ダイビング情報

rain-line.gif (6947 バイト)

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
透明度:SC(サンセットクルージングレポート)水温は気温。

1/5  前線が近くにあり南東の風が吹く。
1/4   久場島まで約1時間の初セーリングをする。
1/2  前線が明け方に通過し、今日も朝から晴れていてほっとする。 
1/1  今年のお正月は、珍しく天気が良く、気温24℃。
    お客さんは昼食時間、シュノーケリングで遊んでいた。中にはスーツ無しの人もいた。
12/31 今日も暖かい。新潟のお客さんは、短パンにTシャツで汗をかいている。
12/30 前線通過するが、寒くなく23℃夜もTシャツで歩いている。2000年まで後1日座間味の初日の出
    は何処で見るか知っていますか?高月山から渡嘉敷島の山から上がるのを見ます。
12/28 風弱く気温も上がってきた。船の中は、30℃あり半袖で汗ばんでくる。
12/26 クジラ現れる。
12/24 今夜から、総合センタ-の前のクジラのモニメントに電飾がほどこされ、遊園地のような楽しい
    気分になります。写真スポットに、夜の散歩にいかがでしょう。イルミネーションと言えば座間味も、
    7〜8年前から又吉家のナンヨウスギに付けたのが始まりで、少しづつ流行り始めこの時期になると
    あちらこちらで見られます
12/23 久しぶりのダイビング情報です。悪天候が1週間以上続き。クィ-ンザマミも12月に入り17日まで
    ドック入り、その後悪天候で今月になり、初めて座間味港に入ってきた。

日付

天候   

水温(℃) 透明度(m) コメント

1.6

晴れ

23

30

ハナヒゲウツボのリクエスト。ハナヒゲ2匹とイソマグロ、グルクン
カスミチョウチョウウオなど。

1.6

晴れ

23

30

間の根のリクエスト。この場所は2回目になる。ハゼとキンメに
分かれる。

1.6

晴れ

23

30

浅い所を選ぶ。カマス相変わらず多いネムリブカも大きいのが
2匹。

1.5

晴れ曇り

23

30

久し振りにイザリウオを見に行く。赤いイザリウオイソバナに
付いていた他グルクン、カスミチョウチョウウオ,コブシメなど。

1.5

晴れ曇り

23

30

ヤカビのサンゴポイント行く。ここは流れも無く、魚は少ないが
サンゴの種類が多い。

1.4

晴れ

24

40

浮遊感を味わう中性浮力を取りながらゆっくり隠れ根を回る。
スミレナガハナダイ、キンギョハナダイ、グルクンなど。

1.4

晴れ

23

30

ツバメウオ、ギンガメアジ、イソマグロ、グルクン、ハナゴイなど。

1.3

晴れ

23

30

地形のおもしろい場所ウミウチワ、カスミチョウチョウオ、
イシガキダイ、クロホシフエダイなど。珍しいものハナビラクマノミ
のイソギンチャクにイソギンチャクモエビペアーがついていた。

1.3

晴れ

23

30

静かなポイント。ウコンハネ貝、キンメ、ノコギリダイ、グルクン、
小物のエビ数種類。

1.2

晴れ

23

30

ヤシャハゼとキンメの場所を潜る。今日のヤシャハゼは、大勢の
人間でも近づかせてくれた。10ペアーほどいた。近くにカミソリ
ウオ。キンメは5cmほどになっている。

1.2

晴れ

22

25

静かな場所を選ぶ。アザミサンゴにキンメ。浅瀬の枝サンゴにへ
コアユ。餌付けされていたモンガラカワハギ何ヶ月も見ていない。

1.1

晴れ

23

30

イソバナとサンゴのきれいな浅場で潜る。台風18号で壊された
枝サンゴがだいぶ回復して来た。           

1.1

晴れ

23

30

コブシメを見に行く。砂地に大きなテーブルサンゴがポツポツある
所に潜る。コブシメ二匹。カクレクマノミが多い。

12.31

晴れ

23

25

ツバメウオ25.6匹、大きなミズタマサンゴ&モエビ、ジョウフィッ
シュ。あまり近づけてくれなかった。

12.31

晴れ

23

30

少し深場。ツバメウオと一緒にギンガメ三匹,砂地にクロヒラアジ、
岩場にイソマグロ10匹、グルクン多く,ハナゴンべ10匹。

12.31

晴れ

22

25

カマスの群れ、フエフキダイ,ヨスジェダイ,ホワイトチップなど。

12.30

22

25

大きなテーブルサンゴのボイント冬の名物のコブシメも見られる
隠れクマノミも多くサンゴの種類多い。

12.30

22

25

コブシメの子供の写真を撮りたいとのリクエスト。1ヶ月前は、7.8
cmだったが、今は15cm位になっていた。ダイビングの原点みた
いな所でみんなが楽しめる、ジョウフィッシュも居るし、ツバメウオ
も水面近くに20数匹群れて居る

12.29

曇り

22

25

キンメは少ない,穴の中にはアカククリ3匹。イシガキダイの家
には3匹の親子、赤ちゃんは人を全く怖がらず可愛いい。

12.28

晴れ

22

30

ヤカビへ行く、大物の確率が高い場所だが見れず。残念!

12.28

晴れ

22

30

クバへ行く、青いイソギンチャクにクマノミ大きいのが20匹
ほど付いている。他ヤマトミジュン500匹位丸く固まっていた。

12.27

晴れ

22

25

サクバル近くの魚礁を潜る。ギンガメアジ3匹ついているが、
魚の数が少なかった。

12.27

晴れ

22

25

フエフキダイ,見えるだけで500匹以上群れている。他サザナミ
ヤッコ、タテジマキンチャクダイなど。

12.25

晴れ

22

25

浅くてサンゴが発達している場所。大きなテ-ブルサンゴと
イソバナ。魚はスズメダイ、グルクン、穴の中にミノカサゴ、
イタチウオなど。

12.25

晴れ

22

25

ツバメウオ、ヨスジフエダイ、ギンガメアジ、岩のくぼみには、
ハナゴンべが、10匹ほど。

12.24

晴れ

22

20

ナジ沖ウミウチワの多いところを潜る。ミノカサゴ多く10匹以上
他ホワイトチップ、イソマグロ、カスミチョウチョウウオなど。

12.24

晴れ

22

20

アザミサンゴのキンメに潜る。へコアユ、3ヶ月前から同じ場所
にいる。他小物のエビ数種類グルクン、デバスズメなど。

12.23

晴れ時々雨

22

30

コロダイを見に行く。相変わらずタマンも一緒。他キホシスズメ
ハナゴイ、グルクン、ウメイロモドキなど。

12.23

晴れ時々雨

22

30

ウコンハネガイの根に行く。まだキンメが一杯付いている。他
ノコギリダイ、アカヒメジ、モンハナジャコなど。

 

過去のダイビング情報
1999.11
1999.10
1999.9
1999.8
1999.7
1999.5->1999.6

TOPページへ