ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 2/21  晴れ  20  25〜30  天気は徐々に回復。
1本目は送電線。お隣のポイント、キンメの根まで周りながらダイビング。ユカタハタがお気に入りの黄緑のヤギはポリプを開き綺麗。キンメモドキも大きく数も残っている。今シーズンもキンメが期待できる。
2本目はサクバル漁礁。水中はクジラの声が聞こえる。漁礁を周り、隠れ根で遊んだ。ジョーフィッシュの偵察したが、やはり数は多いが水深が深いのでお勧めは出来ない。隠れ根はヨスジフエダイの群れやハナゴンベ、グルクンの群れもいる。大きなコブシメも見れた。
 2/20  曇りのち雨  20  25〜30  今日も外海は時化ている。
1本目はトウアカクマノミを見に潜った。トウアカの周辺には小物探しが面白い海藻が幾つかありじっくりダイビング。ハゼやエビ、カニなど色も擬態した小物が海草と暮らしている。オランウータンクラブも見た。浅場はサンゴと白い砂地で癒されるポイント。
2本目はウルノサチ。
浅場でタイマイを見てから斜面沿いをのんびりダイビング。ハナゴイの群れも綺麗だが、マクロの被写体が多い。
 2/19  雨  20  20  今日は高速船が欠航。最近、特に海況が安定しない。IEで友達になった伊豆の若手ガイドが遊びに来てくれた。
1本目はアゲナシク。キンメの根で遊んだ。定住していたハナヒゲウツボやピンク色のハダカハオコゼがいない・・・。残念。黄緑のハダカハオコゼやホシゾラワラエビは見れた。
2本目はブツブツサンゴ。クダゴンベの近くにはアシボソベニサンゴガニやチヂミトサカと共生しているエビ、シロボンボンウミウシなども見れた。メインのサンゴにはハナゴイ、グルクン、ウメイロモドキが群れ賑やかだった。船に上がると50m先でクジラの親子がブローしていた。
 2/17 曇り   20  20  今日は南風が吹き、北向きのポイントなど朝から5か所潜った。今回の映像をもとに、本番の撮影のポイントなど決めて来られる予定。
 2/16  曇り 20   20  今日、明日と、2日間、水中撮影の下見。慶良間らしいポイントや、水深、魚の色などを考慮しながら4カ所撮影。
 2/13  曇り  21  20  東京から、ホエールウオッチングとダイビングを楽しみに来た青年。残念なことに、海は時化、ホエールウオッチング船は欠航。北うねりでも静かな内海で3ダイブした。海中は静かで、時折クジラの声も聞こえる。2本目にエントリーする直前、ウルノサチ沖に親子クジラが現れた。ラッキー!!
 2/10  雨  21  15〜20 定期船は全便欠航。
1本目はブツブツサンゴ。クダゴンベの周辺でフィッシュウオッチング。アカネハゼやヤギにはオレンジのカニが住んでいる。メインのサンゴにはウメイロモドキが群れていて綺麗。
お昼は宿に戻って休憩。
2本目は沖防波堤。
時化ていても風やウネリを防げる場所だが、実は水中も面白く、当たれば何でも見れちゃったりするポイント。今年も、ロウニンアジ、アーラミーバイ、イソマグロ、サワラ、バラクーダの群れなど、冬場は週1回は潜っているかな。今日は、アカククリやツバメウオ、イシガキダイ、アカメハゼ、イソギンチャクエビなどをウオッチング。ウルトラマンホヤが多かった。
 2/9  雨  21  15〜20 1本目はサクバル漁礁。
漁礁にはアカククリや大きなハナミノカサゴが多いが、水深が深いため、上からのぞく程度で周った。隠れ根にはヨスジフエダイの群れやハナゴンベも多数住み着いている。グルクンも多く、イソマグロもウロウロしている。
2本目はニシバマのトウアカ。トウアカクマノミ周辺で小物を探しながらゆっくり泳いだ。浅場のサンゴやスズメダイも綺麗だが、もう少し光がほしかったな〜。
 2/8  曇り  21  20  朝から風が強く寒い・・・。Q2便目が欠航。
1本目はアゲナシクキンメの根。キンメの根に到着後、クジラの声が段々大きくなり、少し期待したが出会えず・・・。多分近くを泳いでいたと思う。ハダカハオコゼは口からエビの触角を出してじっとしていた。ミカズキコモンエビも見れた。
2本目は送電線。セジロクマノミやカクレクマノミを見ながら△コースでゆっくり周った。岩の下には体半分隠れている大きなニセゴイシウツボも見た。

 2/7  晴れ  21  20  天気がコロコロ変わる沖縄。空いている日は漁業やポイント調査、保全活動で、ほとんど毎日潜っている。
今日は暖かく、久しぶりのFUNダイブ。
1本目はニシバマ北。深場の根には、キンメモドキやスカシテンジクダイがまだ残っている。周りにはカミソリウオやアカホシカクレエビ、ウミウシなど小物の被写体がある。
2本目はブツブツサンゴ。イソバナはポリプを開き綺麗。コンペイトウウミウシやピグミーもいた。

 

過去のダイビング情報

2014   2  6  7  9  10 11  12 
2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ