ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 6/26  晴れ  27  25〜30 今日から梅雨明けでしょう!
1本目はウルノサチ。浅場のサンゴやタイマイ、ハナゴイの群れなどワイド中心に案内。
2本目は嘉比前。エントリーすると、先輩ガイドが砂漠は逆潮が強いと教えてもらった。コースを変更し、元キンメの根で遊んだ。シンデレラウミウシや、ハダカハオコゼ、ヤシャハゼも2ペアー。ガーデンイールなどをゆっくりウオッチング。
お昼にお客さんが、船からラジコンヘリを飛ばし空撮。いい景色が撮れたと思う。
3本目はヤカビトンネル。ポイントに向かう途中、カツオが1匹釣れた。光の角度は斜めだが、トンネル内は明るい。沖を泳ぎ、トンネルを抜けのんびりダイビング。
 6/25  雨  27  30  1本目はブツブツサンゴ。リーフの斜面や、浅場をゆっくり泳いだ。ハナゴイや、キホシスズメダイ、ウメイロモドキが群れている。流れが出てきて、イソバナはポリプを開いて綺麗。
2本目はシルキンメの根。アザミサンゴのキンメモドキは、順調に増えて、サンゴの上まで溢れている。
3本目はウフタマ。浅場のキンメの根にはスカシテンジクダイが増え賑やか。近くにはガーデンイール、アオウミガメ、アゴハタなども見れる。
 6/24  雨  26  30  1本目はサクバルの隠れ根。
ヨスジフエダイが増えている。水深は25.6mと少し深い、縦に伸びたり丸くなったりと演技をしてくれる。写真は撮り放題。
2本目はニシバマキンメの根。
砂地に小さなキンメの根、ここも水深26mと深い。
小さな根だがキンメに覆われ高さも3m程になっていた。小物も多い場所だが探す間も無かった。
 6/23  晴れ 26  30  1本目はウルノサチ。斜面にあるユビエダハマサンゴから、浅場をぐるっと周った。小物のエビやハゼ、ハナゴイの群れやタイマイ、サンゴの群生など、マクロからワイドまで楽しめるポイント。
2本目は阿真のエダサンゴ。白い砂地に青い海。潜るだけで気持ちいい。浅場を中心にフィッシュウォッチング。
3本目はアゲナシクキンメの根。沖の根には、キンメモドキの幼魚が増えてきて賑やかになった。ハダカハオコゼやハナヒゲウツボも見た。大きなニセゴイシウツボもいた。
 6/22  晴れ  26  30  19日から賑やかなメンバーでダイビング。データが無くすみません。
サバニレースに少し出てからダイビング。見事、ざまみ丸優勝しました。
1本目はブツブツサンゴ。2グループに分けてダイビング。浅場のサンゴやリーフの斜面をのんびりダイビング。
2本目はニシバマのトウアカ。マクロエリアには、トゲトゲウミウシかな?小さな綺麗なウミウシや、フィコカリスシムランス、コブシメの赤ちゃんなどウオッチング。浅場はデバスズメが沢山で、のんびりウオッチング。
 6/18  晴れのち雨  26  20  最近、天気がコロコロ変わり、予報があてにならない。
1本目は阿真のエダサンゴ。カメラ派と初心者チームと2チームに分けて潜った。初心者チームは感覚を思い出しながらダイビング。カメラはデバスズメの群れや、スカシテンジクダイが群れているサンゴで遊んだ。
2本目は久場のイソバナ。カメラマンはイソバナを中心にダイビング。ウミシダが泳いでいた。
3本目は嘉比前。イソギンチャクに住んでいるエビや小さなウミウシ、ヤシャハゼなど小物を探しながらダイビング。海から上がると大雨と雷!
 6/17  晴れ  26  20  1本目は久場のイソバナ。リーフにはサンゴも多く、カラフルなウミシダやイソバナ。リーフの斜面にはハナゴンベも見れる。メインのイソバナにはキホシスズメダイが沢山付いている。
2本目はギナ。カメを探しながらのんびりダイビング。アオウミガメが2匹のんびり泳いでいる。
それにしても風が強く波が高い。
 6/16  曇り  26  20  1本目はニシバマのトウアカ。砂地の海藻に擬態している小物を探して、浅場のエダサンゴで遊んだ。トウアカクマノミは卵を産んでいる。
お昼に体験ダイビング。
2本目はブツブツサンゴ。ハナゴイの群れが綺麗。リーフ沿いをのんびり泳いだ。浅場にはネムリブカが2匹住み着いている。
 6/15  曇り 26   20〜25 1本目は阿真のエダサンゴ。砂地の根やサンゴ、ハゼエリアなどを寄ってエダサンゴで遊んだ。ピンク色のイソギンチャクにはアカホシカクレエビが住み始めた。隣のイソギンチャクは、クマノミの幼魚が20匹近く に増えた!スカシテンジクやデバスズメも増えてきた。
お昼過ぎに体験ダイビング。
2本目は新田の洞窟。光の光線は無かったけれど、周りのリーフが完全に干上がったタイトプールは水温が高く、水面はグラッシー!大きなケショウフグも見れた。
 6/14  雨 26   25  この雨はいつまで続くやら・・・。
タカチンシで少し潮待ち。アンカーを掛けに潜った雄大は、カスミアジ50匹の群れを見たが、流れが止まらない。ポイント移動し、ヤカビトンネル。洞窟の外や中にはベラの幼魚が多い。オビテンスモドキの幼魚やシモフリタナバタウオ、イセエビ、ヘラヤガラの幼魚もいた。モンツキカエルウオは卵を産み付けている。
2本目はウルノサチ。のんびりダイビング。小物から眠そうなタイマイ、ハナゴイの群れ、などをウオッチング。
 6/13  雨  26  20  船の陸揚げ作業や、シュノーケル、講習と続き、今日はダイビング。広島から賑やかなメンバーが来てくれました。
1本目はブツブツサンゴ。リクエストのクダゴンベを見て、斜面沿いを移動。メインのサンゴにはウメイロモドキも周って来て綺麗だった。ゴシキエビもいた。
2本目はウチャカシ。隠れ根をゆっくり周った。カスミチョウチョウウオの群れや水面にはダツが群れていた。ピグミーはまだ着いていないな・・・。

 

過去のダイビング情報

2014   1 2   3  5  6  7  8  9 10  11  12 
2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ