ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 11/25  雨 25   25〜30  クイーンザマミは欠航した、明日のクイーンの運航が心配なのでフェリーで那覇まで行く。
1本目サクバル隠れ根を潜る。
ヨスジフエダイが凄く増えている。今日はヨスジの動きに見とれていた、根の上にはグルクンも群れ
ていた。
2本目、阿真エダサンゴを潜る。
雨の中水の中が青く透き通って遠くまで見える。
入ったらエダサンゴの上からタイマイが私達に向かってきたと思ったら急にUターンしクマノミのついているイソギンチャクの中に頭を突っ込んだ、クマノミがビックリして首を咬んで攻撃していた、エダサンゴの根っこの藻を食べていると思ったらなんとイソギンチャクを食べていた、ビックリしてタイマイをどかそうかと考えたが人間のエゴで物事を考えたらいけないのでしばらく様子を見る事にした。ひとかけらを引きちぎり口に入れると何度も咬みなおしくちゃくちゃと20分ほどでほとんどを食べ尽くした。2匹のクマノミも必死で首に噛みつきタイマイを追い出そうとするが痛そうな仕草を見せるがひるまなかった。癒し系のタイマイがこの時ばかりは悪魔に見えた。
 11/24  晴れ  25  20〜30  1本目は安室漁礁。親父チームはヨスジフエダイが群れている所まで周った。ヒフキアイゴの群れやバブルコーラルシュリンプ、ナデシコなど小さいエビもいるが、周りがサンゴに囲まれているので中性浮力の技術が必要。
2本目はウルノサチ。岩場中心にダイビング。ヨスジフエダイやアカヒメジ、ヒメフエダイなどが群れている。ハゼエリアでは名前不明のハゼが2種類。タイマイや、アカメハゼも見た。
3本目はタカチンシ。50s位のイソマグロ3匹や、10s前後のイソマグロの群れ、30sのアカマダラハタ、グルクンやウメイロの群れなど、賑やかなダイビング。カシワハナダイの婚姻色が凄く綺麗。
 11/23  晴れ  25  25  1本目は送電線。カクレクマノミやセジロクマノミなど何カ所も見れ、じっくり撮影できるポイント。コクハンアラやヒレボシミノカサゴもいた。
2本目はアゲナシク。ハナヒゲウツボの幼魚と成魚やハダカハオコゼ、ミカズキコモンエビなどのんびりウオッチング。
3本目は海底砂漠。流れもあり砂漠は気持ちが良い。コブシメやアオウミガメ、ヤシャハゼも見た。
夜は港で島人芸能ショー。皆で盛り上がった!
 11/22  晴れ  25  25  1本目は安室漁礁。数百メートル続くユビエダハマサンゴのほんの一部を泳いだが、一面サンゴだらけ。サンゴの隙間にはクマノミ類も多く住んでいる。漁礁にはアカククリやイシガキダイもいた。
2本目はブツブツサンゴ。クダゴンベ、クダヤギクモエビ、アカネハゼ、ホシゾラワラエビなど、小物も見ながらゆっくり周った。大きなホシカイワリがグルクンを追っていた。
3本目は2チームに分けて潜る。砂地には笑える顔のメガネウオや、クサハゼ、ハチマキダテハゼ、シマオリハゼなど、ハゼ類は豊富。肉眼で見たら地味だけど写真で取るとラメ色が入り、ハゼも綺麗。浅場のエダサンゴにはデバスズメが産卵していた。
 11/21  晴れ  25  25  1本目はニシバマ。上智のOBが友達を連れて来てくれた。友達はライセンス取り立ての初ダイビング。ニシバマでチェックダイブとレベルの確認をしながらゆっくりダイビング。砂地のエダサンゴや斜面をゆっくり海中散歩。
2本目はウルノサチ。バブルコーラルシュリンプやナデシコカクレエビなどなど、小さいエビ類も多い。最後には食事中のタイマイも出会った。
 11/19  晴れ  25  25  修学旅行のお手伝い。午前中はビーチで体験ダイビング。午後からボートシュノーケルをした。カメも3匹見れ喜んでいた。
 11/18  晴れ  25  20〜25  マナティーズ。ツアー最終日。
1本目はアパート前。比較的浅めの水深で遊んだ。スカシテンジクダイやミナミハコフグの幼魚、イロブダイの幼魚など、根や珊瑚の隙間を覗くと可愛い幼魚が見れる。デバスズメやキンセンイシモチを狙ってハナミノカサゴも多い。
2本目はサクバルの隠れ根。ツムブリの群れやヨスジフエダイ、アマミスズメダイなどが群れ、隠れ根は賑やか。浅場にはハタタテハゼが多い。
3本目は安室漁礁。ユビエダハマサンゴに囲まれた漁礁にはアカククリやヘラヤガラが多い。漁礁はバディー同士で遊び、ユビエダハマサンゴは皆で移動した。サンゴの隙間にはイソギンチャクも多くクマノミ類も多い。今日はチョウチョウコショウダイの幼魚を見た。
 11/17  晴れ  25  25〜40 1本目は海底砂漠。砂の山あり谷ありの地形はここだけ。流れに乗りながら周った。残念なのがヤシャハゼは1ペアーのみ。これから増えてくれることを期待したい。ガーデンイールは沢山いる。
2本目はウルノサチ。擬態上手なエビ類などが多いポイント。タイマイや大きなニセゴイシウツボを見た。浅場にはコブシメや、アオリイカがいた。冬の訪れです。
3本目はアゲナシク。。2チームとも時間をずらし同じ根で遊んだ。ハナヒゲウツボの幼魚と成魚やヒメウツボ、ハダカハオコゼなど沖のキンメの根は被写体が多く、面白い。 
 11/16  曇り  25  30 今日から東京のダイビングショップマナテーズのメンバーが来てくれました。
1本目は阿真のエダサンゴ。2チームに分け、チェックダイブを兼ねてゆっくりダイビング。ハゼエリアを寄ってエダサンゴでフィッシュウオッチング。
2本目はブツブツサンゴ。クダゴンベやアカネハゼ、キスジカンテンウミウシも見た。メインの珊瑚はハナゴイが集まっていた。浅場にはネムリブカもいる。
3本目はニシバマ 。マクロやワイド、両方楽しめるポイントでゆっくり泳いだ。白い砂地にエダサンゴ、スズメダイやナンヨウハギがいて、癒し系なポイント。水深も浅くのんびり出来る。
夜は島人芸能ショー。
 11/15 曇り   25  25  1本目はクダゴンベを見に潜った。チェック柄の魚でも擬態は上手。アカネハゼやウミウシを探しながらゆっくり潜った。
2本目はアパート前。水深10mの根でフィッシュウオッチング。ケラマハナダイやスカシテンジクダイが多くのんびりウォッチング。コブシメやタイマイも見た。
3本目はニシバマのトウアカ。砂地の斜面沿には、メガネウオがいた、あのブサイクな顔は思わず笑ってしまう。トウアカクマノミは卵を産んでいた。小物類を見て、浅場のエダサンゴで遊んだ。
 11/14  雨のち晴れ  25 25  1本目はウルノサチ。ナデシコやバブルコーラル、アカヒゲ、ムチカラマツエビなど小さいエビ類も多いが、今年はアカメハゼが多い。 至る所にアカメハゼが群れている。ハダカハオコゼやタイマイも3匹見れた。
2本目は海底砂漠。大きなイソギンチャクエビやハダカハオコゼを見て砂漠を覗いた。ヤシャハゼやガーデンイール、カクレクマノミもいる。
3本目はケラマハナダイの根。グルクン、ケラマハナダイ、キンメモドキが群れている賑やかな根で遊んだ。ロクセンヤッコも逃げないで根で遊んでいる。ヒメウツボは2匹、ハダカハオコゼも見れた。
 11/13  雨  25  25  今日も寒い。3本の予定が、午前2ダイブに変更。1本目はブツブツサンゴ。浅場にはサンゴも多く明るい。メインの珊瑚で遊び斜面をゆっくり泳いだ。ホシゾラワラエビが戻って来てくれた。
2本目は阿真のエダサンゴ。ぐるっと周ってユビエダハマサンゴで遊んだ。ハゼエリアにはクサハゼやシマオリハゼ、オドリハゼが多い。
 11/12  雨  25  25  1便で新潟のマナテーが来島。
気温が下がり肌寒い・・。
1本目はニシバマでチェックダイブを兼ねて潜った。水中は明るく綺麗。砂地のサンゴや根を周って泳いだ。黒色のガーデンイールや、ハダカハオコゼ、グルクンの群れも綺麗だった。
2本目は送電線キンメの根から浅場にドリフト。キンメモドキが浮き、被写体になる。ミカズキコモンエビはユカタハタをクリーニング。浅場にはコクハンアラが4匹ウロウロしていた。セダカギンポが卵を産んでいる。
 11/10  晴れ  26  30〜40 1本目はアゲナシク。透明度が良く、海も青い。潜るだけで気持ちが良い。 ハナヒゲウツボの幼魚と成魚やハダカハオコゼ、エビ類など安定して見れるが、今日はヒメウツボが全身出して泳いでいた。
2本目は久場のイソバナ。リーフ上には様々な珊瑚があり、斜面にはカラフルなウミシダやイソバナが多くのんびり潜った。カメンタマガシラやハナゴンベ、グルクンの群れやオドリハゼも見た。
 11/9  晴れ  26  25〜30  水温があがり温かい。
1本目はギナ。2チームに分け、カメを探しながらゆっくり海中散歩。アオウミガメがのんびり泳いでいたり、タイマイが食事をしていたりと、3匹見れた。
2本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミはイソギンチャクから離れ過ぎで、いつも心配になってしまう。砂地の海藻には擬態したエビ類やカニ類
が生息し、マクロ中心だが、浅場はエダサンゴにデバスズメが付きワイドも楽しめる。
3本目は阿真牛瀬。ー16の根の隙間にはネムリブカやイシガキダイがウロウロしていた。隠れ根の斜面にはイソバナが多く、ホシゾラワラエビも見た。夜は島人芸能ショーで楽しんだ。
 11/7  晴れ  25  25  何処かでログが1日ずれてしまった・・・。
 11/6  晴れ  25  25  1本目はアゲナシク。ハナヒゲウツボの幼魚と成魚が安定して見れるポイント。ハダカハオコゼもピンク、黄緑、茶色と3色見れた。ミカズキコモンエビも見やすい場所に生息。
2本目はサクバル漁礁。漁礁にはグルクンの群れやスジアラがいて、何か大物が居そうな雰囲気。目線をずらすと、40sサイズのヤイトハタが動き出した。久しぶりのサイズに興奮。隠れ根はヨスジフエダイの群れから段々に水面近くまで魚が群れている。ハナゴンベやコブシメも見た。
 11/5  曇り  25  25  1本目は安室漁礁。ユビエダハマサンゴには綺麗なオレンジ色のハマクマノミやナデシコカクレエビ、バブルコーラルシュリンプなど小物や幼魚が生息している。サンゴを周り漁礁でゆっくり遊んだ。
2本目はブツブツサンゴ。クダゴンベの近くにはアカネハゼもいる。魚も多く、サンゴも綺麗なポイントでのんびりじっくりウォッチング。
 11/4  曇り  25  25  急に船が広く感じる。今日は4名。石井先生グループの見送り後、出港。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根を寄りながら、ハゼエリア、ユビエダハマサンゴと遊んだ。クサハゼやシマオリハゼ、オニハゼなどが多く、キレイな個体もいる。エダサンゴでまったり遊んだ。
お昼に体験ダイビング。緊張していたが上手に潜れていた。
2本目はブツブツサンゴ。クダゴンベやカエルアンコウを寄ってのんびり潜った。メインのサンゴはハナゴイも多く綺麗。
 11/3  晴れ  25  25  本日もティンガーラは満員御礼です。今回は天気には恵まれたが、海中では大忙し。大潮だけが原因じゃないが、潮の流れがコロコロ変わる。しかも結構流れが強い。1本目のウルノサチでは、カメは見れたが、トレーニングダイビングになってしまった。
お昼前に嘉比島で体験ダイビング。皆、数回潜っているだけあって、上手に潜れていた。でも1人は逃亡癖がある。 
2本目は海底砂漠。潮が弱い時間帯で潜った。砂の山あり谷ありの地形は変わらず綺麗。ただハゼエリアだけは前回の台風後少し地形が変わり、ヤシャハゼが少なくなっていたが、今回は1匹も見れなかった・・・。残念。
 11/2  晴れ  25  25  連休で島に活気がある!クイーンで石井先生ツアーが来島。1本目はブツブツサンゴ。3チームに分かれ、チェックダイブを兼ねてのんびり潜った。ネムリブカも寝ながら、ホンソメワケベラにクリーニングされている。
お昼には体験ダイビング。ヤマトミジュンの群れが目の前を通った。
2本目はアゲナシクキンメの根。沖のキンメの根はダイバーが次々と入れ替わる人気の根。ハナヒゲウツボの成魚はさすがに凹んでいたのか、幼魚だけ見れた。ハダカハオコゼはピンク色と黄緑色を見た。
夜は港で島人芸能ショー!!

 

過去のダイビング情報

2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ