ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 5/23  雨 24   20〜30  1本目はウルノサチ。
2チームに分けて潜った。岩場のチームはヒメフエダイやヨスジフエダイの群れなどを見て、サンゴチームは、ハナゴイやタイマイ、小物のエビなどを見た。
2本目はヤカビトンネル。
洞窟内は暗闇が好きな魚が集まる。ネムリブカも見れた。洞窟の外にはグルクンの群れを追いかけてイソマグロが10匹程ウロウロしていた。
 5/22  雨  24  20〜30  朝から雨・・・。
1本目は久場北。
海の中は明るく、カラフルな珊瑚やウミシダが多く、グルクンも群れている。8`程の大きなコブシメもまだ産卵していた。
2本目は久場の洞窟。
カクレクマノミのイソギンチャクは丸くなり、クマノミが隠れられない、慌てている様に見えた。ネムリブカは岩の隙間から尾びれだけ出し寝ている。イセエビも見た。
 5/15  雨  24  25  今日は前線通過がある。
1本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根を寄りながらのんびり泳いだ。メインのサンゴにはデバスズメが多くサンゴの上でホバーリングしていると、魚に囲まれる。
2本目は大屋小曽根。岩の隙間にはウコンハネガイやシモフリタナバタウオが見れる。お客さんが上がり、アンカーを外しに行くと探していたムレハタタテダイが40匹程群れてきた。次は外しません・・。
 5/14  曇り  24  25  1本目は送電線。
比較的水深が浅く、カクレクマノミが多いポイント。割れた根にはハナゴイやキンギョハナダイが多く、ホシゾラワラエビも見た。しかし、流れが強くなり早めにエキジット。
2本目はウルノサチ。シュノーケルのチームはタイマイが3匹見れた。ダイバーもタイマイが見れた。ユビエダハマサンゴでじっくりウオッチング。
 5/13  雨  24  25  本格的に梅雨入りし、島にとって恵みの雨が降り続いている。
今日はお昼から、1DIV。
ブツブツサンゴで潜った。リーフの上や斜面沿いを泳いだ。メインのサンゴにはハナゴイが群れ、尾ビレが黄色の個体も増えている。イソバナなどを見ながらのんびりダイビング。ネムリブカは2匹いた。
 5/6  曇りのち雨  23  25  昨日の前線通過で今日は北風が吹き気温が少し下がった。
1本目はサクバルの隠れ根。
隠れ根の底にはヨスジフエダイが丸くなって群れている。アマミスズメダイ、ハナゴイ、グルクンが群れスジアラも数が多い。ハナゴンベも見た。
お昼はゲルマ島で休憩。
2本目は阿真のエダサンゴ。
砂地の根やサンゴを寄りながら、のんびりダイビング。デバスズメダイは産卵を始め、これから幼魚が沢山増えてくる初夏が楽しみ。
 5/5  雨  23  20〜25  前線通過があり、朝から大雨・・・。高速船も2便、3便と欠航して、朝から色々あったが、草野チームは予定通り無事に神戸まで帰れた。
1本目はアゲナシクキンメの根。キンメの幼魚が増え始めこれからが楽しみなポイント。ハナヒゲウツボやハダカハオコゼも見れる。
阿真ビーチ沖で体験ダイビング。エダサンゴを周って船に戻る途中、マダラトビエイが見れた。ラッキー!!
2本目はウルノサチ。小物や、ハナゴイの群れなどを見ながらのんびり泳いだ。
夜は、お客さんが送ってくれた青森県の活ホタテと日本酒で、青森三昧。刺身も、お酒も美味しかった!!
 5/4  晴れ  23  25〜30 お昼前から太陽が出てきた。
1本目は安室漁礁。
ヒフキアイゴの群れを探しながらユビエダハマサンゴの上をゆっくり海中散歩。今日の群れは普段より数が多いが、警戒心が強く上手く寄れない。食事を始めた瞬間に寄るのがベストだが、食事もなかなかしてくれなかった。
2本目は送電線。キンメの根まで泳ぐチームと分けて潜った。キンメモドキはサイズが大きく動きが面白い。帰りにドラゴン級のウツボがいた。
3本目はアパート前。透明度も良く気持ちが良いが常に流れがある。ケラマハナダイの根を寄り、ミツボシリュウキュウスズメダイが群れている場所で遊んだ。タイマイやコブシメも見た。
 5/3  晴れ  23  25〜30 今日も天候はGOOD。
1本目はタカチンシ。
潮通しが良い場所には、30s位のハタや、ネムリブカ、イソマグロが30匹位群れている。 流れも弱く、ぐるっと周った。
2本目は屋嘉比トンネル。
洞窟内は太陽の光も入り綺麗で、アカマツカサも群れている。のんびりダイビング。
3本目はブツブツサンゴ。
ブツブツサンゴのハナゴイを撮影。ハナゴイの数が多く、集まってくれたら良い被写体になる。程よい流れもありイソバナはポリプを開き綺麗。ウメイロモドキも群れていた。
 5/2  晴れ  23  25〜30 久しぶりの太陽。今日は神戸草野チームの貸切。
1本目はニシバマ東。昔クダゴンベが居たイソバナの根には最近、ムレハタタテダイが定着している。 じっくり動きを観察してからそっ〜と撮影するのがベストだが、どうしても夢中になって魚を追いかけてしまう・・・。
2本目は阿真牛瀬。隠れ根のイソバナ近くで遊んだ。キンギョハナダイのまとまりは良くない。
3本目はウチャカシ。水路のハナゴイは数が増えたように感じた。カスミチョウチョウウオも群れていて良い被写体になる。
 5/1  曇り  23  25  GWに入り賑やかに潜っております。今日は1日中、久場島周辺でダイビング。1本目、2本目はイソバナチームとコブシメの産卵チームに分けて交互にダイビング。
コブシメは合計12匹で産卵やバトルをしている。雄同士の戦いはシャッターチャンス。大きい雄は10s近くある。
3本目は久場の洞窟。ハナビラクマノミのイソギンチャクは丸くなっていた。洞窟の入り口には大きなアカウミガメが泳いでいる。洞窟の中にはイセエビや暗闇が好きな魚が多いが、今日は大潮で洞窟の奥がタイトプールの様になり水面が鏡になって、サンゴが水面に反射していた。

 

過去のダイビング情報

2014   1 2   3  5  6  7  8  9 10  11  12 
2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ