ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 9/30  晴れのち曇り  28  25  1本目ニシバマで潜る。
落ち込みのキンメの根には岩の中にキンメ周りにはスカシテンジク、キンギョハナダイなどが群れている。東側に移動するとガーデンイールが多く見られる。
2本目ウルヌサチの東、アカヒメジ、ヨスジフエダイが群れている。他にもクロホシフエダイ、フエフキダイなど大き目の魚の群れが見られる。
 9/29  晴れ  28  20〜25 少し風が落ち着いた。
1本目はアゲナシクキンメの根。
沖の根を中心にダイビング。キンメの根にはハダカハオコゼやミナミハコフグの幼魚、エビ類などもいて小物探しが面白い。バラハタにはコバンザメが付いている。
2本目は新田の洞窟。
途中雲が多く光は弱かったが、迷路のような地形をゆっくり周った。洞窟の外にはヘコアユがゆらゆら。
3本目はギナ。
沖から浅場にドリフトしたが、流れが速くあっという間に浅場に到着。綺麗なイソギンチャクにはカクレクマノミが住み、アオウミガメはゆったり泳いでいた。
 9/28  晴れ 27   15〜20  うねりがあるが、外海へ。
1本目はウチャカシ。
水路にはイソバナやウミウチワがありハナゴイが群れている。お目当てのピグミーシーホースは4匹に増えていた。地形も面白いポイント。
2本目はウルノサチ。
タイマイは2匹見れた。カクレクマノミが住んでいるイソギンチャクが無くなった。どこかに移動したのだろうか?あのタイマイが食べたのだろうか?スカシテンジクやハダカハオコゼなどをウオッチング。
最後にマンタシュノーケル。コンディションが良くなかったがなんとか見れた。
 9/27  晴れ  28  15〜20 まだ少し外海は波がある。
リクエストはカメ、洞窟、マンタだが洞窟は潜れなそうだ。
1本目はウルノサチ。今日も3チームに分けてダイビング。それぞれ見た魚は違うだろうが、ハナゴイの群れや浅場のサンゴにはデバスズメの群れ、2チームはタイマイも見れた。 
2本目はサクバルの隠れ根。
1本目にカメを見れなかったチームだけアオウミガメを見れた。良かった〜。ハナゴンベやヨスジフエダイの群れ、グルクンの群れも見た。
最後はマンタシュノーケル。船の上からは全員見る事が出来たが、水中では数名しか見る事が出来なかった。
 9/26  晴れ  28  15〜20  賑やかな石井先生グループが来島。総勢16名のダイバー。クィーン1便で入り、
1本目はブツブツサンゴ。3チームに分けチェックダイブを兼ねダイビング。船の前にはネムリブカが2匹ウロウロしている。初心者チームも終始流れがあるダイビングだったが、潜れてた。
2本目は海底砂漠。
潮が弱い時間帯に潜るが、それでも少しは流れがある。初心者チームは砂漠を覗きチンアナゴをウォッチング。カクレクマノミのイソギンチャクが丸くなっていた。
 9/25  晴れ  29  20〜25  一本目はウフタマ。
アゴハタを探しながらのんびりダイビング。
アゴハタ4匹、アオウミガメも昼寝していた。
スカシテンジクダイがたくさん付いていて綺麗だった。
二本目は安室のエックス。
トンネルのようになっている地形で光もさしていて綺麗だった。イセエビも見れた。
今日もシンクロ練習。水中でもふざけて遊んで楽しかった。雄大。
 9/24  晴れ  29  25〜35  一本目はヤカビトンネル。
海が青くて透明度も良かった。イロブダイ幼魚、ネムリブカ、アカマツカサ、ハタンポ、モンツキカエルウオ、ヘコアユも見れた。
二本目は海底砂漠。
潮どまりで流れていなかった。砂漠でのんびり寝転がったり、バクテンしたりして遊んだ。
二本目終わってすぐマンタ探し。
一枚見れた。潮が弱くて一緒に泳げて写真も良いのが撮れた。クラゲにいっぱい刺された。雄大。
9/23 晴れ   29  15〜30  1本目は阿真のエダサンゴ。
台風の影響で風が強かったが、透明度はよかった。デバスズメ、ケラマハナダイ、ハダカハオコゼ(黄)、ニシキフウライウオ、大きなアオウミガメもみれた。お昼はみんなでシンクロの練習をした。
二本目はブツブツサンゴ。
クダゴンベ、ハナゴイ、ウメイロモドキ、グルクンなどがまとまっていて綺麗だった。
ガイドするのが緊張した。
雄大
 9/18  晴れ  29  20〜25  クィーン1便で入り3ダイブ。
1本目は阿真のエダサンゴ。
チェックダイブも兼ねのんびり潜った。ケラマハナダイやデバスズメも多くサンゴや根を周りフィッシュウォッチング。群れの魚を狙ってカスミアジの軍団が周ってきた。ハダカハオコゼやニシキフウライウオ、タコも見れた。
2本目は安室漁礁。
漁礁の周りはユビエダハマサンゴの群生が広がっている。アカククリやマルミカクレモエビ、セジロクマノミ、ヒフキアイゴの群れも見た。
3本目はブツブツサンゴ。
メインのサンゴはハナゴイが群れているが潮が弱くバラバラ・・・。ヒレナガスズメダイは幼魚と成魚が一緒にいる。リーフの斜面をのんびり泳いだ。
 9/17  晴れ  29  25  1本目はのんびりカメを探しながらダイビング。タイマイが3匹見れた。その他、バブルコーラルシュリンプやムチカラマツエビなどを見た。
2本目はアゲナシクキンメの根。
沖の根でフィッシュウオッチング、ミナミハコフグの幼魚が3匹いる。ハダカハオコゼやミノカサゴの幼魚も見た。
3本目は砂地でのんびりダイビング。大きなドクウツボやスカシテンジクダイ、キンメモドキ、ガーデンイールもウオッチング。
夜は海神願。
 9/16  晴れのち雨  28 15〜30  ニシバマの浅場でダイビング。海況も少しずつ戻っているが、まだうねりが残る。砂地の根や珊瑚を周りながら海中散歩。
2本目は阿真のエダサンゴ。ナポレオンが根に入り、じっくり見る事が出来た。ハダカハオコゼやニシキフウライウオも見れた。
 9/15  晴れ  28  15〜25 今日は朝から台風の影響でうねりがある。
コンディションの良いポイントを探しながら移動、無理せず、午前中は静かな場所でシュノーケル。午後から1ダイブ。 カメも見れた。
 9/14  晴れ  28  15〜40 1本目は男岩。
透明度も良く気持ちがいい。流れも弱いので男岩を一周泳いだ。大物は見れなかったが、ゴマモンガラに襲われた。
2本目はウルノサチ。ヒメフエダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジが群れている岩場で遊んだ。
3本目は海底砂漠。
流れもあり、潮に乗りながら遊んだ。砂漠で流れに身を任し転がった。 ヤシャハゼやガーデンイール、コブシメの子供も見た。
 9/13  晴れ  28  20〜25 1本目はアゲナシクキンメの根。
沖の根でフィッシュウオッチング。ミナミハコフグの幼魚やハダカハオコゼ、岩陰にはオニダルマオコゼがいた。
2本目は阿真のエダサンゴ。
砂地のサンゴにはニシキフウライウオが4匹。 白のハダカハオコゼやハゼ類も見た。
3本目はブツブツサンゴ。
クダゴンベからゆっくりリーフ沿いを周った。ネムリブカの家には大きなドクウツボがいた。
 9/12  晴れ  28  20  1本目は送電線キンメの根から浅場にドリフト。
キンメの根にはハナヒゲウツボの幼魚もいた。大きなニセゴイシウツボやコブシメの子供、ホシゾラワラエビなども見た。
2本目はウチャカシ。
透明度が少し悪かったが、ハナゴイの群れは綺麗。水路ではスミレヤッコやピグミーを見た。カスミアジの群れは今回も少しだけ見れた。50匹近くいる。
 9/11  晴れ  28  20〜25 1本目はニシバマの浅場。
ガーデンイールやスカシテンジク、キンメモドキなど群れている場所をゆっくり周った。のんびりダイビング。
お昼はゲルマ島で休憩。
2本目はサクバルの鼻。
黄色のウミウチワが群生している。機関砲や大きな岩が沈んでおり地形も面白い。オニカマスやネムリブカも見れた。
 9/10  曇り  28  20〜25 合宿最終日。
波は少し落ち着いたが、まだうねりが少し残る。
1本目は屋嘉比トンネル。
水路やトンネルを2チームに分けてダイビング。光は差さないが、地形を楽しみながらダイビング。
2本目は海底砂漠。
砂漠ではフィンを外し遊んだ。 ハダカハオコゼやガーデンイール、ヤシャハゼ、タコなども見れた。
夜は打ち上げ。
 9/9  晴れ  29  20〜30  合宿再開。
1本目はサクバルの隠れ根。
隠れ根にはヨスジフエダイ、アマミスズメダイ、グルクンが群れている。ハナゴンベやこの時期にしては大きいコブシメが3匹見れた。
2本目はウルノサチ。皆でカメに会いに潜った。タイマイはダイバーを無視して食事に夢中。写真撮り放題。
 9/8  晴れ  29  20〜30  学生は中休みでビーチ。
1本目はウルノサチ。のんびりフィッシュウオッチング。コブシメやカクレクマノミ、セジロクマノミ、タイマイも見れた。タイマイはイソギンチャクを食べようとユビエダハマサンゴをボリボリ割っている。イソギンチャクに住んでいるクマノミの幼魚は、怖がっている。悪〜いカメに見えた。
2本目は阿真のエダサンゴ。ハダカハオコゼやニシキフウライウオ、デバスズメはまだまだ幼魚も多く賑やか。
 9/7  曇り  29  25〜30 久しぶりに、波が上がり天候が良くない。
1本目はブツブツサンゴ。3チームに分けて潜っているが、メインのサンゴで3チーム重なった時は、皆嬉しそうにテンションが上がっている。ネムリブカも見た。
2本目は安室漁礁。漁礁にはまだ大きなイシガキダイが 4.5匹住んでいる。アカククリや最近見かけなかったツバメウオも1匹いた。また増えてくれるといいな〜。
9/6  雨  29  20〜30  毎日出港していましたが、今日からログを再開!
9月に入り、少し落ち着きを取り戻したが、神戸、三木のライフセービングクラブのツアーなど賑やかな日々もありました。
本日から上智大学の合宿です。
1本目は阿真のエダサンゴ。カード取り立ての子も多く、レベルを確認しながらのチェックダイブ。ニシキフウライウオは4匹健在でした。
2本目はアゲナシク。キンメの根まで行かず、斜面沿いやカクレクマノミなどをウオッチング。
 9/1  晴れ  28,9  20〜30  凪の日々が続いています。
1本目はアゲナシク。
3,4`のカスミアジ、食べたい獲物が岩に隠れたのか、その周りをウロウロしている。ダイバーが寄っても離れようとしなかった。ハダカハオコゼも見れた。
2本目はギナ。
カメを探しながらゆっくり海中散歩。カメの確率が高い根を何カ所か周ったが見る事が出来ず。残念。
3本目はウルノサチ。
スカシの根やエダサンゴを周った。途中のサンゴにはデバスズメが沢山。タイマイ2匹とコブシメの子供が3匹見れた。

 

過去のダイビング情報

2015   1  2  3  5  9 10  11  12 
2014   1 2   3  5  6  7  8  9 10  11  12 
2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ