ダイビング情報

 

ポイント名は当面非公開とさせていただきます。
透明度:SC(サンセットクルージングレポート)水温は気温。
 

  
4/25 外海は内海より水温が1度高い。水温少しずつ上がりそう。座間味港タ-ミナルの落成式。  
4/15 今日は座間味村の海開き。異常発生していたくらげいなくなる。風強くクイーン2便欠航。 
4/14 修学旅行生の体験ダイビングを古座間味でする。時間をずらしお客さんもビーチダイビング。  
4/13 座間味の海どこ行ってもくらげだらけ.くらげのいない所を探しまわったが無い。こんなに
    大量なくらげをみるのは初めてだ。
4/5 昨日は大雨の中.、古座間味でダイビング。いつ来ても大嵐でまだ良い方.初心者の団体なので
    中性浮力を練習する.今日は珍しく晴れた。でも私にとってはたいへんダイビングだった。
3/23 クジラ情報。昨日はウォッチング船も多く遠くの方で尾びれが少し見える程度でいなくなって
    しまった。今日は水面で遊び始めた。それから30トンもある大きなクジラのショ-が始まった。
    胸ビレを上げてグルグル回り始め交互に飛び始めたお客さん大満足。
3/13 3月に入っても水温は全然上がらない。それでも魚は季節がわかるのだろうか。今日も
    キンギョハナダイのオスが婚姻色となりメスの気を誘おうと一生懸命産卵行動をしている。
3/6  クジラ情報。
    曇り 気温21℃ 波高2〜3メートル。
    座間味の西約8キロ程の所に1頭北へ2、3ノットで移動中。クジラに近づくまで40分程かかる。
    最初からブリーチングの連続。7,8回近くで見ることが出来た。若い子2人船酔いおばちゃん達
    10数人とても元気でカメラ片手で大喜び。
3/4  飛んで飛んで!回って回って!
    久し振りにクジラの写真を撮りに行く。島の裏側に行くと、すぐクジラが見える2頭のクジラのウォッ
    チングを始めるが30分すると他の船が増え始め7隻になる。遠くの方で他のクジラ飛ぶ
    のが見える。何度も飛んでいる。近づくとむなびれを水面に出しグルグル回る回る。
    親子クジラで動きがとても面白い子供は生後2ヶ月ぐらいと思われる。深くは潜れない。
    フェリ−ザマミが3校の子供達を乗せてウォッチングに来た。動きがワンパターンになって来たので
    帰ることにした。帰ってから子供にウォッチングの話を聞くとティンガーラが帰った後
    BREACHを10回ほど見たそうで大喜び。ショック!後少し我慢しとけば・・・・・

日付

天候   

水温(℃) 透明度(m) コメント

4.25

23

30

南風が吹いているので島の裏へ行く。イソバナと大きな
ウミウチワのあるポイント。この場所は去年からオニヒトデが
異常発生し今年に入って5回駆除しているがまだオニヒトデが
目立ってしょうがない。

4.25

曇りのち雨

22

25

波がなく流れもない場所。落ち着いて潜れるように練習する。
一番深い所はウコンハネガイの場所。キンメほとんどいなく
中は丸見え。エビがクロハタ.ユカタハタのクリ-ニング。

4.16

曇り

22

40

動かず船の近くで写真を撮りたいとの希望。ウミウシ.クマノミ
をおもにとっていた。その他デバスズメ.ハナゴイなど。

4.16

曇り

22

30

スズメダイの群れ動きが面白くとても多く見える。イソバナに
キンギョハナダイ.真っ白なウミウシ蛍光色のイソギンチャク。

4.15

曇り

22

25

船の下で自由に遊べる場所。カマスまだたくさんいるが.
潮の流れが無くバラバラ。今日はクマノミウォッチング。

4.15

曇り

22

35

間の根。小物(エビ類)の写真を撮る為粘る。他キンメなど。

4..14

  雨

22

25

古座間味をビーチエントリー。今日もくらげが多く避けながら
潜る。意外と魚&種類が多い。グルクマの群れ.1メートル
ほどあるダツ.真っ白な砂地に.ポツントイソギンチヤク&カクレ
クマノミ.青く小さなウミウシ?クリオネそっくりで羽をパタパタ
させながら泳いでいる。1時間以上潜っていた。

4.13

曇のち雨

22

25

くらげが多く避けながら潜る。入るとすぐモンガラカワハギが
迎えてくれた。キンメが少なくて岩の奥まで良く見える。
そこには小さなイソギンチャクにアカスジモエビがいっぱい。

4.13

曇りのチ晴れ

22

25

ここもくらげが多く刺されてしまった。小物ウォッチングに行く。
カクレクマノミのついているイソギンチャク2箇所ともまるく
なっていた。浅場の根に大きなウツボ&お腹の大きい
イソギンチャクモエビのペアー。

4.5

晴れのち曇り

22

30

間を潜る。相変わらず根はぼろぼろだが透明度が良く明るく
グルクンも中型になり数も多い。

4.5

晴れのち曇り

22

30

群れの魚が多い場所を選ぶ。中性浮力を取りながら群れの
中を泳ぐ.スズメダイ.ハナゴイ.グルクン.ウメイロモドキなど。

4.2

晴れ

22

30

島の裏側を潜る。この場所久し振りに潜る。イザリウオ探すが
見つからない。小ぶりのイソマグロ.カスミチョウチョウウオ
グルクンなど。

4.2

晴れ

22

30

回遊魚を見に行く。グルクン多くムロアジも多いそれを狙って
イソマグロの群れ大小幾つもあり楽しんでもらえた。

3.28

晴れ

21

25

今日は家族ずれダイビング&体験ダイビング&釣り。ダイビン
グ&釣りをしながら8時間かけて座間味を1周する。チシに入
るのは6年ぶりだがサンゴはほぼ全滅していた。白化現象で
やられたとのこと。今日は海の幸が多くゲストハウスが盛りあ
がりそう。  

3.26

晴れ

21

20

エアー消費が早く船の近くで楽しめる場所。最近ここの
イソギンチャクいつも丸くなっている.ぐルクン.ウメイロ. ハナ
ゴイ他群れの魚多い。他コブシメなど。

3.18

曇り

21

30

間の根周辺で小物ウォッチング.ハゼ&エビ.ハダカハオコゼなど

3.18

曇り

21

30

ブロックのとこにはツバメウオ&ギンガメアジ.回りには珍しく
イトヒラアジ.岩の壁にはハナゴンべ10数匹.他グルクン
ウメイロモドキなど。

3.19

雨のち晴れ

22

30

タカチンシで潜る.。潮のせいか魚少なく大物見ることできず。

3.19

晴れのち曇り

21

30

大砂漠を行く。スナギンチャクの仲間クマノミついてなくエビ2匹。
ハナギンチャクの仲間エビ5匹。

3.20

曇り時々晴れ

22

25

ツバメウオ.ミカズキツバメウオ合せて20数匹..ガレ場には
ジョウフイッシュ10匹ほど。

3.20

曇り時々晴れ

22

20

浅くサンゴ.イソバナの多い場所。ナンヨウハギ.キホシスズメ.
デバスズメなど。

3.13

曇りのち雨

21

30

大きな根にはアマミスズメダイ.ハナゴイ.グルクン.ウメイロモドキ.
イシガキダイ.ハナゴンべ.ブロックにはツバメウオと3匹の
ギンガメアジ。

3.13

曇りのち雨

21

30

上潮の後はウミウチワの群生とても綺麗で魚も多く感じる。
カスミチョウチョウウオ.ハナゴイ.キホシスズメ.キンギョハナダイ.
コブシメ.10キロほどのイシガキフグなど。

3.12

晴れのち曇り

21

25

カマスの群れ増えている感じがする。他ヨセジフエダイ、フエフキ
ダイ、ブロックの中にはサザナミヤッコ、タテジマキンチャクダイなど

3.12

曇り

21

25

枝サンゴとキンメの根を行く。以前からついているヘコアユまだ
ついている。人に寄ってくるモンガラカワハギも元気。他コブシメ
。クマノミ卵を産んでいた。

3.11

22

25

中性浮力をとりながらフィッシュウォッチング。ウメイロモドキ.
ハナゴイ..ナンヨウハギ.スズメダイ.グルクンなど。

3.11

21

25

昨日ビーチ今日からボートでの講習。耳抜きで大分時間がかか
る中性浮力の練習。

 

過去のダイビング情報
2000.2
1999.12->2000.1

1999.11
1999.10
1999.9
1999.8
1999.7
1999.5->1999.6

TOPページへ