ダイビング情報

お願い:ダイビング器材を送られる方は、ザマミセーリング宛ではなく
     各宿泊場所に送るようにして下さい。
離島のため余裕を持っての発送をお願いします

注意 :最近カメラやビデオを送る場合の到着遅れのトラブルが多発しております。
     航空貨物保安管理の強化でバッテリー・電池類が船便になります。
     乾電池は記載すれば大丈夫です。送る際に充分気をつけて下さい。 平成21年11月3日

 日付  天気  水温  透明度  コメント
 11/23  晴れ  24  30  1本目は阿真のエダサンゴ。
お昼に体験ダイビング。
2本目はギナ。
 11/22 雨のち晴れ  24  30  1本目ウルノサチ。
2本目はウチャカシ。 マンタが見れた。
 11/21  曇り  24  30  1本目はブツブツサンゴ。
2本目はニシバマ。
 11/18  晴れ  24  30  風が強くクィーンは全便欠航。
フェリーに間に合うように1ダイブ。ウルノサチで潜った。浅場にはタイマイがダイバーを気にもせず食事に夢中。エダサンゴでのんびりダイビング。
 11/17  雨  24  30  1本目はギナ。
リクエストのカメを探しながら海中散歩。エントリーしてすぐにアオウミガメと出会い一安心。そこからカメだらけのカメ祭でタイマイやアオウミガメ計8匹位は見れた思う。
2本目はニシバマ。ガーデンイール、ハダカハオコゼ、キンメモドキ、スカシテンジクダイ、ウメイロモドキ、ノコギリダイなどが見れた。日差しは無かったが、青くキレイだった。
 11/16  晴れ  24  25〜30  1本目はブツブツサンゴ。
浅場からリーフの斜面沿いを泳いだ。水面近くにはキビナゴが群れ、キラキラしている。ネムリブカの子供も2匹見れた。
2本目は阿真エダサンゴ。
太陽の光も入り明るい。小物からワイドまで楽しめるポイント。コブシメの子供も見れた。
3本目は送電線。
クマノミ類が多くカクレクマノミやセジロクマノミも数か所で見れる。ハナビラクマノミのイソギンチャクは丸くなって良い被写体だった。ホシゾラワラエビも見た。
 11/15  曇り  25  20〜25  1本目はアゲナシクキンメの根
人気のポイントだけあって根の中にはキンメモドキ上にはノコギリダイなど群れている。
小物の甲殻類は多い。
2本目、ウルヌサチで潜る。
最近カメが人気でこの場所をよく利用する。
最初にカメを探しながら浅い場所から移動した、
カメと浅い場所のエダサンゴにデバスズメの群れ
カメラ派には最高の場所。
ミスジリュウキュウスズメも大群をなし手前から遠くまでミスジの群れが見られる。
 11/14  曇り  25  20〜25 1本目は阿真のエダサンゴ。
砂地の根やサンゴにはケラマハナダイや、デバスズメダイが沢山。ゆっくりフィッシュウォッチング できるポイント。
2本目は東牛。
ユビエダハマサンゴの群生が広がり、グルクンの群れや、サンゴの上にはヨスジフエダイが群れている。
 11/13  曇り  25  25  10/26日からログをサボってしまいました。学生の合宿からファン感謝月間に入り、子供も生まれ少々バタついておりました。その間、仙田さんも手伝いに来てくれて助かりました。無事に女の子が産まれました!12日以外は毎日ダイビング。元気に営業していますよ〜!!

 

過去のダイビング情報

2015   1  2  3  5  9 10  11  12 
2014   1 2   3  5  6  7  8  9 10  11  12 
2013  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10  11  12
2012   1  2 4  5 6   7 8  9   10 11  12 
2011 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2010 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2009 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2008 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2007 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

2006

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

2005

10

11

12

2004

10

11

12

2003

10

11

12

2002

10

11

12

2001

10

11

12

2000

10

11

12

1999

 

 

 

 

10

11

12

TOPページへ