ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 10/31  雨  25  30  賑やかなお姉さん3人と体験ダイビング。シュノーケリングでカメも見れ、体験ダイビングも上手に潜れていた。
10/30   晴れ  25  25  修学旅行生のボートシュノーケル。
午前午後ともカメを4匹見れ、喜んでいた。
 10/28  曇り  25  25  1本目は海底砂漠。ハゼエリアの砂が台風後少し変わってしまった原因か、ヤシャハゼは1ペアーだけ・・・。本日もマクロチームワイドチームに分けて潜る。
2本目はキンメの根と、ケラマハナダイの根。被写体が多い両方の根にはキンメやスカシが多くエビ類も多い賑やかな根。
3本目は阿真のエダサンゴ。マクロチームはハゼ狙いでワイドの夫婦はのんびり砂地のエダサンゴを周った。
 10/27  曇り  25  15  今日も外海はうねりがある。
1本目はニシバマのトウアカ。2チームに分けて潜った。動かないヤングチームは、トウアカ周辺だけで60分。アダルトチームはのんびり海中散歩。
2本目はウルノサチ。同じ様な動きでヤングチームはハゼやエビなど動かないダイビング。アダルトチームは岩場からエダサンゴまでのんびり泳いだ。ヒバシヨウジもいた。
3本目は送電線。浅場で遊んだ。トウアカクマノミ以外は見れるポイントで浅場にはネムリブカも寝ていた。
 10/26  晴れ  26  10  今日も全便欠航。まだうねりがある。朝、船の台風対策を解除して、ヘリで来られるお客さんを阿嘉島で迎え、お昼から2ダイブ。アゲナシクとブツブツサンゴで潜った。透明度は良くない。小物を探して遊んだ。ジョーフィッシュやオオモンカエルアンコウ、ミカズキコモンエビがタテジマキンチャクダイをクリーニングしていた。
 10/24  雨  26  15〜20  今日はビーチで1ダイブ。移動距離20m、水深4mで60分以上潜っていた。白化したイソギンチャクのクマノミをじっくり撮影。ツマジロオコゼやユキミノガイも見た。
 10/23  曇り  26  20  今日はビーチで2ダイブ。毎ダイブ60分以上のじっくりダイビング。クロオビアトヒキテンジクダイやスカシテンジク、キンメモドキなど賑やかなサンゴやミカズキコモンエビ、ハゼ類など小物も面白い。2本目は浅場でダイブ。水面をスマガツオの群れが通ったりけっこう面白い。綺麗なイソギンチャクがあった。
 10/22  曇り 26   20  台風が近づき、昨日ヘリでお客さんが帰ったが、ヘリでお客さんが入ってきた。少しでも潜りたい、ダイビング&カメラ派のダイバー。もちろん貸切。
静かなポイントを選びエントリー。キンメの根にはハナヒゲウツボの成魚と幼魚やハダカハオコゼ3匹いる。じっくり撮影し浅場にはオイランヨウジのペアー。
2本目は送電線。−15mの根にはヒレボシミノカサゴがじっ〜としている。ホシゾラワラエビやハタタテシノビハゼも大きな個体。浅場の綺麗なイソギンチャクにはカクレクマノミが付いている。
3本目は、アカメハゼをじっくり撮影。ほとんどアカメハゼだけで60分ダイブ。今年はアカメが多い。浅場でタイマイも見た。
夕方から台風対策。
明日からボートダイブはしばらく休業。
 10/21  晴れ  26  20  今日から台風の影響でクイーンは全便欠航。フェリーは折り返し運行。午前中2ダイブに変更。1本目は阿真のエダサンゴ。時化ている時にも強いポイントで、被写体も多く遊べる良いポイント。水中は静かで陸上の強風を忘れてしまいそうになる。ハゼ類やスズメダイの群れなどウォッチング。途中で体験ダイバーと合流。うまく潜れていた。
2本目はリクエストでブツブツサンゴ。オオモンカエルアンコウが大好きなお客さん、一度見て、帰る途中に又リクエスト、Uターンして又見に行った(笑)。スマガツオの群れも目の前を通過した。
 10/20  晴れ」  26  25〜40 今日も北風が強い。
1本目はキンメの根でじっくり遊んだ。黄緑のヤギにはユカタハタやキンメモドキが絡み被写体にもってこい。
2本目はサクバルの隠れ根。根の底からヨスジフエダイの群れ、ハナゴンベ、ハナゴイ、アマミスズメダイ、グルクンの順に水面近くまで群れている 。キハッソクが3匹いてビックリ。僕だけ興奮していた。イソマグロも1匹ウロウロ。
3本目はアゲナシクキンメの根。メインの根にはハダカハオコゼ3匹。ハナヒゲウツボの幼魚と成魚が見れた。ミカズキコモンエビも3匹いる。浅場にはオキナワハゼSPが2個体。
 10/19  晴れ  26  25  水温も下がり始めた・・。
1本目はブツブツサンゴ。オオモンカエルアンコウとじっくり遊び、ナデシコカクレエビやウメイロモドキの群れを見た。ハナゴイの婚姻色、尾びれが黄色の個体も目立つ。
2本目はアパート前。斜面沿いをのんびりダイビング。小物や、デバスズメも群れていて賑やか、浅場にはタイマイが3匹いた。
3本目はニシバマ北。浅場と深場チームに分けて潜った。ホヤの中には綺麗な緑色のエビが住んでいる。
 10/17  晴れ  27  20  昨日に続き、シュノーケルや体験ダイビングをして遊んだ。カメも見れ、ダイビングも上手に潜れていた。
 10/16  曇り  27  10  のんびり体験ダイビングの予定が海況が悪い
。どんどん濁りが入りプチ体験ダイビングとなった。この濁りはこの夏初めて。
 10/15  曇り  27  20  1本目ウルノサチ。
2本目ガヒ東。
3本目はアゲナシクキンメの根。
 10/14  晴れ  27  20  1本目はアゲナシク漁礁。
2本目はニシバマ。
3本目は阿真のエダサンゴ。
 10/13  曇り  27  20  1本目海底砂漠
2本目はニシバマ北。
3本目はケラマハナダイの根。
4本目ブツブツサンゴ。
 10/12  曇り  27  15〜20  草野ツアーも合流。
1本目は送電線。
2本目は安室漁礁。
3本目はブツブツサンゴ。
 10/11  晴れ  27  20  1本目はアゲナシク。沖のキンメの根で遊んだ。小物が多く、被写体も多いポイント。ミカズキコモンエビも見れた。
2本目はアパート前。根や珊瑚などを寄りながらのんびりダイビング。
 10/10  晴れ  27  20
1本目はニシバマ。白い砂地とエダサンゴは癒し系ポイント。飲んびりダイビング。
2本目はブツブツサンゴ。リーフの上には珊瑚が多く、魚も多い。 
3本目はウルノサチ。エダサンゴにはハナゴイが群れている。タイマイも見れた。
 10/9  晴れ  28  20  日帰りで仙台のサーフィン仲間や先輩なども来てくれて賑やか。1本目はウルノサチ。2本目は激流の海底砂漠で潜った。夜はBBQ。
 10/8  曇り  27  15  更新が遅れました。内容があたっているかどうか・・・。
台風明けで久しぶりのダイビング。和歌山から毎年常連の賑やかなお姉さんとダイビングだが、ダイビング器材が定期船の欠航が続き、まだ届いてない。器材が届くのを待って午後から1ダイブ。ブツブツサンゴにはオオモンカエルアンコウやオランウータンクラブ、クダゴンベなどを見た。

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ