウト寸前。小さなエビ類やカニなどサボテングサには擬態上手な小物が多い。フィコカリスシムランスの、濃い色の個体もいた。
2本目は新田の洞窟。太陽が真上の時間帯に潜ると、垂直な光のカーテンやスポットライトなどバリエーションが豊富にある。イセエビやナムリブカなども洞窟内で見れる。
3本目は女瀬ノ崎。垂直なドロップや水路中心に遊んだ。カスミチョウチョウウオも多く、崖みたいな地形も面白いポイント。 
 9/12  晴れ  28  30  1本目は久場北。浅場のサンゴは生き生きしている。水温も夏に戻りのんびりダイビング。ネムリブカも穴の中でウロウロしていた。
お昼はゲルマ島で休憩。
2本目はサクバル漁礁。漁礁にはツバメウオやアカククリが住人。隠れ根は根の底から中層まで群れの魚が多い。ハナゴンベも沢山いる。
雄大はビーチでOWDの講習。
 9/11  晴れ  27  20  今日からドルフィンテールのツアーと合流。車イスダイバーも潜る。1本目はアゲナシク。2チームに分けて潜った。沖のキンメの根ではハナヒゲウツボの成魚と幼魚が見れる。ドルフィンチームはジョーフィッシュからゆっくり周った。
2本目はウルノサチ。のんびりユビエダハマサンゴで遊んだ。サンゴの隙間にはクマノミ類も多く、イソギンチャクもカラフル。小物のハゼやエビ類も多い。
 9/10  晴れ  27  25〜30 1本目は久場のイソバナ。2グループに分けて、のんびりダイビング。 大きなイソマグロやネムリブカ、ハナゴンベなど見れた。
2本目は久場の隠れ根。中層にはスミレナガハナダイが多く、色鮮やか。ダイナミックな根のトップにはキビナゴが沢山群れている。
 9/9  晴れ  27  20〜30  1本目はニシバマ。トウアカクマノミの近くには小物が多い。擬態上手なエビやカニ類。タツノハトコやフィコカリスシムランスなどウオッチング。浅場はワイドでスズメダイやサンゴを見ながら泳いだ。
2本目はサクバル漁礁。深場の漁礁に近寄るとツバメウオがお迎えに来てくれる。ヨスジフエダイの群れにはムスジフエダイやキンセンフエダイなど似たような魚同士が混じっている。大きなドクウツボやネムリブカも見た。ブダイより小さなイソマグロもいた。帰りにマンタウオッチング。
 9/8  晴れ  27  25  1本目はアゲナシクキンメの根。沖の根でハナヒゲウツボとハナヒゲの幼魚が見れる。色の違いが面白い。ハダカハオコゼもピンク色と黄緑色が見れ、被写体も多い。
2本目はブツブツサンゴからドリフト。クダゴンベやカエルアンコウも久しぶりに見た。リーフの斜面も賑やかで、のんびりダイビング。
マンタは船上から見えた。
 9/7  晴れ 27   20  1本目は安室漁礁。ユビエダハマサンゴをゆっくり周って漁礁で遊んだ。サンゴにはクマノミの種類が多く、漁礁にはアカククリが住んでいる。アカフチリュウグウウミウシは3匹集まっていた。
2本目はウルノサチ。小物のエビ類などが多く、擬態を見抜くのが面白い。アカメハゼも多い。タイマイは2匹見れた。
3本目はシルキンメの根。アザミサンゴの隙間にはキンメモドキやウコンハネ貝もいる。砂の斜面を登り、浅場からゆっくり戻った。タコも居た。
 9/6  晴れ  27  25  1本目はガヒ前。海底砂漠チームと学生チーム、分けて潜った。流れがあり、まだ学生のレベルでは砂漠は断念。リーフの斜面沿いやガーデンイールを見て遊んだ。砂漠チームはヤシャハゼも見れた。
2本目はブツブツサンゴ。メインのサンゴは魚も多く賑やか。ヒレナガスズメダイは幼魚と成魚が隣り合わせで色の変化を楽しめる。ナデシコカクレエビもいる。
3本目はウフタマ。流れが弱く泳ぎやすい。比較的水深も浅く、のんびりダイビング。アオウミガメやアゴハタも見れた。キンメの根はスカシテンジクダイが多く色とりどり。
 9/5  晴れ  28  25  1本目はサクバルの隠れ根。隠れ根をゆっくり周った。
2本目は阿真のエダサンゴ。砂を巻き上げないように泳ごうっと言ったが、まだまだ砂を巻き上げてしまう。中性浮力をもっと練習しなきゃだめかな。
 9/4  晴れ  28  15  台風のバックスウェルが到達。外海は昨日よりもうねりがある。今日1日は神戸三木の山根先生グループの貸切。元気なおばちゃん達とシュノーケルや体験ダイビングをして遊んだ。夜はBBQ。
 9/3  曇り  28  20  台風に振り回され、午後から2ダイブ。
上智大学の合宿、1本目はブツブツサンゴ。1年生はライセンス取り立てなので、様子やレベルに合わせてダイビング。スマガツオがウロウロしていた。
2本目はニシバマ。砂地の根やサンゴは魚達の絶好の住家。ガーデンイールも沢山いる。
 9/1  晴れ  29  20〜30  今日は午前中シュノーケル。外海をドリフトでシュノーケルした。ウチャカシではキビナゴが群れニジョウサバやカスミチョウチョウウオが群れていた。
男岩ではスマガツオがキビナゴを捕食していた。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ